icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGBD:R フェイクνガンダム レビュー

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG フェイクニューガンダム」のガンプラレビューです。

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

ガンダムビルドダイバーズRe:RISEリライズに登場する、フェイクνニューガンダムをご紹介。

2020年発売。

HGフェイクニューユニット」「HGフェイクニューウェポンズ」を「アルスコアガンダム(HGアルスアースリィガンダムに同梱)」に組み合わせることにより、HGフェイクνガンダムが完成します。

という事で、再現するのに必要なガンプラをまとめつつ色々なニューガンと並べた画像を含めレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HGBD:R フェイクνガンダム

HGアルスアースリィガンダムのガンプラレビュー画像です

最初に、フェイクνガンダムを再現するのに必要なガンプラから。

↑画像左のHGアルスアースリィガンダムに同梱するアルスコアガンダムと、

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

↑「HGフェイクニューユニット」「HGフェイクニューウェポンズ」の合計3キットが必要になります。

……コスパは悪いぞ!w(*ノェノ)

ただ今回人気機体のνガンダム系パーツにデザインされているので、νガン好きな方は改造目当てのパーツ取りとしてオススメかもしれません。

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

フェイクニューユニットとフェイクニューウェポンズのホイルシールがこちら。

メインカメラや各センサー、細かなパープル部分を補うものが中心です。

 

HGBD:R フェイクニューユニット

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

こちらがフェイクニューユニットの内容物。

νガンダム風にデザインされたアーマーが中心で、フェイクニューユニットを取り付けられる骨格パーツが付属します。

アルスアースリィガンダムと同様に、プラモデルオリジナルの収納形態で展示できるのが特徴です。

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

もちろんコアドッキングカスタムに対応しているので、コアガンダムIIなどにも無改造で取り付ける事ができます。※このあたりは後述

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

手首パーツは「武器持ち手」「平手」が左右分付属。

↑枠に2つ取り付けておくことができます。

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

↑枠はHGアルスアースリィガンダムに同梱する頭部。

このように頭部も取り付けられます。

 

HGBD:R フェイクニューウェポンズ

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

こちらはフェイクニューウェポンズの内容物。

※「コアスプレーガン/ビームライフル」「フィンファンネル」「ビームサーベル」「ジョイントパーツ」

ジョイントパーツは、アルスコアガンダム以外のガンプラに取り付ける場合に使います。

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

早速フェイクニューユニットに装着していくぞ!(*´ェ`*)

ビームライフルは、底面のギザギザを合わせるようにして上から取り付けます。

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

あとはフィンファンネルとビームサーベルが搭載されたバックパックを取り付ければ、

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

完成です。詳しくは後述しますが、今回のフィンファンネルは分離ギミックを搭載していたりします。

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

収納状態はここまで。

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

アルスコアガンダムとドッキングさせ、フェイクニューガンダムを再現してみます!

 

HGBD:R フェイクνガンダム

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

完成したHGフェイクニューガンダムがこちら。

「グレーがかったホワイト」「ダークグレー」を主体としたカラーリングで再現され、νガンダム風の外装デザイン・シルエットになっているのが特徴です。

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

アルスコアガンダムにあわせた大きさで作られているため、1/144スケールのνガンダムとして見た場合は小さめにデザインされているのも特徴です。

設定全高も18.9mです。

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

背部のフィンファンネルは重さがありますが、自立は安定します。

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。アンテナは2色2パーツ構造で、左右非対称のアシンメトリーデザインになっています。

「アンテナ中央」「メインカメラ」「頬」はホイルシールで色を補います。

あまり目立ちませんが、ひさし部分に合わせ目が出ます。

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

トサカにも合わせ目アリ。ただ画像右のように、目立たないよう端の方に配置されている感じです。

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

胴体と腰をアップで。「左胸部(グリーン)」「コクピット(パープル)」がシールです。

胸の白いダクトは別パーツで色分けされています。

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーは上部・側面に合わせ目が出ます。

消しても問題ない場所なので、気になるモデラーさんは処理しちゃってOKです。

νガンダム風味を感じるデザインになっていますが、一部尖っているオリジナルデザインになっています。

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

脚部も然り。膝のくぼんだ部分は要塗装です。

外装の側面は段落ちモールド化されていませんが、設定画を見るとモールド扱いでOKでした。

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

後ろから。

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

足首パーツの前面グリーンはシールです。

足裏には大きな肉抜きがあります。

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

フェイクνガンダム、出撃!

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

コアスプレーガンの先端に白いパーツを取り付ければ、ビームライフルに変化します。

白いパーツはシンプルな2パーツの左右はめ込み式で、合わせ目アリ。

コアスプレーガンの肉抜きが結構目立ちます。こういうデザインってことはないよね?

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

アクション!

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

ビームライフルで攻撃!

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

膝をつき、手を添えて。

相変わらずの高可動で、色々なポージングが可能です。

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

平手も左右分付属し、表情付けがしやすいです。

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

ビームサーベル柄の基部は非可動です。

腕周りの可動域が広いので、収納状態の柄をつかむことができます。

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

ビームサーベル抜刀!

注意点として、本キットにはビームサーベルのエフェクトパーツが付属しないため、他から持ってくる必要アリです。(今回使った3キットには同梱せず)

※同シリーズのHGアースリィガンダム系のサーベル刃とも互換性無し。「SB-13①」という軸が丸いタイプが必要です

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

襲いかかるフェイクνガンダム!

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

手元にあった適当なサーベルを選んでみたけど、結構似合う気がするぞ……(*ノェノ)

ビルダーズパーツHDとは互換性があるようです。

2012ガンプラEXPOで入手した「MSエフェクト01クリアブルーVer.」を使用

 

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

フィンファンネルは3つに分離します。

右の2つが展開用のファンネルです。中央のツマミを収納したあと

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

コの字型に動かし、スタンドに展示します。(本キットにスタンドは付属せず)

ダボ穴は一般的な3mm穴になっており、アクションベースのほか魂ステージなどのスタンドにも対応します。

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

フェイクνガンダム、フィンファンネル射出!

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

2つしか分離できませんが、一般的なスタンドに対応しているのがポイント高いです。

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

フェイクニューウェポンズの方に同梱する↑のジョイントパーツを使えば、ガンダムテルティウムなどにも装着できます。

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

こんな感じ。無改造でも接続強度はバッチリです。

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGBD:R ガンダムテルティウム レビュー

 

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

もちろんコアドッキングカスタムに対応しているため、コアガンダムII(HGBD:Rユーラヴェンガンダムに同梱)にもドッキング可能です。

※コアガンダムでもOK。前腕部は付属しないのでユーラヴェンのものを持ってきてあります

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

攻撃!

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

コアガンダムIIとも相性いいな……。

アンテナは無理やり取り付けてみました。ちょい緩なのでご注意を。

【ガンプラ】HGBD:R ユーラヴェンガンダム レビュー

 

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

HGUCνガンダム(塗装済)と比較。

もちろん流用はありません。小型化されているので、どちらかというとHi-νガンダムのサイズに近いです。

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

同シリーズのHGBD:Rνジオンガンダムと比較。

νジオンの方はHGUCνガンダムのリデコキットです。

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGBD:R ν-ジオンガンダム レビュー

 

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

1/144スケールの色々なν・Hi-νガンダムでディスプレイ。

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】RG νガンダム レビュー
【ガンプラ】HG Hi-νガンダム GPBカラー レビュー
【ガンプラ】HGBF Hi-νガンダムヴレイブ レビュー

 

HGフェイクニューガンダムのガンプラレビュー画像です

HGBD:R フェイクνガンダムの感想

ということでHGフェイクνガンダムのご紹介でした。

 

合計3キットも必要なのでコスパは悪いですが、νガンダム系統の洗練されたデザインが特徴的でνガンファンにはオススメのガンプラに仕上がっています。

弱点はビームスプレーガンや足裏の目立つ肉抜きといったところ。ただ、初期プラネッツシステム系ガンプラ(HGアースリィやマーズフォーなど)と比べて肩アーマーの接続強度が向上していて変なポロリが無くなったのはポイント高いです。

普通にフェイクνガンダムを再現してもいいし、νガン風アーマーやファンネルなどを別キットへ持っていきカスタムする遊び方もできるので、創作意欲が刺激されるガンプラだと思いますぞ。

 

以上、「HG フェイクニューガンダム」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
HGフェイクニューユニットの在庫を見る
HGフェイクニューウェポンズの在庫を見る