icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGUC ブルーディスティニー1号機 EXAM レビュー

HGUCブルーディスティニー1号機EXAMのガンプラ画像ですレビュー

今回はHGUCブルーディスティニー1号機”EXAM”のガンプラレビューです。

こちら2017年に発売された新フォーマットバージョンの1号機になります。

さすがに約10年ぶりに発売されただけあり、色々パワーアップしている部分が多いガンプラになっていました!

とはいえ旧版の方が勝っている部分もあったので、その辺をじっくりとご紹介します。

スポンサーリンク

HGUC ブルーディスティニー1号機”EXAM”

ブルーディスティニー1号機EXAMの画像です

「機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY」に登場し、モルモット隊ユウ・カジマが搭乗するブルーディスティニー1号機EXAM。

ブルーディスティニー1号機EXAMの画像です

今回はスミ入れもしていない、完全パチ組みでのレビューになります。

※スミ入れ+つや消し後の画像は後述

ブルーディスティニー1号機EXAMの画像です

旧HGUCのブルーディスティニー1号機の発売から10年の月日をまたぎ発売されたブルーディスティニー1号機EXAMですが、バンダイホビー部の技術の進化を感じられたガンプラでした。

そして個人的にサイドストーリー系は大好物なのでこのキット化はマジで嬉しい!ありがとうバンダイさん…(byバンダイの養分

ブルーディスティニー1号機EXAMの画像です

シールで補う部分は「顔周りのセンサー」「リアスカート」「脚部スラスター内部の赤」となっています。

ブルーディスティニー1号機EXAMの画像です

両肩には前後にマーキングシールが付属

後ろ分も付属するのがいいですね。ナンバーのフォントもかっこいいです。

ブルーディスティニー1号機EXAMの画像です

なんか陸ガンに変なシステム乗せたらクッソ強くなってしまったみたいな感じがカッコイイ。

バンダイさん…ブルーディスティニー0号機プレバンでいいので出して下さい…(懇願

ブルーディスティニー1号機EXAMの頭部の比較画像です

頭部アップ。ゲーム版とコミック版の2種類が付属します。目のバイザーは通常時のグリーンとEXAMシステム発動時のレッドは各1つしか付かないので選択式。

ブルーディスティニー1号機EXAMの頭部の比較画像です

よく見るとゲーム版の目は丸い目でコミック版はガンダムタイプのツインアイになっています。

ブルーディスティニー1号機EXAMの胴体の画像です

という事でまずはゲーム版でご紹介。

EXAM発動状態ではなく通常状態で組んでみました。

旧キットから腹部有線式ミサイルランチャーが進化し、ちゃんとミサイル先端が突き出ているような造形で別パーツ化されています。

胸の下のダクトも以前はシールだったところが別パーツに。

ブルーディスティニー1号機EXAMの肩のマーキングシールの画像です

左肩部分には「01」のマーキングシールが付属。

ブルーディスティニー1号機EXAMの肩のマーキングシールの画像です

右肩には連邦のマーク。

連邦のマーキングは旧キットには付属しなかったので嬉しい要素。

ブルーディスティニー1号機EXAMのバックパックの画像です

両肩は後ろ分のマーキングシールも付属します。

ブルーディスティニー1号機EXAMのバックパックEXAM発動時時の画像です

バックパックはEXAM発動状態が一部差し替えで展開可能

ブルーディスティニー1号機EXAMのアンクルガードの画像です

アンクルガードに合わせ目あり。

意外な事に設置面はそこまで広くないです。

ブルーディスティニー1号機EXAMの肉抜きの画像です

足裏に肉抜きあり。パテで埋めるのがメチャメチャ難しい場所ですね。ちょっと残念。

ブルーディスティニー1号機EXAMの膝の可動域の画像です

膝の可動域は優秀ですが、意外にも接地性は今のガンプラ基準で見るとあまり良くはないです。(直立でも気を使わないと転倒する)

ブルーディスティニー1号機EXAMの開脚の可動域画像です

腕まわりや開脚範囲はかなり広いです

ブルーディスティニー1号機EXAMの肩の可動域の画像です ブルーディスティニー1号機EXAMの肩の可動域の画像です

肩はポリキャップレスでここまで腕が上がります。可動域エグい事になってるな……。

ブルーディスティニー1号機EXAMの100mmマシンガンの画像です

100mmマシンガン

残念な事にトリガーの造形が省略されています。

それに伴い銃持ち手も付属せず。ここは残念ポイント。

ブルーディスティニー1号機EXAMの100mmマシンガンの画像です

その代わり武器を持ち替える時にいちいち指のパーツを外さなくても上からスポッと持たせられるので、楽といったら楽になりました。

ブルーディスティニー1号機EXAMの画像です

100mmマシンガン定番のストックはもちろん後方へ可動。

ブルーディスティニー1号機EXAMの画像です

左手は開き手が付属するので表情付けがしやすいです。

ブルーディスティニー1号機EXAMのフォアグリップの画像です

フォアグリップも可動するので両手持ちが可能。

ブルーディスティニー1号機EXAMの画像です ブルーディスティニー1号機EXAMのシールドの画像です

シールドには連邦軍のマーキングシールが付属。

ブルーディスティニー1号機EXAMのシールド可動の画像です

シールドはボールジョイント接続で回転します。

ブルーディスティニー1号機EXAMのシールド可動の画像です ブルーディスティニー1号機EXAMのシールド可動の画像です

また、前方へ突き出すようなギミックも。

ブルーディスティニー1号機EXAMのパッケージ風画像です

戦慄のブルー、パッケ風。

ブルーディスティニー1号機EXAMの画像です

箱に載っていたポーズサンプル。

こう見てみるとエクストリームバーサスに出てくるBD1の体型に似ている気がします。

ブルーディスティニー1号機EXAMの画像です

このガンプラの素晴らしいところはポロリが一切無い点。

写真を取る時ポーズを付ける度にガチャガチャ動かしたのですが、一切ポロリしませんでした。

ブルーディスティニー1号機EXAMの画像です

浮かせると足裏の肉抜きが目立つ感じですね。

ブルーディスティニー1号機EXAMの画像です

「そうやってお前は、全ての他人を見下すんだ!ニムバァス!!」

サターンで喋らない人だと思ってたらちゃんと喋れたカジマさん。

ブルーディスティニー1号機EXAMの画像です ブルーディスティニー1号機EXAMの画像です

ビーム・サーベルを展開させてみます。

ブルーディスティニー1号機EXAMの画像です

両脚サイドのパーツを外して

ブルーディスティニー1号機EXAMのビームサーベルラックの画像です

中から取り出し

ブルーディスティニー1号機EXAMのビームサーベルの画像です

ビームサーベル抜刀。

ブルーディスティニー1号機EXAMの画像です ブルーディスティニー1号機EXAMの画像です ブルーディスティニー1号機EXAMの画像です

いやーかっこいいっす……(涙

ブルーディスティニー1号機EXAMのジム頭を投げている画像です

※ジムの頭を投げるブルーディスティニー1号機の図

ブルーディスティニー1号機EXAMの二刀流の画像です

ビームエフェクトパーツは長めのものが2本付属するので二刀流が可能です。

ブルーディスティニー1号機EXAMの画像です ブルーディスティニー1号機EXAMの画像です

ふぅ…。どんだけかっこいいんだ……。

ブルーディスティニー1号機EXAMの肩のギミック画像です

それではコミック版頭部EXAM発動時の画像もご紹介。

EXAM発動時は肩サイドにあるパーツを展開させるギミックがあり。

ブルーディスティニー1号機EXAMの肩のギミックの画像です

指でつまんで引っ張ればパーツが引き出せます。

ブルーディスティニー1号機EXAMのコミック版の画像です

「エグザムシステム キドウ」

ブルーディスティニー1号機EXAMのコミック版の画像です

アンテナ先端は白いシールが付属。ここ貼るのメチャメチャ難しいです。(実際貼れてないのでご確認ください

ブルーディスティニー1号機EXAMのコミック版の画像です ブルーディスティニー1号機EXAMのコミック版の画像です

コミック版もかっこいいですね。

ブルーディスティニー1号機EXAMのコミック版の画像です

HGUC ブルーディスティニー1号機”EXAM”の感想

という事で新フォーマットで発売されたHGUCブルーディスティニー1号機EXAMでしたが、旧HGUC版より色分け、可動、組みやすさが遙かに上がっている良キットでした。

 

特にマッシブなプロポーションに変更された事と上半身の回転以外の可動が飛躍的に広がっている点、そしてパーツのテンションが丁度良くなっており力を使わなくてもサクっと組める感じが素晴らしい。
※旧HGUCの1~3号機は各部テンションがきつく、組むのに力が必要なパーツが多かった

 

主な合わせ目は「肩の上部」「腕部」「アンクルガード」「武器類」になります。

 

色分けについては赤部分やアンテナ先端など一部シールで補う場所があります。どこも小範囲なので部分塗装自体は簡単そう。

 

欠点は100mmマシンガンのトリガー造形が無くなった点。

これはこのキットに限らず最近の主流になりつつあるようなので、是非改善してもらいたい点だと思います。

更に意外にも接地性はあまり良くありません。

気を使わないと転倒する感じ。

 

とはいえプロポーションがスタイリッシュ路線ではなくマッシブなデザインに造形されていて非常にセンスを感じました。

 

もうですね、戦慄のブルー好きとしては満足感で満たされたよ……。

 

スミ入れ+つや消ししてみた写真↓

HGUCブルーディスティニー1号機をスミ入れ、つや消しした状態のガンプラレビュー画像です HGUCブルーディスティニー1号機をスミ入れ、つや消しした状態のガンプラレビュー画像ですHGUCの全ブルーディスティニーのガンプラレビュー画像です

オールブルーディスティニーでディスプレイ。

その他のブルーディスティニーのガンプラレビューは↓

ブルーディスティニーのガンプラレビューまとめ画像です

ブルーディスティニー1号機EXAMのコミック版の画像です

以上、「HGUC ブルーディスティニー1号機”EXAM”」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古 1/144 HGUC RX-79BD-1 ブルーディスティニー1号機 `EXAM`』の在庫を見る


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古 1/144 HGUC RX-79BD-1 ブルーディスティニー1号機』の在庫を見る