スポンサーリンク
スポンサーリンク

iconicon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGUC77 ブルーディスティニー2号機 レビュー

HGUCブルーディスティニー2号機のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGUC77ブルーディスティニー2号機」のガンプラレビューです。

HGUCブルーディスティニー2号機のガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINYに登場し、ニムバス・シュターゼンが搭乗するブルーディスティニー2号機の旧HG版をご紹介。

2007年発売。

※2017年に発売された、より最新のHGUC EXAM版は↓のレビューでどうぞ

【ガンプラ】HGUC ブルーディスティニー2号機 "EXAM" レビュー

 

HGUC77 ブルーディスティニー2号機

HGUCブルーディスティニー2号機をスミ入れ、つや消しした状態のガンプラレビュー画像です

旧HG版(ナンバー77)のHGUCブルーディスティニー2号機さん。

もちろん2017年に発売された後発のEXAM版とは別造形になっていて、今回の旧版には「EXAM版に同梱する赤い肩パーツ(鹵獲後仕様)」は付属しません。

旧HGUCブルーディスティニーのマーキングシールの画像です

付属するマーキングシールがこちら。

1号機~3号機まで共通のものが付属します。(旧版は共通)

HGUCブルーディスティニー2号機のガンプラレビュー画像です

そして完成した「2007年版のHGUCブルーディスティニー2号機」がこちら。

新旧ともに良い面・悪い面があるので、今回はどちらを買おうか悩んでるモデラーさん向けレビュー記事を書いていくぞ!(>ω<)

HGUCブルーディスティニー2号機のガンプラレビュー画像です

1号機からの変更点は、「ガンダムフェイス」「ビーム・ライフル「シールド」「バックパック」「カラーリング」「ホイルシール」です。

HGUCブルーディスティニー2号機のガンプラレビュー画像です

それでは各部細かく見ていきます!

HGUCブルーディスティニー2号機のガンプラレビュー画像です

可動域は意外と広く、腕は水平以上上がり開脚範囲も広いです。

顔は少し上を向く事ができます。

HGUCブルーディスティニー2号機のガンプラレビュー画像です

EXAM版ほどではないにせよ、手足の関節は大きく曲がりヒザ立ち可能です。

特に、肘関節は180度近く曲がります。

HGUCブルーディスティニー2号機のガンプラレビュー画像です

腰はここまでひねる事ができます。

最近のガンプラのように柔軟には可動しないものの、そこまで古さは感じません。

HGUCブルーディスティニー2号機のガンプラレビュー画像です

悪そうな頭部をアップで。

トサカとツインアイはシールで色を補います。

HGUCブルーディスティニー2号機のガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込み式で、側面に合わせ目が出ます。

↑枠の上側(頭頂部付近)は段っぽくなっており、設定画でもモールドがある部分です。

HGUCブルーディスティニー2号機のガンプラレビュー画像です

胴体と腰まわりも前後はめ込み式です。胴体の脇の下はモールド扱いでOKですが、腰には合わせ目が出ます。

胸部バルカン(左右の黒いパーツ)は別パーツにより色分け済みですが、黄色い部分や腹部有線式ミサイルランチャー(白い○)はホイルシールで色を補います。

HGUCブルーディスティニー2号機のガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーは青で固定です。

ジオンに強奪されたニムバスカラーを再現したい場合は、要塗装です。ちなみにEXAM版には赤い肩パーツも付属するので、連邦仕様を今回の旧HG版で仕上げ、鹵獲後仕様をEXAM版で再現する手もありますぞ……(*´ェ`*)

HGUCブルーディスティニー2号機のガンプラレビュー画像です

バックパックは、↑のようにかぶせる形で再現します。(1号機には付属しないバックパック)

HGUCブルーディスティニー2号機のガンプラレビュー画像です

バックパックには、ちょこちょこと合わせ目があります。

スラスターの白い部分は全面シールなのですが、角張った面に貼るため経年で剥がれてきます。ここは塗装推奨といったところ。

HGUCブルーディスティニー2号機のガンプラレビュー画像です

上から見た場合、胴体・肩・バックパックと合わせ目の量が多いです。

肩は多少前後に可動します。

HGUCブルーディスティニー2号機のガンプラレビュー画像です

腕は「肩内部ブロック」「前腕部」に合わせ目あり。

旧HGUCブルーディスティニーの腕関節の画像です

腕関節の中央パーツは、上下とも白いシールで色を補います。

シール感はそこまで目立ちませんが、動かすとこすれる部分なので塗装せずシールで済ませちゃうのも手かと思います。ある意味旧HG版の弱点と言えそうな部分です。

HGUCブルーディスティニー2号機のガンプラレビュー画像です

フロント・サイドアーマーは可動。

股下のカバーパーツを外せば、スタンド用の3mm穴が露出します。

旧HGUCブルーディスティニーのフロントアーマーの画像です

腰部をアップで。

フロントスカートの「濃いブルー部分」や、股間の下部分にシールを多用します。

HGUCブルーディスティニー2号機のガンプラレビュー画像です

脚部は「足の付け根」「関節パーツ」「左右」「アンクルガード」「カカト付近」と、合わせ目の量が多いです。

旧HGUCブルーディスティニーの脚の画像です

ヒザにある黄色い▼部分はシールです。

旧HGUCブルーディスティニーの脚の画像です

また、アンクルガード側面の白い部分もシールで色を補います。

ここはシール感が結構目立つので、可能なら塗装推奨といったところ。

HGUCブルーディスティニー2号機のガンプラレビュー画像です

足を曲げた際、前側の関節パーツにも合わせ目が出ます。

足裏に肉抜きはありません。

HGUCブルーディスティニー2号機のガンプラレビュー画像です

ブルーディスティニー2号機、出撃!

HGUCブルーディスティニー2号機のガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGUCブルーディスティニー2号機のガンプラレビュー画像です

1号機には付属しなかったビーム・ライフルがこちら。

旧HGUCブルーディスティニーの試作bームライフルの画像です

ここが旧HG版の最大の長所で、ライフル持ち手が付属するほかライフルのトリガーガードが省略されていません。

当たり前といえば当たり前の部分なのですが、後発のEXAM版ではライフル持ち手が付属しないうえビーム・ライフルのトリガーガードが消えたデザインになっています。ここの再現度は今回の旧HG版の勝利ポイントです(*_*)

HGUCブルーディスティニー2号機のガンプラレビュー画像です

シールドは1号機の陸戦タイプとは違い、曲面タイプのものが付属します。

基部でロール回転します。

旧HGUCブルーディスティニーの画像です

ビーム・ライフルで攻撃!

旧HGUCブルーディスティニーの画像ですHGUCブルーディスティニー2号機のガンプラレビュー画像です

足の付け根がロール回転不可という事もありポーズ幅は限られますが、かっこいいポーズは決まる印象です。

HGUCブルーディスティニー2号機のガンプラレビュー画像です

ヒザを着いて射撃。

HGUCブルーディスティニー2号機のガンプラレビュー画像です

フォアグリップは可動し、両手で構える事ができます。

旧HGUCブルーディスティニーの画像です

狙い撃つ2号機!

HGUCブルーディスティニー2号機のガンプラレビュー画像ですHGUCブルーディスティニー2号機のガンプラレビュー画像です

いい感じ……(*´ェ`*)

旧HGUCブルーディスティニーの画像です

ビーム・サーベルは、脚部の側面に収納されています。

旧HGUCブルーディスティニーのビームサーベルの画像です

パーツを外せば、サーベル柄を取り出す事ができます。(左右とも)

旧HGUCブルーディスティニーの画像です

ビーム・サーベルを抜刀!

旧HGUCブルーディスティニーの画像です

攻撃!

旧HGUCブルーディスティニーのビームサーベル二刀流の画像です

ビームエフェクトパーツも2本付属するため、二刀流も可能です。

旧HGUCブルーディスティニーのビームサーベル二刀流の画像です

襲いかかる2号機!

旧HGUCブルーディスティニーの画像です旧HGUCブルーディスティニーの画像です

ライフル+サーベルでパシャリ。

HGUCブルーディスティニー1、2、3号機の違い・比較ガンプラレビュー画像です

旧版の「HGUC80ブルーディスティニー1号機(塗装済)」「本キット」「HGUC82ブルーディスティニー3号機」を比較。

HGUCブルーディスティニー1、2、3号機の違い・比較ガンプラレビュー画像です HGUCブルーディスティニー1、2、3号機の違い・比較ガンプラレビュー画像です

余談ですが、旧版のブルーディスティニー系ランナーは旧版の陸戦型ガンダムでも共通の色替えランナーが使用されていたりします。

【ガンプラ】HGUC80 ブルーディスティニー1号機 レビュー
【ガンプラ】HGUC82 ブルーディスティニー3号機 レビュー

 

HGUCブルーディスティニー2号機とEXAMの違い・比較ガンプラレビュー画像です

2017年に発売された、より最新のHGUCブルーディスティニー2号機EXAM(右)と比較。

HGUCブルーディスティニー2号機とEXAMの違い・比較ガンプラレビュー画像です

プロポーションが一新されており、成形色ブルーの色合いが違います。

HGUCブルーディスティニー2号機とEXAMの違い・比較ガンプラレビュー画像です

頭部を比較。鋭い顔付きの旧版から造形が変化しています。

HGUCブルーディスティニー2号機とEXAMの違い・比較ガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルを比較。

ビーム・ライフル形状・およびライフル持ち手は、今回の旧版の圧勝ポイントです。(EXAM版はトリガーガードが省略されてしまっている)

HGUCブルーディスティニー2号機とEXAMの違い・比較ガンプラレビュー画像です

バックパックを比較。白い部分はどちらもシールだよ……(*´ェ`*)

HGUCブルーディスティニー2号機とEXAMの違い・比較ガンプラレビュー画像です

組み安さや合わせ目の少なさ、可動域はEXAM版の勝利です。

が、プロポーションや顔付きがかなり違うので好みの方をチョイスするのがオススメだぞ!

【ガンプラ】HGUC ブルーディスティニー2号機 "EXAM" レビュー

 

旧HGUCブルーディスティニーの画像です

HGUC77 ブルーディスティニー2号機の感想

ということで旧HG版ブルーディスティニー2号機のご紹介でした。

 

先述したとおり、可動域や色分け(赤い肩パーツの有無)などを考えればより最新のEXAM版の方がオススメです↓

 

ただビーム・ライフルまわりはこちらが圧勝しているのと、顔付きやスタイルがかなり違うため好みによっては今回の旧版をチョイスするのも全然アリだと思います。

観点を変えると、EXAM版の発売により旧版の再販率がほとんどなくなりそうな点から、こちらの方がレア化しそうな予感もしますね……。この記事は2021年10月に執筆(リライト)していますが、現段階で青バンダイマーク版の旧2号機は出荷されていないみたいです。

……将来レア化の恐れアリかな?(*_*)

 

以上、「旧HGUC ブルーディスティニー2号機」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る