icon
icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG 漏影(ロウエイ) レビュー

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG漏影(ロウエイ)」のガンプラレビューです。

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズに登場し、アジー・グルミンとラフタ・フランクランドが搭乗する漏影ロウエイをご紹介。

2017年発売。

一部関節などにHG百錬ヒャクレンのランナーを使っているものの、特徴的な外装の多くや武装が新規造形にて立体化されています。

という事で、HG漏影ロウエイMSオプションセットとの組み合わせ例を含め、じっくりとレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HG 漏影ロウエイ

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

百錬ヒャクレンの換装用武装として開発され、地上用での戦闘を想定し軽装甲化が図られた漏影ロウエイさん。

組み立て書にはアジー・グルミンが記載されています。

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

漏影ロウエイの装備である「ハンドガン」「ヘビークラブ」のほか、百錬ヒャクレンに付属していた「ライフルカノン」「片刃式ブレード(さや含む)」「ナックルガード×2」も付属します。

ただ、HG百錬ヒャクレン(アミダ機)に付属するアサルトライフルは付属しません。

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

そして完成したHG漏影(ロウエイ)がこちら。

設定通り、ガンプラでも関節パーツに百錬と同じパーツが使われています。外装はほとんど新規造形です。

また、鉄血系キットでよくあるフレーム構造ではなく、従来のガンプラを組み上げていくいつものガンプラ構造です。

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

本キットに黄色いランナーは付属しないので、細かなイエロー部はホイルシールで色を補います。

外装一部もシールを使いますが、元のカラーデザインがシンプルという事もあり色分けは良好です。※外装のシール部分は後述

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

背部に大型ブースターが追加され、脚部はボリュームが増しました。

百錬よりも足首パーツがでかいので、接地面が広くなり自立性が向上しています。

それでは各部細かく見ていきます!

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

可動域から。手足ともに水平まで広がります。

百錬では腰のサイドアーマーが干渉しましたが、大きく広がるようになり可動範囲がアップしました。

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

他の鉄血系によくあるフレーム構造ではありませんが、手足の関節は90度以上大きく曲がり、キレイにヒザ立ちできます。

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転。

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

特徴的な四つ目の頭部。仮面をつけているような面白いデザインになっているぞ……(*´ェ`*)

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

マスクの目部分は開口されていて、内部の中間パーツにシールを貼る構造です。

塗りやすいパーツ構造をしていますね。

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

頭部の青いパーツは左右はめ込み式で、「頭頂部」「後頭部」のど真ん中に合わせ目が出ます。

※今回多少合わせ目を消していますが、場所はバッチリ画像にて解説していきます

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

細かく変わった胴体。ダクト部や襟前部▽部分など、黄色い部分はシールです。

胴体は前後はめ込み式で、合わせ目は基本的に段差になるよう配置されていますが、脇の下は合わせ目アリです。また、このでっぱった部分はグレーで要塗装となります。

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

上から見た図。「ショルダーアーマー」「胴体上(首の左右)」に合わせ目が出ます。胴体の上面は頭部を取り付ければほとんど目立たなくなる感じです。

肩は前後に大きく動きます。

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

腕は肩の内部ブロックに合わせ目アリ。

他は関節パーツ含め、合わせ目無し構造で色分けも優秀です。

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

肘関節は180度ほど曲がります。

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

背中の大型ブースターは、上面のカバーパーツに一部シールを使います。

基部でフレキシブルに動き、合わせ目は出ません。下面のカバーは開きます。

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

腰のサイドアーマーはポリキャップ接続で大きく広がります。

また、リアアーマーのラッチはテイワズ系によくある共通の凸形状がついており、ハンドガンをマウントする事ができます。

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

ヘビーグラブもマウント可能です。

その他百錬の装備や、全部ではありませんがMSオプションセット系の武装も取り付ける事ができます。

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

脚部は↑の青枠部分がシールです。

合わせ目の量は少なく、前面と関節パーツには合わせ目が出ません。

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

「脚の付け根球体」「モモ側面」には合わせ目あり。

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

足裏に肉抜きはなくモールドが細かいです。

股下にはアクションベース用の3mmジョイント穴あり。リアアーマー内部など造形は細かいですが、肉抜きは多いです。(脚部内側も)

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

ハンドガンはシンプルな2パーツ構造のモナカ割りで、合わせ目あり。甲パーツを一度外して持たせます。

設定的には片手仕様で、一方に近接武器を装備したまま扱える小ぶりの武器です。

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

漏影ロウエイ、戦闘開始!

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

可動域が広いので、色々なアクションポーズが可能だぞ!(>ω<)

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

カッケェ!!

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

ヘビークラブも2パーツ構造ですが、形にあわせてパーツ分割されており先端・付け根にしか合わせ目が出ません。

ただ、こちらは手首パーツの穴とジャストフィットせず。手の甲パーツは少し外れやすいので、気になるモデラーさんは要調整といったところ。

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

ヘビークラブを構える漏影ロウエイ

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

敵を叩き潰す漏影ロウエイ

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

ヘビークラブは両手で持たせる事もできますが、先述したとおり手の甲パーツは更に外れやすくなります。

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

ヘビークラブ+ハンドガンで。

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

大型ブースターがグネグネ動くので、アクションポーズがうなります。

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

余剰パーツの武器を見ていきます。

まずは片刃式ブレードから。さやは無改造でリアアーマーにマウント可能です。

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

ジャキッ……。

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

ライフルカノンも付属するうえ、

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

ナックルガードも左右分付属します。

百錬のようにサイドアーマーに収納はできませんが、多彩な武器が付属するのでプレイバリューは非常に高いです(*´ェ`*)

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

アッパー!

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

劇中でアジーの漏影ロウエイも装備していた、輪胴式グレネードランチャー(塗装済)を装備させてみます。(別売りでMSオプションセット2に同梱)

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

輪胴式グレネードランチャーをぶっ放すアジー!

相性は抜群です……ということで、

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

HG漏影ロウエイ、2体買っちゃいました……(*ノェノ)

アジーは劇中24話のグレイズアイン戦で輪胴式グレネードランチャーを装備しているので、それぞれ持たせる武器を変える事により個性が際立つと思いますぞ。

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

※ラフタ機はヘビークラブ、アジー機は輪胴式グレネードランチャーを装備

 

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

「なに、このおっきいモビルスーツ……」

グレイズアイン現る!

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

「データには無い機体だけど…、いくよっ!!」

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

「今の反応…阿頼耶識アラヤシキ!?」

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

HG百錬HG百錬(アミダ機)と比較。※百錬2体は塗装済

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HG 百錬 レビュー
【ガンプラ】HG 百錬(アミダ機)レビュー

 

HG漏影(ロウエイ)のガンプラレビュー画像です

HG 漏影ロウエイの感想

ということでHG漏影ロウエイのご紹介でした。

 

少し遅れて発売された漏影ロウエイですが、その影響もあってか百錬より可動域が広く、合わせ目の量も少し減っています。

ただ、頭部とモモの合わせ目は結構目立つので気になるモデラーさんは要処理といったところ。また、手首パーツの甲が外れやすいので、そのあたりも調節してあげた方がいいかもしれません。

色分けについては一部シールで補う箇所はあるものの、HGとしては良好な部類だと思います。

劇中再現度の高いプロポーション可動域の広さが売りのガンプラといったところ。別売りのオプションセット系と組み合わせる事により、色々な遊び方ができる点もポイント高いです。

アジー機とラフタ機2体揃えて飾るとテンション上がるので、2個買いもオススメだよっ!(>ω<)

 

以上、「HG 漏影」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る