スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
icon
icon
icon
icon

スポンサーリンク

【ガンプラ】HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.) レビュー

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGUCゾゴック(ユニコーンVer.)」のガンプラレビューです。

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムUCに登場した、ユニコーンバージョンのHGゾゴックをご紹介。

2013年発売。

モノアイカバーにクリアパーツが使われ、モノアイ自体はボールジョイント接続により自由に可動します。

また、差し替えによりアームユニットを延長する事も可能です。

という事で、HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)をレビューしていきたいと思います!

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

ゾゴック(ユニコーン仕様)さんのボックスアート。

上陸するジオン水泳部の面々が描かれているぞ……!w

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

本体の色分けはすこぶる良好で、付属するホイルシールは「モノアイ」「手首付近」「シュツルム・ファウスト」を補うもののみとなります。

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ヒート・ソード」「クリアパーツのヒート・ソード刀身」「シュツルム・ファウスト×2(+マウントラッチ)」「延長用アームユニット×2」「手首パーツ×4(左右の握り手・武器持ち手)」

UC仕様という事で、宇宙世紀0096年にトリントン基地を襲撃した武装一式+αが付属する内容となります。

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

そして完成したHGUCゾゴック(ユニコーンVer.)がこちら。

2013年製という事で再現度の高いプロポーションで立体化されており、モノアイ周辺のカバーにはクリアパーツが使われており非常に見栄えのいいガンプラに仕上がっています……(*´ェ`*)

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

これ以上ゾゴックに何を求めるんだというクオリティではなかろうかw

成形色のオレンジは深みのある色で再現されています。

また、ABSレスキットとなっており、塗装派モデラーさんにも嬉しい仕様となっています。

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

それでは各部細かく見ていきます!

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

可動域から。手脚は水平まで広がります。

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

各関節も必要十分に曲がり、キレイに膝立ちする事ができますが上半身は回転しません。(デザイン的に仕方ない?w)

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

ゾゴックの特徴の一つ、ブーメラン・カッターがこちら。

胴体は前後はめ込み式になっており、オレンジパーツの上部に合わせ目が出ます。

ブーメラン・カッターは10本付属し、

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

全て着脱可能となっています。

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

モノアイ部分をアップで。中央のカバーパーツと左右の△部にはクリアパーツが使われています。

また、装甲をはめると見えなくなる部分にもモールドが刻まれていたりします。(写真下)

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

クリアパーツは上部分を押すと簡単に外す事ができ、モノアイを好きな位置に持っていく事ができます。

モノアイのレッド部はホイルシール、基部はボールジョイント接続となります。

とにかくカバーが外しやすく、容易にモノアイを動かす事ができるのがポイント高しです。

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

胴体側面と腰部側面には合わせ目が出ます。

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

バックパックは合わせ目が出ないパーツ構造です。

ただ、下部のスラスター内はイエローで要塗装となります。

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

腕は手首まわりに合わせ目が出ます。

前腕部は段落ちモールド化されており、白いラインはシールで補います。

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

独特の手首パーツですが、親指に大きな肉抜きが出ます。

ここは非常に残念!(>ω<;)

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

腕関節はこんな感じでグニャリと曲がります。

設定的にズゴックの派生機という事で、なんとなくズゴックの雰囲気が感じられる部分になっています(*´ェ`*)

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

マウントラッチを介し、腰部後ろにシュツルム・ファウスト2本を装着する事ができます。

腰パーツは前後はめ込み式で、側面に合わせ目アリ。お尻のスラスター内部はイエローで要塗装となります。

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

脚部は基本的に段落ちモールド化されており、前から見ると合わせ目が見えませんが

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

付け根の球体と関節パーツ側面のみ合わせ目が出ます。

ホワイト・グレー部など色分けは優秀です。

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

股下のスラスターを外すと、アクションベース用の3mmジョイント穴が露出するという一風変わった構造をしています。

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

足裏は他の水陸両用MSと同様、水中航行用のスクリュー式推進装置になっています。

肉抜きはありません。

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

ヒート・ソードを構えるゾゴック!

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

襲いかかるゾゴック!!

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

モノアイの可動範囲が広く、敵を睨みつけるような面白いポージングが可能です(*´ェ`*)

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

ブーメラン・カッター射出!!!

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

仕様なのかはわかりませんが、一応3mmスタンドに対応していました。

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

武器持ち手は左手分も付属します。

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

そしてヒート・ソードはクリアパーツの刀身も付属します。(選択式)

ただ↑写真下のように、ガード部分もクリアになるためこちらを選択する場合は要塗装となります。

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

クリアバージョンもかっこいいですね。

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

刀身はクリアレッドなどで要塗装となります。

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

シュツルム・ファウストを装備させてみます。

↑のように、マウントラッチから引き抜きます。

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

ズズゥン……。シュツルム・ファウストを装備するゾゴックさん。

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

射出!

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

両手に危険物を握りしめるゾゴックさん。

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

↑シュツルム・ファウストを両手でぶっぱなす図。

上半身はまわせませんが、モノアイ可動で色々な表情をつける事ができますね。

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

シュツルム・ファウスト+ヒート・ソードで。

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

アームユニットを延長させてみます。

↑枠内のアームを手首パーツと前腕部の間に取り付けるだけでOKです。

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

アーム・パンチを繰り出すゾゴック!

組み立て書の解説が面白く、「前腕部の機構上、アームユニットの伸縮範囲は限られているはずだが、一説には20m以上も伸びたという資料が存在するようだ」との事ですw

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

パンチ!

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

アームは2つ付属します。両手を延長させたり

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

片腕だけ伸ばしたりする事もできます。

それでは劇中再現いってみます!

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

いきなり後ろからジムIIを口刺しにするゾゴック!!

↑劇中でもいきなり後ろから出てきてビビった思い出w

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

ビコォン……

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

↑アップで撮り過ぎた(*ノェノ)

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

HGUCジムIIと大きさ比較。

HGUCのジムIIはZガンダム版というより、ユニコーン登場時に近いプロポーションで立体化されています。

【ガンプラ】HGUC ジムII レビュー

 

トリントン基地を襲撃したジオン残党軍のガンプラ画像です

トリントン基地を襲撃したジオン残党軍のガンプラでディスプレイ。

トリントン基地を襲撃したジオン残党軍のガンプラ画像です

【ガンプラ】HGUC ゼー・ズール レビュー
【ガンプラ】HGUC マラサイ(ユニコーンVer.) レビュー
【ガンプラ】HGUC ザク・マリナー レビュー

 

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

ギロリ……。

HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)の感想

ということでHGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)のご紹介でした。

 

色が足りない箇所は「スラスター内部」「ヒート・ソードの赤熱化された刀身」程度で、色分けが非常に優秀なガンプラに仕上がっています。

合わせ目は胴体はじめ手首付近、下半身一部+武器に出る感じです。

長所は再現度高過ぎなプロポーションと、ディテールが細かく全て着脱可能なブーメラン・カッター、それにモノアイ周辺の作り込みだと思います。このあたりはほんと良く出来てます。

親指の大きな肉抜きは残念ですが、それ以外は手堅く作られているゆるキャラゾゴックといった感じで満足度は高いと思いますぞ。

 

以上、「HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.)」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る