icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGBD:R ガンダムGP-羅刹天 レビュー

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG ガンダムGP-羅刹らせつてん」のガンプラレビューです。

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

ガンダムビルドダイバーズに登場し、オーガが使用するガンダムGP-羅刹天(らせつ・てん)をご紹介。

2020年発売

簡単な切り替えで、GP-羅刹」「GP-羅刹天」両形態が再現可能。

HGUCガンダムGP02Aサイサリスをベースに新規造形の頭部・バインダーなどが付属し、「GNオーガソード弐式」「GNリボルバーバズーカ」「羅刹金砕棒らせつかなさいぼう」といった多彩な武装が付属します。

という事で、HGBD:RガンダムGP-羅刹天をいつもより画像数多めでレビューしていきたいと思います!

HGBD:R ガンダムGP-羅刹天

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

宇宙世紀系のベース機でありながら太陽炉を組み込み、GN粒子を主体とするカスタムスタイルで作られたガンプラ、ガンダムGP-羅刹天。

「天」部分の読み方はてっきり「アマツ」だと思っていたのですが、「テン」読みとなっています(*´ェ`*)

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

組み立て書にはフォース・百鬼のリーダー、戦闘狂のオーガが記載。

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

ホイルシールの量は少なく、「ツインアイ」「頭部センサー」「ヒザ」などの色を補うもののみ付属します。

今回のGP-羅刹、色分けが非常に優秀です。

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「GNオーガソード弐式×2」「GNリボルバーバズーカ×2」「羅刹金砕棒らせつかなさいぼう」「サーベル刃×2」「オーガクロー(およびオーガクロー天)×2」

大ボリュームの武器が付属するのが特徴で、ボックスも少し大きめになっています。

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

「HGUCガンダムGP02Aサイサリス」の余剰パーツがこちら。「アンテナ」「手首パーツ」「関節パーツ」などかなりの量が余ります。

手首パーツは左右分組めますが、グレーのランナー自体ABS樹脂でできているので今の時代あまり使い所はないかも。

ただ、サイサリスのフレキシブルスラスターバインダー(FTB)に使用するバーニア(画像右端)はパーツ取りとして使えそうです。

※バーニアは大が4、小が2つ付属。一応サイズを解説しておくと、大は外側広い面の直径が約13mm・小が約9mm。接続側の穴は2つとも約4mm

サイサリスに組む事はできません。

HGガンダムGP-羅刹と天の違い・比較ガンプラレビュー画像です

本キットは「GP-羅刹」「GP-羅刹天」両形態が再現できます。

本格的な組み換えではなく、「GNオーガソード弐式のマウント位置」「フレキシブルオーガバインダー先端のオーガクロー」を切り替えるだけでOKなので、いつでも切り替えできます。※詳しい違いは後述

 

ガンダムGP-羅刹天

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

まずは商品名にもなっているHGBD:RガンダムGP-羅刹らせつてんから。

ベースに使われているのが15年前(2006年)に発売された「HGUCガンダムGP02Aサイサリス」という事で、関節パーツにABS樹脂が使用されています

ただ腰フレームなどは羅刹用に新造されており、頭部をはじめバインダーなどが最新フォーマットかつKPSによる新規造形になっているのが特徴です。

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

血のようなレッドを主体としたオーガらしい成形色で立体化されています。

元キットの長所を引き継いでおり、造形・スタイルは今のガンプラ目線で見ても非常に良くできています(*´ェ`*)

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

それでは細かく見ていきます!

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

基本的な可動域はHGUCサイサリスと同じですが、肘関節は90度まで曲がらなくなりました。

古いガンプラベースなだけあり、今のガンプラ目線で見ると可動域は狭いです。(特に肩まわり)

ただ、上半身は360度回転します。

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

頭部は新規造形で、サイサリスとは大きく変わったツノやセンサー類が特徴です。

額には黄色い軟質クリアパーツが細かく使われています。

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

バイザーを下げれば鬼ノ目モードに変化させる事ができます。差し替えはせず、スライドさせるだけでOKです。

頭部は前後はめ込み式ですが、合わせ目は段落ちモールド化されています。

ただ、ツノの裏側には肉抜きアリです。

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

胴体はサイサリスの色違いです。前後はめ込み式で側面に合わせ目が出ますが、組み立て書のイラストなどではモールド扱いでした。

ただ、ショルダーアーマーと胴体上部は普通に合わせ目だと思います。

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

肩の外装部分(赤いパーツ)は外側へ引き出す事ができ、腕を開く動作に一役買っています。

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

腕部はオーガ刃-Xの雰囲気を継承していて、ジンクス系+鬼のようなデザインに。ここはサイサリスから大きく変わった部分です。

手首は地味にスナップ可能。合わせ目は前腕部後ろ側に出ます。(もしかしたらモールド扱いでOKかもしれないです)

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

組み立て書に記載はありませんが、オーガ刃-X同様に手首パーツ周辺にはGNビームスパイクを取り付けられる穴が空いています。

本キットにスパイクは付属しないためご注意を。

※「HGBDオーガ刃-X」「HGガンダムAGE-1タイタス」に同梱するエフェクトパーツに対応

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

GNビームスパイクを放出!

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

攻撃!オーガ刃-X風味が残っている部分です(*´ェ`*)

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

腰回りは外装とフレームが新規になっており、股下は可動するうえ3mmスタンド穴に対応するようになりました。

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

リアアーマーも新規で、GNオーガソード弐式を重ねるようにマウントする事ができます。

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

脚部は基本膝アーマーが新規造形で、黄色い部分はホイルシールで色を補います。

合わせ目は関節パーツのみです。

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

余剰パーツでサイサリスの膝アーマーがまるごと付属するので、一応交換する事もできます。

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

つま先には多少肉抜きあり。足裏に肉抜きはありません。

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

GP-羅刹天の特徴、GNリボルバーバズーカがこちら。砲口の穴は浅いです。

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

バックパックにはコーン型スラスターを搭載。GNリボルバーバズーカとバインダーを繋ぐジョイントパーツには合わせ目が出ます。(画像上)

リボルバーバズーカは前後にある程度スイングします。

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

フレキシブルオーガバインダー天がこちら。

本キット最大の売りといっても過言ではなく、ここだけ作りが2020年フォーマットでできていますw

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

GNリボルバーバズーカのグリップを引き出せば、手に持たせる事ができます。

「肩部に接続したままでも砲撃できるが、保持して射撃する事により命中率が飛躍的に高まる」との事。

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

ガンダムGP-羅刹天、ミッションスタート!

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

それでは多彩な武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

GNリボルバーバズーカをぶっ放すGP-羅刹天!

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

フレキシブルオーガバインダー天にはGNアイズブラスターが搭載されており、カバーを開けば砲口が顔を出します。

この砲口が本キットの数少ない要塗装ポイントで、砲口内のイエローは色が足りません。

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

GNアイズブラスター+GNリボルバーバズーカで攻撃!

可動域こそ広くはないものの、バインダーが大きく広がるので迫力のあるポーズで展示できます。

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

バインダー先端のオーガクロー天は外側に引き出す事ができ、3本のクローは開く事ができます。

そして専用のジョイントパーツ(↑青枠)を差し込みめば、GNオーガソード弐式を持たせる事ができます。

ここが羅刹天ならではの特徴です。

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

アームは前方へ動きます。このあたりの作り・構造が最新ガンプラっぽさを感じる部分になっています。

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

GNオーガソード弐式の刃部分には、クリアオレンジのパーツが使われています。

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

襲いかかるGP-羅刹天!

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

斬!

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

めちゃめちゃ強そう……!(>ω<)

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

GNオーガソード弐式は手に持たせる事もできます。

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

オーガ刃-XのGNオーガソードと比較。刃が細長くなりました。

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

こちらは羅刹金砕棒らせつかなさいぼう。ここは普通に合わせ目があり、砲口の穴も浅いです。

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

グリップを引き出せば、ビームバズーカモードとして持たせる事ができます。

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

羅刹金砕棒らせつかなさいぼうで攻撃!

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

HGFCデスアーミーの金棒型ビームライフルと比較。

【ガンプラ】HGFC デスアーミー レビュー

 

ガンダムGP-羅刹

HGガンダムGP-羅刹のガンプラレビュー画像です

そしてこちらがガンダムGP-羅刹。

ガンダムビルドダイバーズに登場した時の姿も再現できます。

HGガンダムGP-羅刹のガンプラレビュー画像です

羅刹天からの変更点は、GNリボルバーバズーカのかわりにGNオーガソード弐式をマウントしている点と

HGガンダムGP-羅刹と天の違い・比較ガンプラレビュー画像です

オーガクローが変化している点の2箇所です。

大幅な組み合えは必要ないので、いつでも気軽に切り替えできます(*´ェ`*)

HGガンダムGP-羅刹のガンプラレビュー画像です

GNオーガソード弐式を構えるGP-羅刹!

HGガンダムGP-羅刹のガンプラレビュー画像です

アクション!

HGガンダムGP-羅刹のガンプラレビュー画像です HGガンダムGP-羅刹のガンプラレビュー画像です

2本のGNオーガソード弐式を組み合わせれば、巨大なツインソード「GNオーガツインソード弐式」に変化します。

HGガンダムGP-羅刹のガンプラレビュー画像です HGガンダムGP-羅刹のガンプラレビュー画像です

オーガ刃-X同様、両手で構える事はできませんでした。(やり方が悪いだけかもですが)

HGガンダムGP-羅刹のガンプラレビュー画像です

ここは天ではないGP-羅刹部分の特徴ですが、オーガクローにビーム刃を取り付ける事ができます。

クリアイエローのビームエフェクトパーツは左右分2本付属します。

HGガンダムGP-羅刹のガンプラレビュー画像です

展開!

有線式の遠隔操作武器という設定ではあるのですが、本キットにリード線は付属しません。

HGガンダムGP-羅刹のガンプラレビュー画像です HGガンダムGP-羅刹のガンプラレビュー画像です

羅刹金砕棒らせつかなさいぼうで攻撃!

HGガンダムGP-羅刹のガンプラレビュー画像です

立ちふさがるチャンピオン!

HGガンダムGP-羅刹のガンプラレビュー画像です

「世界の一つや二つ、救ってやるよ!」

HGガンダムGP-羅刹のガンプラレビュー画像です

HGBDガンダムダブルオースカイHWS(トランザムインフィニティモード)HGBDガンダムAGEIIマグナム SVver. (FXプロージョン)と比較。

【ガンプラ】HGBD ガンダムダブルオースカイHWS(トランザムインフィニティモード)レビュー
【ガンプラ】HGBD ガンダムAGEIIマグナム SVver. (FXプロージョン) レビュー【プレバン】

 

HGオーガ刃-XとガンダムGP-羅刹天の比較ガンプラレビュー画像です

HGBDオーガ刃-Xと比較。

HGオーガ刃-XとガンダムGP-羅刹天の比較ガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGBD オーガ刃-X レビュー

 

HGガンダムGP-02Aと羅刹天の比較ガンプラレビュー画像です

ベースキットのHGUCガンダムGP02Aサイサリス(塗装済)と比較。

共通パーツは多いですが、成形色変更と多彩な武器・バインダー・頭部・一部外装によりイメージがガラリと変わりました。

HGガンダムGP-02Aと羅刹天の比較ガンプラレビュー画像です

アトミックバズーカGNリボルバーバズーカを比較。

アトミックバズーカはABS材質+合わせ目が出る構造だったので、本キットのリボルバーバズーカの方が格段に組みやすいです。ただ、砲口の穴は浅くなりました。

HGガンダムGP-02Aと羅刹天の比較ガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGUC ガンダム試作2号機 GP02A サイサリス レビュー

 

HGガンダムGP-羅刹天のガンプラレビュー画像です

HGBD:R ガンダムGP-羅刹天の感想

ということでHGガンダムGP-羅刹天のご紹介でした。

 

デザイン的に「GP-羅刹」「GP-羅刹天」の切り替えが簡単なため、どちらの形態も手軽に楽しめるのが長所だと思います。

短所ですが、関節フレームを中心に古いHGUCを使用しているため、可動域に関してはあまり期待しない方がいいです。

ただ、フレキシブルオーガバインダーは最新フォーマットでできており、GNアイズブラスターの展開ギミックやオーガクローまわりの出来が良いので、遊びの幅は広いです。

フレキシブルオーガバインダーの完成度+迫力のあるプロポーション・デザインが長所だと思うので、アクション性を重視しないモデラーさんには満足度が高いと思いますぞ!

 

以上、「HGBD:R ガンダムGP-羅刹天」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る