icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG グリモア レビュー

HGグリモアのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGグリモア」のガンプラレビューです。

HGグリモアのガンプラレビュー画像です

ガンダム Gのレコンギスタに登場し、カーヒル・セイントなどが搭乗するグリモアをご紹介。

2014年発売。

ピンクの三眼はUV発光パーツのクリアパーツで再現

サブマシンガン、プラズマナイフ、ビーム・ワイヤーと多彩な武装が付属します。

という事で、HGグリモアをレビューしていきたいと思います!

HGグリモア

HGグリモアのガンプラレビュー画像です

完成したHGグリモアがこちら。

オリーブがかったダークグレーを主体としたミリタリー臭あふれる成形色にて再現されています。

背が低めの奇抜なデザインの中に「海賊感」が光る良デザインで立体化されています(*´ェ`*)

HGグリモアのガンプラレビュー画像です

この恐ろしいまでの劇中再現度よ……(*_*;)

今回は「合わせ目消し」+「一部シール+塗装」+「つや消しフィニッシュ」で仕上げてみました。※合わせ目箇所は解説します

HGグリモアのガンプラレビュー画像です

元々シンプルなカラーデザインをしていますが、バルカンなど一部色の足りない箇所があります。

それでは細かく見ていきます!

HGグリモアのガンプラレビュー画像です

可動域から。デザイン上可動域はそこそこといった具合いで、肩があまり上がりません。

ただ、開脚範囲は広いです。

HGグリモアのガンプラレビュー画像です

手足の関節は90度弱ほどしか曲がりませんが、立ちヒザさせる事ができます。

HGグリモアのガンプラレビュー画像です

上半身はぐるぐる回ります。胴体中央が球体になっているのが面白いです。

HGグリモアのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。3つのアイセンサーにはUV発光パーツが使用されていて、豪華な見た目。

左側の頭部バルカンは要塗装です。襟部には光沢感のあるピンクのシールを貼る仕様。今回ここはシールで済ませました。

HGグリモアの頭部可動のガンプラレビュー画像です

頭部は左右へ可動します。

無理をすれば回転しますが、パーツが干渉するので白いパーツが傷つきやすいです。

HGグリモアのガンプラレビュー画像です

上から。

HGグリモアのガンプラレビュー画像です

胴体は外装・コクピット(球体)ともに前後はめ込み式で、側面に合わせ目が出ます。(今回は消してあります)

肩を取り付けるポリキャップ周辺のへこんだ部分にも合わせ目が出ますが、ここは肩を取り付ければほとんど目立ちません。

HGグリモアのガンプラレビュー画像です

バックパックは3パーツのシンプルな構造です。

HGグリモアの球体の画像です

上半身とコクピット、下半身を分離させるとこんな感じ。

HGグリモアのガンプラレビュー画像です

肩はボールジョイント接続ですが、そこまで前後に動かず。

ショルダーアーマーは前後はめ込み式で、合わせ目が出ます。

HGグリモアのガンプラレビュー画像です

腕は「二の腕」「前腕部」に合わせ目あり。

HGグリモアの腕可動のガンプラレビュー画像です

肘関節は90度も曲がりませんが、ポージングには困りません。その理由ですが、

HGグリモアの手可動のガンプラレビュー画像です

手首パーツが上下にスナップするため、腕関節の弱点をカバーしている感じです。

このギミックのおかげでポージングに幅が出ます。

HGグリモアの開き手のガンプラレビュー画像です

手首パーツは左右の「武器持ち手」、左の「平手」の計3つ付属します。

モールドが細かいので、スミ入れすればかなりかっこよくなる模様(*´ェ`*)

HGグリモアの開き手のガンプラレビュー画像です

この独特な手、いいよね……。

HGグリモアのガンプラレビュー画像です

腰部まわり。リア側のオリーブ色はシールで色を補います。(汚いけど塗装済ですw)

HGグリモアの腰部分のガンプラレビュー画像です

小さなサイドアーマーのピンクのラインはシールです。

HGグリモアのガンプラレビュー画像です

脚部はふくらはぎに合わせ目が出ます。

その他、関節パーツなどに合わせ目はありません。

HGグリモアのガンプラレビュー画像です

足裏にはぐるりと大きな肉抜きアリ。

股下はアクションベース用の3mmジョイント穴が空いています。

HGグリモアのガンプラレビュー画像です

グリモア、出撃!

HGグリモアのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGグリモアのガンプラレビュー画像です

こちらがサブマシンガン

HGグリモアのサブマシンガンのガンプラレビュー画像です

シンプルな2パーツモナカで、合わせ目が出ます。

HGグリモアのガンプラレビュー画像です

サブマシンガンを構えるグリモア!

HGグリモアのガンプラレビュー画像です

平手を添えて。手首パーツがいい味出してるぞ……!(>ω<)

HGグリモアのガンプラレビュー画像です

アクション!

非常にかっこいいですが、ポーズによっては足裏の肉抜きが目立ってしまいますね。

HGグリモアのガンプラレビュー画像です

シールドは、コの字型のジョイントパーツを噛ませて取り付けます。基部で360度ロール回転。

構造的に前腕部に引っ掛けるだけなので、動かしているとポロリしやすいです。

HGグリモアのガンプラレビュー画像です

戦闘態勢のグリモア!

HGグリモアのガンプラレビュー画像です HGグリモアのガンプラレビュー画像ですHGグリモアのガンプラレビュー画像です

プラズマナイフを持たせてみます。

ここはホワイト1色1パーツ成形のため、柄部分が要塗装です。

HGグリモアのプラズマナイフのガンプラレビュー画像です

甲パーツを外してから持たせるため、安定して保持できます。

HGグリモアのガンプラレビュー画像です

ジャキッ……。

HGグリモアのガンプラレビュー画像です

襲いかかるグリモア!

HGグリモアのビーム・ワイヤーのガンプラレビュー画像です

ビーム・ワイヤーは、サブマシンガンの先端下部に装着する事ができます。

HGグリモアのビーム・ワイヤーのガンプラレビュー画像です

ワイヤーは曲げて固定でき、グニャグニャした状態が再現可能です。

ちなみにこのエフェクトパーツは「HG G-アルケイン」「HGモンテーロ」にも同梱します。

HGグリモアのビーム・ワイヤーのガンプラレビュー画像です

本編でこれ使ってカットシーと戦ってた時の描写がメチャメチャかっこよかったっす。Gレコは殺陣シーン最高峰だよね……。

HGグリモアのガンプラレビュー画像です

フル装備!

HGグリモアとHGBFグリモアレッドベレーの画像です

本キットのリデコキット、HGBDグリモアレッドベレーと比較。

【ガンプラ】HGBD グリモアレッドベレー レビュー

 

Gのレコンギスタのガンプラ画像です

GレコのガンプラとGレコスイングでディスプレイ。

【ガンプラ】HG ガンダムG-セルフ(大気圏用パック装備型)+宇宙用パック レビュー
【ガンプラ】HG ガンダムG-アルケイン レビュー
【ガンプラ】HG モンテーロ(クリム・ニック専用機)レビュー

 

HGグリモアのガンプラレビュー画像です

HGグリモアの感想

という事でHGグリモアのご紹介でした。

 

胴体、肩、腕、足など目立つ合わせ目が多いですが、プロポーションの劇中再現度が凄まじい事になっていると思います(汗

実際そこまで可動域が広いわけではないのですが、先述の通り手首がスナップしたり腰が回転するおかげでポーズ付けに事はありませんでした。

 

本キットが売れたのでHGカットシーが発売された、という逸話があるぐらい良く出来たガンプラだと思います。グリモア好きモデラーさんにはかなりオススメ!

 

以上、「HGグリモア」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る