icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGBD:R ガンダム G-エルス レビュー

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG ガンダム G-エルス」のガンプラレビューです。

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

ガンダムビルドダイバーズブレイクに登場し、ゼンが使用するガンダムGエルスをご紹介。

2020年発売。

HGガンダムG-セルフのリデコキットになり、特徴的な黒い成型色外装一部・武器が新規造形として付属します。

という事で、HGガンダムGエルスをレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HGBD:R ガンダム G-エルス

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

G-セルフをベースとし、四肢末端部の機能拡張をコンセプトとしたガンプラ。

G-SELFの対になるよう命名され、SELF(自己)に対しELSE(その他)という意味合いが込められています。

ちなみに今回のG-エルスは、マスダイバーの道を選んだ「黒い装甲・マスクアーマー」のAFTERバージョンの姿で立体化されています。(BEFOREは白だったり細部が異なるデザイン)

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

組み立て書にはゼンが記載。

何気に、ガンダムビルドダイバーズ13話でシバのメッセンジャーとしてアニメに登場しています。

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

ホイルシールの量は多く、細かなパープル部は全てシールになります。

※本キットに紫のランナーは付属せず

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

HGジーセルフの余剰パーツがこちら。大気圏用パックは組むことができません。

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGガンダムG-エルスがこちら。

顔や胸部・腕部・脚部・フレームなどにG-セルフのパーツが多く使われていますが、外装一部や武器が新規造形になっています。また、成型色がガラリと変わりイメージがだいぶ変わりました(*_*)

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

トゲトゲした悪っぽさが際立つデザインですね。

接地性は優秀で、安定して自立します。

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

それでは各部細かく見ていきます!

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

可動域から。腕は真横まで広がり、開脚範囲も広いです。ただ、腰をひねる動作(画像下)は苦手です。

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

腕関節は90度曲がり、ヒザ関節は90度強曲がります。ただ、足首パーツが高くなった影響でヒザ立ちは苦手です。

関節パーツはHG G-セルフのランナーが使われているため、今のガンプラ目線で見ると可動域はそこまで広くありません。

特に脚をハの字に開く動作が苦手なので、ベースキットが足を引っ張っている感じです。

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

AFTERバージョンという事で、4本のアンテナと4ツ目という異形感を感じるデザインになっています。(本来のG-エルス(BEFOREの白)の頭部にマスクアーマーを装備した姿)

ガンプラ的にはG-セルフの頭部パーツに、新規造形の「ツインアイとマスク」+「アンテナパーツ」の2パーツを足した構造です。

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込み式で、頭頂部と側面に合わせ目が出ます。

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

アップで。広範囲の額をはじめ、細かいところも全てシールで色を補います。

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

胴体は前後はめ込み式で、側面に合わせ目が出ます。

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

胸部まわりはそれなりに色分けされており、中央はクリアレッドのパーツが使用されています。

背部には大気圏用パック(別売り)を取り付け可能です。※後述

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

肩はボールジョイント接続で前後に可動。上部は合わせ目が出ない分割構造です。

肩のパープル部もシールです。

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

肩の一部に合わせ目が出るもののほとんど目立たず、腕は合わせ目無し構造です。

「肩内部ブロック」「前腕部後ろ(ヒジ側)」のパーツが新規造形で、

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

両腕にグローアップアームを装着します。

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

先端のクローは開きますが、内側には肉抜き有り。

ビームサーベルとビームライフル機能(画像下)を搭載しています。

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

↑の白いパーツは大気圏用パックの翼が流用されていて、前方へ展開します。

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

腰部の色分けは優秀で、中央はシールの上にクリアパーツをはめ込む仕様。

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

股下にはスタンド用の3mm穴が空いています。(G-セルフと共通部分)

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

脚部。前面と関節パーツは合わせ目無しですが、

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

側面はほぼ一直線に合わせ目が出ます。(ここもG-セルフと共通部分)

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

脚部側面のクロー内部はクリアパーツが使用されています。ただ、黒いパーツは合わせ目有りです。

内側グレーなど細かく色分けされていて、基部で360度ロール回転します。

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

足首パーツの構造はこんな感じ。細かな動きをつける事ができ、クローも可動します。

それでは武器を持たせ、アクションポーズいってみます!

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

グローアップアームを一度外し、グリップを前に引き出したあと手に持たせるような形で構える事ができます。

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

グローアップアームで攻撃!

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

グローアップアームの銃口に接続すれば、ビームサーベルを展開できます。

ビームエフェクトパーツは2本付属します。

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

飛びかかるG-エルス!

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

この悪そうな顔がタマラン……

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

敵を叩き切るG-エルス。

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

ビーム刃は足裏につける事もできます。

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルはG-セルフのビームライフルと同じものが付属します。

グレー1色になっているため、塗装派モデラーさんは重点的な塗装ポイントになりそうです。

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルで攻撃!銃持ち手は右のみ付属します。

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

グローアップアームの翼(実体剣)を広げて。

推進装置としての機能も搭載しているとの事です。

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

グローアップアームを外し、遠隔操作兵器としても展開できます。

ただ、スタンド穴は空いていません。

組み立て書によると、アクションベース5の挟み込み用に対応しているとの事です。(今回は別のスタンドを使っています)

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

グローアップレッグ(足首パーツ)も遠隔操作兵器になります。

こちらは3mm穴が空いているため、スタンドに対応。

ツメを折りたたみ、足裏のカカトパーツを展開させて再現します。

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

グローアップレッグ射出!

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

全グローアップユニットを展開!

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

色々な遊び方ができますね。

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

余剰パーツでHG G-セルフのサーベル柄も2本付属するので、ビームサーベルを従来のような形で装備させる事もできます。

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

HG G-セルフ(塗装済)と全身を比較。

グローアップレッグ(足首パーツ)が長くなった影響で、全高が高くなりました。

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

G-セルフの「大気圏用パックの翼」がグローアップアームに流用されています。

ミサイルを取り付ける凸形状は残ったままとなります。(青枠)

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

大気圏用パックは、無改造でG-エルスに装着する事ができます

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

背中がちょっと寂しかったG-エルスですが、このように他から何かを持ってきても面白そうですね。

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

HGBDガンダムシャイニングブレイクとディスプレイ。

ガンダムビルドダイバーズブレイクのガンプラ画像です

ビルドダイバーズブレイクのガンプラでパシャリ。

ガンダムビルドダイバーズブレイクのガンプラ画像です

【ガンプラ】HGBD ガンダムシャイニングブレイク レビュー
【ガンプラ】HGBD ガンダムザラキエル レビュー
【ガンプラ】HGBD ビルドガンマガンダム レビュー【プレバン】

 

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

HGBD:R ガンダム G-エルスの感想

ということでHGガンダム G-エルスのご紹介でした。

 

ベースキットのHG G-セルフ自体高可動ではなかったというのもあり、最近のガンプラ目線で見た場合可動域は広くありません。(足をハの字に開くのが苦手)

ただ、不思議とかっこいいポーズは決まるように思います。

グローアップユニットが遠隔操作兵器としてディスプレイできるので、迫力のある姿で展示する事ができました。

シールで色を補う部分は結構多いので、全箇所部分塗装したら化けそうなガンプラだと思いますぞ(*´ェ`*)

 

以上、「HG ガンダム G-エルス」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る