スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
iconiconiconicon

【ガンプラ】HG 1/144 ティックバラン レビュー

HGティックバランのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG 1/144 ティックバラン」のガンプラレビューです。

HGティックバランのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム 水星の魔女に登場するフライトシステム、ティックバランをご紹介。

2023年発売。

上部にあるフットレストの引き出しギミックにより、収納・展開状態が再現できます。更に、底面のMS牽引用フックを引き出せば牽引状態も再現可能

同日発売のHG 1/144 ザウォートをはじめ、色々なMSを乗せることができます。

という事で、HG 1/144 ティックバランをレビューしていきたいと思います!

HG 1/144 ティックバラン

HGティックバランのガンプラレビュー画像です

ペイル・テクノロジーズ社製のMS用輸送機(フライトシステム)、ティックバラン。

上面にグリップとフットレストを搭載、底面には格納式のアンダーハンドルを備えていて、標準規格のMSであれば2機を上下に積載することができる輸送機となります。

設定的には遠隔操作も可能で、前面に搭載されているビームキャノンによる支援射撃も可能との事。

価格は1,430円(税10%込)です。

HGティックバランのガンプラレビュー画像です

ホイルシールがこちら。

細かなところはシールで色を補いますが、元々シンプルなカラーデザインをしているため基本的な色分けは良好です。

HGティックバランのガンプラレビュー画像です

そして完成したHG 1/144 ティックバランがこちら。

カラーリングもそうですが、ほのかに宇宙世紀のベース・ジャバーを彷彿とさせるデザインに仕上がっている模様。

パーツ数が少ないので、サクサクと組み上げることができました。

HGティックバランのガンプラレビュー画像です

横から。

HGティックバランのガンプラレビュー画像です

後ろ斜めから。バンダイスピリッツのSFS系ガンプラって、どれも出来がいいよね……。

HGティックバランのガンプラレビュー画像です

前面には、ビームキャノンが搭載されています。

基本部分は上下はめ込み式ですが、合わせ目が見えないよう前側と左右は別パーツで覆われているような構造です。

HGティックバランのガンプラレビュー画像です

上面。細かなブルーやイエロー、ホワイト部はシールです。

HGティックバランのガンプラレビュー画像です

ウイングをアップで。

HGティックバランのガンプラレビュー画像です

側面のノズルをアップで。このグレー部は、多少動きます。

HGティックバランのガンプラレビュー画像です

後ろ側にあるノズルは、大きく上下に可動します。

アップで見ても、内部のスリット形状など細かく造形されています。

HGティックバランのガンプラレビュー画像です

後ろ側。

HGティックバランのガンプラレビュー画像です

スラスター内部のモールドもコダワリを感じますね。

HGティックバランのガンプラレビュー画像です

底面3箇所あるカバーを開けば、

HGティックバランのガンプラレビュー画像です

ランディングギアを引き出すことができます。(←が前側、→が後ろの2つ)

基本的に、車輪は回転しません。

HGティックバランのガンプラレビュー画像です

という事で、接地状態で展示することができます。

HGティックバランのガンプラレビュー画像です

スタンドを使い浮かせた状態で飾りたい場合は、底面のパーツを前へスライドさせればスタンド穴が露出します。

HGティックバランのガンプラレビュー画像です

対応パーツはアクションベース4(大きい方)なら「ACB-4B⑩」「ACB-4B⑫」、アクションベース5(小さい方)なら「ACB-5⑫」「ACB-5⑲」。

本キットにジョイントパーツは付属しないので、別途アクションベースの購入推奨です。

HGティックバランのガンプラレビュー画像です

ドドン。アクションベース5に展示した状態がこちら。

結構ガッチリと接続されます。支柱の取り付け位置の重心バランスに気をつければ、転倒することはないと思います。

HGティックバランのガンプラレビュー画像です

突撃!

HGティックバランのガンプラレビュー画像です

それではモビルスーツを乗せてみるぞ!(>ω<)

まずは、上面左右にあるトップハンドルを引き出します。

HGティックバランのガンプラレビュー画像です

ガシッ。今回はボックスアートに描かれている、別売りのHG 1/144 ザウォートを乗せてみます。

HGティックバランのガンプラレビュー画像です

後ろ側の左右はフットレストになっていて、スライド可動します。

フットレスト先端は、角度を変えることができます。

HGティックバランのガンプラレビュー画像です

引き出した部分にもスリット形状あり。

HGティックバランのガンプラレビュー画像です

こんな感じで、ソールを引っ掛けます。

HGティックバランのガンプラレビュー画像です

HG 1/144 ザウォートを乗せた状態がこちら。

ザウォート自体可動域がメチャ広で容易にヒザ立ちできるため、安定して乗せることができました。

HGティックバランのガンプラレビュー画像です HGティックバランのガンプラレビュー画像です HGティックバランのガンプラレビュー画像です

いい感じ……。

HGティックバランのガンプラレビュー画像です

攻撃!

HGティックバランのガンプラレビュー画像です HGティックバランのガンプラレビュー画像です

MS牽引状態を再現してみます。底面のアンダーフックを引き出し、

HGティックバランのガンプラレビュー画像です

このように握るだけでOKです。

HGティックバランのガンプラレビュー画像です

MSを牽引した状態の完成。

この状態で飾りたい場合は「下部にHGサイズのガンプラを垂れ下げるようにする」形になるため、アクションベース5ではなく4(大きい方)が必要になる点はご注意を!(>ω<)

HGティックバランのガンプラレビュー画像です HGティックバランのガンプラレビュー画像ですHGティックバランのガンプラレビュー画像です

ザウォート以外も展示してみます。

HG 1/144 デミトレーナーのハンドパーツは特殊な形をしていますが、無改造でグリップを握ることができました。

HGティックバランのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HG 1/144 デミトレーナー レビュー

 

HGティックバランのガンプラレビュー画像です

スレッタと、

HGティックバランのガンプラレビュー画像です

ミオリネを乗せてみた図。

HGティックバランのガンプラレビュー画像です

意外なことに、Figure-rise Standardのハンドパーツも無改造でいけました。

また、上下同時に積載することもできます。

HGティックバランのガンプラレビュー画像です

※使用したプラモ「Figure-rise Standard スレッタ・マーキュリー」「Figure-rise Standard ミオリネ・レンブラン

【ガンプラ】Figure-rise Standard スレッタ・マーキュリー レビュー
【ガンプラ】Figure-rise Standard ミオリネ・レンブラン レビュー

 

HGティックバランのガンプラレビュー画像です

HGUC 1/144 ベース・ジャバー(ユニコーンVer.)(塗装済)と比較。

ほのかに雰囲気が似ていますね。宇宙世紀版と水星の魔女版、今回はいうなれば令和版ベースジャバーといったところでしょうか。

HGティックバランのガンプラレビュー画像です

ザウォートをベース・ジャバーに、HGUC 1/144 ジェスタをティックバランに乗せるみたいなこともできるよ!

少しギリギリ感はありましたが、トップハンドルと手穴サイズに問題はありませんでした。(フットレストに足を添えるのはできず)

HGティックバランのガンプラレビュー画像です HGティックバランのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGUC ベースジャバー (ユニコーンVer.) レビュー
【ガンプラ】HG 1/144 ザウォート レビュー
【ガンプラ】HGUC ジェスタ レビュー

 

HGティックバランのガンプラレビュー画像です

HG 1/144 ティックバランの感想

ということでHGティックバランのご紹介でした。

 

水星の魔女ファンはもちろん、サブフライトシステムのファンにも満足度の高いアイテムに仕上がっています。

ベース・ジャバーにしろ89式/94式ベースジャバーにしろバンダイスピリッツのSFSはどれも出来がいいので、今回も例にもれずオススメです。

サブ・フライト・ユニットのガンプラ画像です

↑その他のサブ・フライト・ユニットが気になる方は、↓も要チェック!

【ガンプラ】HGUC 89式ベースジャバー レビュー
【ガンプラ】HGUC ガンダムMk-II+フライングアーマー レビュー
【MS IN POCKET】セッター レビュー【支援用ホバークラフト】

 

以上、「HG 1/144 ティックバラン」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る