スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
iconicon
icon
icon

【ガンプラ】HGUC 1/144 ファントムガンダム レビュー【プレバン】

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像ですレビュー
iconicon
iconicon
スポンサーリンク

今回は「HGファントムガンダム」のガンプラレビューです。

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴーストに登場し、フォント・ボーが搭乗するファントムガンダムをご紹介。

2022年発売プレミアム・バンダイ限定品になります。

全身を覆うファントムライト発動状態再現用の専用エフェクトパーツが付属するほか、惑星間巡航形態「蜃気楼鳥(ミラージュ・ワゾー)形態」に変形可能です。

という事で、HGファントムガンダムをレビューしていきたいと思います!

HGUC ファントムガンダム

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

炎ゆらめく幽霊(ファントム)、待望の初キット化!という事で、ファントムガンダムはプレバンでの発売となりました。

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

組み立て書はプレバンらしからぬ、片面カラーのしっかりとした専用のものが付属します。

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

ホイルシールがこちら。

ツインアイや、白い部分を補うものが中心です。

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

本キットはHGのクロスボーンガンダム系リデコキットとなるため、ヒート・ダガーなどいくつかの余剰パーツが出ます。

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGUCファントムガンダムがこちら。

グリーンを基調とした特徴的なカラーリングや、ファントムガンダム特有の外装パーツが目立つ個性的なデザインで立体化されています。

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

いかがでしょうか。

関節フレームにはクロスボーン・ガンダム系のランナーが流用されていますが、外装や武装は新規造形です。

好みがハッキリ分かれそうなガンダムですが、個人的にファントムガンダムは大好物なデザインだぞ……!(>ω<;)

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

それでは各部細かく見ていきます!

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

可動域はそこそこ広く、手足は真横ほど広がります。

ショルダーアーマーのデザイン的に腕はそこまで上がりませんが、顔を上げる動作はそこそこ得意です。

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

手足の関節も90度以上大きく曲がり、キレイにヒザ立ち可能です。

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

特徴的な頭部をアップで。合わせ目はありませんが、細かな部分はホイルシールで色を補います。

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

横、後ろから。

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

頭部は2種類付属し、頭頂部のパーツを差し替えることにより強制放熱モードを再現することができます。

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

胴体をアップで。胸部レリーフもしっかりと再現されています。

ちなみに最近のポリキャップレス仕様ではなく、普通にポリキャップを組み込んでいく構造です。

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーの色分けは良好で、肩はボールジョイント接続により前後に可動します。

ショルダーアーマーは前後はめ込み式ですが、合わせ目は段落ちモールド位置に配置されています。

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

腕をアップで。合わせ目はなく、色分けも優秀です。

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

ミノフスキードライブユニットは、上下左右と柔軟に可動します。

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

腰部をアップで。左右のサイドスカートはヒートナイフフレイム・ソード)を収納する部分になっていて、一部パーツを外すことができます。(ソードの半分以上は別パーツで付属)

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

股間軸は可動式で、底面にはスタンド用の3mm穴が空いています。

腰部リア側の色分けは甘く、シールを多用します。

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

脚部は側面に合わせ目が出ますが、モールドっぽく見えるうえ作例でもモールド扱いでした。(設定画ではモールド無し)

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

ヒザ付近の関節フレームには合わせ目が出ます。

足裏はつま先付近にチョロっと肉抜がありますが、こういうデザインだと見ていい感じかな?

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

バタフライバスターBガンモード)がこちら。バタフライバスターと違い砲口が1つに変更されています。

平手パーツが左右分付属するので、手を添えた状態が再現できます。

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

「俺も戦います!このファントムで!」

ヒザを着いて射撃!

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

バタフライバスターBのパーツを組み替えることで、サーベルモードも再現できます。

ド迫力のビーム刃パーツが付属するぞ!(>ω<)

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

攻撃!

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

ヒートナイフは2つ付属します。

ガード部分は、腰部サイドスカートからパーツを移植して再現します。

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

ジャキッ……。

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

「怒れ…ファントム!」

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

余剰パーツのヒート・ダガーを持たせてパシャリ。

 

惑星間巡航形態「蜃気楼鳥ミラージュ・ワゾー

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

それでは蜃気楼鳥(ミラージュ・ワゾー)を再現してみます。

全身をほぼバラし、

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

↑の別パーツに差し替える形で再現します。

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

「変形コードは…蜃気楼鳥ミラージュ・ワゾーだ!」

蜃気楼鳥ミラージュ・ワゾー形態がこちら。この状態でも、スタンドに対応します。

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

一部、ファントムライトのパーツに切り替えることができます。

↑の胸部レリーフ部分のパーツはまるまる交換、

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

ほかは脚部などにエフェクトパーツを取り付ければ完成です。

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

いい感じ……。

 

ファントムライト

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

そして今回の売り、ファントムライト状態がこちら。

豊富なクリアレッドのエフェクトパーツが同梱し、全身のいたるところに取り付ければド派手な姿が再現できます。

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

設定的には「ミノフスキー・ドライブの余剰エネルギーである光の翼が、Iフィールドとの干渉によって揺らめいて見える現象」になります。

素状態のファントムガンダムから打って変わり、めちゃめちゃ強そうな姿に変化しました。

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

とくに背部まわりのパーツが翼のように見えてかっこいいですね!(>ω<;)

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

V字アンテナのないファントムでしたが、エフェクトのおかげでアンテナっぽい形になりました。

ちなみにファントムライト用の頭頂部パーツは、別パーツとして付属し差し替えることで再現します。

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

胸部レリーフ部分の白いパーツは、まるまる交換します。

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

肩部は白いパーツを交換。腕部も白いパーツと差し替える形で再現します。

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

腰部フロントアーマー、ヒザ、ふくらはぎにもパーツを取り付けます。

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

背部と腰部サイドスカートにも。

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

「強い心で、理性を乗りこなすんだ!フォント!」

暴れまわるファントムガンダム!

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

バタフライバスターBのソードモードを持たせてパシャリ。

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

……カッケェ!(>ω<;)

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

フレイム・ソード用の刃パーツは、2種類付属します。(2本分で計4つ)

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

「これでも!喰らえぇぇッ!」

斬りかかるファントムガンダム!

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

これは満足度の高いガンプラだわ……。刃エフェクトが2種類付属するのも、地味に嬉しいです。

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

HGUCガンダムF91(左)」「HGUCクロスボーン・ガンダムX1(中央)」と比較。

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGUC ガンダムF91 レビュー
【ガンプラ】HGUC クロスボーンガンダムX1 レビュー

 

HGUCファントムガンダムとゴーストガンダムの比較ガンプラ画像です

本キットのリデコキット、HGUC 1/144 ゴーストガンダムと比較。

ゴーストガンダムはメチャクソキレイなつや消しメッキシルバー成形色で再現されていて、新規造形を加えて立体化されています。今回のファントムガンダムとの違いは、↓のレビューでどうぞ。

【ガンプラ】HGUC 1/144 ゴーストガンダム レビュー【プレバン】

 

HGファントムガンダムのガンプラレビュー画像です

「オタクを…舐めるなーっ!」

HGUC ファントムガンダムの感想

ということでHGファントムガンダムのご紹介でした。

 

いわゆるクロスボーン・ガンダム系のリデコキットとなりますが、改やX-0、X2などと比べ外装がすべて新規造形になっているため、プレバン品として価値の高い内容になっています。

特にファントムライトのエフェクトパーツが付属しまくるので、ド派手なMSが好きなモデラーさんにはたまらないガンプラに仕上がっているのではないでしょうか。

なんかプレミア化しそうな臭いがプンプンするキットだと思うので、入手可能な時期にゲットしておいて損はないと思いますぞ。

 

以上、「HGUCファントムガンダム」のガンプラレビューでした!

icon

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る