【ガンプラ】HG ユニオンフラッグ レビュー

HGユニオンフラッグのガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「HG ユニオンフラッグ」のガンプラレビューです。

スポンサーリンク

HG ユニオンフラッグ

HGユニオンフラッグのガンプラレビュー画像です

「機動戦士ガンダム00(ダブルオー)」に登場し、グラハム・エーカーや一般兵が搭乗した可変モビルスーツ、ユニオンフラッグ。

キットの方はダブルオー2番目のHGとして2007年に発売されました。

HGユニオンフラッグのガンプラレビュー画像です

ポリキャップレス構造で変形可能というガンプラになっています。

今回は色の足りない部分を塗装して組み立てました。※後述

HGユニオンフラッグのガンプラレビュー画像です

かなり細身のシルエットです。ダクト内の黒は色分けされていないので、いつも通り狭いスペースでも塗れるコピックモデラー ブラックを使ってチャチャッと塗装。

HGユニオンフラッグのガンプラレビュー画像です

フラッグといえばグラカスとかオーバーフラッグなイメージですが、この弱そうなユニコンフラッグが一番好きですw

HGユニオンフラッグのガンプラレビュー画像です

プロポーションの劇中再現度がかなり高いのではないでしょうか。

HGユニオンフラッグのガンプラレビュー画像です

下から。足裏に肉抜きあり。

HGユニオンフラッグのガンプラレビュー画像です

アクションベース用の穴はカバーも付属。使わない時は装着しておけます。

HGユニオンフラッグの可動域のガンプラレビュー画像です

変形機構の恩恵で腰が前後に可動。

HGユニオンフラッグの可動域のガンプラレビュー画像です

腕は水平まで上がりませんが、脚は180度まで開脚します。

HGユニオンフラッグの可動域のガンプラレビュー画像です

結構動く感じですね。

HGユニオンフラッグの腰回転のガンプラレビュー画像です

ウィングが腕に干渉しますが、腰自体は回転します。

HGユニオンフラッグの頭部のガンプラレビュー画像です

頭部アップ。シルバーのシールにクリアパーツをかぶせる形なので反射で光って見えます。

HGユニオンフラッグの上半身のガンプラレビュー画像です

上半身。肩のダクト内や股間部分のダクト、脚の上部▲部分も黒で塗装しました。

HGユニオンフラッグの後ろ姿のガンプラレビュー画像です

微妙に消えてない合わせ目w真ん中でパーツ分割されています。

HGユニオンフラッグのウィング部分のガンプラレビュー画像です

ウィングは上下とも可動。

HGユニオンフラッグの足のガンプラレビュー画像です

接地面が少ないですが本体が軽いので設置性はそこそこ。内側外側に少し傾きます。

HGユニオンフラッグのポリキャップレスのガンプラレビュー画像です

肩の付け根はポリキャップレスになっているので外れやすいです。

今回は凸側を瞬間接着剤で少し太らせました。

HGユニオンフラッグの手のガンプラレビュー画像です

手の甲グレー部分は要塗装です。

HGユニオンフラッグの手の可動のガンプラレビュー画像です

手首は地味に可動します。

HGユニオンフラッグのリニアライフルのガンプラレビュー画像です

リニアライフルは合わせ目あり。微妙に消えてないのでご確認くださいw

ライフル上部カバー、小さな銃口部分はグレーで要塗装です。

HGユニオンフラッグのリニアライフルのガンプラレビュー画像です

このHGユニオンフラッグの弱点ですが、手の穴が大きいせいかリニアライフルを持たせると緩さでプラプラします。

ライフルのグリップ部分は後述の変形で胴体に差し込むため、太らせると変形できなくなるのでマスキングテープで太らせました…w

HGユニオンフラッグのガンプラレビュー画像です

ジャキン!マスキングテープは脳内補正で気にしないでくださいw

HGユニオンフラッグのガンプラレビュー画像です

リニアライフルを構えるユニオンフラッグ(量産型)くん。

HGユニオンフラッグのガンプラレビュー画像です

浮かせた状態が似合いますね。

HGユニオンフラッグのディフェンスロッドのガンプラレビュー画像です

ディフェンスロッドはロール回転します。

両側先端の白は要塗装。裏側には地味に肉抜きがありますがあまり目立たないです。

HGユニオンフラッグのガンプラレビュー画像です

弾をディフェンスロッドの回転でそらすって、ガンダム世界の武装ではなかったですよね。

カッコイイっす……。

HGユニオンフラッグのガンプラレビュー画像です HGユニオンフラッグのガンプラレビュー画像です

くぅぅ……ガンダムに一瞬でやられそうなこの量産臭がタマリマセン(ヴァーチェあたりに消し炭にされそうw)

HGユニオンフラッグのプラズマソードのガンプラレビュー画像です

武器はプラズマソードも付属します。

ホワイト1色成形なので刃先を青で塗装する必要アリ。

HGユニオンフラッグのプラズマソードのガンプラレビュー画像です

フラッグはプラズマソードが似合うよね……グラカスがスローネを圧倒したシーンでも大活躍してたし。

HGユニオンフラッグのガンプラレビュー画像です

このユニオンフラッグ、何がいいってこの薄いブルーの成形色が凄いイイです。

つや消しするだけでショボさが無くなるので、つや消しオススメっす。

HGユニオンフラッグの変形のガンプラレビュー画像です

それでは飛行形態に変形させてみます。

HGユニオンフラッグの変形のガンプラレビュー画像です HGユニオンフラッグの変形のガンプラレビュー画像です

上から見るとトンボみたいです。

HGユニオンフラッグの変形のガンプラレビュー画像です

リニアライフルを前方に差し込みます。(ここのせいでグリップ部分を太らせる加工はNGとなります)

HGユニオンフラッグの変形のガンプラレビュー画像です

前から。

HGユニオンフラッグの変形のガンプラレビュー画像です

いやはや……

HGユニオンフラッグの変形のガンプラレビュー画像です HGユニオンフラッグのガンプラレビュー画像です

すごいかっこいいです……

HGユニオンフラッグのガンプラレビュー画像です

中途半端形態。

HGユニオンフラッグのガンプラレビュー画像です

グラハムスペシャル!

HGユニオンフラッグのガンプラレビュー画像です

このガンプラすごい小さくて細いのに完成した時の満足感は半端ないっす。

HGユニオンフラッグのガンプラレビュー画像です

HG ユニオンフラッグの感想

という事でHGユニオンフラッグのご紹介でした。

 

ポリキャップレス仕様でパーツ数が少なく、素組みなら驚くほど早く完成します。そして変形までできるのが素晴らしい。

台座は付属しませんがプラズマソードは付属。ただクリアパーツではなく白1色成形なので要塗装です。

 

弱点としてはリニアライフルの保持に難があるのと、肉抜きがそこそこある点。肉抜きはディフェンスロッド裏と足裏小範囲なので目立ちにくい場所ではあります。

 

地味な部分ですが「ダクト内部」「銃口」「手の甲」など色分けされていない部分が多いので、可能なら部分塗装してあげれば情報量が増え驚くほどクオリティが上がるのでオススメです。

 

ちなみに、主な合わせ目は以下になります↓

HGユニオンフラッグの合わせ目部分のガンプラレビュー画像です

なんか消えてないので合わせ目部分をご確認いただくには絶好の作例と言えるのではないでしょうかw

 

ポリキャップレス構造でABSが使用されているキット。他のガンプラだと「HGノーベルガンダム」や「HGマックナイフ」と同じような感じですね。

 

総評としては「プロポーションが良好で変形する上、組みやすい」「ライフル保持力に難あり」「色が足りない部分が多いので部分塗装がオススメ」といった感じ。

弱点はありますが個人的にはかなりオススメのガンプラの一つです。結構前に作ったのですが未だに目立つところにディスプレイしてます。

 

ほぼ素組みでつや消ししただけで写真のようなユニオンフラッグが完成するので、楽に作れて面白かった。

ちなみにクッソ安いw

以上、「HG ユニオンフラッグ」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古 1/144 HG ユニオンフラッグ(量産型)』の在庫を見る