icon
iconicon
icon
icon

【ガンプラ】HG マスラオ レビュー

HGマスラオのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGマスラオ」のガンプラレビューです。

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム00ダブルオーに登場し、ミスター・ブシドーが搭乗するマスラオをご紹介。

2009年発売。

HGスサノオのランナーを流用し、マスラオの新規造形パーツを足した内容になっています。

という事で、HGマスラオをレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HG マスラオ

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

フラッグを設計ベースとした、疑似太陽炉搭載機である試作機マスラオ。

型式番号が「GNX-U02X」という事で、グラハム専用ユニオンフラッグカスタムII(GNフラッグ)の次の機体である事を示しています。

設定の順番は逆になりますが、ガンプラ的にはHGスサノオのランナーを使用したリデコキットになっています。

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

解説書にはミスター・ブシドーさんが記載。

免許を持つ者「ライセンサー」であり、「ワンマンアーミー」でもあるという中二設定盛り盛りの男だぞ!(*´ェ`*)

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

ホイルシールの量は少なく、襟前部と胸部を補うものしか付属しません。

元の設定色がシンプルという事もあり、色分けは非常に優秀なガンプラに仕上がっています。

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「GNショートビームサーベル『ダリル』」「GNロングビームサーベル『ハワード』」「ビームチャクラム」「簡易スタンド(+支柱パーツ)」「HGスサノオの余剰パーツ」

刀の名前がダリルとハワードってところが熱いよね……w

今回写真では使っていませんが、簡易スタンドが付属するのも特徴です。

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

そして多彩な手首パーツが付属します。

※「右の握り手」「左右の武器持ち手」「左右の表情付き平手パーツ」

平手パーツは地味に、左右で違う形をしています。

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGマスラオがこちら。

ツノや胸部パーツ、肩の装甲などが新規造形になっています。

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

このマスラオ、作りがかなり特殊で肩まわりや足首の構造が一般的なガンプラとは大きく異なっています。

作っていて、かなり新鮮な組み心地を味わえましたw

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

接地性が良く、バランス感覚に優れており自立性が高いです。

それでは各部細かく見ていきます!

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

可動域は広く、手脚を大きく広げる事ができます。

ただ、いきなり弱点になりますが動かしていると脚の付け根が結構抜けやすいです。

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

膝は90度強曲がり、キレイに膝立ちする事ができます。

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

腰回りに邪魔するパーツが無く、上半身も360度回転します。

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

めちゃめちゃ特徴的な頭部から。ツノがマスラオ独特の形をしています。

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込み式で、側面と頭頂部に合わせ目が出ます。

ただこのマスラオ、全ての合わせ目が黒い装甲部分に出るのであまり目立たない作りをしていますw

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

頭部アップで。ツノは前後に可動します。

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

新規造形の胸部。襟前部と下部の赤い部分のみシールで色を補います。

胴体側面には合わせ目が出ます。

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

お腹のフレームは前後に可動。

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

スサノオでは青かったパワーケーブルは黒に変更。形状記憶力のあるリード線で再現されています。

設定的には「追加武装にパワーを送る時に接続して使用される装備」だったりします。アヘッドサキガケでも採用されていました。

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

背中にはユニオンのマークを模したカバーアーマーを装備。色分けも完璧です。

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

肩はブロック構造になっていて、前後に傾きます。

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

肩をばらしてみた図。肩の基部が珍しい構造になっています。

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

肩には小型GNフィールド発生器(突起部分)が造形されています。

また、肩アーマー自体はボールジョイント接続で可動します。

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

腕は肩内部の球体と前腕部後ろに合わせ目が出ます。

ちなみに、肘にも小型GNフィールド発生器が造形されています。

マスラオはシールドを装備しないため、この部分でGNフィールドを展開させるとの事です。(サブスラスターとしての機能も搭載)

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

肘関節は90度以上曲がります。

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

肩・腕まわりの可動範囲が広く、キレイに腕を組む事ができます(*´ェ`*)

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

劇中ポーズを再現。これは再現度が高いぞ……!(>ω<)

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

腰のサイドスラスターは脚の付け根とのボールジョイント接続です。

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

腰回りをアップで。脚の基部(青枠)が可動し、

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

このようにサイドスラスターを前後に移動させる事ができます。

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

脚部の色分けも非常に優秀で、関節パーツに合わせ目が出ません。

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

合わせ目はモモ側面とふくらはぎに出ます。ご覧のように、あまり目立ちません。

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

足首パーツは非常に独特な作りをしていて、各部細かく可動します。

特に左右方向への可動域に優れているため、

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

ここまで開脚しても接地します。ここはすばらしいぞ……!(>ω<;)

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

足裏に肉抜きは無く、モールドも刻まれています。股下にはアクションベース用の3mmジョイント穴あり。

見れば見るほど良く出来てるガンプラだな……。

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

サイドスラスター裏側には「GNロングビームサーベル『ハワード』」と「GNショートビームサーベル『ダリル』」をマウントできます。

手持ち武器はサーベル2本と、男らしい内容になっていますw

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

GNロングビームサーベル『ダリル』を構えるマスラオ!

ビームエフェクトパーツはクリアオレンジのものが2本付属し、ロング・ショートとそれぞれ長さが違います。

ダブルオーのキットってエフェクトパーツが無色のものがありますが、ちゃんとクリアオレンジで再現されているのがポイント高しです(*´ェ`*)

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

表情付き平手パーツがいい味出してますね。

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

斬りかかるマスラオ!

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

両手で持たせる事もできます。

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

カッケェ!

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

それではGNショートビームサーベルも持たせ(右手)、二刀流でアクションポーズいってみます。

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

ジャキッ……!

HGマスラオのガンプラレビュー画像です HGマスラオのガンプラレビュー画像です

ダリルとハワードで襲いかかるマスラオ!

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

やば、後ろから見てもめちゃめちゃかっこいい(*_*)

パワーケーブルのおかげでポーズに躍動感が出ますね。

HGマスラオのガンプラレビュー画像です HGマスラオのガンプラレビュー画像です HGマスラオのガンプラレビュー画像です HGマスラオのガンプラレビュー画像です

ビームチャクラムはツノの間に挟み込んで再現します。

こちらは1パーツ成形で無色のクリアパーツになっています。

HGマスラオのガンプラレビュー画像です HGマスラオのガンプラレビュー画像です

かっこいいわ……(涙

HGマスラオのガンプラレビュー画像です

「デスクトップに仮面が集う!」のミスター・ブシドーとパシャリ。

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

 

HG マスラオの感想

ということでHGマスラオのご紹介でした。

 

弱点は動かしていると脚が外れやすいぐらいで、その他は色分け・可動域ともに非常に優秀なガンプラに仕上がっていると思います。

サイドスラスターの取り付け方法がHGスサノオから進化しており、設定画に近い姿で再現されているためHGスサノオとどちらかで迷うようならマスラオの方がオススメといった感じです!

単にHGスサノオに新規パーツを足しただけではなく、改良してくるあたりにバンダイの熱意を感じました(*´ェ`*)

 

以上、「HG マスラオ」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る