【ガンプラ】HGUC ガンダム試作2号機 GP02 サイサリス レビュー

ガンダムGP02 サイサリスの画像です レビュー

今回はHGUCガンダム試作2号機 GP02サイサリスのガンプラレビューです。

発売年は2007年で約10年前のキットになりますが、サイサリスのガンプラとしては一番最新のものになります。

GP02サイサリスの画像です

スポンサーリンク

HGUC ガンダム試作2号機 GP02 サイサリス

GP02サイサリスの画像です

「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」に登場し、ご存知アナベル・ガトー少佐が強奪した核搭載型ガンダム。

このHGUC版はマスターグレードの後発なだけあり、プロポーションがサイサリス史上一番優秀なガンプラになっていました。(記事執筆時点)

今回は各所合わせ目を消し、フル塗装にて作成しました。

GP02サイサリスの画像です

サイサリスといえばこのアトミックバズーカ。

ソロモンに集結した連邦軍艦艇を一撃で葬り去ったトンデモ兵器ですが、このキットでも最大の特徴になっています。

GP02サイサリスの画像です

後ろ斜めから。特徴的なバインダーと大きな脚部のおかげか、スタイルがめちゃめちゃイイですね。

GP02サイサリスの頭部の画像です

頭部アップ。ザ・悪のガンダムな顔w

ここは合わせ目あり。おでこグレーのダクトやイエロー部分が色分けされていないので結構手間がかかります。

GP02サイサリスのバインダーの画像です

両肩の大きなバインダー。ここの合わせ目処理が一番大変でした。

ホワイト部分とブルー部分両方とも上部に合わせ目ができます。

GP02サイサリスのバインダーの画像です

バインダーはかなり上まで可動します。

先端のスラスターの角度を変える事により、連動して内側のスラスターの角度も変わります。

HGUCではあまり見られないギミックですね。

GP02サイサリスのバインダーの画像です

接合部はテンションきつめなABSパーツを使用していて落ちてくる心配なし。

GP02サイサリスのラジエーターシールドの画像です

大型のラジエーターシールド。デカイし重いです。

GP02サイサリスのラジエーターシールドの画像です

ラジエーターシールド内側にはアトミックバズーカが収納できます。

GP02サイサリスの画像です

ビーム・サーベル抜刀。

地上でコウ・ウラキのゼフィランサスと戦った時の印象が強いですね。

ビーム・エフェクトパーツは長めのクリアグリーンが付属するので迫力があります。

GP02サイサリスの画像です

サイサリスはビームサーベルも良く似合うね!

ガンダム作品だとクリアグリーンのビーム・サーベル刃は珍しいので貴重なパーツかもしれません。

GP02サイサリスの画像です

「ウラキ少尉。私を敵に回すには君はまだ、未熟。」

GP02サイサリスの画像です

アトミックバズーカを装備した試作2号機。

かっこいいわ……(感涙

GP02サイサリスの画像ですGP02サイサリスの画像です

アトミックバズーカは背面から前方へ倒して展開します。

左側の大型ラジエーターシールドの重さと比例するのでバランスが丁度良くなる感じ。

GP02サイサリスのアトミックバズーカの画像です

「ソロモンよ!私は帰ってきた!!!」

GP01ゼフィランサスとGP02サイサリスの画像です

HGUCガンダム試作1号機GP01ゼフィランサスと比較。

結構昔のガンプラですがこうしてみると両方とも劇中再現度が高いですね。

HGUC ガンダム試作2号機 GP02 サイサリスの感想

という事でHGUCでリリースされている「ガンダム試作2号機 GP02サイサリス」のご紹介レビューでした。

 

写真の通りプロポーションに関しては完璧に近いのではないでしょうか。

 

注意点として、古い部類のHGUCなので色分けが甘く黄色部分はシールで補う形になります。

 

また、合わせ目が多く全部消そうとするとめちゃくちゃ時間がかかります。

特にバインダー上部は合わせ目の上に合わせ目が出来るので、塗装を考えると手間のかかる部分でした。

 

そしてこの頃のガンプラの特徴であるABSパーツを多用しているおかげで、更に塗装派を苦しめますw

 

関節だけならいいのですがアトミックバズーカ部分もABSパーツを使用しており、真ん中からモナカ割りの合わせ目が入るので処理が大変でした。

ABS部分の合わせ目処理はかなり手間がかかるので注意です。ABSの合わせ目を消すなら、以下の専用セメントがオススメです。

 

顔の塗装、バインダーの合わせ目等々本当に色々手のかかる子でしたが、プロポーションはMGを含め現状最高のサイサリスだと断言します。※HGUCの方が後発ですしね

 

アトミックバズーカの収納ギミックやスラスター連動ギミックが面白いし、クリアグリーンで成形された長めのビーム・エフェクトパーツが付属する点が素晴らしいですね。

 

素組みでは満足いかないかもしれませんが、手を加えたら加えた分だけ見た目にフィードバックされるので組んでいて面白いガンプラでした。

 

サイサリスはハーモニー・オブ・ガンダム「GP02A (MLRS仕様) 」も発売されているので、ガトーの搭乗したGP02にこだわりがなければお好みで。

 

……ひそかに「RG ガンダム試作2号機GP02サイサリス」がリリースされるのを期待しているのですが、バンダイさんいかがでしょうか……?

ガンダム作品が増えた昨今ビルドファイターズのカスタム機経由じゃないと新金型でのリリースは難しいかな?

 

とにかくこのHGUC版のサイサリスは造形に関しては完璧だと思うので、「ちょっと古めのHGUCを気合い入れて作るぞ!」というモデラーさんにはかなりオススメなガンプラです。

GP02サイサリスの画像です

以上、「HGUC ガンダムGP02 サイサリス」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古プラモデル1/144 HGUC RX-78GP02A ガンダム試作2号機(サイサリス)』の在庫を見る