iconicon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】1/100 ガンタンクR-44 レビュー【旧キット】

1/100 ガンタンクR-44のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「1/100 ガンタンクR44」のガンプラレビューです。

1/100 ガンタンクR-44のガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムF91に登場し、ロイ・ユングが搭乗するガンタンクR-44をご紹介。

1991年に発売された、1/100スケールの旧キットになります。

手首パーツの差し替えによりタンクフォーム(戦車形態)へ変形可能です。

という事で、1/100ガンタンクR44をレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

1/100 ガンタンクR-44

1/100 ガンタンクR-44のガンプラレビュー画像です

ガンタンクR-44とは

・正式採用されなかった連邦軍の機体をロイ・ユングが個人的に改修を加えたMS

・R-44は正式番号ではなく、ロイの名前の頭文字である「R」44歳の時に入手したという意味

ガンプラって、こういう組み立て書の解説読むだけでも面白いよね……。

1/100 ガンタンクR-44のガンプラレビュー画像です

↑ボックスを横から。設定の頭頂高からして10.3mの小型MSという事で、1/100スケールのガンプラながら小さめのボックスになっています。

1/100 ガンタンクR-44のガンプラレビュー画像です

組み立て書の表がカラーになっていて、ガンタンクR-44の解説がビッシリと記載されています。

1/100 ガンタンクR-44のガンプラレビュー画像です

連邦軍の元将軍ロイ・ユングさんのイラストや、他のMSと並べた時の対比図も描かれているぞ!

1/100 ガンタンクR-44のガンプラレビュー画像です

シールに加え、水転写デカールも付属します。

このガンタンクR-44、定価だとかなり安いガンプラなのですが、水転写デカールが付属するというのがタマランですね。

旧キットってたまにこういうのあるからワクワクします。

1/100 ガンタンクR-44のガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「タンクフォーム時に差し替える手首パーツ(フィンガーランチャー)左右分」「ミサイル×2(+ミサイル運ぶ台車)」「200mm徹甲弾×3」

手首パーツの他は、変わったオマケ品がついてくる感じです。

1/100 ガンタンクR-44のガンプラレビュー画像です

そして完成した1/100ガンタンクR-44がこちら。

旧キットではありますが接着剤不要のスナップフィット式が採用されており、素組みでサクッと組めたりします。

ただ、パーツに隙間ができたりする部分もあるのでこだわり派モデラーさんは合わせ目消し推奨キットといったところです。

1/100 ガンタンクR-44のガンプラレビュー画像です

ご覧の通り、同シリーズの中でも劇中再現度は非常に高いです。

色の足りない箇所はチラホラありますが、時代を考えると色分けはかなり優秀ではないでしょうか。

1/100 ガンタンクR-44のガンプラレビュー画像です

履帯ユニットには軟質素材が使われています。

それでは細かく見ていきます!

1/100 ガンタンクR-44のガンプラレビュー画像です

可動域は狭く、手足は↑ぐらいまでしか広がりません。

また、胴体と腰が繋がっていて腰をひねる事も不可です。

1/100 ガンタンクR-44のガンプラレビュー画像です

肘関節は90度曲がりますが、ヒザ関節はほとんど曲がらず。

このあたりはさすがに1991年製の旧キットといった感じですね。関節パーツはポリ製です。

1/100 ガンタンクR-44のガンプラレビュー画像です

頭部は左右はめ込み式で、ど真ん中に合わせ目が出ます。

※今回旧キットという事で、画像での解説は省略させていただきます

ただ、頭部センサーにはクリアグリーンのパーツが使われていて見た目が豪華です。設定的には「目にあたる部分にジェガンタイプの内蔵部品が使用されている」との事です。

1/100 ガンタンクR-44のガンプラレビュー画像です

胴体は基本ブルー・レッドと2色しか色分けされていないため、「黄色いダクト部分」「白い腰部分」はシールで色を補います。

1/100 ガンタンクR-44のガンプラレビュー画像です

肩は軸接続ですが、内部のポリキャップが多少前後に傾くため肩を前後に動かすことができます。

1/100 ガンタンクR-44のガンプラレビュー画像です

背部の色分けは甘く、白い部分はブルーで、スラスター内部はイエローで要塗装です。

左右の小さなスラスターは赤いパーツになってしまっているため、この辺りも要塗装といったところ。

1/100 ガンタンクR-44のガンプラレビュー画像です

200mmキャノンはシンプルなモナカ構造ですが、

1/100 ガンタンクR-44のガンプラレビュー画像です

上下にある程度動きます。

1/100 ガンタンクR-44のガンプラレビュー画像です

腕は手首付近のブルー部分がシール。

4連ミサイルポッドは着脱可能です。ミサイルポッド自体の色分けは忠実で、塗り分けるとすればミサイルとその周辺をグレーで塗るだけでOKです。

1/100 ガンタンクR-44のガンプラレビュー画像です

フロントアーマーは独立可動します。

1/100 ガンタンクR-44のガンプラレビュー画像です

脚部をアップで。一部イエローで要塗装ですが、意外と色分けは良好です。

1/100 ガンタンクR-44のガンプラレビュー画像です

履帯ユニットの作りが面白く、軟質素材のベルトを巻きつけるようにして組み立てます。

中々細かいディテールですね。

1/100 ガンタンクR-44のガンプラレビュー画像です

足首パーツはポリキャップによる軸接続で、ある程度左右に傾きます。

そこまで接地性が高いわけではありませんが、ある程度は接地してくれる印象です。

1/100 ガンタンクR-44のガンプラレビュー画像です

足裏と股下をアップで。

1/100 ガンタンクR-44のガンプラレビュー画像です

戦場に現れるガンタンクR-44!

それではアクションポーズいってみます!

1/100 ガンタンクR-44のガンプラレビュー画像です

4連ミサイルポッドで攻撃!

1/100 ガンタンクR-44のガンプラレビュー画像です

200ミリキャノンをぶっ放すガンタンクR-44!

1/100 ガンタンクR-44のガンプラレビュー画像です

可動域はかなり狭いのですが、不思議とかっこいいポーズが決まるw

造形自体、良くできているのがデカイのかもしれません。

1/100 ガンタンクR-44のガンプラレビュー画像です 1/100 ガンタンクR-44のガンプラレビュー画像です

タンクフォーム(戦車形態)に変形させてみます。

まずは頭部をボディの中に押し込み、

1/100 ガンタンクR-44のガンプラレビュー画像です

手首パーツを差し替えます。

1/100 ガンタンクR-44のガンプラレビュー画像です

あとは各所動かし、背部の履帯ユニットをぐるりと接地させれば……

1/100 ガンタンクR-44のガンプラレビュー画像です

タンクフォーム(戦車形態)の完成です。

1/100 ガンタンクR-44のガンプラレビュー画像です

ブロロロロロ……

劇中思い出しますね。アーサー!(>ω<)

1/100 ガンタンクR-44のガンプラレビュー画像です 1/100 ガンタンクR-44のガンプラレビュー画像です

手首パーツこそ差し替えるものの、ほぼ完全変形と言っていい内容です。

1/100 ガンタンクR-44のガンプラレビュー画像です

同作品の1/100スケール、RE/100 ビギナ・ギナと比較。

スケールをあわせて並べるとガンタンクR-44の小ささが際立ちますね。

【ガンプラ】RE/100 ビギナ・ギナ レビュー

 

1/100 ガンタンクR-44のガンプラレビュー画像です

1/144スケールのHGUCガンタンクと比べても小さいですw

1/100とは思えない小ささが特徴だぞ……(*´ェ`*)

【ガンプラ】HGUC ガンタンク レビュー

 

1/100 ガンタンクR-44のガンプラレビュー画像です

1/100 ガンタンクR-44の感想

ということで1/100 ガンタンクR-44のご紹介でした。

 

確かに色が足りない部分は多いのですが、29年前に発売されたガンプラという事を考慮すると色分けは優秀だと思います。

可動域は狭いものの、「劇中再現度の高いプロポーション」「容易に変形可能」な点は非常にポイント高いです。

全部の合わせ目を消し、部分塗装するだけでもかなり化ける系の旧キットだと思いますぞ!

 

以上、「1/100 ガンタンクR-44」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る