スポンサーリンク
スポンサーリンク

iconicon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGUC82 ブルーディスティニー3号機 レビュー

HGUCブルーディスティニー3号機のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGUC82 ブルーディスティニー3号機」のガンプラレビューです。

HGUCブルーディスティニー3号機のガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINYに登場し、ユウ・カジマが搭乗するブルーディスティニー3号機の旧HG版(ナンバー82)をご紹介。

2007年発売。

※2018年に発売された、より最新のEXAM版のレビューは↓でどうぞ

【ガンプラ】HGUC ブルーディスティニー3号機 "EXAM" レビュー

 

という事で、旧HGUC版のブルーディスティニー3号機をEXAM版との比較画像を含めてレビューしていきたいと思います!

HGUC82 ブルーディスティニー3号機

HGUCブルーディスティニー3号機のガンプラレビュー画像です

早速ですが、完成したHGUC82ブルーディスティニー3号機がこちら。

当時「ブルーディスティニーのブルー部分はどこに……」と思ったのはわたしだけではないはずw

ちなみに外装ホワイトの成形色は真っ白ではなく、微妙にグレーがかった色になっていたりします。

今の時代EXAM版も発売されているので、比較レビューとしてご覧くださいまし……(*´ェ`*)

HGUCブルーディスティニー3号機のガンプラレビュー画像です

元をたどれば、HGUC77ブルーディスティニー2号機のリデコキットとなる3号機さん。

成形色が、ホワイトを基調としたスタンダードなガンダムカラーに変更されているのが特徴です。

15年前に発売されたHGになりますが、ご覧のようにプロポーションについては今の目で見ても遜色ない出来になっています。

HGUCブルーディスティニー3号機のガンプラレビュー画像です

シールド以外、ガンプラ的にはほとんどHGUC77ブルーディスティニー2号機の色替えですが、申し訳程度に左の銃持ち手が追加で付属するのが特徴です。

旧HGUCブルーディスティニー3号機の可動域の画像です

可動域は、今のガンプラ目線で見ると標準ややマイナスといった感じ。

ただ、手足は十分広がります。

HGUCブルーディスティニー3号機のガンプラレビュー画像です

手足の関節は90度以上曲がり、ヒザ立ち可能です。

特に腕関節は180度近く曲がります。

HGUCブルーディスティニー3号機のガンプラレビュー画像です

腰は↑までひねる事が可能。

HGUCブルーディスティニー3号機のガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。

ツインアイのシールは↑の「EXAMシステム起動状態」のほか、通常時のグリーンのシールも付属します。

HGUCブルーディスティニー3号機のガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込み式で、側面に合わせ目が出ます。

トサカ前後のセンサーもシールが2色付属します。

HGUCブルーディスティニー3号機のガンプラレビュー画像です

胴体は前後はめ込み式で、一部合わせ目が出ます。

胴体側面の脇の下は、設定画でもモールドがある部分なので処理しなくてOKです。

旧HGUCブルーディスティニー3号機の胴体の画像です

胸部中央のイエローや腹部有線式ミサイルランチャー(左右の白い○)のホワイト、お腹のレッド部分はホイルシールで色を補います。

旧HGUCブルーディスティニー3号機の肩のマーキングシールの画像です

左肩には「03」のマーキングシールを貼ります。

HGUCブルーディスティニー3号機のガンプラレビュー画像です

肩は軸接続ですが、ある程度前後に可動します。

ただ「ショルダーアーマー」「胴体」「宇宙用バックパック」には合わせ目が出ます。

HGUCブルーディスティニー3号機のガンプラレビュー画像です

宇宙用のバックパックは、陸戦用バックパックの上からかぶせる形で装着します。

HGUCブルーディスティニー3号機のガンプラレビュー画像です

合わせ目の量は多いです。

スラスターの白い部分は角張った面にシールを貼るため、キレイにいかず。塗装推奨部分と言えそうです。

HGUCブルーディスティニー3号機のガンプラレビュー画像です

腕は、「肩内部パーツ」「前腕部」に合わせ目あり。

HGUCブルーディスティニー3号機のガンプラレビュー画像です

腰部をアップで。フロント・サイドアーマーは、ともに可動。

フロントアーマーの色分けは甘いです。

股間軸は可動式で、底面のカバーを外せばスタンド用の3mm穴が露出します。

HGUCブルーディスティニー3号機のガンプラレビュー画像です

脚部は「付け根の基部」「関節フレーム」「側面」「アンクルガード」「カカト付近」と、合わせ目の量が多いです。

旧HGUCブルーディスティニー3号機の脚の画像です

ヒザの黄色い▽は、シールで色を補います。

HGUCブルーディスティニー3号機のガンプラレビュー画像です

足を曲げた際の関節フレーム部分前側にも合わせ目あり。

足裏に肉抜きはありません。ここは地味に2018年発売のEXAM版に勝っている部分だぞ……(*´ェ`*)

HGUCブルーディスティニー3号機のガンプラレビュー画像です

ブルーディスティニー3号機、出撃!

HGUCブルーディスティニー3号機のガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

旧HGUCブルーディスティニー3号機のビーム・ライフルの画像です

ビーム・ライフルはHGUC77の2号機の色替えが付属。合わせ目アリです。

※設定的にEz-8などに付属するライフルと同型

センサー部分のグリーンは、ホイルシールで色を補います。

HGUCブルーディスティニー3号機のガンプラレビュー画像です

大型のシールドがこちら。

このシールドは1号機と2号機には付属しないので、3号機のアイデンティティと言えそうです。

旧HGUCブルーディスティニー3号機のシールド可動の画像です

シールドはボールジョイント接続で、基部でロール回転します。

HGUCブルーディスティニー3号機のガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルで攻撃!

HGUCブルーディスティニー3号機のガンプラレビュー画像ですHGUCブルーディスティニー3号機のガンプラレビュー画像です旧HGUCブルーディスティニー3号機の左手の銃持ち手画像です

ここも3号機の特徴で、左の銃持ち手が付属します。

旧HGUCブルーディスティニー3号機の両手持ちの画像です

ビーム・ライフルのフォアグリップは可動し、両手で構える事ができます。

旧HGUCブルーディスティニー3号機の画像です 旧HGUCブルーディスティニー3号機の画像です

「こいつもまた、モルモットの役目か」

旧HGUCブルーディスティニー3号機の脚サイドの画像です

脚部側面の装甲内部には、

旧HGUCブルーディスティニー3号機のビーム・サーベルラックの画像です

ビーム・サーベルが収納されています。(両足とも)

旧HGUCブルーディスティニー3号機のビームサーベルの画像です

ブルーディスティニー3号機、ビーム・サーベルを抜刀!

旧HGUCブルーディスティニー3号機の画像です

攻撃!

旧HGUCブルーディスティニー3号機のビームサーベル二刀流の画像です

ビームエフェクトパーツは、短めのものが2本付属し

旧HGUCブルーディスティニー3号機のビームサーベル二刀流の画像です

二刀流も可能です。

旧HGUCブルーディスティニー3号機の画像です

ライフル+サーベルでパシャリ。

ブルーディスティニー2号機EXAMと旧HGUC3号機の画像です

HGUCブルーディスティニー2号機EXAM(新しい方)とディスプレイ。

【ガンプラ】HGUC ブルーディスティニー2号機 "EXAM" レビュー

 

HGUCブルーディスティニー1、2、3号機の違い・比較ガンプラレビュー画像です

HGUC80ブルーディスティニー1号機(左/塗装済)」「HGUC77ブルーディスティニー2号機(中央)」と比較。(旧HGUC版)

すべて2号機のリデコキットとなります。

HGUCブルーディスティニー1、2、3号機の違い・比較ガンプラレビュー画像です HGUCブルーディスティニー1、2、3号機の違い・比較ガンプラレビュー画像です

アップで比較。今回の3号機の特徴は、成形色以外だと「シールド」「左の平手」の2点となります。

【ガンプラ】HGUC80 ブルーディスティニー1号機 レビュー
【ガンプラ】HGUC77 ブルーディスティニー2号機 レビュー

 

HGUCブルーディスティニー3号機とEXAMの違い・比較ガンプラレビュー画像です

2018年に発売された、より最新の「HGUCブルーディスティニー3号機”EXAM”(右)」と比較。

HGUCブルーディスティニー3号機とEXAMの違い・比較ガンプラレビュー画像です HGUCブルーディスティニー3号機とEXAMの違い・比較ガンプラレビュー画像です

頭部を比較。

HGUCブルーディスティニー3号機とEXAMの違い・比較ガンプラレビュー画像です

アップで比較。EXAM版には、今回の旧版には付属しないジム・ドミナンスの2連ビーム砲が付属するのが特徴です。

HGUCブルーディスティニー3号機とEXAMの違い・比較ガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルは、今回の旧HG版の勝利ポイントです。

EXAM版ではビーム・ライフルのトリガーガードが省略されているうえ、銃持ち手も付属しません。

HGUCブルーディスティニー3号機とEXAMの違い・比較ガンプラレビュー画像です

EXAM版のレビューは↓でどうぞ。

【ガンプラ】HGUC ブルーディスティニー3号機 "EXAM" レビュー

 

HGUCブルーディスティニー3号機のガンプラレビュー画像です

「兵士ではなく、俺自身の意思として、貴様を討つ!」

HGUC82 ブルーディスティニー3号機の感想

ということで旧HG版ブルーディスティニー3号機のご紹介でした。

 

ほとんど旧2号機のリデコキットとなりますが、成形色が変更されているほか3号機の大型シールドが同梱するのが特徴です。

ただ、今の時代より最新のEXAM版が発売されているため、よほどのコダワリがなければEXAM版の方がオススメといったところ。(ジム・ドミナンスの2連ビーム砲が付属するので)

※EXAM版↓

 

ただ、「ビーム・ライフルの造形」「足裏に肉抜きが無い点」は今回の勝利ポイントだと思います。プロポーション自体もかなり変化しているので、結局は好みの方を買うのがいいかもしれませんね。

 

最後に注意点になりますが、各パーツがキツめに設計されているため「コーティング無しでのエナメルでのスミ入れ」にはご注意を。

わたくし、実際にエナメルでスミ入れしましたが脚パーツの一部が一瞬で破損しましたw↓

HGUCブルーディスティニー3号機をスミ入れ、つや消しした状態のガンプラレビュー画像です

修復したので写真ではほとんどわからないですが、脚部内側のパーツに亀裂が入りました(*ノェノ;)みんなは注意してね!

 

以上、「HGUC82 ブルーディスティニー3号機」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る