iconicon
icon
icon

【ガンプラ】1/144 ガンブラスター レビュー【旧キット】

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「1/144 ガンブラスター」のガンプラレビューです。

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です

機動戦士Vガンダムに登場し、シュラク隊が搭乗したガンブラスターをご紹介。

1993年発売、1/144スケールの旧キットになります。

プレミアム・バンダイでRE/100(リボーンワンハンドレッド)の発売も決定したガンブラスター。

1/144で揃えたいモデラーさんも多いと思うので、今のガンプラ目線で見るとどんな出来になっているかじっくり見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

1/144 ガンブラスター

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です

ガンブラスターとは

・ガンイージを宇宙戦闘用に強化した機体

形状的な違いはバックパック

・「口」「胴体」などのカラーリングが変更されており、装甲色もガンイージより明るいグリーンになっている

 

キットは従来のVフレームを使ったランナーロック式(ランナーをそのままはめ合わせる)のスナップフィットなので、接着剤は不要です。

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です

元々シンプルなカラーデザインのガンブラスターですが、胸ダクトのイエローやコクピット部レッドのような目立つ部分にシールを使うため色分けは甘いです(*´ェ`*)

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ビーム・ライフル」「ビーム・ランチャー」「ビーム・サーベル×2(形状違い)」「ビーム・スプレーガン」「ビーム・シールド」「交換用スタンド支柱」

ガンイージに同梱しないブラスター特有の武器は、ビーム・スプレーガンのみです。

また、クリアパーツ以外の成型色が少し暗めの青に変更されています。

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です

もちろんディスプレイスタンド+カードも付属するぞ!

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です

ディスプレイカード裏面にはガンブラスターのスペックと武器が記載されています。

ふむふむ……ビーム・ランチャーが一番強いのか(*´ェ`*)

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です

そして完成したガンブラスターさんがこちら。

成型色違いの1/144ガンイージのランナーを使ったバリエーションキットになっており、新規造形として「胸」「バックパック」「ビームスプレーガン」が付属します。

成型色も明るめのグリーンに変更されました。

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です

弱点は後述しますが、素立ち状態だと今の目で見ても普通にかっこいいです。

接地性もそこまで悪くないし、合わせ目消したり塗装すればかなり化けるキットになっていると思われます。

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です

ツインテールと呼ばれる2基のスラスターバインダーが特徴です。

それでは細かく見ていきます!

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です

可動域はそこまで悪いわけではなく、手脚はそこそこ上がり腕・脚関節も90度曲がります。

上半身もそれなりに動く模様。

ただこのガンブラスターさん、ガンイージと同じく肩のポロリが凄まじいです。

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です

顔アップ。ご覧の通りシールのサイズが全然合っていないため、頭頂部センサーと口がひどい事になりますw

このあたり、今のガンプラに近付けるためには塗装前提のキットと思った方がいいですね。

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめこみ式で頭頂部・側面に合わせ目が出ます。

造形自体は悪くないですね。

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です

胸の前面パーツが新規造形ですが、ライトグリーンの1色成形になっているため「黄色・赤」をシールで補います。

胴体側面には合わせ目あり。

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です

↑シール部分。このあたりがこのキット一番の鬼門だと思います。

曲面に貼る事が多いため、どうしても見た目が悪く経年(というか数日)で剥がれてくる部分があります。

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です

上から。スラスターバインダーと頭部・胴体の合わせ目箇所がこちら。

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です

胴体と肩の接続はVフレームというポリ製フレームを使った構造になっています。

1パーツのショルダーアーマーを上からはめこむだけなので、合わせ目が出ません。

が、腕(胴体との接続部)のポロリは凄まじいです(*´ェ`*)

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です

二の腕は筒状っぽい1パーツ成型。

前腕部は合わせ目が出ます。

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です

腰回りは良く出来ていて、フロント・サイドアーマーはそれぞれ独立可動します。

股下には3mmジョイント穴が空いており、最近のアクションベースにも対応しています。

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です

脚部は前面と

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です

後ろ側に合わせ目。

足裏には多少肉抜きっぽい部分がありますが、このような形の可能性もあり。

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です

バックパックは1パーツ、そこに2基のスラスターバインダーを装備しています。

プラ接続ですが強度は安定していて上下に可動します。

スラスターバインダーは2パーツ左右はめ込み式で合わせ目が出ます。

それでは武装を見ていきます!

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です

まずはビーム・シールドから。

基部で360度回転しますが、肩パーツに干渉するため腕可動は限られます。

ビーム・シールドのクリアパーツを外して装着する事もできます。

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルは1パーツ成型で右側面に妙な肉抜きがありますw

成型色はガンイージよりも暗めのブルーに変更されています。(設定色というわけではありません)

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です

ジャキッ!

武器を構えるガンブラスター!

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です

……やはり顔と胸まわりのホイルシールが気になりまくるので、今回はチャチャッと筆塗りで部分塗装してみましたw

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です

手軽に処理したかったので、下地処理いらずのシタデルでヤスリもかけず塗ってみた。(出来についてはご容赦ください)

シタデルはBASEという種類のものの方が下地の隠蔽力が高いのですが、ガンダム系でよくあるモンザレッドっぽい色は売っていないのでLAYERのシタデルカラーのEVIL SUNZ SCARLETを使用。

普通に隠蔽力が高いため3度塗りでここまでになりました。

(ついでにスラスターバインダーのイエローもチャチャッと塗装)

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です

くぼみなど細かなところ以外はこれで色分け終了です。(本体のみ)

これだけでも見栄えがアップした気がする!(>ω<)

それではこの状態でレビューの続きいってみます。

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルを構えるガンブラスター!

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です

旧キットにしてはよく動きます。

あと最近の3mm穴スタンドに対応しているのが地味に嬉しいっす(*´ェ`*)

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です ガンブラスターのガンプラレビュー画像です

ビーム・サーベルを装備!

サーベルは柄一体型のクリア1パーツ成型のため、要塗装となります。

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です ガンブラスターのガンプラレビュー画像です

湾曲したサーベル刃も付属します。

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です

斬りかかるガンブラスター!

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です

ビーム・ランチャーを装備。

2パーツモナカで全く色分けされていないため、ここも要塗装です。

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です ガンブラスターのガンプラレビュー画像です

ビーム・ランチャーはリアアーマーにマウント可能です。

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です

このキットの特徴、ビーム・スプレーガンを装備!

 

……

 

そこ!ショボいとか言わない!

(1パーツで、肉抜きまでありますw)

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です

クールにスプレーガンを構えるガンブラスター。

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です ガンブラスターのガンプラレビュー画像です

スプレーガンで無双するシュラク隊!

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です

付属のディスプレイスタンドを使って展示。

この背景カードいいよね……(*´ェ`*)

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です

ゾロアット現る!

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です

1/144ゾロアット(塗装済)とディスプレイ。

【ガンプラ】1/144 ゾロアット レビュー【旧キット】

 

ガンブラスターとガンイージの違い・比較のガンプラレビュー画像です

1/144ガンイージと比較。

成型色が違います。

ガンブラスターとガンイージの違い・比較のガンプラレビュー画像です ガンブラスターとガンイージの違い・比較のガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】1/144 ガンイージ レビュー【旧キット】

 

ガンブラスターのガンプラレビュー画像です

1/144 ガンブラスターの感想

ということで1/144 ガンブラスターのご紹介でした。

 

可動域・合わせ目など基本的な部分はガンイージと同じですが、胸にシールを多用するため色分けがガンイージよりも弱くなっています。

今からガンブラスターを作るモデラーさんはある程度手を加える方が多いと思うので色については大丈夫かもしれませんが、肩はめちゃめちゃ外れやすいのでご注意を(>ω<)

 

造形的には26年前のガンプラとは思えないほど再現性が高いと思いますぞ!

何よりこれだけのクリアパーツやスタンドが付いて定価が安過ぎるので、非常にプレイバリューが高いキットだと思います。

 

1/144スケールのVガン系キット最高です……(*´ェ`*)

 

以上、「1/144 ガンブラスター」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 中古の在庫を見る