icon
icon

【ガンプラ】HGBD ガンダムジーエンアルトロン レビュー

ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「HGBD ガンダムジーエンアルトロン」のガンプラレビューです。

ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です

ガンダムビルドダイバーズに登場し、タイガーウルフが使用するガンダムジーエンアルトロンがHGBDで発売されました。

アルトロンガンダムの改造機で、肩は「虎・狼を模した大型のショルダーアーマー」に変更、アシンメトリーなデザインに。

サブアームのドラゴンハングも「ツインジーエンハング」として改造され、4本の腕にも見える独特なレイアウトになっています。

肩のパーツを手に持たせて武器にするギミックも搭載。

という事で、ジーエンアルトロンの合わせ目・色分け・可動域などを比較画像を交えてじっくりとご紹介します!

スポンサーリンク

HGBD ガンダムジーエンアルトロン

ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です

ついに発売された男の子の大好きなものがびっしり詰まったジーエンアルトロンさん。

ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です

シールは主に「両肩のショルダーアーマーまわり」と「ジーエンハング」を補うものが付属します。

ダイバーはアジアン・サーバーのエスタニア・エリアを根城にしているフォース「虎武龍」のダイバー、タイガーウルフさん。

ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGBDガンダムジーエンアルトロンがこちらになります。

関節パーツにHGACウイングガンダムのランナーを使用しているものの、その他はすべてジーエンアルトロンの新規パーツになっていました。

ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です

合わせ目は少々あり、パーツ分割による色分けは良好なものの「虎・狼を模したショルダーアーマーまわり」や「ジーエンシールド」の目立つ箇所をシールで補います。

※詳しくは後述

ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です

劇中イメージではもっと大柄なモビルスーツと思っていましたが、ベース機アルトロンガンダムの設定に準じてガンダムWのモビルスーツに近い全高(少し小さめ)になっていました。

※設定の全高:16.4m

ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です

2013年に発売された比較的最近のキット、「HGACウイングガンダム」の関節を使用しているため可動域は広いです。

手足はほぼ水平まで上がり膝立ちも余裕、腰も360度回転します。

ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です

兜の前立て(アンテナ)は1パーツ構造で、「中央レッド」と「上部ブルーのセンサー部」をシールで補います。

先端には安全フラッグあり。

ディテールが細かくてかっこいいぞ……(>ω<)

ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込み形式なので合わせ目が発生します。
※こういうデザインの可能性あり。組み立て書ガン見しましたが、いまいちわからず、スミマセヌ(*´ェ`*)

後頭部ブルーのセンサー部はシールが付属します。

ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です

胸部外装はイエロー・ブラックともに別パーツで色分けされています。

イエローパーツ上部のくぼみだけグリーンで要塗装です。

ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です

色分けは良好なものの、胴体は前後挟み込み構造なので合わせ目が出ます。

段落ちモールドのようにもなっていないので、気になるモデラーさんは要加工といったところ。

ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です

アルトロンガンダムでは前腕部についていたドラゴンハングは、肩外側に接続するツインジーエンハングにリデザインされました。

そのおかげで4本腕のように見えるのが面白いですね。

肩上部に合わせ目あり、二の腕・前腕部は合わせ目無しです。

ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です

右肩は狼を模した大型のショルダーアーマー。

4パーツ構造で合わせ目なし、目はシールで口は開けることができます。

ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です

左肩の虎を模したショルダーアーマーも4パーツ構造、口も開きます。

こちらはシールの量が多く、目以外の黒い部分をすべてシールで補います。

ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です

ツインジーエンハング先端の両頬にあるノズル(双龍虎狼炎が放射される部分)含め、色分けは良好でシールは目だけになります。

また、龍の口は開閉します。

接続強度も問題なくカッチリとした出来でストレスフリーな部分。

ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です

ツインジーエンハングまわりはフレキシブルに可動します。

ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です

各接続部で好きに角度を変えられ、自由度はかなり高いです。

また、先端は伸縮ギミックを搭載しており、腕が伸びます。

ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です

フロント・サイド・リアアーマーまわりの色分けは完璧です。

ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です

足まわりの色分けも完璧で、膝付近のジーエンブレイカー(イエロー部)も色分けされており各ダクト内をスミ入れペンで塗ればいいだけのラクチン仕様。

ただ足裏にはガッツリと肉抜きがあります。

ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です

脚部の合わせ目は基本的に段落ちモールドのようになっているのですが、↑部分は普通に合わせ目が発生するのでご注意。

ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です

ジーエンブレイカーは可動します。

ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です

ジーエンアルトロン、キックと同時にジーエンブレイカーを展開!

ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です

バックパックは左右後方すべてジョイント接続になっています。

KPSが使用されているので抜け落ちることもなく非常に安定した接続強度。

ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です

投擲武器としても使われるジーエンシールドは、中央グレー部の突起をシールで補うため見栄えが悪いです。

かなり貼りづらい形状をしているので、いっそ部分塗装してしまった方が楽かもしれません。

ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です

ウイング部分もサブアームのようなパーツのおかげでフレキシブルに可動します。

ウイング自体も自由に角度が付けられるのでポージングがうなります。

ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です

……と、細かな解説は終了し、ここからはとにかく動きまくるジーエンアルトロンの勇姿を御覧ください!

ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です

ウイングが開くので、ハッタリの効いたポージングが決まりまくる印象(*´ェ`*)

ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です

ジーエンハングで殴りかかるジーエンアルトロン!

ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です

奥義・龍虎狼道(りゅうころうど)を放つジーエンアルトロン!

虎武龍(とらぶりゅう)に龍虎狼道(りゅうこロード)って、あのバンド意識してるのかな?

ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です

両肩のアーマーを取り外し、ウルフ拳・タイガー拳を再現してみます。

ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です

両手に専用ジョイントパーツを持たせ、肩アーマーを接続します。

ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です

準備完了。

ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です

ウルフ拳を放つジーエンアルトロン!

ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です

タイガー拳を放つジーエンアルトロン!

ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です

ダイバーギアに飾ってみた。やはり似合いますね。

 

ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です

↑バスターライフル、ビームサーベルの柄が余剰パーツとして出ます。

が、バスターライフルは一部パーツが足りないため完全再現はできませんでした。

ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です

他からビームエフェクトパーツを持ってきて取り付けてみました。

ジーエンアルトロンって格闘特化の機体なのですが、意外にサーベルやライフルが似合う気がします。

ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です

別売りカスタムウェポンのHGBCバインダーガンを装備させてみました。

ガンダムジーエンアルトロンのガンプラレビュー画像です

やはりライフルもいける気がする。

【ガンプラ】HGBC バインダーガン レビュー

 

ガンダムジーエンアルトロンとリーオーNPDの画像です

リーオーNPDに攻撃するジーエンアルトロン!

ガンダムジーエンアルトロンとリーオーNPDの比較画像です

HGBDリーオーNPDと比較。

リーオーNPDもかなり良キットなのでオススメだよ(*´ェ`*)

【ガンプラ】HGBD リーオーNPD レビュー

 

HGBDガンダムダブルオースカイとガンダムジーエンアルトロンの比較ガンプラレビュー画像です

リクのダブルオースカイと激突!

【ガンプラ】HGBD ガンダムダブルオースカイ レビュー

 

ガンダムジーエンアルトロンとセラヴィーガンダムシェヘラザードのガンプラレビュー画像です

シャフリヤールのセラヴィーガンダムシェヘラザードと共闘!

ガンダムジーエンアルトロンとセラヴィーガンダムシェヘラザードの比較画像です

HGBDセラヴィーガンダムシェヘラザードと比較。

【ガンプラ】HGBD セラヴィーガンダムシェヘラザード レビュー

 

ガンダムジーエンアルトロンとアルトロンガンダムの違い・比較画像です

旧キット 1/144アルトロンガンダムと比較。

ガンダムジーエンアルトロンとアルトロンガンダムの違い・比較画像です

時代の変化で体型がスリムになっていますが、ところどころ元デザインが引き継がれていますね。

ガンダムジーエンアルトロンとアルトロンガンダムの違い・比較画像です

旧キット1/144アルトロンガンダムのレビューは↓

【ガンプラ】1/144 アルトロンガンダム レビュー【旧キット】

ガンダムジーエンアルトロンとアルトロンガンダムのガンプラ画像です

旧キットも合わせ目消して塗装すればなかなか見れるキットだと思うので、一緒に組むのもオススメだよ。定価なら安いしw

 

HGBD ガンダムジーエンアルトロンの感想

という事でHGBD ガンダムジーエンアルトロンのご紹介でした。

 

虎の肩アーマーやジーエンシールドにシールを多用するものの、基本的な色分けは良好で非常に組みやすいキットでした。

合わせ目は頭部、胴体、肩上部、脚裏に出ますが、胴体上部以外はそこまで目立たない印象です。※頭部は合わせ目ではない可能性アリ

 

何よりもツインジーエンハングと背面ウイングがぐりぐり動き、本体もガンガン可動するのでかっこいいポーズで展示できるのが最大の売りかと思います。

 

変なポロリ箇所もないのでポージングにこだわるモデラーさんなら満足すると思いますぞ……(*´ェ`*)

 

以上、「HGBD ガンダムジーエンアルトロン」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『新品 1/144 HGBD ガンダムジーエンアルトロン』の在庫を見る
『中古 1/144 HGBD ガンダムジーエンアルトロン』の在庫を見る