icon
icon
icon

【ガンプラ】HGUC197 ギャン レビュー

HGUCギャンのガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「HGUCギャン」のガンプラレビューです。

HGUCギャンのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムに登場し、マ・クベが搭乗するギャンのリバイヴ版をご紹介。

2016年発売。

手首がスナップし、ビーム・サーベルを突き出したような躍動感あるアクションポーズが可能

色分け・可動域ともに優秀なガンプラに仕上がっています。

という事で、リバイヴ版のHGUCギャンをレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HGUC ギャン

HGUCギャンのガンプラレビュー画像です

新生-REVIVE-版としてリニューアルされたHGUCナンバー197番のギャン。

旧版は1999年に発売されたNo.2という事で、1/144スケールでは実に17年の時を越えて発売された事になります(*´ェ`*)

HGUCギャンのガンプラレビュー画像です

ホイルシールの量は少なく、お腹のライトグレー部を補うものと2種類のモノアイが付属します。

モノアイはサイズが微妙に異なっており、選択式で好きな方を貼る仕様です。

HGUCギャンのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ビーム・サーベル」「ミサイル・シールド」「ハンドパーツ×3」

ツイマット社が格闘戦を想定して開発したMSとの事で、サーベルとシールドのみという男らしい内容になっているぞ……(*´ェ`*)

HGUCギャンのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGUCギャンがこちら。

ご覧の通り今風の体型になっているものの、原作イメージを損ねる事のないプロポーションで立体化されているのではないでしょうか。

HGUCギャンのガンプラレビュー画像です

ライトブルーとブルーの成形色もいい感じですね。

パーツ分割による色分けはかなり優秀ですが、お腹のライトグレー部だけはシールで補う事となります。

HGUCギャンのガンプラレビュー画像です

それでは各部細かく見ていきます!

HGUCギャンのガンプラレビュー画像です

可動域はかなり広く、腕は水平以上上がり足は真横まで開脚します。

各関節は90度以上曲がり、綺麗に膝立ちが決まるうえ上半身は360度回転します。

正直、可動域については全く不満の無い完成度を誇っていると思います(*´ェ`*)

HGUCギャンのガンプラレビュー画像です

頭部。モノアイは非可動ですが、隙間はシャープな間隔になっており見栄えがいいです。

先述した通り、モノアイのシールは大小2枚からの選択式になります。

※今回は大きい方を貼りました

HGUCギャンのガンプラレビュー画像です

合わせ目は側面下部に出ます。

頭頂部の尖っているところがいい感じだぞ……w

※今回の合わせ目箇所は組み立て書の作例基準での解説となります

HGUCギャンのガンプラレビュー画像です

胴体は合わせ目が出ない構造で、側面は段落ちモールド化されています。

HGUCギャンのガンプラレビュー画像です

コクピットハッチのみシールで補いますが、ちょっと目立つので可能ならチャチャっと塗装してあげた方がいいかもしれません。

HGUCギャンのガンプラレビュー画像です

上半身は前後・左右と柔軟に可動します。

HGUCギャンのガンプラレビュー画像です

肩も前後に大きく可動。

胴体内部、肩の取り付け位置にはポリキャップ隠しのパーツも配置されており、隙の無い作りをしています。

肩自体も旧HGUC版より多少大型に造形されており、迫力があります。

HGUCギャンのガンプラレビュー画像です

肩の球体・二の腕・関節に合わせ目は出ません。

前腕部の手首付近にのみ合わせ目が出ます。

HGUCギャンのガンプラレビュー画像です

肘関節は180度近く曲がります。

HGUCギャンのガンプラレビュー画像です

フロントアーマーのみならず、リアアーアーも可動します。

フロントアーマーは中央をカットすれば左右独立して動くようになる感じ。

HGUCギャンのガンプラレビュー画像です

脚部の合わせ目は少なく前面・関節パーツには出ないうえ、

HGUCギャンのガンプラレビュー画像です

側面にも出ません。

ふくらはぎ付近にのみ合わせ目が出ます。

HGUCギャンのガンプラレビュー画像です

足裏には肉抜きがありません。

股下にはアクションベース用の3mmジョイント穴アリ。

リアアーマー内側がグレーに色分けされており、HGシリーズとしてはかなり出来がいいです。

HGUCギャンのガンプラレビュー画像です

バックパックは合わせ目が出ません。

下部のスラスターノズルも細かく造形されています。

HGUCギャンのガンプラレビュー画像です

ミサイル・シールドを持たせてみます。

グリップを持たせ、前腕部にはさみこむようにして保持させます。

HGUCギャンのガンプラレビュー画像です

右手は手首がスナップし、角度がつけられるハンドパーツが付属します。

このようにビーム・サーベルを突き出すようなポーズも可能です。

HGUCギャンのガンプラレビュー画像です

騎士風ポーズも楽に決まります。

※角度が付けられるハンドパーツは右手のみ付属します

それではアクションポーズいってみます!

HGUCギャンのガンプラレビュー画像です

テキサスコロニーに降り立つギャン!

HGUCギャンのガンプラレビュー画像です HGUCギャンのガンプラレビュー画像です HGUCギャンのガンプラレビュー画像です HGUCギャンのガンプラレビュー画像です

刺突!

HGUCギャンのガンプラレビュー画像です HGUCギャンのガンプラレビュー画像です

こいつ、動くぞ……!!(*´ェ`*;)

HGUCギャンのガンプラレビュー画像です

カッケェ!!!

ミサイル・シールドの出来が良く、色分け良好でボリューム感もあり、ディテールもかなり細かいです。

HGUCギャンのガンプラレビュー画像です

そして手首が自由な角度に動きまくるので、

HGUCギャンのガンプラレビュー画像です

このようなポージングも楽にできます。

HGUCギャンのガンプラレビュー画像です

ミサイル・シールドのグリップ部分は可動し、アクションに合わせたアングルに変えられます。

HGUCギャンのガンプラレビュー画像です HGUCギャンのガンプラレビュー画像です

ニードル・ミサイルで攻撃するギャン!

HGUCギャンのガンプラレビュー画像です

つま先は大きく可動し、

HGUCギャンのガンプラレビュー画像です

サーベルを突き出す姿勢も再現できます。

ただポーズによってはミサイル・シールドが重く転倒しやすいため、スタンドは必須かもしれません。

HGUCギャンのガンプラレビュー画像です

どこからどう見てもギャンだわ……。

HGUCギャンのガンプラレビュー画像です

テキサスコロニーの死闘を再現!

ガンダムと遭遇するギャン!

HGUCギャンのガンプラレビュー画像です HGUCギャンのガンプラレビュー画像です HGUCギャンのガンプラレビュー画像です HGUCギャンのガンプラレビュー画像です

予想外に善戦するマ!←敢えてマと呼んでみた

HGUCギャンのガンプラレビュー画像です

※遠くから戦いを見つめるシャアとララァの図

RX-78-2リバイヴのレビューは↓

【ガンプラ】HGUC RX-78-2 ガンダム (新生REVIVE版) レビュー

 

HGUCギャンとギャン子の比較ガンプラレビュー画像です

HGBFはいぱーギャン子と比較。

ギャン子、デカいです。

HGUCギャンとギャン子の比較ガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGBF はいぱーギャン子 レビュー

 

HGUCギャンとR・ジャジャの比較ガンプラレビュー画像です

後にネオ・ジオンで運用された、ギャンの機体思想を継承して開発されたR・ジャジャと比較。

HGUCギャンとR・ジャジャの比較ガンプラレビュー画像です

HGUC R・ジャジャも出来が良いぞ!(>ω<)

【ガンプラ】HGUC R・ジャジャ レビュー

 

HGUCギャンとマ・クベの画像です

ジオンの漢フィギュアのマ・クベとディスプレイ。

HGUCギャンとマ・クベの画像です

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

 

HGUCギャンのガンプラレビュー画像です

HGUC ギャンの感想

ということでHGUC ギャンのご紹介でした。

 

モノアイ可動ギミックこそ無いものの、一言で言うなら最新技術で作られたギャンといった感じです。

その驚異的な可動域と、イメージを損なう事の無いプロポーションで立体化されている点から優良ガンプラで間違いないでしょう。

リバイヴされているとはいえ、どこからどう見てもギャンそのものだと思います……(*´ェ`*)

それに、定価がかなり安いのもポイント高しです。

ギャン好きなら満足度は非常に高いと思います、特に動かすと魅力が爆上がりするガンプラに仕上がっていました。オススメ!

 

以上、「HGUC ギャン」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 新品の在庫を見る
>> 中古の在庫を見る