スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
iconiconicon

【ガンプラ】HG ユニオンフラッグ レビュー

HGユニオンフラッグのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG ユニオンフラッグ」のガンプラレビューです。

HGユニオンフラッグのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム00(ダブルオー)に登場し、グラハム・エーカー等が搭乗したユニオンフラッグをご紹介。

2007年発売。

飛行形態へ変形可能なガンプラに仕上がっています。

それでは早速レビューいってみます!

HG ユニオンフラッグ

HGユニオンフラッグのガンプラレビュー画像です

という事で早速完成したフラッグがこちら。

今回は色の足りない部分と黒いパーツだけ塗装して仕上げてあります。

※ライトブルーはそのまま

HGユニオンフラッグのガンプラレビュー画像です

各関節はABS樹脂による接続方式で、ポリキャップレス構造になっています。

パーツ数がかなり少ないので、部分塗装したとはいえソッコーで組み上がりました。

HGユニオンフラッグのガンプラレビュー画像です

かなり細身のシルエットで、プラモ自体かなり軽いです。

ダクト内の黒は色分けされていないので、狭いスペースにも塗れるスミ入れペンのコピックモデラー ブラックを使ってチャチャッと塗装。

HGユニオンフラッグのガンプラレビュー画像です

フラッグといえばグラハムカスタムやオーバーフラッグのイメージが強いですが、この弱そうなユニコンフラッグが一番好きだったりします……(*´ェ`*)

HGユニオンフラッグのガンプラレビュー画像です

劇中再現度が高いプロポーションで立体化されていますね。

HGユニオンフラッグの可動域のガンプラレビュー画像です

まず可動域から。

変形ギミックの恩恵で、上半身が前後に可動します。

HGユニオンフラッグの可動域のガンプラレビュー画像です

腕はそこまで上がりませんが、特殊な構造をしているため開脚範囲がとんでもなく広いです。

HGユニオンフラッグの可動域のガンプラレビュー画像です

デザイン的に膝立ちは出来ませんが、膝もある程度曲がり前後方向の可動域が広いです。

HGユニオンフラッグの上半身の回転のガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転しますが、腰部ウィングが腕に干渉するためどかしながら動かせばOKといった感じ。

HGユニオンフラッグの頭部のガンプラレビュー画像です

顔はクリアオレンジのパーツが使用されています。

奥にシルバーのシールを貼り、その上にクリアパーツをかぶせる構造。

光が反射して光って見えるのがかっこいいです。

HGユニオンフラッグの上半身のガンプラレビュー画像です

上半身。

「肩のダクト内部」「腰部周辺のダクト内部」「脚部の上部▲」は黒で塗装しました。

このフラッグ、低価格プラモで素組みだと情報量が少なくなる恐れがあります。

スミ入れペンでもいいので多少塗ってあげるのがオススメっす(*´ェ`*)

HGユニオンフラッグの後ろ姿のガンプラレビュー画像です

背部には合わせ目が出ます。

微妙に消えていないのでご確認くださいw

HGユニオンフラッグのウィング部分のガンプラレビュー画像です

ウィングは上下とも可動し、折りたたむことができます。

HGユニオンフラッグのポリキャップレスのガンプラレビュー画像です

フラッグ系共通の弱点ですが、ABSによるボールジョイント接続を採用しているため動かしていると外れやすくなってきます。

今回は凸側を瞬間接着剤で少し太らせました。

あまり動かしまくっているとヘタれるため、一度ポージングしたらあまり動かさない方がいいかもしれません。

HGユニオンフラッグの手のガンプラレビュー画像です

ハンドパーツの甲↑(グレー部分)は設定通り塗装しました。

HGユニオンフラッグの手の可動のガンプラレビュー画像です

手は基部で傾ける事ができます。

この構造が意外と良く、ポージングが映える要因になっています。

HGユニオンフラッグの足のガンプラレビュー画像です

スリッパが小さいため転倒しやすいですが、接地性は良好です。

スタンドは必須だと思います。

HGユニオンフラッグのガンプラレビュー画像です

下から。足裏には多少肉抜きがあります。

HGユニオンフラッグのガンプラレビュー画像です

股間下のカバーを外せばアクションベース用の穴が露出します。

HGユニオンフラッグのリニアライフルのガンプラレビュー画像です

リニアライフルを装備させてみます。

ここは左右分轄で合わせ目あり。(ここも微妙に消えてないのでわかりやすいかと思います……w)

小さな銃口部分とライフル上部のカバーパーツはグレーで要塗装になります。

HGユニオンフラッグのリニアライフルのガンプラレビュー画像です

そしてこのユニオンフラッグの弱点パート2ですが、ハンドパーツ穴が大きいせいでリニアライフルを持たせるとプラプラしてしまいます。

そしてライフルのグリップ部分を瞬着等で太らせてしまうと変形ギミック(胴体に差し込む)に差し支えるため、モヤモヤする箇所となっています(*´ェ`*)

という事で、装備させる時は↑のようにマスキングテープで太らせて対処しました。

HGユニオンフラッグのガンプラレビュー画像です

ジャキン!はみ出ているマステは脳内補正で見なかった事にするように……(*_*)

HGユニオンフラッグのガンプラレビュー画像です

リニアライフルを構えるユニオンフラッグ!

HGユニオンフラッグのガンプラレビュー画像です

やはり浮かせてディスプレイすると映えますね。

HGユニオンフラッグのディフェンスロッドのガンプラレビュー画像です

左手側面に装備しているディフェンスロッドは基部で360度ロール回転します。

※両側先端の白は要塗装で、裏側には肉抜きが多数あります

HGユニオンフラッグのガンプラレビュー画像です

弾をディフェンスロッドの回転でそらすっていう設定が激アツです……。

当たる角度によりぶっ壊れる可能性があるってのもリアルでカッコヨイ……(*´ェ`*)

HGユニオンフラッグのガンプラレビュー画像です

ガンダムに一瞬でやられそうなこの量産臭がタマリマセン(ヴァーチェあたりに消し炭にされそう)

HGユニオンフラッグのプラズマソードのガンプラレビュー画像です

武器はプラズマソードも付属しますが、ご覧のようにホワイト1色1パーツ成形のため刃先を青で塗装する必要があります。

HGユニオンフラッグのプラズマソードのガンプラレビュー画像です

プラズマソードを構えるフラッグ!

似合いますねぇ……。

HGユニオンフラッグのガンプラレビュー画像です

今回装甲のライトブルーは成形色のまま仕上げましたが、つや消しスプレーかけるとすごくかっこよくなるのでおすすめです。

HGユニオンフラッグの変形のガンプラレビュー画像です

それでは飛行形態に変形させてみます。

HGユニオンフラッグの変形のガンプラレビュー画像です HGユニオンフラッグの変形のガンプラレビュー画像です

ガチャン!

HGユニオンフラッグの変形のガンプラレビュー画像です

リニアライフルを前方に差し込み、飛行形態の完成。

(ここのせいで先述したリニアライフルのグリップ部分を太らせる加工はNGとなります)

色々な角度から見てみます。

HGユニオンフラッグの変形のガンプラレビュー画像ですHGユニオンフラッグの変形のガンプラレビュー画像ですHGユニオンフラッグの変形のガンプラレビュー画像です HGユニオンフラッグのガンプラレビュー画像です

すごいかっこいいっす……低価格プラモとは思えん。

HGユニオンフラッグのガンプラレビュー画像です

中途半端形態も再現できるぞ!

HGユニオンフラッグのガンプラレビュー画像です

グラハムスペシャル!

HGユニオンフラッグのガンプラレビュー画像です

カッケェ!

HGユニオンフラッグのガンプラレビュー画像です

HG ユニオンフラッグの感想

という事でHGユニオンフラッグのご紹介でした。

 

主な合わせ目は以下になります↓

HGユニオンフラッグの合わせ目部分のガンプラレビュー画像です

なんか消えてないので合わせ目部分をご確認いただくには絶好の作例と言えるのではないでしょうか(自虐

 

長所としてはパーツ数が少ないながら良プロポーションで可動域が広い点。

変形もできる上、素組みなら驚くほど早く組み上がります。

成形色もHGイナクトのように劇中色とまるで違う色ではないため、素組み派モデラーさんには嬉しい点かと思います。

 

弱点はリニアライフルの保持に難があるのと、関節がABSによるポリキャップレス構造で緩くなるディフェンスロッドの目立つ肉抜きなどそれなりにあります。

 

地味な部分ですが「ダクト内部」「銃口」「手の甲」など色分けされていない部分も多いので、部分塗装してあげれば情報量が増え驚くほどクオリティが上がるのでオススメです。

プラズマソードはホワイト1色成形でクリアパーツではありません。ご注意を。

 

弱点は多いですが安い上に良スタイルで簡単に組める点から個人的にはかなりオススメのガンプラの一つだと思いますぞ!

 

以上、「HG ユニオンフラッグ」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古 1/144 HG ユニオンフラッグ(量産型)』の在庫を見る