スポンサーリンク
スポンサーリンク

[PR]プレミアムバンダイ
iconiconiconicon
icon

【ガンプラ】HGUC ガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ) レビュー【プレバン】

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「HGガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)」のガンプラレビューです。

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム U.C. ENGAGEに登場し、ペッシェ・モンターニュが搭乗するガンダム開発試験0番機「エンゲージゼロ」をご紹介。

2023年発売プレミアム・バンダイ限定品になります。

特徴的な機体フォルムが完全新規造形で再現されているほか、バックパックを付け替えることで追加ブースター装備型が再現可能。

ランナーレススタンドも付属します。

という事で、HG 1/144 ガンダム開発試験0番機をレビューしていきたいと思います!

HGUC ガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

ガンダム開発試験0番機とは

・シミュレーションアプリ「機動戦士ガンダム U.C. ENGAGE」に登場
・地球連邦軍の「ガンダム開発計画」の追加プランとして開発された試作MS
・コードネームの「エンゲージゼロ」は連邦軍・ジオン軍の技術の融合という意味が込められている
マグネットコーティングを搭載。試験的にムーバブルフレームの前身技術を搭載
・デラーズ紛争後、ガンダム開発計画の凍結に伴い登録を抹消。その後、連邦軍のオーガスタ研究所にてサイコミュ搭載実験機として改修される

 

という事で後付け感バリバリの試作系ガンダムではあるのですが(笑)、ストーリー「0082 ペッシェ・モンターニュ 星屑たちに花束をI」では主人公のペッシェ・モンターニュの搭乗機として活躍。

ガンプラ的には完全新規造形で作られているので、お得感のあるプレバン品に仕上がっているぞ!(>ω<)

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

ホイルシールがこちら。

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ビーム・ライフル」「ビーム・サーベル×2」「シールド」「ハンドパーツ×5」「ランナーレススタンド」「追加ブースター」

ハンドパーツは右の「銃持ち手」、左右の「武器持ち手」「平手」の計5つが付属します。

最近銃持ち手が省略されるHGもチラホラあると思うのですが、ちゃんと持ち手が付属するのはポイント高しです。

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

そして完成したHG 1/144 ガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)がこちら。

搭乗者のペッシェが女性ということもあるのか、曲面の多い細身なフォルムになっています。

ガンプラ的には最近主流のポリキャップレス仕様で、KPS関節主体の現代風な構造になっています。

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

いかがでしょうか。……そこ!後付けガンダムとか言わない!w(*_*)

どこかGレコ系デザインを感じるプロポーションで、ニーアーマーなどにガンダム開発計画の試作系ガンダムのデザインもチラホラ見えるような、特徴的な姿が再現されていますね。

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

この展開可能な腰部リアアーマーも特徴です。接地性・自立性ともに優秀。

それでは各部細かく見ていきます!

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

可動域から。腕を上げる動作は少し微妙ですが、開脚範囲は広いです。

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

手足の関節は大きく曲がり、ヒザ立ち可能です。

腰部フロントアーマーは動くのですが、少し太ももに引っかかる感じはあります。

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。額左右のバルカンはイエローで要塗装です。

アンテナ先端には安全フラッグがあります。

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込み式ですが、合わせ目はモールドのようになっています。

超厳密にいえば最下部は少し合わせ目だと思いますが、気になるほどではない感じ。

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

胴体をアップで。細かなグリーン・くぼみのブラックはシールを使いますが、基本的な色分けは良好です。

バックパックは前後はめ込み式で、合わせ目が出ます。

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

超アップで。胸部まわりは「ブルー」「ブラック」「イエロー」で色分けされています。

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

胴体内部はこのようなボールジョイント接続になっていて、細やかな動きをつけることができます。

肩も引き出し式のジョイント構造になっています。

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマー側面のサブアーマーは可動します。

肩は前方へ大きく動きます。

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

腕は二の腕から下がロール回転。

前腕部のデザインに、ガンダム開発計画系のデザインが垣間見えます。

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

基本合わせ目は見えませんが、腕を曲げた際に露出するフレーム部分(後ろ側)には合わせ目が出ます。

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

バックパックは可動式で、シンプルなブルー1色4パーツ成形です。

背中の上部にはビーム・サーベルのグリップを2本装備。基部で、左右に可動します。

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

ちなみに接続穴は↑のような感じで、最近の2穴タイプではなく独自規格になっています。

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

腰部中央のV字イエローはシールです。フロントアーマーは可動。

底面にはスタンド用の3mm穴が空いていますが、奥まった位置にあいているため

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

↑スタンドに展示する際には、専用のジョイントパーツを噛ませます。

本キットには、無色のランナーレススタンドが1つ付属します。

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

腰部リアアーマーはロックを解除し、展開することができます。

バーニアフィンディテールが再現されていて、劇中の展開ギミックが再現可能です。ただ原作アニメの描写にあった、中央スラスターの可動ギミックはオミットされています。

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

股間軸はロール回転します。

結構カッチリとした硬い接続強度になっているので、足の基部を動かす際は一度足を外してから丁寧に動かした方が破損の危険がないと思います。

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

曲線的な脚部。ニーアーマーにガンダム開発計画風味を感じますね。

基本的に合わせ目はモールドに見えるような感じではありますが、設定画を見る限りは合わせ目判断になります。

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

足を曲げた際に露出する関節フレームには、合わせ目あり。

足裏に肉抜きはありません。

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

「ペッシェ・モンターニュ、ガンダム・エンゲージゼロ 発進します!」

ガンダムエンゲージゼロ、出撃!

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

シールドは前腕部のジョイントに接続するタイプで、側面と後ろに装着できます。

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルはシンプルなグレー1色3パーツ成形です。

銃持ち手は、右のみ付属します。

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルをぶっ放すエンゲージゼロ!

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

「相手もジオンの人間…」

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

「だけど、やらなければ私がやられる!」

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

ビーム・サーベルを抜刀!

ファーストガンダム風ポーズでパシャリ。

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

斬りかかるエンゲージゼロ!

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像ですHGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

二刀流で。

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

そしてこちらが、追加ブースター

バックパックを外して取り付けます。

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

左右独立して上下に可動するうえ、バーニア部分はボールジョイント接続で、地味に可動します。

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

「ブースター点火!」

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

「私に、どこまでできるか…!」

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

攻撃!

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像ですHGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

ビーム・サーベルを構えるエンゲージゼロ・追加ブースター装備型!

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

RG 1/144 ガンダム試作1号機 ゼフィランサス」「HGUC 1/144 ガンダム試作2号機 GP02A サイサリス」「HGUC 1/144 ガンダム GP03S ステイメン」とディスプレイ。※2号機のみ塗装済

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】RG ガンダム試作1号機 ゼフィランサス レビュー
【ガンプラ】HGUC ガンダム試作2号機 GP02A サイサリス レビュー
【ガンプラ】HGUC ガンダム GP03S ステイメン レビュー

 

HGエンゲージガンダムのガンプラレビュー画像です

同じプレバン限定の、HGUC 1/144 エンゲージガンダム(右)と比較。

HGエンゲージガンダムのガンプラレビュー画像です HGエンゲージガンダムのガンプラレビュー画像です

違いは、↓のレビューでどうぞ。

【ガンプラ】HGUC 1/144 エンゲージガンダム レビュー【プレバン】

 

HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のガンプラレビュー画像です

「たとえ…売国奴と罵られようと、私は……!」

HGUC ガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)の感想

ということでHGガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)のご紹介でした。

 

まず完全新規という点で、プレバン品の中では価値の高いアイテムになっていると思います。

そこまで気になりませんが、腕の上がり幅がそこまで広くないです。全体的に見た場合最近のフォーマットで作られているので、出来は高い部類だと思います。

おそらくですが、今後エンゲージゼロ・サイコミュ試験型なども展開されていくのかな?と予想。

 

ちなみに出典元の機動戦士ガンダム U.C. ENGAGEですが、アニメパートが豊富なのと普通にケリィとかラカンなどが出るので、0083やZZファンにも普通にオススメだよ……!(>ω<)

アニメパートのクオリティがそこそこ高いのでアニメ化してくれてもいいと思うのですが、バンダイさん難しいかな……?

宇宙世紀のテレビシリーズしばらく出ていないので、そろそろ見たい……(*ノェノ)

 

以上、「HGUCガンダム開発試験0番機(エンゲージゼロ)」のガンプラレビューでした!

icon

 

 

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る