icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG 百錬 レビュー

百錬(アジー機)の画像です レビュー

今回は「HG 百錬」のガンプラレビューです。

スポンサーリンク

HG 百錬

百錬(アジー機)の画像です

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場したタービンズのモビルスーツ、百錬。

タービンズのアジー・グルミンが搭乗した百錬ですが、鉄血定番のフレーム構造ではないスタンダードな作りのガンプラになっていました。

百錬(アジー機)の画像です

デザインですが、鉄血のモビルスーツの中でも独特なデザインで鎧を着た忍者みたいなデザインになっています。

今回はフル塗装で仕上げてみました。

百錬(アジー機)の画像です

後ろには片刃式ブレードとその鞘をマウント可能です。

百錬(アジー機)の画像です

足が小さく接地面が狭いので結構倒れやすいですが、一応自立は可能といった感じ。

棚に飾ってあるんですがちょっと揺らすと倒れてしまいます。

百錬(アジー機)の画像です

可動域はこのくらいで腰まわりは回転し、優秀。

サイドアーマーのせいでそこまで開脚はできませんがポージングには困らない感じです。

百錬(アジー機)の画像です

頭部は真ん中にガッツリ合わせ目があります。(微妙に消えてない?w

百錬(アジー機)の画像です

目はシールが付属しますが塗ってみました……なんかはみ出てるが気にしないでおこうw

百錬(アジー機)の画像です

この緑っぽい部分は色分けされていないので塗装しました。(シールもなし)

元々色数の少ない機体なのでここは塗装してあげると情報量が増え見栄えが良くなりオススメです。

百錬(アジー機)の画像です

ヒジ、ヒジ関節、二の腕部分も設定通りホワイトに塗装。

百錬(アジー機)の画像です

ライフルカノン。ここは安定のモナカ割りになっていました。

百錬(アジー機)の画像です

アジー機の武器はライフルカノンと片刃式ブレードのみでシンプルな装備になっています。

百錬(アジー機)の画像です

「あねさん!」

百錬(アジー機)の画像です

ボリュームがあるのに可動域がそこそこあるので、HGティエレン的な優秀さを秘めたキットだと思います。

百錬(アジー機)の画像です

こちら片刃式ブレード。刃先は少し尖らせてみました。

百錬(アジー機)の画像です

ジャキッ

百錬(アジー機)の画像です 百錬(アジー機)の画像です

戦場で舞う百錬。カッコイイっす……

百錬(アジー機)の画像です 百錬(アジー機)の画像です

サイドスカートのナックルガードを外し

百錬(アジー機)の画像です

手に装備する事も可能。両手分装備できます。

百錬(アジー機)と百錬(アミダ機)の画像です

百錬(アミダ機)とツーショット。※アミダ機はオプションセット追加装備させてます

【ガンプラ】HG 百錬(アミダ機)レビュー

 

百錬(アジー機)の画像です百錬(アジー機)の画像です

HG 百錬の感想

という事でHG百錬のご紹介でした。

 

鉄血のキットは安い上にとにかく造形がしっかり出来ていて安心な作りをしていますね。

 

今回はガンダムタイプやグレイズのようなフレームがないので、パーツを取り付けていく感じではなく従来のガンプラを作る工程と同じでした。

 

合わせ目は頭、肩上、足、各武器にあります。

 

足が小さいせいもあり自立性が悪く手の甲パーツがポロリぎみなので、各部位瞬間接着剤で太らせてあげる等の工夫をすればGood。

 

また、写真の緑っぽい部分は色分けされてない上シールも付属しないので設定色で塗ってあげればクオリティがアップすると思います。

 

百錬(アミダ機)との違いはカラーリングとアサルトライフルが付いていない点のみ。

 

アミダ機のアサルトライフルは劇中で一度も出てこないので原作再現派はこちらのアジー機を買って塗った方がほんのちょっとだけお得です。

 

メカデザイナー篠原保氏は仮面ライダーや特撮もののデザインをされていた方との事で、なるほど怪人を思わせるデザインだなと思いました。

本編ではアミダ機の方が大活躍でしたがアジー機も量産型っぽいカラーリングでかっこ良いと思いました。

 

そしてこの百錬、人気がないのかわかりませんがメチャメチャ投げ売り価格で売られているので、買うなら今だと思います……(*´ェ`*)

 

以上、「HG 百錬」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古 1/144 HG 百錬』の在庫を見る

鉄血のガンプラを塗るならコレ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ メカニカルワークス

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ メカニカルワークス

1期、2期の全てのMSを網羅してるので、塗装の色選びにかなり便利です。プラモ付属の組み立て書と違い鮮明な色合いで印刷されているので設定色に限りなく近い色を確認できます。管理人はこれ見ながら塗ってます。