icon

【ガンプラ】HGUC ガンダムTR-1 ヘイズル改 レビュー

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「HGUC ガンダムTR-1 ヘイズル改」のガンプラレビューです。

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

A.O.Z(アドバンスド・オブ・ゼータ)に登場し、ウェス・マーフィーが搭乗したガンダムTR-1 ヘイズル改をご紹介。

2005年発売。

肘関節はHGUCで初の二重関節を採用し、可動式ブースター・ポッドにシールド・ブースターを取り付けられるなど拡張性の高いガンプラに仕上がっています。

という事で、ヘイズル改を他のヘイズルとの組み合わせ例や比較画像を含めじっくりとレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HGUC ガンダムTR-1 ヘイズル改

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

外伝系ながらキット化に恵まれてきたA.O.Z系キットの筆頭、ヘイズル改さん。

今の目で見ても見劣りしないプロポーションで立体化されていました。

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

ホイルシールは、主に頭部や可動式ブースター・ポッドなどのグリーン部を補うものが付属します。

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

ヘイズル改専用のマーキングシールも付属するぞ!

ただテトロンシールという都合上、シールド表面に貼る「F」などはどうしてもシワが目立ってしまいます。※後述

※今回は余白のフチを一部切り落として貼りました

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ビーム・ライフル」「ハンドパーツ×3」「ビーム・サーベル(+クリアエフェクトパーツ×1)」「シールド・ブースター」「シールド」「差し替え用グレネードランチャー(肩部オプション)」

特徴としてはシールドが2種類付属し、シールド・ブースターのほか一般的なジム系MS用タイプのシールドもついてくる点。

ハンドパーツは「右が銃持ち手とサーベル持ち手(特殊な形)」「左が表情付き平手パーツのみ」の構成です。

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

完成したHGUC ガンダムTR-1 ヘイズル改がこちら。

マッシブな肉付きの脚部強化パーツが特徴的です。

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

この14年前のガンプラとは思えない完成度よ……。

今回微妙に合わせ目は消してありますが、ほぼ素組み状態でこの出来になるのが素晴らしいです。

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

テトロンシールとはいえ、多彩なマーキングシールが付属するのもポイント高し。

それでは各部見ていきます。

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

可動域は手脚がそこそこ開き、膝立ちも可能です。

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

上半身を少し引き出せば回転するようになります。

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

特徴的なガンダムヘッド。

目と頭頂部のセンサーはシールで補います。

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

横、後ろから。

頭部側面の合わせ目は組み立て書の作例基準だとモールド扱いでした。

下側はアップで見ると段落ちモールドのようになっています。

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

胴体側面の上部分に合わせ目が出ますが、肩を取り付けると見えなくなります。

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

上部には補助アクチュエーター・ユニットビーム・サーベルを装備。

胴体の基本部分はパーツ分割により色分けされていますが、元々の配色が細かいため胸部センサーやお腹の突起部分などは要塗装となります。

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

ホールディング・グリップを外し、オプション装備の肩部グレネードランチャーに交換する事もできます。

グレネードランチャーは色分けされていないため、イエロー・グレーで要塗装となります。

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

肩装甲とサブアーマーには合わせ目が出ます。

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

腕は肩装甲内部のパーツと前腕部に合わせ目。

※今回前腕部の合わせ目は消してあります……微妙に消えてないけど(*_*)

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

肘は二重関節構造になっており大きく曲がります。

今のガンプラ目線で見ても良く動く部分。

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

左手は表情付き平手パーツのみ付属します。

指先のネイルは赤で要塗装です。

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

ディテールが細かい腰部。

サイドアーマーには着脱可能な予備マガジンを取り付け可能です。

※予備マガジンには合わせ目アリ

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

リアアーマーはチョバム・アーマーになっていて、細かい色こそ足りないものの造形は細かくマーキングシールが映える部分になっています。

T3部隊のマーキングかっこよすぎでしょ!!(>ω<;)

結構ギリギリの位置に貼るため、余白部分は切り落とし推奨です。

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

脚部はモモとアンクルガードに合わせ目が出ます。

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

脚部強化パーツのスラスター・ユニット(黄色い部分)内部は要塗装です。

※中の黒い部分塗装済

ボリュームがあり、ヘイズル改およびアドバンスド・ヘイズルの特徴的なデザインになっています。

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

後ろ側から見たモモの合わせ目箇所。

足裏には肉抜きがありません。

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

股下にアクションベース用のスタンド穴は空いていません。

スリッパが大きいおかげで自立性が高く、傾き具合も良好で接地性にも優れています。

見れば見るほど良く出来ているな……。

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

可動式ブースター・ポッドがこちら。

黄色いダクトやスラスター内は色分けされていません。

※ギミックは後述

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

シールド・ブースターを装備させてみます。

色は一部細かな黄色などが足りませんが、裏側にもモールドが刻まれており基部で360度回転します。

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルを装備。

センサーはシールが付属、フォアグリップは可動します。

それではアクションポーズいってみます!

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

ヘイズル改、出撃。

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

動かすと更にかっこよくなるなっ……!(>ω<;)

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

ジャキッ!

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

もう片方のシールドを装備させてみます。

この部分のマーキングシールは範囲が広く曲面に貼るため、どうしてもシワが出やすいです。

気になる方は別売り、水転写のガンダムデカール(アドバンスオブゼータ用)がオススメだぞ!(>ω<)

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

こっちのシールドもかっこいいですね。

特にマーキングがオサレ(*_*)

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

後ろから。

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

ビーム・サーベルを持たせてみます。

柄は接続強度が緩くグラつくのが弱点で、ハンドパーツは今ではあまり見ないタイプのサーベル持ち手が付属します。

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

ヘイズル改、ビーム・サーベル抜刀!

エフェクトパーツの凸と柄の凹サイズが微妙に合っていないため、接続強度はかなりキツめです。

※凸側を削って接続しました

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

飛びかかるヘイズル改!

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

弱点はあるものの、この見た目でチャラになるぞ……w

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

背部の可動式ブースター・ポッドを後方へスライドさせ、角度を変えれば背中にブースター・シールドをマウントする事ができます。

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

全装備させた状態で展示できるのがいいですね。

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

 

ヘイズル改 高機動仕様の再現方法

このキットに、別売りのHGUC TR-1アドバンスド・ヘイズルに同梱するパーツを組み合わせればヘイズル改 高機動仕様が再現できます。

ヘイズル改高機動モードのガンプラレビュー画像です

写真の上がアドバンスド・ヘイズルに付属するヘイズル改用のハンドパーツ

ヘイズル改のホールディング・グリップを立て、

ヘイズル改高機動モードのガンプラレビュー画像です

↑こんな感じで握らせます。

ヘイズル改高機動モードのガンプラレビュー画像です

あとはアドバンスド・ヘイズルに同梱するシールド・ブースターを持たせれば、ヘイズル改 高機動仕様が再現可能です。

※右腕は「アドバンスド・ヘイズル同梱のシールド・ブースター」、背部ブースター・ポッドは「アドバンスド・ヘイズル同梱の強化型シールド・ブースター」を取り付けます

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートとHGUCヘイズル改の比較画像です

HGUC ガンダムTR-6 ウーンドウォート(プレミアム・バンダイ限定)と比較。

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

ウーンドウォートは最近のガンプラフォーマットで立体化されているため、シリーズの中では出来が抜きん出ているぞ!(>ω<)

【ガンプラ】HGUC ガンダムTR-6 ウーンドウォート レビュー【プレバン】

 

HGUCヘイズル バリエーションの比較・違いガンプラレビュー画像です

ヘイズル2号機(アーリータイプ)、アドバンスド・ヘイズルと比較。

HGUCヘイズル バリエーションの比較・違いガンプラレビュー画像です

並べると魅力が増しますね。

アドバンスド・ヘイズルにはシールド・ブースターとは形状の違う、強化型シールド・ブースター(背中の白いやつ)が付属します。

AOZ(アドバンス・オブ・ゼータ)に登場するガンプラレビュー画像です

A.O.Zのガンプラでディスプレイ。

【ガンプラ】HGUC ガンダム TR-1[ヘイズル2号機]レビュー
【ガンプラ】HGUC ガンダムTR-1 アドバンスド・ヘイズル レビュー
【ガンプラ】HGUC ギャプラン TR-5[フライルー]レビュー

 

HGUC TR-1ヘイズル改のガンプラレビュー画像です

HGUC ガンダムTR-1 ヘイズル改の感想

ということでHGUC ガンダムTR-1 ヘイズル改のご紹介でした。

 

今回合わせ目を微妙に消してしまっているので、正確な場所は共通部分の多いHGUCアドバンスド・ヘイズルのレビューの方で確認くださいまし↓

【ガンプラ】HGUC ガンダムTR-1 アドバンスド・ヘイズル レビュー

 

感想は他のHGUC系ヘイズルとかぶりますが、関節パーツにABS樹脂が使われているので塗装派モデラーさんはご注意を。

また、付属のマーキングシールは一部シワが目立つためガンダムデカールのアドバンスオブゼータ用の使用がオススメです。※再販率低めな気がするけど

 

ちょいちょい色は足りないですが変な肉抜きが無く今のガンプラ目線で見ても見劣りしないプロポーションで立体化されている優秀なガンプラだと思います。

合わせ目消しや部分塗装など、多少手を加えるモデラーさんにはかなりオススメだぞ!(>ω<)

 

以上、「HGUC ガンダムTR-1 ヘイズル改」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 中古の在庫を見る