icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGBD ビルドガンマガンダム レビュー【プレバン】

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGBDビルドΓガンマガンダム」のガンプラレビューです。

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

ガンダムビルドダイバーズブレイクに登場し、オノコ(ユメサキ・エモ)が使用するビルドガンマガンダムをご紹介。

プレミアム・バンダイ限定品になります。

ベースキットに古いHGナンバーであるリック・ディアスを使用しているものの、頭部を中心に関節パーツ・外装などが一部新規造形で再現されています。

という事で、HGBDビルドガンマガンダムをレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HGBD ビルドガンマガンダム

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

Γガンマガンダムとは

・プロトタイプリックディアスのコードネームであり、リックディアスが元々名付けられる予定だった名前

ビルドガンマガンダムの特徴は頭部と武装で、特に頭部は「ガンダム風のV字アンテナ・デュアルアイ」が加えられたデザインになっています。

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

プレバン品ながら、組み立て書は表面がカラーのものが付属。

フォース魂太ごんぶとのリーダーであるオノコが描かれていますが、このオノコさんリアルはユメサキ・エモという女の子だったりします(*_*)

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

ホイルシールの量は少なく、本体の色分けは良好です。

ツインアイやおでこのモノアイ、背部のブースターバインダーキャノンのイエロー部の色を補うものが付属します。

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ビームガトリングバズ」「ビーム・ピストル×2」「ブースターバインダーキャノン×2」「ビーム・サーベル」「クレイ・バズーカ」「余剰パーツ(リックディアスの頭頂部赤いパーツ)」

↑の青字HGUCリックディアスには付属しない新規武装です。

逆に、HGUCリックディアスに同梱していたバインダーは付属しないため色違いのリックディアスに組む事はできません。※このあたり詳しくは後述

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGBDビルドガンマガンダムがこちら。

外装など一部HGUCリックディアスのパーツが使われていますが、可動域を拡大するために肘関節やヒザ関節などが新規造形になっています。

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

大きな外見的変更点は「頭部」「ビームガトリングバズ(右手の武器)」に、

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

背部のブースターバインダーキャノンです。

ホワイトを主体とした成形色のため、リックディアスカラーで塗装したいモデラーさんにも下地的に塗りやすいガンプラになっていると思います(*´ェ`*)

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

可動域は拡大しており、特に開脚範囲が向上している模様。

ほぼ真横まで足が広がり、

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

手足の関節も90度以上大きく曲がるようになりました。

HGUCリックディアスではヒザ立ちできませんでしたが、きれいにヒザがつくように。

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

上半身は少し引き上げて戻せば真横を向けますが、基本状態だと回転はしません。

上半身と腰の接続方式はリックディアスから変わっておらず軸接続になるため、前後・左右には柔軟に動きません。

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。アンテナ先端には安全フラッグがあります。

この部分は完全新規造形です。リックディアスの頭部とは大きく異なり、ガンダムタイプを感じるデザインになっています。

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

合わせ目は段落ちモールド化されています。

新規造形の頭部という事で作りは良いのですが、

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

胴体との接続は軸接続で、上を向かせる事はできません。

関節など可動域がアップデートされている箇所はありますが、昔のフォーマットを感じる部分もある、といった感じです。

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

各部アップで。額のモノアイと周辺の黒い部分はホイルシールで色を補います。

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

胴体・腰は前後はめ込み式で、側面に合わせ目アリ。

本体に関しては、頭部以外すべてリックディアスと同じデザインです。

ただ、リックディアスと共通部分の外装も一部新たに作り直されています。(肩・腕・フロントアーマー・脚部など)

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

肩は前後にある程度動きます。

ショルダーアーマーは新規造形で上部ダクト内のスリットが追加されましたが、前後はめ込み式なところは変わらず「上部」「側面」に合わせ目が出ます。

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーは可動。サブアーマーも動くので、腕可動の邪魔にならない作りをしています。

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

腕もほとんど新規造形。二の腕あたりに合わせ目が出ます。

前腕部に横線のモールドが追加されていますが、リックディアスはスリットが無いため、この部分はビルドガンマのオリジナル部分かもしれません。

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

フロント・サイドアーマーは広がります。フロントアーマーやスラスター一部など、地味に新規造形になっていたりします。

リア側にはビーム・サーベルの柄を収納できますが、ちょっとグラつく感じ。

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

脚部は主にモモ・関節・ヒザのパーツが新規造形で、合わせ目の量が減り大きくヒザが曲がるようになりました。

この部分が本キット一番の特徴かもしれないです。

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

ふくらはぎ付近には合わせ目。ここの外装まわりはHGUCリックディアスのものが使われています。

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

脚部スラスターは色分け済みです。足裏には肉抜きが無く、股関節が新規造形で可動範囲が広がりました。

また、股下にはリックディアスでは空いていなかった穴が空いており、アクションベースなどのスタンドに対応しています。

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

背部にはビーム・ピストルを2つマウント可能です。このあたりは変化無しです。

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

ビルドガンマの特徴、新規造形のブースターバインダーキャノンがこちら。

表面のイエロー部はシールが付属しますが、細かなくぼみはグレーで要塗装です。

設定的には有線式の準サイコミュ兵装なのですが、リード線などを取り付ける穴はありませんでした。

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

ビルドガンマガンダム、出撃!

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

まずは超個性的なメインウエポン、ビームガトリングバズから。

……リックディアスの頭部がついていますw

設定的にも、余剰パーツとなったベース機の頭部を流用しているとの事です。

ちなみに「コックピットにメンバーを乗せ、命中精度を高めようとしたものの全て断られた」そうです。……ダブル・ビーム・ライフルにビーチャとモンドが乗ってたの思い出した(*_*)

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

センサーにはベースキットであるリックディアスの頭部が使われており、モノアイはクリアグリーンのパーツになっています。

頭頂部は開閉し、引き上げるとバルカンファランクスが顔を出します。

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

グリップ部分ですが、右側面には肉抜きがありました。

ちなみに手首パーツは人差し指だけ動くタイプのもので、リックディアスから変更はありません。

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

砲身はX字と+字好きな位置に動かす事ができます。

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

フォアグリップは可動します。(リックディアスの頭も多少まわります)

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

ビルドガンマガンダム、ビームガトリングバズで攻撃!

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

巨大な武器ながら、安定して構える事ができます。

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

ヒザをついて。

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

レッツ男震具ダンシング!」

……という必殺技が使えるそうですw

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

それではHGUCリックディアスにも同梱する武装もザザーッと見ていきます。

まずはビーム・ピストルから。

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

ビーム・ピストルで攻撃するビルドガンマガンダム!

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

デザイン的に持たせづらいのですが、かっこいいポーズは結構決まる感じ。

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

ビーム・サーベル抜刀!

ビームエフェクトパーツはクリアグリーンのものが1本付属します。

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

斬!

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

クレイ・バズーカで。

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

ビーム・ピストル、クレイ・バズーカともにパーツ数少なめで合わせ目が出ます。

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

クレイ・バズーカは背部ラッチにマウントする事ができます。また、

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

ちょっと無理矢理感は出るものの、ビームガトリングバズをマウントする事もできました。

 

HGUCリックディアスとの比較

HGリックディアスとHGビルドガンマガンダムの比較ガンプラ画像です

それではHGUCリックディアスとの違いを見ていきたいと思います。まずは全身比較から。

※左から「HGUCリックディアス クワトロ・バジーナカラー(塗装済)」「HGUCリックディアス(素組み)」

HGリックディアスとHGビルドガンマガンダムの比較ガンプラ画像です

大きな変更点をまとめると、

HGリックディアスとHGビルドガンマガンダムの比較ガンプラ画像です

肘関節の可動範囲です。90度しか曲がらなかった関節が、180度近く曲がるようになりました。

HGリックディアスとHGビルドガンマガンダムの比較ガンプラ画像です

ヒザ関節の可動範囲も向上しています。立ちヒザができるようになったのがデカいです。

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

↑本キットのヒザ関節の分解図。

HGリックディアスとHGビルドガンマガンダムの比較ガンプラ画像です

シンプルなボールジョイント接続のリックディアスに対し、細かな動きをつける事ができる接続構造に変わりました。

HGリックディアスとHGビルドガンマガンダムの比較ガンプラ画像です

フロントアーマー、モモ外装、ヒザの突起パーツなども細かくアップデートされています。

HGリックディアスとHGビルドガンマガンダムの比較ガンプラ画像です

ベースキットのHGUCリックディアスのレビューは↓でどうぞ。

【ガンプラ】HGUC リックディアス(クワトロ・バジーナカラー)レビュー
【ガンプラ】HGUC リックディアス レビュー

 

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

本キットを塗装すればリックディアスが再現できるかどうかですが、結論から言うとNOでした。頭部はビームガトリングバズのものを外して付け替えればいいのですが、

HGリックディアスとHGビルドガンマガンダムの比較ガンプラ画像です

本キットにはリックディアスのバインダー(↑枠)が余剰パーツとして付属しないため、リックディアスを組む場合はニコイチする必要があります。

HGリックディアスとHGビルドガンマガンダムの比較ガンプラ画像です

また、バインダー取り付け基部の形も変化しています。

※細かな事を言えば前腕部のモールドも変化

もしかしたら、そのうち本キットのランナーを使ったHGリックディアスVer.2.0みたいなものが出るかもしれないですね。

※追記:プレバンにて発表されました↓

icon

 

ガンダムビルドダイバーズブレイクのガンプラ画像です

最後に、ビルドダイバーズブレイクのガンプラでパシャリ。

ガンダムビルドダイバーズブレイクのガンプラ画像です

【ガンプラ】HGBD ガンダムシャイニングブレイク レビュー
【ガンプラ】HGBD:R ガンダム G-エルス レビュー
【ガンプラ】HGBD ガンダムザラキエル レビュー

 

HGビルドガンマガンダムのガンプラレビュー画像です

HGBD ビルドガンマガンダムの感想

ということでHGBDビルドガンマガンダムのご紹介でした。

 

新規造形の関節構造で手足の可動域は格段に向上しています。リックディアスと共通形状のパーツも一部新規で作られているのもポイント高し。

ただ、顔を上げる動作は苦手です。

頭部とビームガトリングバズは完全新規造形になっているので、ビルドガンマのデザインにビビッときたモデラーさんにはオススメといった感じ。

先述したとおり、本キットを塗装するだけではリックディアスが再現できないので、そのあたりはご注意を!

 

以上、「HGBD ビルドガンマガンダム」のガンプラレビューでした!

iconicon

 

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る