icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG ガンダムヴァーチェ レビュー

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGガンダムヴァーチェ」のガンプラレビューです。

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム00ダブルオーに登場し、ティエリア・アーデが搭乗するガンダムヴァーチェをご紹介。

2007年発売。

GNフィールド展開モードが再現できる他、砲身の伸縮ギミックが搭載されておりバーストモードも再現可能です。

という事で、HGガンダムヴァーチェを今のガンプラ目線で見るとどんな出来になっているかレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HG ガンダムヴァーチェ

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

ガンダムヴァーチェのHGですが、ナドレに変化するギミックは搭載されておらずヴァーチェで固定となります。

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

パイロットはティエリア・アーデさん。

本キットはダブルオー放映当時もので、12年前に発売されたHGになります。

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

ホイルシールがこちら。

細かなグレー部や、肘・モモなどのリボンケーブルを補うライトパープルのシールが付属します。

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「GNバズーカ」「GNキャノン×2」「GNビームサーベル×2(+クリアエフェクトパーツ×2)」「手首パーツ×2」

ガンダムヴァーチェらしい、火力の高そうな重量感のある武装が付属します(*´ェ`*)

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGガンダムヴァーチェがこちら。

ご覧の通りボリューミーな外装が特徴的で、プロポーションの劇中再現度はかなり高いと思います。

ランナー枚数はそこまで多くなく、丁度良いパーツ数でサクサク組み上げる事ができました。

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

スタイルに関しては今のガンプラ目線で見ても全く見劣りしないのではなかろうか……(*_*;)

12年前のガンプラという事を考えるとかなり良くできている模様。

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

それでは各部細かく見ていきます!

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

可動域はそれなりに広く、腕は水平以上まで上がり開脚範囲も広いです。

脚はこの頃の主流であるボールジョイント接続なのですが、サイドアーマーが大きく広がり↑ぐらいまで開く事ができます。

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

手脚の関節も大きく曲がります。

ただリアアーマーが固定されているのと巨大な脚パーツの影響で、そこまで動きまくるわけではありません。

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。

足首パーツが小さいもののバランスが優れており、自立性に優れています。

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。アンテナ中央とツインアイはシールで補います。

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

横、後ろから。側面はシールの上にクリアパーツをかぶせる仕様。

後頭部の下部あたりに合わせ目が出ますが、あまり目立たない位置になっています。

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

襟付近のアンテナは可動し、収納する事もできます。アンテナ先端には安全フラッグあり。

肩は前後はめ込み式で上部に合わせ目が出ます。

可動範囲はそこそこ優秀で、胴体の肩ブロックごと前方向へ傾きます。

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

胴体のパーツ分割はHGクラスとしては細かく、胸の黄色いパーツや腰部レッドを含めほとんどが別パーツになっています。

側面に合わせ目は出ません。

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

胸中央のGNドライヴを覆う上下のカバーは開閉します。

クリアパーツは下にシールを貼るいつもの仕様です。

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

背部には左右にGNキャノンを装備しています。

GNキャノンを支えるアームは、それなりに角度を変える事ができます。

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

GNキャノンをアップで。このあたりの細かなグレー部はシールで補います。

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

腕は肩内部ブロックのみ合わせ目が出ますが、その他は段落ちモールド化されています。

非常に組みやすいぞ……(*´ェ`*)

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

肘は90度曲がります。

肘のリボンケーブルはプラ材質で、ライトパープルのシールで色を補います。

固定式ですが、可動の邪魔にはなりません。

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

腰回りはフロント・サイドアーマーともに大きく動きます。

リア側の色分けは甘く、グレー・ライトパープル部は全てシールで補う仕様です。(シール下にはモールドあり)

ただ、黄色いパーツは別パーツで色分けされておりサイドアーマー後方のスリット形状は細かいです。

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

脚部はモモに合わせ目が出ますが、端の方に配置されていて極力目立たないようなパーツ構造になっています。

そして膝の内側にはGNビームサーベルを収納可能です。(両足とも)

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

横、後ろから。合わせ目の量はかなり少ないです。

ただ、このあたりのリボンケーブルやグレー部も全てシールで補う仕様です。

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

足裏には肉抜きが無く、細かなモールドが刻まれています。

股下はカバーを外せばアクションベース用の3mmジョイント穴が露出します。

変な肉抜きがないため、下手したら最近のHGに勝っていたりする部分です。

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

GNバズーカを持たせてみます。

銃身はイエローが一部足りないものの、バズーカだけでもパーツ数が多く展開ギミックも搭載されています。(展開ギミックは後述)

弱点としては、重さで手首パーツが垂れ落ちてくる点になります。

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

GNバズーカをぶっ放すヴァーチェ!

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

デザイン的に足回りがゴテついているため、ポーズ幅が多少制限される感じです。

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

でもカッケェ!

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

GNフィールドを展開させてみます。

露出した部分(GNフィールド発生装置)は色が足りず、イエローで要塗装となります。

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

ガンダムヴァーチェ、GNフィールドを展開!

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

GNビームサーベルを持たせてみます。

膝内側から引き抜くだけでOKです。

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

ヴァーチェ、GNビームサーベルを展開!

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

斬りかかるヴァーチェ!

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

……めちゃめちゃかっこいいっす(涙

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

GNキャノンはグリップと銃口を引き出す事ができます。

まずは手に持たせた状態から。

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

手首パーツが外れやすく、ちょい持たせづらいです。

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

もちろん、背中に背負わせたまま角度を変え

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

GNキャノン発射姿勢を再現する事ができます。

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

「たった1機でヴァーチェに対抗するつもりか!」

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

GNバズーカのバーストモードを再現してみます。

胸部パーツを開き、GNバズーカとGNドライヴを直結させます。

※直結させるとはいえ、カチッとはまるわけではなく胸の前に持ってくる感じ

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

左右にグリップを付け替え、角度をつけて↑のような感じで持たせます。

違和感なく構える事ができます。

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

あとは各部展開させれば……

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

バーストモードの完成です。

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

「ヴァーチェ、目標を破壊する」

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

無理なく、簡単に再現できるのがいい感じだぞ……(*´ェ`*)

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

中の人とツーショットで。

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

HGガンダムナドレと比較。

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です HGガンダムナドレのガンプラレビュー画像です

本キットに同梱するGNキャノンは、ナドレにも装備させる事ができるので

HGガンダムナドレのガンプラレビュー画像です

ナドレと一緒に組むのもオススメだぞ!(>ω<)

HGガンダムナドレのガンプラレビュー画像です

劇中再現も可能です。

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HG ガンダムナドレ レビュー

 

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

00 PORTRAITSのティエリアとディスプレイ。

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

 

ソレスタル・ビーイングのガンプラレビュー画像です

エクシア、デュナメス、キュリオスとディスプレイ。

ソレスタル・ビーイングのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HG ガンダムエクシア レビュー
【ガンプラ】HG ガンダムデュナメス レビュー
【ガンプラ】HG ガンダムキュリオス レビュー

 

HGガンダムヴァーチェのガンプラレビュー画像です

HG ガンダムヴァーチェの感想

ということでHGガンダムヴァーチェのご紹介でした。

 

まず当時物キットながら合わせ目の量が少なく、プロポーションに関しては完璧といっていい出来に仕上がっていると思います。

弱点はGNバズーカを片手持ちさせると手首パーツが垂れ落ちてくる点。

GNバズーカやGNフィールド発生装置のイエロー部は色が足りず、リボンケーブルや細かなグレー部は全てシールで補う事になるため、手を加えるとしたらこのあたりが中心になりそうです。

一部ABS樹脂のパーツが使われていますが量は少なく、股間パーツの内部や足首のフレーム部分など目立たない箇所に使われているため塗装派モデラーさんもあまり気にする必要はないかと思います。

最大の長所は、劇中再現度の高いスタイルに仕上がっている点で間違いないと思うぞ!(>ω<)

 

以上、「HGガンダムヴァーチェ」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る