icon
icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGBD:R ウォドムポッド レビュー

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG ウォドムポッド」のガンプラレビューです。

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

ガンダムビルドダイバーズRe:RISEリライズに登場し、メイが使用するウォドムポッドをご紹介。

2020年発売。

プラスアーマーにより2nd SEASON仕様のウォドムポッド+も再現できるほか、高速飛行時の形態も再現可能。

ランナーレススタンドも同梱します。

ということで、HGウォドムポッドをレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HGBD:R ウォドムポッド

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

ついに発売されたウォドムポッド。

∀ガンダムのディアナ・カウンターが第一次帰還作戦で使用したモビルスーツ「ウォドム」が元ネタで、シバ・ツカサのプロデュースによりメイ自身がビルドしたガンプラです。

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

組み立て書にはメイが記載。

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

ホイルシールの量は少なく、「頭部」「リアアーマー内側」を補うもののみ付属。

色分けは良好ですが、スネやダクトなど細かな色は足りない感じです。

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

付属品はシンプルで、ウォドムポッド+が再現できる「プラスアーマー」とクリア色のランナーレススタンドのみです。

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

↑左がウォドムポッド。青のプラスアーマーを装着することにより、ウォドムポッド+(右)が再現できます。

選択式ではなく、いつでも切り替え可能だよ!

 

ウォドムポッド

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

まずは+ではない、ノーマル状態のウォドムポッドから見ていきます。

ランナーを見て驚いたのは、意外にもパーツ数が少なくサクサク組み上げられる点。

また、最近流行りのポリキャップレス構造になっていました。

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

成形色はモビルドールメイのようにグリーンホワイトブラックを主体としたカラーリングで再現されています。

上半身がでかいので心配でしたが、バランス感覚に優れていて自立性が高いです。

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

それでは各部細かく見ていきます!

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

可動域から。頭部は360度ロール回転します。ただ、上下方向へは動きません。

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

特徴的な頭部。元ネタのウォドムらしい半球体の頭部で再現されており、モールド量が多いです。

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

↑枠はシールで色を補います。

黒いライン(右枠)は下にモールドが刻まれているので、シールを使う場合は綿棒でやさしく抑えてあげると凹凸が浮かび上がるよ……(*´ェ`*)

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

超アップで。メインカメラにはシールを多用します。

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

後頭部のパーツは後ろへ引き出すことができ、頭頂部のカバーパーツも前へスライドします。

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

中はコクピットのような形になっています。

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

左右のフィンはロール回転します。ウォドムポッド+に切り替えるときに外す部分。

左右に使わないダボ穴が空いているので、今後のバリエーション展開が予想されます。まだ謎が多いな……(>ω<)

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

腕はうねうね動きます。元ネタのウォドムに近い形で再現されていて、外装の黒いパーツは筒型になっており合わせ目は出ません。

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

球体関節だけではなく、筒型のパーツ自体もロール回転するので自由度が高いです。

肘は90度ほど曲がります。

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

手首パーツは半開き状態のもののみ付属。指は動きません。

HGガンダムTR-1ハイゼンスレイのガンプラレビュー画像です

↑なんか既視感あるな……と思ったのですが、この前組んだハイゼンスレイのサブアームIIでした(*ノェノ)

【ガンプラ】HGUC ガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ] レビュー【プレバン】

 

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

右側の大型ビーム砲は、砲身(白いパーツ)アーマー(黒いパーツ)ともに可動します。

白いパーツの一部には合わせ目有り。画像では見えませんが、取り付けアームに少し肉抜きがあります。

合わせ目とともに、そこまで目立ちません。

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

左側には3連ミサイルポッドを装備しています。

こちらも大型ビーム砲のように可動。こちらは合わせ目無しです。

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

脚部は合わせ目無し構造です。

ただ「足首の上の三角部分」「ダクト」は色分けされておらず、シールも付属しないため重点的な塗装部分と言えそうです。

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

つま先とカカトは開閉します。接地性はまずまずといったところ。違和感はないです。

足裏のモールドは細かいですが、中央のフレーム部分に目立つ肉抜きがあります。

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

リアアーマーは表面・裏側ともにモールド量が多いです。

裏側にある円形部分は光沢感のあるブルーのシールで色を補います。

取り付け基部には少しだけ合わせ目があります。

ちなみに緑の球体部分は左右はめ込み式で段落ちモールドのようになっていますが、超厳密に言うと合わせ目が出ます。(凹の中央に出る感じなのでほとんど目立たず)

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

底面には3mmのスタンド穴が空いていますが、奥まっているので魂ステージのスタンドなどとは相性が悪いです。

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

付属のランナーレススタンドとは相性バッチリだよ!

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

アクションベース5のように、先端が凸型になっているスタンドでも安定して展示できます。

ただ、ポーズによっては重さで左右へ振れることはある感じ。

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

ミッションスタート!

それではアクションポーズいってみます!

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

戦場を駆けるメイ!

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

ジャンプ!

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

ビーム砲とミサイルで攻撃!

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

蹴りポーズで。

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

足の可動範囲が広く、水平まで開脚することができます。

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

いい感じ……!(>ω<)

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

HGBD:Rモビルドールメイと一緒にディスプレイ。

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

高速飛行時の形態に変形させてみます。

変形と言ってもカンタンで、角度を変えながら腕を広げ

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

後ろへ倒し、ヒザを曲げるだけで完了です。

ただ、腕に関しては組み立て書の指示が非常に分かりづらかったです。(球体や黒いパーツの角度)

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

高速飛行するウォドムポッド!

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

 

ウォドムポッド+

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

プラスアーマーを装着したウォドムポッド+がこちら。

設定的には大型ビーム砲の火力が向上していたりしますが、外観では「後頭部」「脚部」の2箇所が変わっただけです。

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

ブルーが1色足されただけでイメージが変わりますね。

後頭部のアーマーはリボンのようにも見えます。

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

後頭部のアーマーユニットをアップで。側面のフィンを外し、

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

アームを取り付けることにより自由に動きます。

裏側はモールドが刻まれていますが、肉抜きのような部分もアリ。今後別形態に変形するときのダボ穴かな?今段階ではまだわからずです。

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

脚部のアーマーユニットは、左右からはめこむだけのシンプルな構造です。

合わせ目は出ません。

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

後ろが露出する、アサルトシュラウド的な構造です。

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

アクション!

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

襲いかかるウォドムポッド+!

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

もちろん、ウォドムポッド+状態でも高速飛行時の形態にすることができます。

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

ウォドムポッドに戻し、メイを乗せてパシャリ。

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

EXQフィギュアのメイを加えてディスプレイ。

ウォドムポッドの全高はモビルドールメイと同じぐらいで、アースリィなどと比べるとちょいデカめといった感じです。

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

モビルドールメイもオススメだよ!

【ガンプラ】HGBD:R モビルドールメイ レビュー

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

 

HGウォドムポッドのガンプラレビュー画像です

HGBD:R ウォドムポッドの感想

ということでHGウォドムポッドのご紹介でした。

 

見た目や大きさに反し、少ないパーツ数でパコパコ簡単に組み上がるため初心者モデラーさんにもオススメのガンプラに仕上がっています。

合わせ目は目立ちませんが、今回解説した「アーム」「リアアーマー基部」以外だと胴体にも合わせ目が出ます。(設定画とは違うのですが「モールドに見えなくもない」感じ)

余っているダボ穴やハッチの開閉ギミックが存在することから、今後のバリエーションに期待できそうなキット。

モールドが細かくサクサク組めるので、誰にでもオススメだよ!

 

以上、「HG ウォドムポッド」のガンプラレビューでした!

 

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る