スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG ゼダス レビュー

HGゼダスのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGゼダス」のガンプラレビューです。

HGゼダスのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムAGEに登場し、デシル・ガレットが搭乗するゼダスをご紹介。

2011年発売。

ヘッドパーツのカメラアイセンサー部と胸部は、クリアパーツとホイルシールで再現されています。

飛行形態にも変形可能

という事でHGゼダスをレビューしていきたいと思います!

HG ゼダス

HGゼダスのガンプラレビュー画像です

UE(ヴェイガン)の戦闘用モビルスーツ、ゼダスさん。

Xラウンダー専用機として開発された機体で、ガフランと同様に飛行形態へ変形可能な内容になっています。

HGゼダスのガンプラレビュー画像です

ホイルシールの量は少なく、瞳部分や無色クリアパーツの下に貼る「レッド」「グリーン」部分のシールが付属します。

HGゼダスのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGゼダスがこちら。

ネービーブルーとブラウンを基調とした渋い成形色でまとめられており、ガフランより強化されたようなデザイン・シルエットが特徴的です。

HGゼダスのガンプラレビュー画像です

見た目もそうですが、劇中の立ち位置からして邪悪な印象を受けるぞ……(*´ェ`*)

ちなみに後に発売されたHGゼダスRは本キットのリデコキットなのですが、成形色以外まったく同じ内容になっています。

という事で、塗装派モデラーさんはHGゼダスRが高かったらこちらを購入するのもアリだと思いますぞ。

HGゼダスのガンプラレビュー画像です

お尻のゼダスソードが接地するため自立性は高いですが、ご覧のように足首パーツの接地性は低いです。

それでは各部細かく見ていきます!

HGゼダスのガンプラレビュー画像です

可動域から。手足ともにボールジョイント接続になっており、腕は大きく広がるものの開脚範囲はそこまで広くありません。

HGゼダスのガンプラレビュー画像です

手足の関節は90度ほど曲がり、キレイにヒザ立ち可能です。

HGゼダスのガンプラレビュー画像です

腰はここまでひねる事ができます。

開脚範囲以外は、広めの可動域といったところ。

HGゼダスのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。ガフランによく似た頭部ですが、左右のパーツ(ブラウン部分)は非可動となりました。

HGゼダスのガンプラレビュー画像です

横、後ろから。ブラウンのパーツは左右はめ込み式で、後頭部に合わせ目が出ます。

HGゼダスのガンプラレビュー画像です

カメラアイセンサー部分をアップで。

グリーン部分は、光沢感のあるホイルシールで色を補います。

HGゼダスのガンプラレビュー画像です

胴体は上下はめ込み式で、胸部の前後左右に合わせ目が出ます。

が、山部分の先端にくるためそこまで目立ちません。モールド扱いにしてしまってもOKかもしれません。

HGゼダスのガンプラレビュー画像です

胴体は、一部無色のクリアパーツが使用されています。(奥にシールを貼る仕様)

HGゼダスのガンプラレビュー画像です

バックパックは胴体と同様に上下はめ込み式で、合わせ目が出ます。

HGゼダスのガンプラレビュー画像です

羽まわりの構造はガフランと同じで、広がります。

HGゼダスのガンプラレビュー画像です

後ろから。腰部や、ウイング基部の球体には合わせ目が出ます。

HGゼダスのガンプラレビュー画像です

お尻のゼダスソードは着脱可能です。

ガッチリと接続されるため、ポロリの心配はありません。

HGゼダスのガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーは前後はめ込み式で、上部と側面に合わせ目が出ます。

肩はボールジョイント接続により、前後に可動します。

HGゼダスのガンプラレビュー画像です

腕は「二の腕」「関節フレーム」「前腕部」に合わせ目が出ます。

HGゼダスのガンプラレビュー画像です

手首パーツは「平手(ビームバルカン露出状態)」「握り手」が、左右分付属します。

ビームバルカンの砲口は開口されており、ある程度動かす事ができます。

HGゼダスのガンプラレビュー画像です

腰部は左右はめ込み式で、前後の中央に合わせ目が出ます。

面白い位置にスタンド穴が空いていて、アクションベースなどの3mm軸スタンドに対応しています。

HGゼダスのガンプラレビュー画像です

脚部の合わせ目はかなり多いです。

「モモ側面」「関節フレーム」「スネ」「ふくらはぎ」「足首パーツ前後」に合わせ目が出ます。

HGゼダスのガンプラレビュー画像です

足を曲げた際に露出する関節フレームにも、合わせ目あり。

足裏に肉抜きはありませんが、ど真ん中に合わせ目が出ます。

ズバリ、本キットの弱点は「手足の合わせ目の多さ」だと思います。

HGゼダスのガンプラレビュー画像です

「機体を壊すなって?誰に言ってんのさ」

ゼダス、出撃!

HGゼダスのガンプラレビュー画像です

それでは武装やギミックを見つつ、アクションポーズいってみます!

HGゼダスのガンプラレビュー画像です

ビームバルカンで攻撃するデシル!

HGゼダスのガンプラレビュー画像です HGゼダスのガンプラレビュー画像です

「さぁ、遊ぼう!思う存分!」

HGゼダスのガンプラレビュー画像です

ヴェイガンの機体らしく、人体的な動きをつけられるのがいいですね。

HGゼダスのガンプラレビュー画像です

「そんなに終わらせたいなら…終わらせてあげるよ!」

HGゼダスのガンプラレビュー画像です

本キットにビーム刃のエフェクトパーツは付属しませんが、他から合うタイプのものを持ってくればビームサーベルが再現できます。

※ビームバルカンの砲口に差し込んで再現

HGゼダスのガンプラレビュー画像です

ゼダス、ビームサーベルを展開!

HGゼダスのガンプラレビュー画像です

アクション!

HGゼダスのガンプラレビュー画像です HGゼダスのガンプラレビュー画像です HGゼダスのガンプラレビュー画像です

お尻のゼダスソードは外して、手に持たせる事ができます。

こちらはビームバルカン自体の銃身にかぶせるようにして取り付けます。

HGゼダスのガンプラレビュー画像です

ジャキッ……。

HGゼダスのガンプラレビュー画像です HGゼダスのガンプラレビュー画像です

それでは飛行形態に変形させてみます。

変形は至ってシンプルで、腕を曲げてウイングを広げたあと

HGゼダスのガンプラレビュー画像です

脚部まわりを動かせば完了です。

HGゼダスのガンプラレビュー画像です

飛行形態でパシャリ。

この状態でも3mmスタンドに対応します。

HGゼダスのガンプラレビュー画像です HGゼダスのガンプラレビュー画像です HGゼダスとゼダスRの違い・比較ガンプラレビュー画像です

本キットのリデコキットである、HGゼダスRと比較。

違いは色だけで、典型的なカラバリキットとなります。

HGゼダスとゼダスRの違い・比較ガンプラレビュー画像です HGゼダスとゼダスRの違い・比較ガンプラレビュー画像です HGゼダスのガンプラレビュー画像です

「このオモチャ、もういらな~い」

HG ゼダスの感想

ということでHGゼダスのご紹介でした。

 

注意点としては、手足の合わせ目の量が多い点です。HGガフランもそうでしたが、「全部の合わせ目絶対に消すマン」は処理するところが多いのでご注意を!(>ω<)

その他は変なポロリや目立つ肉抜きもなく、堅実にできたAGEクオリティのガンプラに仕上がっていると思います。

ビームサーベルの刃をつけて欲しかったというのが本音ですが、お値段安めなHGという事で減点無し方向で。

前述したとおり、ゼダスRとは色が違うだけなのでHGゼダスRが手に入らなかったらこちらをチョイスして塗ってしまうのも手だよ!

 

以上、「HG ゼダス」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る