iconicon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGUC セカンドV レビュー【プレバン】

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGUCセカンドV」のガンプラレビューです。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

小説版 機動戦士Vガンダムに登場する、Vガンダムの発展型MS・セカンドVをご紹介。

プレミアム・バンダイ限定品。

HGUCの「Vガンダム」「V2ガンダム」のランナーを使用しているものの、特徴的なメガビーム・キャノンミノフスキー・シールドをはじめ多くの外装が新規造形で立体化されています。

という事で、HGUCセカンドVをVガンダムとの比較画像を含めてレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HGUC セカンドV

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

セカンドVとは?

・小説版「機動戦士Vガンダム」にV2ガンダムの代わりとして登場する、Vガンダムの発展型MS

・「ミノフスキー・ドライブ・ユニット」の性能により、その余力出力を「メガビーム・キャノン」「ミノフスキー・シールド」にまわす事ができるようになった

最大推力では機体が分解する

ゴトラタンやザンネックを差し置いての立体化です……w(*´ェ`*)

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

組み立て書ですが、プレバン品としてはめずらしく白黒ながら機体解説がびっしりと記載されています。

HGUC Vガンダムの組み立て書は付属せず、専用のものが付属する感じです。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

ホイルシールがこちら。ツインアイは2種類付属し、一枚は目の下の赤い部分が印刷されたものになります。※今回はスタンダードにツインアイだけのもの(3番)を貼りました

あとは手足に貼る赤いシールなどが付属します。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

付属品は多いです。

※「ビーム・ライフル(+着脱式グレネード・ランチャー)」「メガビーム・キャノン」「ミノフスキー・シールド(+展開用パーツ)」「ミノフスキー・ドライブ・ユニット(+ウエポン・プラットフォーム)」「ビーム・サーベル×2(ビームエフェクトパーツ×2+扇状のエフェクトパーツ)」「ビーム・シールド」

本キットの売りはズバリ↑の青文字の武装だぞ!(>ω<)

ビーム・ライフルはHGUC V2ガンダムに同梱するものと同じですが、センサー部のシール色が変化しています。※後述

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

HGUCのVガンダムとV2ガンダムの余剰パーツがこちら。(ランナー都合で一部セカンドVのパーツも余ります)

ちょこちょことパーツが付属しますが、他タイプのVガンダムに組む事はできません

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGUCセカンドVがこちら。

公式サイトでも解説されていますが、武器をはじめ外装の多くが新規造形という気合いの入った内容になっています(>ω<;)

一部VガンダムとV2ガンダムのランナーも使用しますが、ここまで来ると新規造形キットといっていい内容だと思います。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

セカンドVって、ガンダムでありながら「ガンダム」の名が記されていないのが非常にマニアックですよね。

キット的には合わせ目の量が異常に少なく、素組み派モデラーさんにも満足できる内容になっていると思います。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

背部の「ミノフスキー・フライト・ユニット」と「ウエポン・プラットフォーム」は重量があり、少し後ろに倒れやすいです。

一応気をつければ自立は可能といったところ。

それでは細かく見ていきます!

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

可動域から。オールガンダムプロジェクト準拠という事で、手足は十分広がります。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

肘・ヒザ関節も90度以上曲がり、キレイに膝立ちできます。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転。最初ひっかかってまわせなかったのですが、多少引き上げれば違和感なくまわります。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

頭部はアンテナを除き新規造形で、Vガンダムと違い左右のダクトが開口されました。ダクト内の黒い部分は内部にシールを貼る構造ですが、ご覧のとおり違和感ない色分けを実現しています。

※Vガンダムとの比較画像は後述

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

アップで。ツインアイと口の「内部の赤いパーツ」までもが新規造形だったりします。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

横、後ろから。トサカ前後のセンサーはグリーンのシールで色を補います。

また、アンテナ先端には安全フラッグあり。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

胴体もほとんど新規造形で、「胸部イエロー」「後ろ側の胴体パーツ」「腰パーツ」以外がセカンドVの形に変化しています。(地味だけど(*´ェ`*))

特に中央赤いパーツが細かく開口されているのが特徴で、内部からグレー色が露出する構造に変化しました。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

上から見た図。肩はボールジョイント接続で、前後にある程度可動します。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーも新規造形です。ブルー・ホワイトと細かく色分けされており、側面の黒い部分はシールを使用します。

また、肘関節は90度以上大きく曲がります。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

腕部も手首パーツや一部をのぞき、新規造形です。

関節パーツがちゃんと白の成形色になっているほか(Vガンダムでは設定色と違うグレーでした)、前腕部側面に丸い赤のシールを貼るため見た目も変化しています。

厳密に言えば関節パーツ内側に合わせ目っぽいラインが出ますが、ほとんど目立たないパーツ構造をしています。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

手首パーツの取り付け方が変化していて、↑のように前腕部パーツで挟み込む構造に。

ベースキットのVガンダムと違い、組み上げたあと手首パーツを交換する事ができなくなった反面、武器の重みで抜け落ちる事がなくなりました

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

腰部。フロントアーマーは大きく上がります。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

HGUC V2ガンダム(右)と比較。サイドアーマーがV2っぽくなっていますが、ガンプラ的には別造形です。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

脚部に合わせ目は出ません。関節パーツを含め、すべて段落ちモールド化されています。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

脚部側面にも赤いシールを貼る仕様。

足首パーツのスリッパ(赤い底面パーツ)以外はほとんど新規造形です。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

足裏に肉抜きはありません。股下にはアクションベース用の3mmジョイント穴有り。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

ミノフスキー・ドライブ・ユニットがこちら。一部パーツが開閉します。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

接続部がボールジョイントになっているので、ある程度柔軟に動かす事ができます。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

ウエポンプラットフォーム右側にはメガビーム・キャノンを装備。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

左側にはミノフスキー・シールドをマウント可能です。

ガンプラ的にも設定的にも、それぞれ左右どちらに装着する事もできます。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルを装備させてみます。下部のグレネード・ランチャーは着脱可能です。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

形状的にはV2ガンダムと全く同じですが、センサー部のシール色がグリーンからブルーに変化しています。

【ガンプラ】HGUC V2ガンダム レビュー

 

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

セカンドV、ビーム・ライフルで攻撃!

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

ビーム・シールドは肘の赤いパーツを引き出し、先端パーツの間にエフェクトパーツを挟み込むようにして再現します。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

セカンドV、ビーム・シールドを展開!

シールドのエフェクトパーツは1つしか付属しませんが、左右どちらの腕にも装備可能です。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

アクション!

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

背部ウエポン・プラットフォームのジョイントパーツは細かく動き、

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

メガビーム・キャノンを前方へ展開する事ができます。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

メガ・ビーム・キャノンで攻撃!

設定的には長距離狙撃用のメガ粒子砲で、キット的には合わせ目が出ず色分けも良好です。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

カッケェ!

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

ビーム・サーベル抜刀!

サーベルはエフェクトパーツ・柄それぞれ2本付属します。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

二刀流で。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

Vガン系の特徴、扇状のビームエフェクトパーツは1つ付属します。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

よく動くのでポーズ付けが楽しいっす……!(>ω<)

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

メガビーム・キャノンは手に持たせる事もできます。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

そこそこ重みはあるものの、手首パーツが抜け落ちない構造になっているためストレスフリーに持たせる事ができます。ただ、強引に動かすと手の甲パーツが外れる事はあります。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフル+メガビーム・キャノンで。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

ミノフスキー・シールドの展開状態は、一部パーツを差し替えて再現します。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

こちらのシールドは、肘の赤いパーツに差し込む形で取り付けます。

シールド自体アップで見ても細かいディテールで再現されおり、本キット最大の売りといっても過言ではないと思います(>ω<)

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

セカンドV、ミノフスキー・シールドを装備!

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

めちゃめちゃかっこよくないかこれ……。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

ダブルシールドで。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

武器てんこ盛り状態でパシャリ。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像ですHGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

ゾロアットを破壊するセカンドV!

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】1/144 ゾロアット レビュー【旧キット】

 

HGUC Vガンダムとの比較

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

HGUC Vガンダム(左)と全身を比較。

似ている部分も多いですが、外装はほとんどが新規造形になっていたりします。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

頭部を比較。左右のダクトが開口されているほか、アンテナ以外新規造形です。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

上半身を比較。肩・腕周りの変化具合いが一番わかりやすいですね。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

下半身を比較。Vガンダムでは↑枠がロール回転しましたが、セカンドVでは回転しなくなりました。デザイン都合だと思いますが、地味に可動域が落ちていたりします。(必要十分には動きます)

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

背部を比較。やはりミノフスキー・ドライブ・ユニットとウエポン・プラットフォーム、武装類の変化がでかいですね。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGUC Vダッシュガンダム レビュー

 

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

1/144スケールのVガン系ガンプラ勢揃いでディスプレイ。

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

Vガンのプラモは最高です……。

>>Vガンダム系レビューを見る

 

HGUCセカンドVのガンプラレビュー画像です

HGUC セカンドVの感想

ということでHGUCセカンドVのご紹介でした。

 

HGUC Vガンダムから変化している箇所が多く、ほぼ新規キットといっても過言ではないためプレバン品の中でも特にオススメだと思います。

KPSでできた背部ウエポン・プラットフォームの出来が良く、武装がポロリしないうえ「手首パーツが良くも悪くも外れない構造」をしており、ストレスフリーにポーズ付けできるのも売りといったところ。

個人的に一番のオススメポイントはミノフスキー・シールドです。かなり個性的なデザインで立体化されているので、Vガンファンにはオススメです!

 

以上、「HGUC セカンドV」のガンプラレビューでした!

icon

HG 1/144 セカンドV
BANDAI
1/144スケール組み立て式プラモデル

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る