【ガンプラ】1/144 ゾロアット レビュー【旧キット】

ゾロアットの画像です レビュー

今回は「1/144 ゾロアット」のガンプラレビューです。

ゾロアットの画像です

機動戦士Vガンダムに登場したゾロアットをご紹介。

1993年発売の旧キットになります。

超安価なガンプラながら多くのクリアパーツが付属

ディスプレイスタンドも付属し、なかなか豪華な内容になっています。

という事で旧キット1/144ゾロアットを、素組み状態と塗装状態を併せて見ていきたいと思います!

1/144 ゾロアット

ゾロアットのガンプラレビュー画像です

ゾロアットさんのボックスアート。

旧キットのVガンは中々再販されにくいアイテムですが、このゾロアットは比較的市場に出回るガンプラだと思います(*´ェ`*)

出来もいいので、出荷数が多めなのかもしれません。

ゾロアットのガンプラレビュー画像です

ホイルシールはデュアルセンサー(目)をはじめ、顔の細かな箇所を補うものやビームサーベルラック、コクピットを補うものなど多数付属します。

とはいえそこは旧キット、シールも付属しない色の足りない箇所は多いです。

ゾロアットのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ビーム・ライフル」「ビーム・サーベル×2(形状違い)」「ビーム・シールド」「ディスプレイスタンド+カード」

数百円で買えるガンプラにしては豪華な内容になっています。

ゾロアットのガンプラレビュー画像です

こちらがディスプレイスタンド

簡易的なミニスタンドですがクリア素材でできており、

ゾロアットのガンプラレビュー画像です

カードの裏側にはゾロアットの設定が記載されています。

ゾロアットのガンプラレビュー画像です

まずは完全ストレート組みの素組み状態からご紹介。

※塗装状態は後述

この状態で可動域やギミック、合わせ目を解説していきたいと思います(*´ェ`*)

ゾロアットのガンプラレビュー画像です

シリーズ共通のVフレームが使用されており、中々よく動く構造をしていますがご覧の通り色はほとんど足りずポロリも激しいです。

今からゾロアットを組むモデラーさんは大体塗装すると思うので色については問題ないかもしれませんが、ポロリも激しいためそのあたりはご注意を!(>ω<)

ゾロアットのガンプラレビュー画像です

ただプロポーションは今のガンプラ目線で見ても良く出来ているため、素立ち状態はすこぶるいいです。

ゾロアットのガンプラレビュー画像です

可動域は手脚がそこまで上がりませんが、膝立ちは可能です。

上半身はそこそこまわります。

ゾロアットのガンプラレビュー画像です

頭部は赤一色成型で、細かなシールで色を補います。

が、口のスリット(本来グレー)などは色分けされておらず、シールも数日で剥がれてきます(*´ェ`*)

ゾロアットのガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込み式で頭頂部・側面に合わせ目が出ます。

ゾロアットのガンプラレビュー画像です

胸部はイエローのパーツで色分けされていますが、コクピット部(黒)部分などはシールで補います。

胴体側面は合わせ目が出ます。

ゾロアットのガンプラレビュー画像です

設定通りバルカン砲もバッチリ造形されています。

ただこのあたりも色が足りません。

ゾロアットのガンプラレビュー画像です

肩のバインダーは合わせ目が出ない構造で、塗りやすいパーツ構成です。

ゾロアットのガンプラレビュー画像です

バインダー自体結構上まで可動してくれます。

内部に造形はありません。

ゾロアットのガンプラレビュー画像です

腕は肩のブロックから前腕部にかけて合わせ目が出ます。

ゾロアットのガンプラレビュー画像です

ハンドパーツはポリ製で形がしょぼいです(*´ω`*)

このあたりは可能なら交換してあげた方がいいと思います。

ゾロアットのガンプラレビュー画像です

右肩は5連ビームストリングスになっており、アームにより展開する事ができます。

展開する場合は赤いパーツの取り付け位置を変えます。(写真右)

ゾロアットのガンプラレビュー画像です

フロント・サイドアーマーはポリ接続になります。

結構動いてくれるのですが、動かしすぎるとポロリする感じ。

股下には今のアクションベースにも対応する3mmジョイント穴が空いています。

※もちろん同梱のディスプレイスタンドに対応

ゾロアットのガンプラレビュー画像です

モモ(黄色いパーツ)は筒型で合わせ目が出ませんが、膝から下は合わせ目が出ます。

ゾロアットのガンプラレビュー画像です

後ろも。そしてこのふくらはぎのアポジモーターですが、ご覧のように後から取り付ける仕様で見栄えが悪いですw

噴射口自体も穴が空いていないため、改造派モデラーさんはこのあたり手を加えてあげた方が良い部分かと思います。

ゾロアットのガンプラレビュー画像です

スリッパ部分に合わせ目は出ませんが色分けはされておらず、足裏に肉抜きもあります。

ゾロアットのガンプラレビュー画像です

背部の上はビームキャノンのハードポイントになっています。

メインスラスターニ基は別パーツになっているもののイエロー成型です。

ゾロアットのガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルは1パーツ1色成型でかなり薄いです。

ゾロアットのガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルを構えるゾロアット!

可動域はゾロアット的なポージングには困らない程度に動いてくれるため、各部ポロリしないよう調整するだけでいいかもしれません。

ゾロアットのガンプラレビュー画像です

ビーム・シールドは左肩を展開し、クリアエフェクトパーツを取り付けた後戻します。

※肩は左右で違う形状

ゾロアットのガンプラレビュー画像です

付属のディスプレイスタンドに展示。

写真を見て「塗るだけでどのぐらいになるか!?」と感じたモデラーさんも多いと思うので、ここからは塗装状態(一部シール)のものをご紹介!

ゾロアットのガンプラレビュー画像です

ババン。という事で合わせ目を消して塗装した1/144ゾロアットがこちらになります。

まだエアブラシを持っていなかった昔に塗ったものなので、出来についてはご容赦ください……(*´ェ`*)

ゾロアットのガンプラレビュー画像です

塗り分け箇所が多く、かなり時間がかかった思い出。

缶スプレーのみで仕上げました。

ビーム・シールドは設定色ではないのですが、クリア素材を活かしたかったので塗装はしていません。

ゾロアットのガンプラレビュー画像です

脚のスラスターもそのまま組んだので、合わせ目消しと塗装以外は無改造状態になります。

ゾロアットのガンプラレビュー画像です

素組みと塗装後を比較。

ゾロアットのガンプラレビュー画像です

無改造でも塗るだけでここまでいけるので、塗装派モデラーさんにオススメだぞ!(>ω<)

それでは適当に何枚かいってみます!

ゾロアットのガンプラレビュー画像です ゾロアットのガンプラレビュー画像ですゾロアットの画像です

股下には今のアクションベースと同規格の3mm穴が開いているので、他のスタンドにも展示できるのが地味に嬉しいです。

※写真のスタンドは魂STAGE ACT5を使用

ゾロアットの画像ですゾロアットの画像です

HGUC化は難しいと思うので、安心して組める旧キットだよ……(*´ェ`*)

ゾリディアのガンプラレビュー画像です

同じ旧キット1/144ゾリディアと比較。

ゾリディアは、このゾロアットのランナーを使用したバリエーションキットになります。

ゾリディアのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】1/144 ゾリディア レビュー【旧キット】

 

ゾリディアのガンプラレビュー画像です

ゾロアット(素組み)、塗装状態、ゾリディア(素組み)でディスプレイ。

1/144 ゾロアットの感想

という事で1/144ゾロアットのご紹介でした。

 

旧キットという事で全身に合わせ目があり色分けが甘いため、今から作るなら手を加える前提のガンプラといった感じだと思います。

 

長所としては、ゾロアットの場合標準体型のためVフレームとの相性が良く、プロポーションの破綻がない点かと思います。

ただ各部ポロリするので、そのあたりは要調整といった感じです。

 

灰色に塗装してマーベットさんのホワイトアットを組んでみても面白いかもしれません。

 

という事で、総評としては塗装派モデラーさんや多少手を加えるモデラーさんにはオススメといった感じです!

ゾロアットはVガン旧キットの中では再販のかかりやすいガンプラだと思うので、安く見つけたら即買い推奨です。

 

ちなみにこのシリーズに対応した「1/144 Vガンダム武器セット」にはゾロアットの追加武装も入っているので、こちらも超絶オススメだよ!

 

以上、「1/144 ゾロアット」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古 1/144 ゾロアット』の在庫を見る