icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】RG フォースインパルスガンダム レビュー

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「RGフォースインパルスガンダム」のガンプラレビューです。

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムSEEDシード DESTINYデスティニーに登場する、フォースインパルスガンダムのRG版をご紹介。

2020年発売

コアスブレンダー、チェストフライヤー、レッグフライヤー、フォースシルエットの合体機構によりMS状態を再現可能。

驚異的な色分けと、RGとしては可動域拡大にも気が使われたガンプラに仕上がっています。

という事で、RGフォースインパルスガンダムをHGCEとの比較画像や分離状態などを含め、いつもより画像数多めで徹底的にレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

RG フォースインパルスガンダム

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

ボックスアートから。RGとしては、デスティニーガンダムより後発となりました。

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

同梱するシールはリアリスティックデカールのみです。初期RGと比べるとマークの量は抑え気味といったところかな?

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

今回使われている半完成品のアドバンスドMSジョイントは2パーツのみです。

最近のRGらしく少量に抑えられており、「コアスブレンダー」「胴体内部」にしか使用しません。

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

内容物がこちら。インパルスガンダム本体に加え「シルエットフライヤー」「フォースシルエット」が同梱。

武器は「高エネルギービームライフル」「機動防盾」「フォールディングレイザー対装甲ナイフ×2」「ヴァジュラビームサーベル×2」と一通りの装備が付属します。

手首パーツは右の「銃持ち手」、左の「盾(+フォアグリップ)持ち手」、左右の「武器持ち手」「平手」の計6つです。

その他アクションベース5用のジョイントパーツやランディングギアなどが付属します。

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

ザフトの軍服を着た状態の1/144シン・アスカも同梱するぞ!

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

そして完成したRGフォースインパルスガンダムがこちら。

ホワイト部分の外装には2色使用。ブルー部分は濃い成形色で再現されていて、非常に高級感を感じる見た目に仕上がっています。

相変わらず、素組みでも満足度の高い色合いで立体化されていますね。

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

ポリキャップレス仕様で、KPS関節を多用した最近のMGのような作りになっています。

スタイルは足が長くシャープだったHGCEと比べ、スタンダード寄りな体型に変化しているのではなかろうか。

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

フォースシルエットの重みで重心が後ろに寄りますが、自立は可能です。

それでは細かく見ていきます!

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

頭部から。ツインアイとトサカは無色のクリアパーツが使われています。

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

超アップで。今回フェイスマスクのスリットは開口されていません。

パーツ分割が細かく、頬のダクトやくまどりの赤い部分など細かく色分けされています。

アンテナの先端はデフォルトで尖っており、細くシャープな形になっています。非常にかっこいいのですが、かなり折れやすいと思うので破損にはご注意を(>ω<)

ポーズ付けしていて、何度かヒヤっとする事がありましたw

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

横、後ろから。後頭部まわりのグレーも細かく色分けされています。

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

胸部まわりも完璧な色分けを実現。

一部アンダーゲートが採用されているため、ゲート跡があまり気にならない作りです。

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

コクピットハッチは開閉します。

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

あまり動かす事はないですが、背部のコアスブレンダーは可動します。

今回のRGは、内部にコアスブレンダーを組み込むギミックが搭載されています。

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

上半身は45度ほど回ります。

良くも悪くも組み込みギミックを搭載している影響で、前後左右と柔軟には動きません。

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

肩部は腕可動の邪魔にならないよう、ショルダーアーマーの上側が可動します。

ダクト部分も開口されているうえ、合わせ目無しです。

また、肩の基部を引き出す事ができ、大きく腕を上げる事ができます。

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

腕部も濃淡をつけて色分けされており、合わせ目も無しです。

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

ヒジ関節は180度近く曲がり、前腕部は独立してロール回転します。

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

腰部も色分けが完璧。フロント・サイド・リアアーマーともにKPSによるボールジョイント接続です。

裏側もグレーの裏打ちパーツで色分けされていて、モールド量も細かいです。

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

サイドアーマーにはフォールディングレイザー対装甲ナイフが収納されています。(左右とも)

引き出した後の内部もモールドがびっしりです(*´ェ`*)

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

折りたたまれた刀身は展開可能です。

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像ですRGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

フォースインパルスガンダム、フォールディングレイザー対装甲ナイフを装備!

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

無改造でも刃先が尖っているのがいい感じ。

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

脚部をアップで。脚の動きと連動して、膝アーマーが可動します。

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

膝の細かなイエロー部も色分け済み。ふくらはぎのスラスターは上下に可動します。

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

アンクルガードの接続方法が面白く、軸接続+ボールジョイント接続で柔軟に可動します。

もちろん足裏に肉抜きは無く、色分け・モールド量ともに細かいです。

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

腰内部パーツはスイングギミックを搭載。

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

グワングワン動くぞ!(>ω<)

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

股下にスタンド穴はありませんが、専用のジョイントパーツを使う事によりアクションベース5に対応します。

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

それではフォースシルエットを装着させてみます。

プラ同士の軸接続ですが、ガッチリと接続されます。

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

上にはヴァジュラビームサーベルが2本マウントされており、引き抜く事ができます。

ウイングは後ろ方向にも可動します。

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

2基のスラスターも細かく動きます。

↑画像下のカバーパーツが開きますが、両側ともパチっとうまくはまりませんでした。軸が白化してしまったので、取り付ける際は破損にご注意を!(わたしが不器用なだけかもですが(*ノェノ))

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

その他も柔軟に可動します。

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

フォースインパルスガンダム、出撃!

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

機動防盾は手にグリップを持たせたあと、前腕部に凸軸を取り付けます。(グリップは持たせなくてもOK)

右腕にも穴があいているため、左右どちらにも取り付け可能です。

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

機動防盾を展開!

HGCEでは組み換える必要がありましたが、RGではそのまま展開できます。

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

ジャキン!バンク風ポーズで。

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

高エネルギービームライフルは手首パーツ内の凹凸と合わせて持たせます。

右手のみですが、人指し指を突き出した銃持ち手が付属するのがポイント高いです。(HGCEでは銃持ち手がありませんでした)

細かなホワイト・レッドも色分けされているのもRGならではですね。

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

高エネルギービームライフルで攻撃!

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

足の付け根がスイングするので、ポーズがうなります。

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

アクション!

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

フォアグリップは可動し、両手で構える事ができます。

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

足回りの可動域が優れているため、キレイにヒザ立ち可能です。

腰をひねる動作はそこまで得意ではないのですが、RGとして見た場合はなかなか動くイメージです。

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

「アンタはオレが討つんだ……今日、ここで!」

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

カッケェ!(>ω<;)

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

ライフルはリアアーマーにガッチリとマウントできます。

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

次はヴァジュラビームサーベル

こちらも手首パーツ内の凹凸と合わせて持たせます。

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

斬りかかるシン!

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

二刀流で。柄、ビーム刃ともに2本付属します。

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

肩周りの可動範囲が広いので、ハッタリの効いたポーズが決めやすいです。

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

分離させてみます。上半身をスポッと外せばコアスブレンダーを取り出す事ができます。

ちょっと気になったのは、上半身がスポスポ抜けやすい点。ポーズを決めて飾っておく分には問題ありませんが、ポーズ付けの際に落下してアンテナを折らないようご注意を……(何度か落として折れそうになりましたw)

RGコアスブレンダーのガンプラレビュー画像です

折りたたまれた各ウイングを引き出し、機首を上げればコアスブレンダーの展開完了です。

底面にスタンド用の3mm穴が空いているので、アクションベースにも対応しています。

RGコアスブレンダーのガンプラレビュー画像です

キャノピーには無色のクリアパーツが使われていて、開閉可能。内部のシートなども細かく作り込まれています。

また、ウイング下部に取り付けるQF908 航空ミサイルランチャーが2つ付属するのも特徴です。

RGコアスブレンダーのガンプラレビュー画像です

ランディングギアも付属するので、スタンドを使わずとも単体で展示可能です。

RGチェストフライヤーのガンプラレビュー画像です

次はチェストフライヤー。いわゆる上半身です。

こちらは襟前部のパーツを顔前面に持っていき、肩・腕まわりの角度を変えます。

RGチェストフライヤーのガンプラレビュー画像です

この状態で高エネルギービームライフルと機動防盾を装備。

RGチェストフライヤーのガンプラレビュー画像です

最後に↑枠のパーツを取り付ければ完成です。3mm軸スタンドにも対応しています。

RGレッグフライヤーのガンプラレビュー画像です

次はレッグフライヤー

足の位置を調整し、MS時にも使ったスタンド用のパーツを差し込みます。

RGレッグフライヤーのガンプラレビュー画像です

こんな感じ。

RGシルエットフライヤーとフォースシルエットのガンプラレビュー画像です

最後はシルエットフライヤー/フォースシルエット

シルエットフライヤーの↑枠パーツを引き出し、フォースシルエットに接続します。サーベル位置も少し変えます。

RGシルエットフライヤーとフォースシルエットのガンプラレビュー画像です

RGらしく、実機考証として「航空機」として捉えられたデザインで立体化されているのが特徴です。

RGシルエットフライヤーとフォースシルエットのガンプラレビュー画像です

シルエットフライヤー下部に3mm穴が空いているので、こちらもスタンドに対応しています。

RGシルエットシステムのガンプラレビュー画像です

こんな状態で展示するのも楽しいぞ……(*´ェ`*)

RGシルエットシステムのガンプラレビュー画像です

ゾロゾロ……

RGシルエットシステムのガンプラレビュー画像です RGシルエットシステムのガンプラレビュー画像です HGとHGCEとEGのフォースインパルスガンダムの違い・比較ガンプラ画像です

HG GUNDAM SEED(旧HG)」「HGCE」「RG」のフォースインパルスガンダムで比較。旧HGのみ塗装済みです。

HGとHGCEとEGのフォースインパルスガンダムの違い・比較ガンプラ画像です

ここからはHGCEとの比較いってみます。

HGとHGCEとEGのフォースインパルスガンダムの違い・比較ガンプラ画像です

頭部を比較。RGではエッジが鋭くなりました。

HGとHGCEとEGのフォースインパルスガンダムの違い・比較ガンプラ画像です

上半身・腕などを比較。

今回特に思ったのは成形色で、非常に深みのある色合いで再現されているのが印象的でした。

HGとHGCEとEGのフォースインパルスガンダムの違い・比較ガンプラ画像です

フォースシルエットを比較。

RGでは大型化され、迫力のある造形になりました。当然ながら色分けも進化しています。

HGとHGCEとEGのフォースインパルスガンダムの違い・比較ガンプラ画像です

高エネルギービームライフルを比較。

こちらもシールを使わない細かな色分けを実現しています。

また、RGには銃持ち手が付属する点からこの部分はRGの圧勝で間違いないでしょう。

HGとHGCEとEGのフォースインパルスガンダムの違い・比較ガンプラ画像です

機動防盾を比較。

HGCEでは展開させるのに組み替える必要がありましたが、RGではそのまま展開できるようになりました。

HGとHGCEとEGのフォースインパルスガンダムの違い・比較ガンプラ画像です

あなたはどのインパルスがお好み……!?

【ガンプラ】HGCE フォースインパルスガンダム レビュー

 

RGフォースインパルスガンダムとRGデスティニーガンダムの比較ガンプラ画像です

ついでにRGデスティニーガンダムと比較。

RGフォースインパルスガンダムとRGデスティニーガンダムの比較ガンプラ画像です

【ガンプラ】RG デスティニーガンダム レビュー

 

RGフォースインパルスガンダムのガンプラレビュー画像です

RG フォースインパルスガンダムの感想

ということでRGフォースインパルスガンダムのご紹介でした。

 

まず注意点からですが、上半身が抜けやすいためポーズ付けの際の落下にはご注意を!アンテナがめちゃめちゃ細いので、破損しやすい箇所だと思います。

その他は最近のRGクオリティといった感じで、驚異的な色分け・ディテールが売りの優良キットといった感じ。特に成形色がめちゃめちゃキレイです。

好みもあると思いますが、先に発売されたHGCE版と比べ「機動防盾の展開ギミック」「銃持ち手が付属」「細すぎないスタイル」など、インパルス好きが反応しそうな要素が詰まっていると思いました!オススメ!

 

以上、「RG フォースインパルスガンダム」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る