icon
icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGUC バイアラン・カスタム レビュー

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGUCバイアラン・カスタム」のガンプラレビューです。

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムUCに登場し、ディエス・ロビン(ドナ・スター)が搭乗するバイアラン・カスタムをご紹介。

2012年発売。

1/144スケールでありながら全高約17cmと大型のガンプラに仕上がっています。

という事で、超個性的なHGUCバイアラン・カスタムを劇中再現の写真多め、かつバイアランとの違い・比較画像を含め徹底的にレビューしていきたいと思います!

HGUC バイアラン・カスタム

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

劇中でも無双したバイアラン・カスタムさん。その名の通りバイアランのカスタム機になります。

キット内容ですが、ホイルシールの量は多めで主にスラスター裏側に貼る赤いシールが中心になります。

また、地球連邦軍のロゴが入ったマーキングシールも付属。

ただテトロンシールのため、フチが気になるモデラーさんはカットして貼るか水転写デカールを使用するのがオススメです(*´ェ`*)

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

付属品はシンプルで、ビーム・サーベルのエフェクトパーツ2つとアクションベース用の専用ジョイントパーツのみが付属します。

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGUCバイアラン・カスタムがこちら。

HGシリーズといえど箱が大きく、ランナーも大ボリュームの内容になっています。

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

ご覧の通り、劇中再現度が非常に高いプロポーションで立体化されているのではないでしょうか。

背部プロペラントタンク/増加スラスターや腕のクロー・アームを見ても、各部バイアランからアップデートされているのが見て取れますね。

カラーリングも青を基調とした爽やかな成形色になりました。

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

今回は一部合わせ目を消してありますが、全合わせ目箇所は画像付きで解説していきます!

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

可動域から。手足は十分広がり、顔を上に上げる事もできます。

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

デザイン的に膝立ちはできませんが、膝関節は90度曲がります。

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。

これはポージングがうなる予感……!(>ω<)

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

頭部バイザーはクリアグリーンのパーツが使われています。

アンテナや動力パイプは別パーツ扱いで色分け済み。(今回黄色い部分だけ塗装しています)

設定的には、本機の計画承認にあたって「連邦軍本部が支持してきた唯一の必須事項」がこのツインアイ方式のバイザーとのこと。ティターンズのイメージを払拭するために連邦MS然とした改修が行われた部分になります。

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

横、後ろから。頭部に合わせ目は出ません。

下部の黄色いパーツも別パーツで色分けされています。

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

襟周辺の動力パイプや黄色いカバーパーツも色分け済みです。

胴体側面のダクト(赤いパーツ)のまわりはライトブルーのシールで色を補います。

また、↑の赤枠部分に合わせ目が出ますが下部分は段落ちモールド化されています。(ただ設定画ではモールド無し)

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

上から見た場合、「肩」「背部スラスター」「プロペラントタンク」に合わせ目が出ます。組み立て書の作例では肩の上はモールド扱いでしたが、設定画を見る限り合わせ目だと思われます。(段落ちモールド化もされていません)

肩は多少前後に傾くものの、前後可動には優れてはいません。

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

肩部スラスターは合わせ目が出ず、内部の赤い部分も色分けされていますが、外側の内側(青枠内)はシールで色を補います。

結構貼りにくい場所だぞ!w

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

脇の下にあるスラスターはある程度可動しますが、こちらも内側の赤をシールで補う仕様です。

肩のバーニアは別パーツで色分けされているうえ、HGにしてはディテールが細かく中々凝った造形をしています。

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

バイアラン・カスタムの特徴の一つ、クロー・アームはすべて左右挟み込み式です。

という事で、全箇所に合わせ目が出るという鬼仕様になっていますw

すべて完璧に処理するとなると非常に時間のかかる部分だと思います。(合わせ目ON合わせ目みたいな感じ(*´ェ`*))

ちなみに設定的には、ガブスレイの同名ユニットを一部流用してあるとの事です。

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

肘関節は90度曲がります。クローは両側とも可動しますが、ご覧のように内側には大きな肉抜きがあります。

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

メガ粒子砲はボールジョイント接続である程度ぐるぐるまわります。

また、メガ粒子砲を搭載しているアームユニットは独立して可動します。

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

腰回りの色分けは優秀で、動力パイプや腰アーマーなど全て色分けされています。股間部上の黒い部分のみシールで補う感じです。

また、腰アーマーは可動します。

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

脚部は腕ほど合わせ目が出ませんが、関節パーツ(グレー部)に合わせ目が出ます。

曲げると露出する感じ。

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

モモ側面と後ろ側の関節、足首パーツ付近にも合わせ目あり。

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

脚部はフレーム部分に多数の肉抜きがあります。

また、ふくらはぎのスラスターフィン内側の赤はシールで補う仕様です。

このあたりの肉抜きは結構目立つので、気になるモデラーさんはパテで埋めた方がいいかもしれません。

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

足裏はグレーのフレーム部分に合わせ目が出ます。

つま先、カカトはそれぞれ倒すことができます。

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

股下は動力パイプになっているため、スタンドに展示する際はアクションベース用の専用ジョイントパーツを噛ませます。

組み立て書ではアクションベース1(でかいやつ)が推奨されているみたいでした。確かにバイアラン・カスタムは体が大きく重いので、アクションベース2よりでかいものをチョイスした方がいいかもしれません。

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

背部は「スラスター」と「プロペラントタンク一体型増加スラスター」に合わせ目が出ます。

プロペラントタンク/増加スラスターは基部で大きく可動します。(背部スラスターも柔軟に可動)

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

増加スラスター先端のカバーは細かく開閉します。

お尻のスラスターはある程度色分けされているものの、中央の黒い部分はシールで補います。赤い部分は別パーツで色分け済みです。

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

バイアラン・カスタム、出撃!

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

今回は付属品がビーム・サーベルのエフェクトパーツのみという事で、トリントン基地の劇中再現をさせながらその勇姿を見ていきたいと思います!

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

格納庫から飛び出すバイアラン・カスタム!

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

無双タイムスタート!

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

アクロバティックに飛び跳ねるバイアラン・カスタム!

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

ザク・マリナーを捕捉!

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

メガ粒子砲で攻撃!

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

ゴロンゴロン……。

ゾゴック(ユニコーンVer.)と対決!

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

ブーメラン・カッター射出!

……バンダイさん!HGUCカプールの発売はまだでしょうか……(*´ェ`*)

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

チュンチュンチュン……

攻撃の手を緩めないバイアラン・カスタム!

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

ゼー・ズール参戦。

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

ビーム・サーベルのエフェクトパーツはメガ粒子砲の穴に接続します。

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

ゼー・ズールの左腕を叩き切るバイアラン・カスタム!

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

続いて右腕も。THE解体ショーをはじめるバイアラン・カスタムさん。

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

エフェクトパーツしか付属しないのに満足感が半端ないです……(>ω<;)

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

カッケェ!

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

もう一体のゼー・ズール現る!

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

グワシッ……

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

最後にマラサイ(ユニコーンVer.)とバトル!

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

グルグル……海ヘビを巻き付けられるバイアラン・カスタムさん。

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

一機で何体葬っているのだろうか……。

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です トリントン基地のガンプラレビュー画像です

トリントン基地で死闘を繰り広げたジオン残党軍と一緒にディスプレイ。

撃墜数多すぎかな?

トリントン基地のガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGUC ザク・マリナー レビュー
【ガンプラ】HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.) レビュー
【ガンプラ】HGUC ゼー・ズール レビュー
【ガンプラ】1/144 ガルスJ レビュー【旧キット】
【ガンプラ】HGUC マラサイ(ユニコーンVer.) レビュー

 

HGUCバイアランとカスタムの違い・比較ガンプラレビュー画像です

HGUCバイアランと全身を比較。

ガンプラ的には元祖バイアランの方が後発で、このバイアラン・カスタムのリデコキットという形になります。

HGUCバイアランとカスタムの違い・比較ガンプラレビュー画像です HGUCバイアランとカスタムの違い・比較ガンプラレビュー画像です

バイアランと頭部を比較。※以降左がバイアラン、右がカスタム

HGUCバイアランとカスタムの違い・比較ガンプラレビュー画像です

肩スラスター・腕を比較。

HGUCバイアランとカスタムの違い・比較ガンプラレビュー画像です

背部スラスターまわりを比較。

HGUCバイアランとカスタムの違い・比較ガンプラレビュー画像です

脚部を比較。

HGUCバイアランとカスタムの違い・比較ガンプラレビュー画像です

リデコキットとはいえ変更点はかなりあるので、Zファン・UCファンどちらにも満足のいくガンプラに仕上がっていると思います。

HGバイアランのバリエーションのガンプラ比較画像です

HGUCバイアラン・イゾルデも混ぜて比較。

HGバイアランのバリエーションのガンプラ比較画像ですHGバイアランのバリエーションのガンプラ比較画像です

【ガンプラ】HGUC バイアラン レビュー
【ガンプラ】HGUC バイアラン・イゾルデ レビュー【プレバン】

 

HGUCバイアラン・カスタムのガンプラレビュー画像です

HGUC バイアラン・カスタムの感想

ということでHGUCバイアラン・カスタムのご紹介でした。

 

造形的には非常にかっこよくできており、劇中再現度の高いプロポーションや各部細かく動く可動域に関しては文句のつけどころがない完成度を誇っています。

ただ弱点もあり、とにかく合わせ目の量はかなり多いです。

特にクロー・アーム(腕)は全箇所に合わせ目が出るといっても過言では無く、合わせ目ON合わせ目のような状態になるため非常に手間のかかる構造になっています。

また、クローや足首パーツに目立つ大きな肉抜きがあるため、合わせ目処理と併せて完璧に作ろうとなると相当手間がかかるキットに仕上がっています。

ABSレス仕様なのでいじりやすいガンプラではありますが、上半身が重く足回りの関節強度が少し弱いかな?と感じる事もあったので気になるモデラーさんは要調整といったところ。

総評としては、合わせ目など細かなところを気にしないモデラーさんには良スタイルで迫力のあるバイアラン・カスタムが簡単に再現でき、逆に完璧に作ろうとした場合はある程度覚悟がいるキットといった感じです。

造形的にはめちゃめちゃかっこいいので、かなりオススメのガンプラです!

 

以上、「HGUC バイアラン・カスタム」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る