スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
iconiconicon

【ガンプラ】HGBD:R ガンダムダブルオースカイメビウス レビュー

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG ガンダムダブルオースカイメビウス」のガンプラレビューです。

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

ガンダムビルドダイバーズRe:RISEリライズに登場し、リクが使用するガンダムダブルオースカイメビウスをご紹介。

2020年発売。

「アンテナ」「スカイブレイサー」「スカイレガース」「つま先」が新規造形で、メビウスの新装備も付属

ラッシュポジションはもちろん、ハイマットフルバーストが再現可能です。

という事でHGガンダムダブルオーメビウスを、ダブルオースカイとどこがどう変わったのかをまとめつつ、画像数多めで徹底的にレビューしていきたいと思います!(>ω<)

HGBD:R ガンダムダブルオースカイメビウス

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

ダブルオースカイメビウスのボックスアート。

大元を辿ればHGダブルオーガンダムのリデコキット(関節パーツなど)となりますが、基本的にはHGBDガンダムダブルオースカイの色違いランナーにメビウス分の新規造形を加えた内容になっています。

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

組み立て書にはリクが記載。旧作主人公が出てくる展開、熱いよね……。

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

ホイルシールの量は少なく、頭部まわりや胸部の一部などの色を補うもののみ付属します。

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ビームライフル×2」「ビームサーベル×2」「アームドウイングバインダー×2(+メビウスアロンダイト用のビーム刃×2)」「ビームライフル(スカイ)」「ロングライフル(スカイ)」「バスターソード(スカイ)」「光の翼×2」「スカイブレイサー/レガース用エフェクトパーツ×2」「平手」「おまけのジョイントパーツ」

バスターソードのビーム刃以外、HGBDガンダムダブルオースカイ(およびハイヤーザンスカイフェイズ)の武装が全て付属します

ただ、今回スタンドは同梱しません。

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

余剰パーツがこちら。

HGダブルオーガンダムの余剰パーツのほか、↑枠のダブルオースカイの本体パーツも同梱するので色違いのダブルオースカイを組むこともできます

まさに完全版的な内容になっているぞ……!(>ω<)

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGBD:Rガンダムダブルオースカイメビウスがこちら。

ブルーとホワイトを基調としたカラーリングに変更されています。

また、よく見ると白い外装部分には2色使われており、1色はホワイトにセールカラーを少量混ぜたクリームっぽい色になっているのが特徴です。

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

関節にちょい古めのHGダブルオーガンダムのランナーが使われているものの、外装は全て新規造形になっているため古さを感じない作りです。

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

背部の武装類が全て新規造形になっているのもメビウスの特徴です。

それでは細かく見ていきます!

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

可動域から。手足は真横ほど広がります。

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

各関節は90度以上曲がり、上半身も柔軟に動くためキレイにヒザ立ち可能です。

腰をひねることもできます。

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

頭部はアンテナが新規造形です。HGっぽくエッジは緩めなので、気になるモデラーさんはタイラーなどで尖らせると見栄えが良くなりそうですね。

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

横、後ろから。頭部は前後はめ込み式で、側面は合わせ目かな?と思ってよ~く見てみたら段落ちモールドっぽくなっていました。

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

超アップで。フェイスマスク周辺はパーツ分割により、ホワイト・グレー・ブルーと細かく色分けされています。

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

胴体は白いパーツの側面・上部に少しだけ合わせ目があります。

襟前部はクリアグリーンのパーツが使われており、中の傷もバッチリ再現されています。

※このあたりはダブルオースカイと共通

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

胴体上部の合わせ目がこちら。

肩はボールジョイント接続で、前後に可動します。

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

腕部に合わせ目はありません。

スカイブレイサー(前腕部の青いパーツ)が新規造形で、ダブルオースカイのものよりも大型化されているのが特徴です。

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

腰部。リア側にはビームライフルを連結させた状態でマウントできます。

このビームライフルもメビウスの新規造形となります。

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

脚部は「足の付け根基部」「モモ側面」「スネ」「ふくらはぎ」「関節パーツ」にちょこちょこと合わせ目が出ます。

モモ以外は細かく目立たない部分なので、そこまで気にならない感じではあります。

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

スカイレガース(スネの青いパーツ)とつま先のパーツが新規造形です。

足首まわりの外装パーツは可動します。

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

接地性に優れており、つま先・カカトを倒すことができます。

ただ、足裏には大きな肉抜きあり。

股関節は可動式で、底面にはスタンド用の3mm穴が空いています。

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

スカイドライヴユニットは「メビウスドライヴユニット」へと改良されました。

GNドライヴやウイングユニットは色以外の外観的変化はありませんが、搭載武器(アームドウイングバインダー)が違うのでメビウスドライヴユニットとなりました。

前面の装甲パーツは可動します。

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

メビウスドライヴユニットをアップで。

後ろには新規造形のアームドウイングバインダーを2基装備しています。

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

ガンダムダブルオースカイメビウス、出撃!

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

新規造形のビームライフルから。

2つ付属するうえ、リアアーマーにマウント可能です。

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

背部のアームドウイングバインダーの上下先端を前方へ可動させれば、

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

ハイマットフルバーストが再現できます。

デスティニー要素満載のダブルオースカイが、ストフリ系のギミックを再現できるようになりました。

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

アームドウイングバインダーを外し、各パーツ位置と↑枠のグリップ差し込み位置を変えることにより、メビウスビームキャノンが再現できます。

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

ビームライフルに連結することもできるぞ!(>ω<)

大ボリュームの武器になりました。

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

更にパーツ位置を変える事により、メビウスアロンダイト状態が再現できます。

ちなみにこのクリアレッドのエフェクトパーツは、メビウス用の新造造形です。

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

メビウスアロンダイトを構えるリク!

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

フロントアーマー先端のパーツを外し、ビームサーベルのグリップと接続すれば

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

ビームサーベルが再現できます。

ビーム刃のエフェクトパーツは2本付属します。

※このあたりのギミックはダブルオースカイと共通

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

更に、本キットにはダブルオースカイの全武装も付属します。(バスターソードのビーム刃以外)

武器だけでもめちゃめちゃ同梱するので、非常にプレイバリューの高いガンプラに仕上がっているぞ……!(>ω<;)

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

光の翼を見ていきます。

ラメがかったクリアグリーン成形でできており、ウイングユニットを展開させてはめこむだけでOKです。

ガッチリと接続されるため、抜け落ちることはありませんでした。

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

GN粒子を展開!

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

いい感じ……(*´ェ`*)

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

ちなみに、光の翼はハイヤーザンスカイフェイズに同梱するものの色違いです。

クリアブルーから、クリアグリーンに変わっています。

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

ハイマットフルバースト!

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

メビウスドライヴユニットは前後に可動するので、

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

色々な表情付けができます。

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

メビウスアロンダイトで攻撃!

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

連結ビームライフルで。

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

カッケェ!

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

また、ダブルオースカイの武器類も同梱するので

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

このようにほとんど全ての武器を装備した状態で展示することもできます。

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

ラッシュポジションに変化させてみます。

このあたりのギミックはダブルオースカイと共通です。

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

スカイブレイサーの差し込み位置を前方へ変え、エフェクトパーツを装着する事ができます。

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

スカイレガースも可動し、

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

足に取り付けることも可能です。

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

ハイヤーザンスカイフェイズのエフェクトパーツと比較。

光の翼同様、色がクリアグリーンに変わっている以外は形状が同じです。

HGガンダムダブルオースカイ ハイヤーザンスカイフェイズとメビウスの比較ガンプラレビュー画像です

HGBDガンダムダブルオースカイ(ハイヤーザンスカイフェイズ)と全身を比較。

HGガンダムダブルオースカイとメビウスの比較ガンプラレビュー画像です

それではHGBDガンダムダブルオースカイとどこが変わっているか、比較画像で見ていきたいと思います。

HGガンダムダブルオースカイとメビウスの比較ガンプラレビュー画像です HGガンダムダブルオースカイとメビウスの比較ガンプラレビュー画像です

頭部から。まずはアンテナが変化しています。

HGガンダムダブルオースカイとメビウスの比較ガンプラレビュー画像です

スカイブレイサーは大型化されました。

HGガンダムダブルオースカイとメビウスの比較ガンプラレビュー画像です

スカイレガースの形も変化。

つま先パーツもメビウスの新規造形です。

HGガンダムダブルオースカイとメビウスの比較ガンプラレビュー画像です

あとは武装類が違いますが、メビウスにはスカイの「ビームライフル」「バスターソード」「ロングライフル」も付属します。(バスターソードのビーム刃以外)

色々なガンダムダブルオースカイのバリエーションガンプラ画像です

HGガンダムダブルオースカイのバリエーションでディスプレイ。

※左から「ダブルオースカイ」「ハイヤーザンスカイフェイズ」「HWS(トランザムインフィニティモード)」

色々なガンダムダブルオースカイのバリエーションガンプラ画像です

今から買うなら、ほぼ完全版と言ってもいい本キット他タイプには付属しない重装備が付属するHWSがオススメだよ!

【ガンプラ】HGBD ガンダムダブルオースカイ レビュー
【ガンプラ】HGBD ガンダムダブルオースカイ(ハイヤーザンスカイフェイズ)レビュー
【ガンプラ】HGBD ガンダムダブルオースカイHWS(トランザムインフィニティモード)レビュー

 

HGガンダムダブルオースカイメビウスのガンプラレビュー画像です

HGBD:R ガンダムダブルオースカイメビウスの感想

ということでHGガンダムダブルオースカイメビウスのご紹介でした。

 

正直本体の変更点はそれほど多くありませんが、新たな武装に加え旧スカイの「本体パーツ」「武器類」が同梱するので、プレイバリューが非常に高いです。

目立つ合わせ目は太ももぐらいですが、足裏の肉抜きはちょっぴり気になる感じ。

その他は色分け良好・広い可動域と不満の出ない良ガンプラに仕上がっていると思います。

ホワイト・ブルーを主体とした独特のカラーに加えハイマットフルバーストが可能などギミック多彩な作りをしているので、非常に遊びの幅が広いキットといったところ。

ダブルオースカイ系の集大成キットとして、ファンにはマストアイテムで間違いないと思いますぞ。

 

以上、「HGBD:Rガンダムダブルオースカイメビウス」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る