スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
iconicon
icon

スポンサーリンク

【ガンプラ】HG ガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)+宇宙用パック レビュー

HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGガンダムGセルフ(大気圏用パック装備型)」および「HGガンダムG-セルフ用オプションユニット 宇宙用パック」のガンプラレビューです。

HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像です

ガンダム Gのレコンギスタに登場し、ベルリ・ゼナムが搭乗するHGジーセルフをご紹介。

2014年発売。

全身のフォトン装甲はUV発光素材によるクリアパーツで再現。

大気圏用パックが付属しますが、別売りの宇宙用パックにも対応したガンプラにも対応しています。

という事で、HG G-セルフ大気圏用パック装備型を「宇宙用パックを装備した状態」や、合わせ目を消して塗装した状態を含めてレビューしていきたいと思います!

HG ガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)

HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像です

まずは大気圏用パック装備型から。

G-セルフ本体はこちらに同梱します。

HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像です

2014年製の主役機ガンプラにしてはホイルシールの量が多いです(*´ェ`*)

ツインアイのほか、全身の細かなブルー・ホワイト部などにちょこちょことシールを使う仕様です。

元々のデザインがテレビ版のMSとは思えないほど細かな配色をしているため、HGクラスではこれが限界といったところかな?

HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ビーム・ライフル(トワサンガ製)」「シールド(アメリア製)」「ビーム・サーベル×2」「手首パーツ×3」「大気圏用パック」

手首パーツは右のみライフル持ち手が付属します。

HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像です

そして完成したHG G-セルフ(大気圏用パック装備型)がこちら。

装甲色ホワイトはほんの少しだけがかった成形色で再現されています。

また、装甲にG-セルフらしい爽やかなスカイブルーが使われているのが特徴です。

HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像です

メカデザをしたあきまん氏らしい独特のデザイン。

立ち姿は非常にかっこいいのですが、可動域はそこまで広いというわけではなく、合わせ目も多いというHGのGレコシリーズっぽいクオリティです。

HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像です

大気圏用パックを装備しても自立は安定します。

それでは細かく見ていきます!

HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像です

可動域から。腕は水平以上・足は真横近く開脚し、顔もそれなりに上がります。

一見問題ないように見えますが、足の取り付け軸が弱点で足をハの字に開く動作が苦手です。※後述

HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像です

手足の関節は90度強曲がり、ヒザ立ち可能です。

HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像です

腰をひねる事はできますが、真横まで向かせる事はできません。

HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。フェイスマスク周辺のレッドは色分けされているものの、ほとんどはシールで色を補います。

特に額部分は全面シールで側面の黄色もシールを使い、バルカン(レールガン)は色分けされていません。

HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像です

また、頭部は前後はめ込み式で頭頂部から側面にかけて合わせ目が出ます。

トサカ付近のセンサーもシールです。

HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像です

襟元のサーベルラックは別パーツ化されています。

胴体は前後はめ込み式で、側面に合わせ目あり。胸部周辺はそこそこ色分けされていますが、細かなブルーはシールです。

HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像です

肩はボールジョイント接続で、前後に可動。

上部に合わせ目は出ませんが、側面には合わせ目があり黄色が足りません。

HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像です

ただ、腕自体は合わせ目が出ないパーツ分割構造になっています。

HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像です

腕関節フレームの細かな青と、手首パーツの白い部分もシールです。

HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像です

腰部はリアアーマーの細かなグレーが足りないものの、基本的な色分けは良好です。

股下にはアクションベース用の3mmジョイント穴が空いています。

HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像です

↑この足の取り付け構造が本キット最大の弱点で、構造上足をハの字に開く動作が苦手となります。

HG G-アルケインやモンテーロのようにブロック構造になっていないので、ちょっと残念な部分。

改造派モデラーさんはこのあたりが改修ポイントになると思われます。

HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像です

脚部は側面に合わせ目が出ます。

前後はめ込み式のモモ部分も側面に合わせ目が出るのですが、こちらはモールド扱いでOKです。

HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像です

ヒザまわりや脚部のスラスターには、UV発光素材のクリアパーツが使われています。

ただ、側面のスラスターには合わせ目が出ます。

HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像です

足首パーツの白いフチはシール。アンクルガードは足首フレームとボールジョイント接続です。

足裏には肉抜きが多数あります。

HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像です

背部ハードポイントに大気圏用パックを装備させてみます。

軸接続で、ガッチリと接続されます。

HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像です

主翼は前後に可動。下部にはレーザーポッドを装備しています。

HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像です

大気圏用パックは上下に可動します。

HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像です

G-セルフ、出撃!

HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像です

アメリア製の簡易型シールドがこちら。

ジョイントパーツを噛ませて前腕部に引っ掛けるだけですが、保持力は問題ないです。

ただ、「シールド表面のブルーが装甲色スカイブルーのままになっている」ため、ここはブルーグレーで要塗装です。

HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像です

一方、ビーム・ライフルはメガ粒子砲を連射できるトワサンガ製が付属します。

グレー1色になっているため、ホワイト(機関部の一部)・イエロー(照準一部)は要塗装です。シールも付属しません。

HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像です

戦場へ降り立つG-セルフ!

HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルで攻撃!

HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像です HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像です HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像です

「僕にライフルを使わせないでください!」

HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像です

ビーム・サーベル抜刀!

襟元から引き出せるギミックはオミットされ、別パーツとして付属します。

サーベル刃のビームエフェクトパーツが細めになっているのが特徴です。

HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像です

アクション!

HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像です HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像です

二刀流で。柄、ビーム刃ともに2本ずつ付属します。

HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像です HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像です

ライフル+サーベルで。

HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像です

 

HG ガンダムG-セルフ用オプションユニット 宇宙用パック

HGガンダムG-セルフ用オプションユニット 宇宙用パックのガンプラレビュー画像です

それでは別売りのHG ガンダム G-セルフ用オプションユニット 宇宙用パックを見ていきます。

内容物は「ビーム・ライフル(アメリア製)」「シールド(トワサンガ製)」「宇宙用パック」「簡易スタンド用ジョイントパーツ」です。※写真外だとパールホワイトの簡易スタンドも付属

宇宙用パックにコア・ファイターを接続する事ができます。

※コア・ファイターは塗装途中で白サフを吹いていますが、本来ブルー成形です(*´ェ`*)

HGガンダムG-セルフ用オプションユニット 宇宙用パックのガンプラレビュー画像です

こちらも細かなところはホイルシールで色を補います。

HGガンダムG-セルフ用オプションユニット 宇宙用パックのガンプラレビュー画像です

宇宙用パックを装備したG-セルフがこちら。

HGガンダムG-セルフ用オプションユニット 宇宙用パックのガンプラレビュー画像です

大気圏用パックと比べボリューム感が増しました。

非常にかっこいいですが、合わせ目の量は多いのでご注意を。

※今回は合わせ目を消し、少し塗装して一部パーツを尖らせてあります

HGガンダムG-セルフ用オプションユニット 宇宙用パックのガンプラレビュー画像です

結構重いですが、一応自立は可能です。

HGガンダムG-セルフ用オプションユニット 宇宙用パックのガンプラレビュー画像です

スラスターユニットはボールジョイント接続で、大きく可動します。

HGガンダムG-セルフ用オプションユニット 宇宙用パックのガンプラレビュー画像です

こちらがトワサンガ製のシールド。取り付け方はアメリア製と同じで、基部で360度ロール回転します。裏側のモールドも細かいですね。

シールド表面のイエローとブルーはシールです。

HGガンダムG-セルフ用オプションユニット 宇宙用パックのガンプラレビュー画像です

アメリア製のビーム・ライフルがこちら。

量産品で、大気圏用パックに付属していたトワサンガ製よりも威力は落ちるとの事。

HGガンダムG-セルフ用オプションユニット 宇宙用パックのガンプラレビュー画像です

スタンドに展示。

HGガンダムG-セルフ用オプションユニット 宇宙用パックのガンプラレビュー画像です HGガンダムG-セルフ用オプションユニット 宇宙用パックのガンプラレビュー画像です

「当てちゃいますよ!」

HGガンダムG-セルフ用オプションユニット 宇宙用パックのガンプラレビュー画像です

……かっこいいっす!!!(*ノェノ;)

個人的には宇宙用パックの方が好きですね。大気圏用パック装備型とのあわせ買い推奨だと思いますぞ!

HGガンダムG-セルフ用オプションユニット 宇宙用パックのガンプラレビュー画像です

♪オープニングテーマが流れる

HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)の塗装ガンプラレビュー画像です

塗装したHGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)(右)と比較。

合わせ目を消し、塗装+スミ入れ後つや消しフィニッシュさせました。

HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)の塗装ガンプラレビュー画像です

主な塗り分けポイントは、「バルカン」「肩側面」「ビーム・ライフル」「シールド」「足首パーツ」です。

元々シールが多いキットなので、そのあたりも一気に塗装すればクオリティが上がると思うぞ!

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

本キットのリデコキット、ガンダムビルドダイバーズブレイクに登場するHGBD:R ガンダムG-エルスと比較。

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

本キットの主翼がブレードに使われているなど、ビルド系らしいカスタムが施されたガンプラに仕上がっています。

HGガンダムG-エルスのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGBD:R ガンダム G-エルス レビュー

 

HGとROBOT魂〈SIDE MS〉G-セルフ(リフレクターパック)の違い・比較レビュー画像です

ROBOT魂<SIDE MS>G-セルフ(リフレクターパック)の本体と比較。

個人的にはロボット魂版の方が好みの体型だったりします。

【ROBOT魂〈SIDE MS〉】G-セルフ(リフレクターパック)レビュー

 

HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)とベルリのフィギュア画像です

Gのレコンギスタスイングのベルリとディスプレイ。

チェーンを外し、台座に展示してみました。

 

ガンダムGのレコンギスタのガンプラ画像です

HGガンダムG-アルケインHGモンテーロHGグリモア(塗装済)とディスプレイ。

【ガンプラ】HG ガンダムG-アルケイン レビュー
【ガンプラ】HG モンテーロ(クリム・ニック専用機)レビュー
【ガンプラ】HG グリモア レビュー

 

HGガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)のガンプラレビュー画像です

HG ガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)&宇宙用パックの感想

ということでHG ガンダムG-セルフの大気圏用パックと宇宙用パックのご紹介でした。

 

主な合わせ目は「頭部」「肩」「胴体」「足」「ライフル」と量が多く、足首パーツをはじめライフル・シールドの色が足りないため、完璧に再現するとなると多少手間のかかるキットになっている模様。

足をハの字に開く動作も苦手という事で、2014年製の主役HGとしては作りが甘いと言わざるを得ないでしょう。

総評として、素組みでは満足いかない可能性がありますが、多少手を加えるモデラーさんにはオススメといった感じのガンプラだと思います。合わせ目を消して塗装するだけでかなり化けるので、いじりがいはあると思いますぞ(*_*)

ちなみに今回、公式カラーを使って塗装をしてみました。G-セルフはガンダムカラーG-セルフブルーという専用塗料が発売されているので、そういった意味でも塗装派モデラーさん向けHGかもしれませんね。

パーフェクトパック装備型もかっこいいですが、長い間劇中で使用していたイメージのある宇宙用パック装備型も非常に魅力的だと思います。

 

以上、「HG ガンダムG-セルフ」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る