iconicon
icon
icon

【ガンプラ】HG 水中型ガンダム レビュー【プレバン】

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「HG水中型ガンダム」のガンプラレビューです。

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSDで設定され、漫画『ククルス・ドアンの島』に登場した水中型ガンダムをご紹介。

プレミアム・バンダイ限定品。

特徴的な外装はほとんど新規造形で、プレミア感の高いガンプラに仕上がっています。

また、『偏向ビーム・ライフル』『ハンドアンカー』『ハープーン・ガン』『ビーム・ピック』と、多彩な武装が付属

という事で、HG水中型ガンダムを「ククルス・ドアンの島」の劇中再現を含め、じっくりとレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HG 水中型ガンダム

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

基本的にはHG局地型ガンダムのバリエーションキットに属し、可動域はほとんど同じなのですが新規ランナーがめちゃめちゃ多い内容となっていました(>ω<)

ほとんど全ての外装が水中型ガンダム用のランナーになっています。

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

組み立て書はいつもの白黒仕様ではなく、カラーのページ付き。

主にマーキングシールのガイドがカラーページになっているので、非常に貼りやすかったです。

ただ、気になる機体設定などの解説は書かれていないため簡素な内容でした。

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

ホイルシールとマーキングシールがこちら。

細かなオレンジ・ブルー部を補うものが中心になります。

マーキングシールのデザインは新規で、オリジナル仕様となっています。

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「偏向ビーム・ライフル(+ライフルカバー)」「ビーム・ピック×2(+エフェクトパーツ×2)」「ハンドアンカー(+リード線)」「ハープーン・ガン」

全て水中型ガンダムならではの武器になっているので、満足度が高いぞ!(>ω<)

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

そして完成したHG水中型ガンダムがこちら。

ご覧の通り、オリジンの局地系とはまるで違う外装・カラーリングになっています。

成形色のブルーとオレンジが深みのある色になっているというのもあり、素組みでもおもちゃっぽさを感じにくい見た目に仕上がっているのではないでしょうか。

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

MSD版での立体化という事で、MSV版の水中型ガンダムから現代風のスタイルにアレンジされています。(カトキハジメ氏リファイン)

系譜的にも、MSVでは原型機がアクア・ジムでしたがMSDでは局地型ガンダムに変更されました。

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

それでは細かく見ていきます!

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

可動域は腕が水平まで上がり、脚も大きく開脚します。

肘・膝関節も良く曲がり、綺麗に立ち膝可能。

上半身は回転こそしませんが、ある程度まわります。

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

頭部はほとんど新規造形です。

頬のオレンジ部はシールで補います。

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

アップで。バイザーにはクリアレッドのパーツが使われており、中のツインアイがうっすらと見えます。

口の下は色分けされており、まさに水中型!といったような形状になっているぞ……(*´ェ`*)

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込み式で合わせ目が出ますが、組み立て書や公式サイトの作例基準ではモールド扱いでした。

ちなみに漫画ではモールドが無かったりします。

※今回の合わせ目は組み立て書・公式サイトの作例基準で説明していきます

後頭部にある鉄アレイのような部分は『頭部潜望鏡』になっており、別パーツ化されています。

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

胴体もほとんど新規造形なうえ、パーツ分割による色分けが非常に優秀です。

胴体側面(+上部)の合わせ目も、モールド扱いになっていました。

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

アップで。胸先端の小さいオレンジ2つは、内部からパーツが露出する構造になっています。

コクピットハッチは別パーツです。

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

上半身は前後・左右と柔軟に可動します。

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

肩も前後に可動。

前後はめ込み式になっているため、肩は上部に合わせ目が出ます。

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

右腕にはハンドアンカーを装備しています。

肩以外に合わせ目は出ません。

ただ、この肩の合わせ目は小さな突起の間に出るため処理し辛い箇所になっています。

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

左腕はハープーン・ガンを装備しています。

一直線に合わせ目が出る上、ホワイト1色成形で色分けは甘いです。

青い部分のみシールが付属しますが、両先端はオレンジで要塗装となります。

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

大型バックパックは、それぞれある程度傾きます。

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

こちらも内部オレンジのパーツが露出し、細かな色分けを実現しています。

白いラインはシールで、一部グレーは足りません。

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

フロント・サイドアーマーともに可動。

ここも細かなグレー・オレンジ部分は要塗装となっていますが、股間のV字部分は色分けされてたりします。

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

脚部は合わせ目が少ないうえ、色分け良好です。

脚を曲げると関節パーツの合わせ目が露出します。

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

横から見た場合、足首側面にのみ合わせ目が出ます。

その他ホワイト・オレンジと細かくパーツ分割されています。

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

足裏のタンク?のような部分は一部オレンジで要塗装です。

膝裏に合わせ目が出ます。

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

オリジン系キットらしく、脚の基部がスイングするギミックを搭載しており脚の前後可動に優れています。

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

足首パーツの色分けも細かいのですが、側面の青い部分はシールで補う仕様です。

足裏には微妙に肉抜きあり、股下にはアクションベース用の3mmジョイント穴が空いています。

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

右腰部のビーム・ピックを引き出してみます!

2本マウントされており、プラ同士の凹凸接続で取り付けられています。

基部の凸部分が折れやすいと思うので、破損にはご注意を!(>ω<)

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

水中型ガンダム、ビーム・ピックを装備!

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

二刀流で。

ピックの柄部分はハンドパーツ穴とジャストフィットし、安定して持たせる事ができます。

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

後ろから見ても情報量が多いですね(*´ェ`*)

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

偏向ビーム・ライフルを装備させてみます。

水中での使用を想定しているため、ビームを細く収束させる形状の砲身になっています。

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

オデッサ近郊、黒海に現れる水中型ガンダム!

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

攻撃!

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

一発で『水中型』だとわかるデザインがいいよね……。

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

左腕のハープーン・ガンは取り外し可能で、グリップを引き出し手に持たせる事ができます。

炸裂式のモリを射出する武器になります。

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

ハープーン・ガンを構える水中型ガンダム!

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

偏向ビーム・ライフル+ハープーン・ガンで。

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

偏向ビーム・ライフルはカバーを外す事ができます。

この場合、グレー1色の中身が丸見えになるので、オレンジ・ホワイトと細かく塗り分けが必要になります。

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

という事で、このライフルが重点的な塗装ポイントになりそうです。

ライフル自体は、少ないパーツ数ながらディテールが細かく造形されています。

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

右腕のハンドアンカーを射出してみます。

ハンドアンカーを引き抜き、

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

リード線を取り付けるだけでOKです。

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

水中型ガンダム、ハンドアンカーを射出!

先端が重いので、重さでリード線が垂れ落ちてきます。

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

そしてこのキットの弱点ですが、このハンドアンカーがカッチリはまらず重力に負けてプラプラしてしまいます。

今回は↑のようにコクヨのひっつき虫を使って固定させる事にしました(*´ェ`*)

展示させる時にも地味に使えるので、モデラーさんは1つ持っておくと色々便利だぞ!

 

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

それでは『ククルス・ドアンの島』劇中再現いってみます!

HG水中型ガンダムとゴッグのガンプラレビュー画像です

ヤル・マルのゴッグ、未確認機と遭遇!

HG水中型ガンダムとゴッグのガンプラレビュー画像です

「ガンダム……!?」

HG水中型ガンダムとゴッグのガンプラレビュー画像です

「チクショオオオオオ!!」

頭突きするゴッグ!

HG水中型ガンダムとゴッグのガンプラレビュー画像です

「ゴッグをなめんなよ!!」

HG水中型ガンダムとゴッグのガンプラレビュー画像です

水面へ急浮上する水中型ガンダム+ゴッグ!

HG水中型ガンダムとゴッグのガンプラレビュー画像です

魂EFFECTのWAVE Blue Ver.を使用

 

HG水中型ガンダムとゴッグのガンプラレビュー画像です

「敵だけを……」

HG水中型ガンダムとゴッグのガンプラレビュー画像です

「撃ち抜けるわけがない……!」

果たしてゴッグの運命は……!?続きは漫画で!(>ω<)

※エピソードは1巻に収録

 

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

HGザクI(デニム/スレンダー機)HGUCゴッグとディスプレイ。

【ガンプラ】HG ザクI(デニム/スレンダー機)レビュー
【ガンプラ】HGUC ゴッグ レビュー

 

オリジンのガンダムタイプのガンプラレビュー画像です

HG局地型ガンダムHGガンダムFSDと比較。

オリジンのガンダムタイプのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HG 局地型ガンダム レビュー
【ガンプラ】HG ガンダムFSD レビュー
【ガンプラ改造】HG ヘビーガンダム イングリッド0専用機【ジョニー・ライデンの帰還】

 

HG水中型ガンダムのガンプラレビュー画像です

HG 水中型ガンダムの感想

ということでHG水中型ガンダムのご紹介でした。

 

まずHG局地型ガンダム系のバリエキットでありながら、武器を含めそのほとんどが新規造形ランナーになっているのが素晴らしいです。

元の配色がとにかく細か過ぎるというのもあり、色が足りない箇所はそれなりに多いです。(特に偏向ビーム・ライフル)

ただ、相反するようですがパーツ分割による色分けは非常に優秀でした。

この水中型ガンダムのデザインを完璧な色分けで実現するとなるとRG・MGクラスではないと無理だと思うので、HGとしてはかなり頑張っている方だと思います(>ω<)

 

新規部分がかなり多いので、プレミアム・バンダイ限定品の中でかなり上位に来るアイテムになっていると思います。

この記事執筆時点ではプレバンで再販されているので、(確かGW前ぐらいから)購入予定のモデラーさんは急いだ方がいいかもしれませぬ。

icon

 

以上、「HG 水中型ガンダム」のガンプラレビューでした!

 

icon

 

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る