icon
icon

【ガンプラ】HGUC ガンダムTR-6 ウーンドウォート レビュー【プレバン】

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートのガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「HGUC ガンダムTR-6 ウーンドウォート」のガンプラレビューです。

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートのガンプラレビュー画像です

『ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに』に登場し、エリアルド・ハンターが搭乗したガンダムTR-6[ウーンドウォート]がプレミアム・バンダイ限定で発売されました。

なんと流用一切なしの完全新規造形になります。

特徴的なコンポジット・シールドブースター(ライフル)の全長はなんと225mmと本体より長く、ライフルモードとクローモードに変形可能。

その他ウーンドウォート自体もモビルアーマー形態に差し替えで変形可能と至れり尽くせりのキットになっていました。

という事で今回はHGUCウーンドウォートを、徹底的に解説していきたいと思います!

スポンサーリンク

HGUC ガンダムTR-6 ウーンドウォート

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートのガンプラレビュー画像です

ウーンドウォートの機体設定を簡単におさらいしてみます。

ティターンズが予算度返しで開発していたTR計画の最終型「TR-6」の基本形態でありコアとなる量産型可変MSになります。

つまり、このウーンドウォートを媒体にして様々なバリエーション展開ができるという、バンダイさんティターンズ、消費者アースノイドにとってはたまらないモビルスーツになっているのだ……(*ノェノ)

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートのガンプラレビュー画像です

アドバンスオブゼータ作品のHGUCは2006年に発売されたフライルー以来なので、実に10年以上の刻(とき)を越えてキット化されました。

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートのガンプラレビュー画像です

プレバン特有の白黒組み立て書、シールとマーキングシールが付属。

パイロットはエリアルド・ハンターさん。気になる方はコミックアドバンス・オブ・Z~ティターンズの旗のもとに~をチェック!

※エリアルドの画像はHGUCヘイズル改初回特典についてきたブックレットの画像です

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートのガンプラレビュー画像です

そして完成したウーンドウォートがこちら。

今回はほぼ素組みですが、色がたりない箇所を一部筆塗りして別売り水転写デカールを貼りました。※詳しくは後述

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートのガンプラレビュー画像です

メカニックデザイン藤岡建機氏が描き起こしたウーンドウォートが、実に忠実に立体化されています。

先述したようにランナーは全て新規造形で、細かなパーツが多く既存MSのガンプラとは全く違う作りをしていました。

おのおかげか、組み立て所要時間もHGにしてはそこそこかかりました。

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートのガンプラレビュー画像です HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートのガンプラレビュー画像です HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートのガンプラレビュー画像です HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートのガンプラレビュー画像です

本体より長いコンポジット・シールド・ブースター(ライフル)がとてつもなくかっこいいです。

ちゃんと自立するのも凄い。

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートの可動域の画像です

モビルアーマー形態に変形(差し替え)する副産物で上半身の回転以外はかなり動きます。

薄いプラパーツが多いのと、構造自体が特殊なので動かす際は力の入れ具合に注意した方がいい、繊細なガンプラに仕上がっていました。

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートの頭部の画像です

頭部はバイザーのようなパーツを前からかぶせる構造なため、合わせ目が出ません。

色分けが良好でバルカンも色分けされています。

※アンテナの安全フラッグはカットしました

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートの頭部裏側にあるモールドの画像です

更に後頭部を見てみると、内部にもモールドが造形されています。

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートの頭部構造の画像です

奥まっていて目が見えなくなりますが、中身はちゃんとガンダム顔のツインアイになっています。

バイザーパーツが各所開口されているのも高ポイント。

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートの胴体の画像です

胴体まわりの色分けも優秀で、ダクト内をスミ入れペンで塗る程度でOK。

ただかなり小さいパーツなので、可能ならガンダムマーカーではなく0.02のコピックモデラーブラックで塗ってあげた方が綺麗にいきます。

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートの肩がスイングする前後可動の画像です

胴体内部・肩の構造が特殊で、このように前後にスイング可動します。

アップでみると露出した面が目立ちますが、頭部をつけると気にならなくなります。

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートの特殊な肩の画像です

ウイングのようなパーツ先端はシールで補います。

胴体と肩の間に噛ませるだけですが、プラつく事もなくカッチリ接続されました。

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートの特殊な肩の可動画像です

この部分はモビルアーマー形態への変形ギミックの影響で可動します。

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートの肩に貼った水転写デカールの画像です

今回は肩部分にガンダムホビーライフPremium付録のT3部隊の水転写デカールを貼ってみました。

ガンダムデカールのアドバンスオブゼータ用を使いたかったのですが、しばらく再販されていないせいかとんでもないプレミア価格になっていて入手できなかったのだ……(*_*)

 

とはいえ、ガンダムホビーライフPremiumの付録デカールは写真のように1/144、1/100用のみならず「ヘビーガンダム イングリッド0(ジョニ子)専用機」のデカールが唯一付属するので超絶オススメです。

 

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートの腕の前後可動画像です

ウーンドウォートは腕の構造がかなり特殊になっています。

前後可動の他、

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートの腕の左右可動画像です

サイド方面にも可動します。

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートのネイルをシタデルカラーで塗った画像です

ハンドパーツの赤いネイル部分は色分けされていないので、今回はシタデルカラーのEVIL SUNZ SCARLETでチャチャっと筆塗りしてみました。

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートの平手の画像です

平手のハンドパーツも両手分付属。

このシタデルカラーですが、Mr.カラーより高いものの2度塗りだけで下地が透けずに塗装できるので超オススメ。黒の上でも普通に色が乗るそうです。

水性なので臭わないのもヨイ……。

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートのハンドパーツの可動域の画像です

ハンドパーツはスイングします。

腕にカッチリとはまるのでポロリせず、ストレスフリーでした。

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートの腰部、脚部の画像です

腰部中央のV字マーク周辺はシールで補います。※シールの下はレッド1色成型

脚部の色分けもおおまかには再現されています。

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートの股間のアームの画像です

股間の先端にあるアームは展開可能。

このキットには持たせるパーツが付属しないので、追加パーツやバリエキットを見越したギミックになっているのではないでしょうか。

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートの要塗装箇所の画像です

脚部の↑部分4箇所は、イエローで要塗装となります。

結構目立つ部分なので塗装推奨です。

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートの脚部引き出しギミックの可動機画像です

脚部は左右に大きく広がり動かすことができます。

ポージング幅が広がるので嬉しい部分。

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートの脚部にある合わせ目の画像です

ただ、脚の先端部分は目立つ合わせ目が発生します。

※とはいえこのウーンドウォート、ここ以外は合わせ目無しといっても過言ではないです

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートのカカトパーツを展開した画像です

カカトのパーツは展開可能で、

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートのカカトパーツによる自立画像です

ウーンドウォートを自立させる事ができます。

ただ重心が前後に傾くポージングでは転倒するので、一応自立出来る程度に思った方がいいです。

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートのブーストポッド可動の画像です

ブーストポッドは可動します。

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートのブーストポッドのモールド画像です

写真グリーン部はシールですが、ブーストポッド各部ダクトは色分けされており上部と内側には細かなモールドが刻まれています。

あまり重くもないのでポージングに影響する事もありませんでした。

コンポジット・シールド・ブースターと要塗装箇所の画像です

コンポジット・シールド・ブースターの色分けも優秀ですが、↑部分イエローは色分けされていないので要塗装です。

コンポジット・シールド・ブースターの持たせ方の画像です

持たせるには本体からハンドパーツを一度外し、グリップを掴ませてから装備させます。

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートがコンポジット・シールド・ブースターのライフルモードを装備した画像です

TR-6ウーンドウォート、コンポジット・シールド・ブースター(ライフルモード)を装備。

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートのガンプラレビュー画像です HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートのガンプラレビュー画像です

コンポジット・シールド・ブースターはすぐ落ちてきそうなイメージがありましたが、意外とガッチリ保持してくれました。

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートのガンプラレビュー画像です

ライフルモードで射撃!

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートのガンプラレビュー画像です

カッコカワイイです(*´ェ`*)

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートのガンプラレビュー画像です HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートのガンプラレビュー画像です

射撃しているポーズにするとどうしても銃先の方が重力に負けて下に落ちてきますが、たまにかっこいいポーズが決まりますw

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートのガンプラレビュー画像です

それではコンポジット・シールド・ブースターをクローモードに変形させてみます。

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートのクローモードの画像です

パーツをバラし、サソリの手のようなパーツを肩上部に接続します。

グラつく事もなくしっかり装着可能でした。

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートのクローモードの画像です

外したパーツを差し替えパーツに付け替えると、

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートのクローモードの画像です

虫のようなクローモードに変形します。

ウーンドウォート専用アクションベース用アタッチメントパーツの画像です

ウーンドウォートの股下に専用アタッチメントパーツをつけます。

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートに付属する2つのランナーレススタンドの画像です

黒いランナーレススタンドが2つ付属するので、

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートのクローモードの画像です

ウーンドウォート本体とコンポジット・シールド・ブースターのクロー形態を設置。

そして付属のリード線を接続すると……

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートのクローモードの画像です

ウーンドウォート、クローモードで攻撃!

次はモビルアーマー形態に変形させてみます。

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートをモビルアーマー形態に変形させる画像です

モビルアーマー形態にするには本体パーツをバラす必要アリ。

腕部各箇所を回転させ、脚部には差し替えパーツをつけます。

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートをモビルアーマー形態に変形させる画像です

腕部を差し替えパーツに接続し、ブーストポッドを接続。

それをドラムフレームを回転した腰部に接続し、脚部を後ろにつければ

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートのモビルアーマー形態の画像です

ウーンドウォート、モビルアーマー形態へ変形します。

収まっている頭部の差し替えパーツ部分は色分けされておらずホワイト1色成型なので要塗装になります。※今回は塗っていません

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートのモビルアーマー形態の画像です

しかしこのキット、本当に気合い入りまくってるわ。

全て新規造形なのもそうですが、今までにない手足胴体の構造だけではなくクローモード・モビルアーマー形態への変形ギミックが搭載されていて、ここ最近のHGで一番凝った作りをしているのではなかろうか。

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートとHGUCヘイズル改の比較画像です

2005年に発売されたガンダムTR-1ヘイズル改(仮組み中)と比較。

意外な事にウーンドウォートはヘイズル改より全高が少し高いです。

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートとHGUCヘイズル改の比較画像です

同じ系統のモビルスーツらしく統一感がありますね。並べて飾ると凄い映える気がする。

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートとHGUCヘイズル改の比較画像です HGUCガンダム TR-1[ヘイズル2号機]のガンプラレビュー画像です

ヘイズル2号機とジム・クゥエルを足してディスプレイ。

【ガンプラ】HGUC ガンダム TR-1[ヘイズル2号機]レビュー
【ガンプラ】HGUC ジム・クゥエル レビュー

 

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートとオードリーのフィギュア、ヘイズル改の画像です

T3部隊の紅一点、オードリー・エイプリルのフィギュアとディスプレイ。

オードリー・エイプリルの画像です

 

ガンプラ女子会の画像です

ウーンドウォートちゃんのみ中の人が男ですがガンダム女子会開催。

これってファルシアも作れって事かな?(謎の使命感

それでは適当に何枚か。

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートのガンプラレビュー画像です HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートのガンプラレビュー画像です HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートのガンプラレビュー画像です HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートのガンプラレビュー画像です HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートのガンプラレビュー画像です HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートのガンプラレビュー画像です

このHGUCウーンドウォート、お世辞抜きでここ最近で一番の出来だわ……。

HGUC ガンダムTR-6 ウーンドウォートの感想

という事でHGUC ガンダムTR-6 ウーンドウォートのご紹介でした。

 

まずプレミアム・バンダイ限定品ながら完全新規キットというのが素晴らしい。

また腕・脚・胴体・変形ギミック・武装など、他のガンプラと大きくかけ離れた構造をしているのでかなり新鮮な気持ちで組めました。※はじめてRGを組んだ時みたいな

 

主に色が足りない箇所

・ハンドパーツ指先のネイル(レッド)

・コンポジット・シールド・ブースターのダクト(イエロー)

・脚部ダクトの(イエロー)

 

どこも筆でチャチャっと塗れる部分なのが手軽です。

注意点としては↓

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートの切り取り周囲パーツの画像です

小さいパーツが多く、ランナーから切り離す際↑のでっぱり部分をカットしないよう注意です。

何度か切りかけて冷や汗がでたのでみんなは注意してくれ!(>ω<)

 

オススメのお手軽改造ポイント↓

ガンダムホビーライフに付属するウーンドウォートの水転写デカールの画像です

先述した通りガンダムホビーライフPremiumに付属する水転写デカールがサイズぴったりかつすごく綺麗にプリントされています。

HGUCガンダムTR-6ウーンドウォートのガンプラレビュー画像です

デカール貼っただけでここまで見栄えが良くなるのでオススメだよ!

ガンダムホビーライフに付属するウーンドウォートの水転写デカールの画像です

ちなみにティターンズ系は1/100用サイズのも入っているぞ!付属する巻数は↓

 

総評として、脚部に合わせ目があり多少色が足りない箇所があるものの、完全新規かつ各部接続強度も及第点以上、スタンドまで付属するのでプレイバリューの高いキットに仕上がっていました。

 

ぶっちゃけ最近買ったプレバン商品の中では断トツ1位

 

>> HGUC TR-6 ウーンドウォート Amazonの現在価格

 

以上、「HGUC ガンダムTR-6 ウーンドウォート」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古 1/144 HGUC RX-124 ガンダムTR-6 ウーンドウォート』の在庫を見る