スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGUC Hi-νガンダム レビュー

Hi-νガンダムのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGUC Hi-νガンダム(ハイニューガンダム)」のガンプラレビューです。

Hi-νガンダムのガンプラレビュー画像です

小説「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン」に登場し、アムロ・レイが搭乗するHi-νガンダムのHGUC版をご紹介。

2009年発売。

新規造形で立体化されており、逆シャアシリーズのHGらしく合わせ目が異常に少なくパーツ分割による色分けが優秀なガンプラに仕上がっています。

という事で、HGUC ハイニューガンダムをRG版との比較画像なども含めてじっくりとレビューしていきたいと思います!

HGUC Hi-νガンダム

Hi-νガンダムのボックスアート画像です

HGUC版のハイニューガンダムさん。

2009年発売という事で、HGUC νガンダムの翌年に発売されたキットになります。

Hi-νガンダムといえばデザインの解釈が色々あるので、HGUC版はどのような体型・アレンジで仕上がっているか見ていきたいと思いますぞ……(*´ェ`*)

Hi-νガンダムの組み立て書とシールとマーキングシールの画像です

組み立て書とホイルシールがこちら。

今回はマーキングシールも付属し、アムロのパーソナルマークであるユニコーンのエンブレムや連邦マークなどが印刷されています。

Hi-νガンダムの付属品一覧ガンプラ画像です

付属品一覧がこちら。

※「ビーム・ライフル」「ニュー・ハイパーバズーカ」「シールド」「クリアブルーの長短クリアビームエフェクトパーツ各1」「ハンドパーツ」

手首パーツは左右の「武器持ち手」、右の「ライフル持ち手」の計3つが同梱します。

Hi-νガンダムのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGUC Hi-νガンダムがこちら。

成形色がホワイトとブルーにガンメタルフレームという、結構シンプルな内容になっています。

背部のフィン・ファンネルは重みがありますが、自立は可能です。

Hi-νガンダムのガンプラレビュー画像です

ガンメタルのフレームですが、ここのランナーはABS樹脂になっているので塗装派モデラーさんはご注意を。

ビーム・ライフルやニュー・ハイパーバズーカ、シールド裏などのガンメタル部分は通常プラ(スチロール樹脂)だったのでこのあたりは塗装OKです。

Hi-νガンダムのガンプラレビュー画像です

基本的な色分けは良好ですが、武器類とプロペラントタンク基部は要塗装となります。

Hi-νガンダムのガンプラレビュー画像です

それでは各部細かく見ていきます!

Hi-νガンダムの可動域のガンプラレビュー画像です

可動域から。手足はそこそこ広がりますが、開脚は及第点といった具合いで最近のガンプラのようには可動せず。

手足の関節は90度以上曲がりますが、デザイン的にヒザ立ちはちょい苦手です。

上半身は360度回転します。

Hi-νガンダムのアンテナ中央マークのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。アンテナ中央をよ~く見ると、かなり細かなモールドが刻まれていました(*_*)

HGクオリティでここまで細かな造形は珍しいですよね。最近のガンプラでも、ここまで細かな文字が刻まれていることって少ない気がします。

Hi-νガンダムの頭部のガンプラレビュー画像です

横、後ろから。

逆シャアシリーズのHGらしく、合わせ目はありません。

Hi-νガンダムの頭部可動のガンプラレビュー画像です

また、首パーツが動くため上を向く動作が得意です。

νガンダムとはまた違う顔付きになっているのが特徴です。

Hi-νガンダムの胴体のガンプラレビュー画像です

胴体部分は立体パズルのようなパーツ分割になっており、色分けが完璧なうえ合わせ目もありません。

腰部がブロック構造ではないため最近のガンプラのように柔軟には動かないものの、パチ組みモデラーさんには嬉しい色分けを実現しています。

Hi-νガンダムの肩部のガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーにも合わせ目がありません。

内部の球体部分(ガンメタル部)も段落ちモールド処理されているため、合わせ目がありません。

Hi-νガンダムの腕部のガンプラレビュー画像です

前腕部も然り。右腕は、カートリッジ式のマシンガンが搭載されています。

Hi-νガンダムの腕部マシンガンのガンプラレビュー画像です

RGのような引き出しギミックこそ搭載していないものの、銃口とカートリッジは色分けされています。

Hi-νガンダムの左右の腕の比較ガンプラレビュー画像です

左右の腕を比較。

左腕はサーベルホルダーになっていますが、サーベルグリップの収納ギミックは搭載されていません。

Hi-νガンダムの腰回りのガンプラレビュー画像です

腰回りをアップで。このあたりの色分けはあっさり気味で、前面中央のV字はホイルシールで色を補います。

Hi-νガンダムの脚部のガンプラレビュー画像です

脚部をアップで。

モモ付近は段落ちモールド化されており、合わせ目無し構造です。

Hi-νガンダムの脚部のガンプラレビュー画像です

ブルー部もしっかりと色分けされており、側面やふくらはぎの合わせ目は段落ちモールド位置になっています。

HGとしてはかなり優秀な作りですね。

Hi-νガンダムの足裏のガンプラレビュー画像です

つま先の細かなグレー部はシールです。

足裏のスラスター付近はガンメタル等で要塗装。足裏はモールドが多く、肉抜きがありません。

Hi-νガンダムのプロペラントタンクのガンプラレビュー画像です

バックパックのスラスターはガンメタルで色分け済みです。

2基あるプロペラントタンクの基部部分はカッパー色なので、要塗装となります。

また、プロペラントタンクはシンプルなモナカ構造でど真ん中に合わせ目が出ます。

Hi-νガンダムのフィン・ファンネルの可動ガンプラレビュー画像です

フィン・ファンネルは、大きく開きます。

Hi-νガンダムのフィン・ファンネルガンプラレビュー画像です

一番上のフィン・ファンネルのみ、コの字型に変形します。

ただ本キットにディスプレイ台座は付属しないので、浮かせて飾ることはできません。

Hi-νガンダムのフィン・ファンネルのガンプラレビュー画像です

一方、下2つのフィン・ファンネルは「2つがくっついた状態」になっていて固定式です。

コスト削減で簡易的に造形されている感じですね。

Hi-νガンダムのガンプラレビュー画像です

Hi-νガンダム、出撃!

Hi-νガンダムのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

Hi-νガンダムのビーム・ライフルのガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルがこちら。

さすがにここはモナカ構造で合わせ目が出ますが、この部分のガンメタルはABSではないので塗装や合わせ目消しはしやすいと思います。

Hi-νガンダムのビーム・ライフルの色分けのガンプラレビュー画像です

↑こちらが組み立て書の作例画像。

設定色がホワイトを中心としたカラーリングになっているため、このあたりは全面的に要塗装部分となります。

Hi-νガンダムのシールドのガンプラレビュー画像です

シールドの色分けはすこぶる優秀で、斜めにカラー配置されたデザインの複雑な色分けはパーツ分割により色分けされています。

この時代のHGならシールになりそうな部分なのに、めっちゃ親切な部分ですね……(*_*;)

Hi-νガンダムのシールド裏と可動のガンプラレビュー画像です

シールドは基部でロール回転します。

接続強度もガッチリしており、ポロリの心配はありません。

Hi-νガンダムのガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルとシールドを装備!

Hi-νガンダムのガンプラレビュー画像です

攻撃!

Hi-νガンダムのニュー・ハイパーバズーカのガンプラレビュー画像です

ニュー・ハイパーバズーカもライフルと同様にモナカ構造で、ホワイト系で要塗装です。

Hi-νガンダムのニュー・ハイパーバズーカのガンプラレビュー画像です

グリップが傾くため、違和感なく持たせる事ができます。

Hi-νガンダムのガンプラレビュー画像です

バズーカをぶっ放すアムロ!

Hi-νガンダムのガンプラレビュー画像です Hi-νガンダムのガンプラレビュー画像です

いい感じ……。

Hi-νガンダムのファンネルラックのサーベル収納ギミックのガンプラレビュー画像です

左右のファンネル上部はサーベルラックになっていて、開閉します。

こちらのサーベルは着脱可能で、

Hi-νガンダムのガンプラレビュー画像です

手に持たせる事ができます。

Hi-νガンダムのガンプラレビュー画像です

柄の下側には、短いビームエフェクトをつけます。

ブルーの機体にブルーのサーベル刃ってのがかっこいいぞ……!(>ω<;)

Hi-νガンダムのガンプラレビュー画像です

斬りかかるハイニューガンダム!

Hi-νガンダムのガンプラレビュー画像です

宇宙世紀のMSで、サーベルがブルーってのが珍しいよね……(*´ェ`*)

Hi-νガンダムのガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフル+ビーム・サーベルでパシャリ。

Hi-νガンダムのガンプラレビュー画像です

バズーカ+サーベルで。

Hi-νガンダムのガンプラレビュー画像です HGUCニューガンダムとHi-νガンダムの比較ガンプラレビュー画像です

HGUCνガンダム(塗装済)と比較。

設定の全高からして「νガンダムが22m」「Hi-νガンダムが20m」になっているため、Hi-νガンダムの方が少し小さくなっています。

HGUCニューガンダムとHi-νガンダムの比較ガンプラレビュー画像です

大きさだけじゃなく、フロントアーマーのサイズや細かな箇所がかなり違いますね。

HGUCニューガンダムとHi-νガンダムの比較ガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGUC νガンダム レビュー

 

HG Hi-νガンダム GPB COLORのガンプラレビュー画像です

模型戦士ガンプラビルダーズ ビギニングGに登場する、GPBカラーと比較。

HGBF Hi-νガンダムヴレイブとハイニューガンダムの違い・比較のガンプラレビュー画像です

このハイニューをベースキットに使用した、HGBF Hi-νガンダムヴレイブと比較。

ハイニューガンダムの比較・違いのガンプラ画像です

【ガンプラ】HG Hi-νガンダム GPBカラー レビュー
【ガンプラ】HGBF Hi-νガンダムヴレイブ レビュー

 

HGUCとRG Hi-νガンダムの違い・比較ガンプラ画像です

それでは、RG Hi-νガンダムと比較していきます。

RG版は2021年に発売されました。

HGUCとRG Hi-νガンダムの違い・比較ガンプラ画像です

パッと見でボリューム感が異なっていますね。

HGUCとRG Hi-νガンダムの違い・比較ガンプラ画像です

アップで比較。価格帯やパーツ数が違うので当たり前ですが、RG版ではディテール感が増しスタイリッシュな体型で立体化されているのが特徴です。

HGUCとRG Hi-νガンダムの違い・比較ガンプラ画像です

シールドと脚部を比較。

脚部も、イエローのパーツが足されています。

HGUCとRG Hi-νガンダムの違い・比較ガンプラ画像です

背部を比較。フィン・ファンネルは、RG版では全て独立化しています。

プロペラントタンクも大型化されており、迫力のある姿に。

HGUCとRG Hi-νガンダムの違い・比較ガンプラ画像です

ビーム・ライフルを比較。

こちらも色分けが向上しています。

HGUCとRG Hi-νガンダムの違い・比較ガンプラ画像です

今回のHG版もクオリティが高いですが、さすがにRG版と比べてしまうと見劣りします。

が、体型バランスやアレンジが異なる方向性になっているため、好みで敢えてHG版をチョイスしてみて強化改造してみるのも面白いと思いますぞ……(*´ェ`*)

【ガンプラ】RG Hi-νガンダム レビュー

 

アムロのフィギュアとHi-νガンダムのガンプラレビュー画像です

一番くじ のアムロフィギュアとディスプレイ。

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

 

Hi-νガンダムのガンプラレビュー画像です

HGUC Hi-νガンダムの感想

ということでHGUC Hi-νガンダムのご紹介でした。

 

組み立て書準拠の塗り分け箇所になりますが、色が足りない部分は↓

Hi-νガンダムの要塗装箇所のガンプラレビュー画像です

主に「プロペラントタンク基部」「足裏」「武器類」です。

合わせ目も同様に↑部分に集中しています。

本体に関しては合わせ目が出ない作りになっているため、パチ組み派モデラーさんにはオススメなHGに仕上がっている模様。

 

弱点はフィン・ファンネルの4基が簡素な出来になっている点ぐらいだと思います。

今から買うならRG版の方がオススメですが、敢えてHG版をチョイスして理想体型のハイニューに改造してみるも楽しいと思うよ……(*´ェ`*)

 

以上、「HGUC Hi-νガンダム」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る