icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGUC ガーベラ・テトラ レビュー

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGUCガーベラ・テトラ」のガンプラレビューです。

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORYに登場し、シーマ・ガラハウが搭乗するガーベラ・テトラをご紹介。

2013年発売。

背部の巨大なシュツルム・ブースターは着脱可能です。

という事で、GP計画幻の機体「HGガーベラ・テトラ」をレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HGUC ガーベラ・テトラ

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

ガーベラ・テトラのボックスアート。

0083系HGにしては比較的新しい、2013年フォーマットにて立体化されています。

旧キットの1/144ガーベラ・テトラは1992年発売なので、実に21年のときをこえて立体化された事になります。

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

ホイルシールは少なく、グリーンのセンサー部を補うものが中心となります。

元々のカラーデザインがシンプルな配色をしているというのもあり、色分けは良好です(*´ェ`*)

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ビーム・マシンガン」「ビーム・サーベル×2(+クリアイエローのサーベルエフェクトパーツ×2)」「手首パーツ×3」「シュツルム・ブースター」「交換用背部パーツ」

手首パーツは左のみ表情付き平手パーツが付属します。

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGUCガーベラ・テトラがこちら。

ランナーはシンプルな「ピンク・グレー・緑っぽいグレー」の3色成形です。

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

丸みのあるプロポーションがいい感じですね。

くぼみなど細かな色はちょいちょい足りませんが、元から複雑な色ではないため部分塗装もしやすい部類のガンプラだと思います。

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

今回は少しだけ合わせ目を消してありますが、全合わせ目場所は画像にて解説していくぞ!(>ω<)

それでは細かく見ていきます!

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

可動域から。腕は水平まで上がり、開脚範囲はそこそこ広いです。

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

手足の関節は90度曲がり、膝立ち可能。

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

上半身はそこまでまわらず。

※一応少し引き上げれば無理やりまわす事は可能

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

頭部に合わせ目は出ません。アンテナ先端には安全フラッグあり。

モノアイ可動ギミックは非搭載です。

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

横、後ろから。

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

襟前部の緑のセンサーはシールで色を補います。

側面に合わせ目はありませんが、お腹は左右分割式で中央に合わせ目が出ます。

デザイン上、パイプを繋ぐ中央以外はほとんど見えなくなる感じです。

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーは前後はめ込み式で、上部に合わせ目が出ます。

肩はボールジョイント接続で、前後に大きく可動。

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーと一体化したスラスターポッド。

独立して上下に多少動きます。

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

腕部は「前腕部」「肩内部の球体」に合わせ目が出ます。

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

肘関節は90度曲がります。

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

スッキリとした腰部(*´ェ`*)

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

脚部はほとんど合わせ目の出ないパーツ分割構造をしています。

関節パーツにも合わせ目無しです。

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

横、後ろから。

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

ただ、足裏には大きな肉抜きがあります。ここがこのキット最大の弱点といったところ。

「脚付け根の球体」は合わせ目が出ますが、ほとんど目立ちません。

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

バックパックは後述するシュツルム・ブースターに交換可能です。

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

ガーベラ・テトラ、出撃!

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

ビーム・マシンガンはシンプルは3パーツ構造(機関部×2+銃口)で、合わせ目が出ます。

結構シンプルな作り(*´ェ`*)

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

「アタシはゆえあれば寝返るのさ!」

寝返るシーマ様!

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

ビーム・マシンガンで攻撃!

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

動かすと非常にかっこいいのですが、やはり足裏の肉抜きは目立ちますね。

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

平手を添えて。

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

ビーム・サーベルを構え挑発するシーマ様!

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

斬!

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

二刀流で。

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

ビーム・マシンガン+ビーム・サーベルで。

付属武器はビーム・マシンガンとビーム・サーベル2本のみと、非常にシンプルな内容になっています。

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

そしてこちらがシュツルム・ブースター

背部パーツを差し替えて再現します。かなり巨大ですが、意外な事に自立は安定します。

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

シンプルなモナカ構造なので、真ん中に合わせ目が一直線に出ます。

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

2基のプロペラントタンクにも合わせ目アリです。

良くも悪くも、シュツルム・ブースターとプロペラントタンクの中が空洞になっているおかげで自立が安定する感じです。

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

写真では伝わりづらいですが、一気に部屋を圧迫するようになるぞ!(*´ェ`*)

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

後ろ姿が非常に美しいです……(涙

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

アクション!

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

シーマ・ガラハウ搭乗機でディスプレイ。

※「HGUCシーマ・ガラハウ専用ゲルググマリーネ(塗装済)」

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGUC シーマ・ガラハウ専用 ゲルググマリーネ レビュー

 

HGUCガーベラ・テトラのガンプラレビュー画像です

HGUC ガーベラ・テトラの感想

ということでHGUCガーベラ・テトラのご紹介でした。

 

キット内容としてはパーツ数・成形色ともに非常にシンプルな内容になっています。

プロポーション・可動域に関しては2013年クオリティという事で優秀な出来栄え。

また、ショルダーアーマー上部の合わせ目は目立ちますが量的には少なく、更にABSレスキットという事で非常に作りやすい(orいじりやすい)ガンプラになっていると思います。

弱点は足裏の大きな肉抜き。気になるモデラーさんは要パテ埋めといった感じです。

素組みだと見た目がシンプルすぎるかもしれませんが、スミ入れや部分塗装で映えるガンプラだと思います。

シーマ様ファンなら満足するプロポーションで立体化されていると思うぞ!(*´ェ`*)

 

以上、「HGUC ガーベラ・テトラ」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る