icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL] レビュー

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]」のガンプラレビューです。

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

ガンプラ40周年を記念して発売された、RX-78-2ガンダム[BEYOND GLOBAL]をご紹介。

2020年発売。

HGシリーズでこれまで培ってきた技術を集約し、「美しいポージング」「可動性能とプロポーション」を極限まで追求したギミック多彩なガンプラに仕上がっています。

という事で、HG RX-78-2 ガンダム[BEYOND GLOBAL]を徹底的にレビューしていきたいと思います!

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

オサレなボックスアートから。ガンプラ40周年を記念するロゴが印刷されています。

今回のガンダムは「大河原邦男氏デザインのファーストガンダム」を再検証し、「可動」に特化した内容になっていました。色分けも超優秀で、

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

ホイルシールはツインアイのみです。

そのツインアイ部分にはもイエロー成形のパーツが使われているので、スミ入れペンさえあればシールもいらなかったりします(*´ェ`*)

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

付属武器の数は少なく、「ビーム・ライフル」「ビーム・サーベル×2」「シールド」のみとシンプルな内容になっています。

コア・ファイターやハイパー・バズーカなどは付属しません。

手首パーツは左右の「武器持ち手」、右の「ライフル持ち手」、左の「平手」の計4つが同梱します。

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

そして完成したHG RX-78-2 ガンダム[BEYOND GLOBAL]がこちら。

今回のガンダムは成形色が淡い色合いになっているのが特徴で、装甲のホワイト部分はクリーム色に、赤・青・黄のトリコロール色も落ち着いたカラーリングになっています。

プロポーションは現代風の洗練されたデザインで立体化されているものの、成形色のおかげでレトロ感を感じる見た目に仕上がっていますね。

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

モモが長めにデザインされていて、やり過ぎ感が出ないアレンジ度合いになっている模様。

ちなみにポリキャップレス仕様で、全てKPS関節になっています。

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

それでは各部細かく見ていきます!

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

頭部から。バルカンは開口されていて、内部の黄色いパーツが露出する構造です。

左右のくぼみ部分をスミ入れする程度で色分けは完結します(*´ェ`*)

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

中身はこんな感じ。「トサカ・くまどり・口のレッド」「ツインアイ・バルカンのイエロー」が細かく色分けされていて、ヘルメットをスライドさせるだけでOKです。合わせ目も出ません

本キット唯一のシール部分であるツインアイですが、ご覧のようにフチ部分を黒く塗りつぶせばシールなしでも色分けが完結します。

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

横、後ろから。後頭部のレッドも内部のパーツにより色分けされています。

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

胴体の色分けも完璧です。本体の合わせ目は、すべてモールド位置にくるよう設計されています。

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

腰パーツを胸部パーツに引っ掛けるようにして組み上げるため、

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

前後・左右と柔軟に動きます。

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

ただ、腰は360度回転しません。(少し引き上げれば無理やり真横を向かせたりは可能)

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

肩周りはスイング可動構造になっていて、

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

無理なく前方へ動きます。

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

肘は180度近く曲がり、腕は真上へ上げることができます。

めちゃめちゃ動くな……(*_*;)

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

腕はところどころ内部のグレーパーツが露出する構造になっています。

画像では少し見えづらいですが、関節近くの丸い部分は開口されています。

内部のグレーパーツが露出し、細かな色分けを実現しています。

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

バラしてみた図。手首ブロックはボールジョイント接続で、独立可動します。

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

手首ブロックを引き出す事ができ、ロール回転するうえ細かく表情付けができます。

他の1/144RX-78-2でも高可動を実現していますが、ここの構造がBEYOND GLOBALの特徴と言えそうです。

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

腰回りはV字も色分け済みです。フロント・サイドアーマーだけではなく、リアアーマーも動きます。

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

リアアーマーを分解してみた図。組み上げれば見えなくなるグレーの腰パーツにもモールドが刻まれているぞ……(*´ェ`*)

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

リアアーマーが動く事により、足を真後ろへ倒すことができます。

また、股関節軸がスイングし、前方へ大きく可動できるのも特徴です。

スタンド穴は後方に配置されています。

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

色々な方向へ変態可動するよ!

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

脚部の合わせ目も、すべてモールド位置になるよう設計されています。

ただ、足裏には肉抜きアリ。本キット唯一の弱点と言っていい部分です。

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

ヒザ関節は180度曲がり、

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

キレイに立ちヒザ可能です。股関節軸が可動することにより、一般的なHGよりも無理なくポージングさせることができます。

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

開脚範囲も広く、水平以上広がりますw

接地性はそこそこ優秀といったところ。鉄血系のようなエグい接地はできませんが、必要十分には接地してくれます。

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

アクション!Gガンみたいなポージングも可能だよ!

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルを持たせてみます。

銃持ち手は右のみ付属。サイトとフォアグリップは可動しますが、銃身に合わせ目が出ます。本キットの数少ない合わせ目ポイントです。

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

シールドの装着方法が面白く、手首ブロックを引き出して挟み込むように持たせます。

更にグリップを掴んで保持するため、ガッチリと持たせる事ができます。

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

表面はデザインが多少アレンジされていて、グレーの裏打ちパーツが露出する構造です。

内側のディテールもHGクラスとしてはかなり細かく造形されています。

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

それでは、アクションポーズいってみます!

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルで攻撃!

モモ周りの可動域が広く内股のようなポーズもできるので、人間に近い動きをつけることができます。

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

ヒザを着いて。

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

振り返り撃ち!

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

フォアグリップを動かし、両手で構えてみます。

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

美しい……。

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

シールドとビーム・ライフルは背部にマウント可能です。

シールドはジョイントパーツを外してランドセルに接続、ビーム・ライフルは凸軸をお尻に差し込むだけでOKです。

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

肘関節が大きく曲がるので、収納状態のサーベル柄をつかむ事ができます。

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

ビーム・サーベル抜刀!

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

飛びかかるガンダム!

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

ビーム・エフェクトパーツは2本付属し、二刀流で飾ることもできます。

HG RX-78-2ガンダム BEYOND GLOBAL クリアカラーのガンプラレビュー画像です

イベント限定品のHG RX-78-2ガンダム BEYOND GLOBAL[クリアカラー]と比較。

HG RX-78-2ガンダム BEYOND GLOBAL クリアカラーのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HG RX-78-2 ガンダム BEYOND GLOBAL [クリアカラー] レビュー【イベント限定品】

 

HG RX-78-2ガンダム(Beyond Global)とHGUC234シャア専用ザクIIの比較ガンプラ画像です

HGUC234シャア専用ザクIIと比較。

発売時期が近い2体となります。

HG RX-78-2ガンダム(Beyond Global)とHGUC234シャア専用ザクIIの比較ガンプラ画像です

【ガンプラ】HGUC234 シャア専用ザクII レビュー

 

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

それではここから、色々な1/144スケールのガンダムと比較してみます。

RGとリバイヴ版とBEYOND GLOBALの比較ガンプラ画像です

RG RX-78-2ガンダムHGUC191 RX-78-2ガンダム(REVIVE版)と比較。

RGは2010年発売、リバイヴ版は2015年発売、今回は2020年発売と5年ずつの開きがあるガンプラになります。

RGとリバイヴ版とBEYOND GLOBALの比較ガンプラ画像です RGとリバイヴ版とBEYOND GLOBALの比較ガンプラ画像です

アップで比較。

RG版は今のガンプラ目線で見た場合可動域が狭いですが、ディテールが細かい工芸品なような見た目で立体化されています。

REVIVE版はテレビのファーストガンダムを思い出すような少し緑がかった成形色になっていますが、小顔でスタイリッシュ体型にアレンジされています。

今回のBEYOND GLOBALは可動に特化したモデルといったところです。

【ガンプラ】RG RX-78-2 ガンダム レビュー
【ガンプラ】HGUC RX-78-2 ガンダム (新生REVIVE版) レビュー

 

G40とオリジン版とBEYOND GLOBALの比較ガンプラ画像です

他シリーズのガンダムと比較。

※左から「HG ガンダムG40 (Industrial Design Ver.)」「HG RX-78-02 ガンダム(GUNDAM THE ORIGIN版)

地味にオリジン版は「RX-78-02」と、2ではなく02になっていたりします。

G40とオリジン版とBEYOND GLOBALの比較ガンプラ画像です G40とオリジン版とBEYOND GLOBALの比較ガンプラ画像です

G40はガンダム40周年を記念して発売されたガンダム。(今回はガンプラ40周年記念作品)こちらもめちゃめちゃ動きます。

オリジン版は肩と前腕部の形がファースト版と異なるデザインになっていて、選択式で2種類のガンダム(前期型・中期型)を組む事ができるのが特徴です。また、2種類のビーム・ライフルとハイパー・バズーカも付属し付属武器が多い内容となっています。こちらもオススメだよ!

【ガンプラ】HG ガンダムG40 (Industrial Design Ver.) レビュー
【ガンプラ】HG RX-78-02 ガンダム(GUNDAM THE ORIGIN版) レビュー

 

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]と初代1/144ガンダムのガンプラ比較画像です

最後に、初代ガンプラ旧キット1/144 RX-78-2ガンダムと比較。

40年であぐらをかけるようになりましたw(*´ェ`*)

HGのV作戦のガンプラ画像です

V作戦のガンプラでディスプレイ。

※「HGUCガンキャノン(REVIVE 版)」「HGUCガンタンク

……ガンダンクだけ中々リニューアル版が出ないぞ!w(*ノェノ)

2000年に発売された古いHGですが、出来が良過ぎるのが原因かもしれません。

BEYOND GLOBALのお供に並べると映えるよ!

【ガンプラ】HGUC190 ガンキャノン レビュー
【ガンプラ】HGUC ガンタンク レビュー

 

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のガンプラレビュー画像です

HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]の感想

ということでHG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]のご紹介でした。

 

高可動なのはもちろん、成形色が「クリームがかった白」「トリコロールが淡い色合い」と落ち着いた配色になっているのも大きな変化の一つです。

弱点は足裏の肉抜き程度。

ビーム・ライフル以外の基本的な部分に合わせ目が無いため、素組みでもキレイなRX-78-2が組めるのが特徴です。

現代風プロポーションになり、肩やシールドに色が足されたりしているもののG40やオリジン版よりアレンジ部分が少ないRX-78-2になっているので、TV版や劇場版のファーストガンダムに思い入れのあるモデラーさんは今回のBEYOND GLOBAL版がかなりオススメだと思いますぞ!

 

以上、「HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL]」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る