icon
icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGUC ブルーディスティニー2号機 EXAM レビュー

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMのガンプラ画像ですレビュー

「機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY」に登場し、ニムバス・シュターゼンが搭乗したブルーディスティニー2号機“EXAM”のガンプラレビューです。

こちら10年ぶりに新フォーマットでリリースされた新作HGUCの方になります。

スポンサーリンク

HGUC ブルーディスティニー2号機”EXAM”

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMの画像です

この2号機、ブルーディスティニー1号機の新作同様、最新フォーマットなだけあり10年前の旧キットからスタイル・色分け・可動域がかなり進化していました。

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMの画像です

1号機のバリエーションキットになりますが、新規パーツはカラーリングジオンのシール頭部バックパックビーム・ライフルシールドになります。

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMの画像です

全体の見た目が旧キットよりマッシブな肉付きの良い感じになりました。

嬉しいのは旧版では塗装しなきゃいけなかったニムバスカラーの両肩がバッチリ付属している点。

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMの画像です

カラーリングは旧キットより薄めのブルーに変更されています。

前はメチャメチャ青かった↓

旧HGUCブルーディスティニーの画像です

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMの画像です

あとは関節の強度が丁度良い感じなので組みやすいし可動させやすいです。最近の柔らかプラ効果とパーツ精度が上がっているのがわかります。

※旧キットはABSを使用しているせいか各部テンションきつめでした

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMを下から見たガンプラ画像です

下から。足裏に肉抜きがあります。処理しづらい感じで付いているのでコダワリ派はパテ埋め大変な部分。

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMの比較画像です

頭部アップ。目のシールは通常時とEXAM発動時で選択する感じ。

1号機EXAMのように顔自体が2つ付属するわけではないので注意です。

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMの比較画像です

目の下の赤い部分がシールではなく別パーツになっているので見栄えがかなり良いですね。

ちなみにバルカンの色分けはされていないので要塗装。

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMのクリアパーツとシールの画像です

目はクリアパーツなので塗装派には嬉しい仕様。

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMの胴体バルカンの画像です

腹部有線式ミサイルランチャーのミサイル先端は色分けされていないので白に要塗装です。

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMのジオンのマーキングシールの赤い肩画像です

このキット最大の売り、ニムバスのパーソナルカラーである赤い両肩パーツが付属。

またジオン軍のシールが付属します。

ジオンのマーキングをしているガンダムタイプってのが最高に熱いよ……

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMの肩のギミック画像です

サイド部分には引き出しギミックあり。EXAM発動時は引き出す設定です。

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMの肩の画像です

選択式になりますが、略奪される前の肩と連邦軍のマーキングシールもちゃんと付属してるよ。

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMのフロントアーマーの画像です

フロントスカートのパーツ分割は色ごとに分割されています。

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMの脚の画像です

膝の黄色い▼はシール。アンクルガードに合わせ目ありです。

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMの脚の裏の画像です

脚部裏側。合わせ目がでない親切設計です。

パーツがちゃんとハマってないけどw

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMのアンクルガードの画像です

ちょっと残念なのはアンクルガードの側面、白い部分は旧キットと同じくシールでした。

また、ご覧の通り接地性があまり良くないので足を広げて直立させても気を使わなければ転倒する感じです。

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMのランドセルの比較画像です

←は1号機と同じ重力下用のランドセル。→はそれにかぶせる形で宇宙空間用を装備させる感じ。

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMのバックパック画像です HGUCブルーディスティニー2号機EXAMのバックパック画像です

EXAMシステム発動時に展開する追加スラスターギミックは差し替えで再現。

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMのバックパック画像です

宇宙用バックパックのスラスター先端の白部分はシールになります。

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMの可動域の画像です

可動域はかなり広く膝立ちは無理なく可能。

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMの可動域の画像です

開脚範囲は物凄いことになってます。

昔のデザインをよくここまで動かせるようにしたもんだわ……。

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMの肩の可動域の画像です

肩上部は旧キットと違い合わせ目あり。

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMの肩の可動域の画像です

かなり上までいきます。

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMの腕の可動域の画像です

胴体内部の関節パーツに角度が付けられる構造になっています。

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMの手の可動画像です HGUCブルーディスティニー2号機EXAMの手の可動画像です

手首まわりも新しい設計になっていて従来より動きます。

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMの腰の可動画像です

腰はあまり回転せず。上下には少し可動します。

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMの試作型ビーム・ライフル画像です

1号機には付属しない青い新規造形のビーム・ライフル

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMのビーム・ライフルの画像です

センサーはホイルシールが付属。上下に少しだけ合わせ目が出来ますがあまり目立たないかな。

青いビーム・ライフルって新鮮でかっこいいよね。

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMの画像です

フォアグリップが可動するので両手持ちが可能です。

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMの100mmマシンガンの画像です

ランナーの都合上1号機EXAMに付属した100mmマシンガンも付属。

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMの画像です

100mmマシンガンはストックが可動。

左手のみ平手が付属するのでポージングが決まりますね。

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMの両手持ちの画像です

100mmマシンガンもフォアグリップが可動するので両手持ちが可能ですが、意外な事に腕の前後可動がそこまで広くないので色んな方向には構えられない感じ。

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMの人差し指がない画像です

このキット最大の弱点がこちら。

100mmマシンガンとビームライフルのトリガー部分の造形と、銃の持ち手が簡略化されています。

形状自体を変えちゃうのはよくないよバンダイさん!

旧HGUC版↓

旧HGUCブルーディスティニーの試作bームライフルの画像です

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMの二丁持ちの画像です

二丁持ち。

ただ、手のパーツを分解しなくても持たせられるので武器の持ち替えは簡単になりました。

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMの二丁持ちの画像です HGUCブルーディスティニー2号機EXAMの画像です

「ジオンの騎士たるニムバス・シュターゼンが相手をしてやろう」

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMのシールド画像です

ジムコマンドと同タイプのシールド(新規造形)。

ジオンと連邦のマーキングシールが付属します。

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMのシールド裏の画像ですHGUCブルーディスティニー2号機EXAMのシールド可動の画像です

シールドは基部を軸にロール回転します。シールドと腕の接合部分が腕パーツの間にあるので、パチッというまではめないとプラプラになるので注意。

なんか模型戦士ビギニングGみたいな台詞を言ってしまった。

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMの画像です

「すべてのものに裁きを。それがEXAMの力だ」

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMの画像です

しかし悪そうなガンダムです。はい。

正直もの凄くかっこいいと思います(感涙

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMの画像です

ビーム・サーベルは両脚サイドに収納されています。

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMのビーム・サーベルの画像です HGUCブルーディスティニー2号機EXAMのビーム・サーベルの画像です

ビーム・サーベル抜刀。

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMのビーム・サーベルの画像です

「マリオンよ、貴様の出る幕などもはやどこにもありはしない!」

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMのビーム・サーベルの画像です HGUCブルーディスティニー2号機EXAMのビーム・サーベル二刀流の画像です

長いビームエフェクトパーツが2本付属するので二刀流が可能です。

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMのビーム・サーベル二刀流の画像です HGUCブルーディスティニー2号機EXAMのビーム・サーベル二刀流の画像です HGUCブルーディスティニー2号機EXAMのビーム・サーベルの画像です

「ユウ・カジマ!!!」

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMと旧HGUC3号機の画像です HGUCブルーディスティニー2号機EXAMと旧HGUC3号機の画像です

旧HGUCブルーディスティニー3号機とディスプレイ。

HGUC ブルーディスティニー2号機”EXAM”の感想

1号機EXAMに続き発売された新フォーマットのブルーディスティニー2号機EXAMですが、まずプレミアム・バンダイ限定ではなく一般販売にしてくれたのが嬉しいですね。

内容の方は前のキットから10年経っているだけあり色々進化していました。

 

新旧の違い

ニムバスカラーの両肩が付属

・強奪前と強奪後の連邦・ジオン両軍のマーキングシールが付属

・プロポーションが現代的なマッシブな体型に変更

可動域がかなり広くなった

・パーツ分割が細かくなった事でシール範囲が減少

新ではライフル系のトリガー形状が省略されてしまった

 

 

足裏に肉抜きがあったりトリガー形状が省略されているのはリニューアル版の方が劣っています。

が、それらを差し引いても総合的に見て大きく進化しており組んだ後ものすごい満足感で満たされましたw

 

主な合わせ目は頭部、肩上、腕、アンクルガード、ライフル系。

パーツの合いが良いので腕とアンクルガード以外はあまり目立たない印象です。

 

肩を塗装する方はガンダムカラー ニムバスレッドがオススメ。イフリート改でも使えるので調色めんどくさい方は公式カラーが楽チンです。

 

スミ入れ+つや消し後の画像はこちら↓

HGUCブルーディスティニー2号機をスミ入れ、つや消しした状態のガンプラレビュー画像です HGUCブルーディスティニー2号機をスミ入れ、つや消しした状態のガンプラレビュー画像です

 

わたしはニムバスがめっちゃ好きなので赤い両肩とジオン軍のマーキングが入っている点で9割がた満足しましたw

 

ちなみに旧HGUCのブルーディスティニー2号機も普通にかっこいいキットなので、旧版のスタイルが好きだ!って方は旧版でも全然アリだと思います。↓

HGUCの全ブルーディスティニーのガンプラレビュー画像です

オールブルーディスティニーでディスプレイ。

その他のブルーディスティニーのガンプラレビューは↓

ブルーディスティニーのガンプラレビューまとめ画像です

HGUCブルーディスティニー2号機EXAMの画像です

以上、「HGUC ブルーディスティニー2号機 EXAM」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

『中古プラモデル1/144 HGUCブルーディスティニー2号機`EXAM`』の在庫を見る


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古 1/144 HGUC RX-79BD-2 ブルーディスティニー2号機』の在庫を見る