【ガンプラ】HGCE フリーダムガンダム レビュー

HGCEフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「HGCE フリーダムガンダム」のガンプラレビューです。

HGCEフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムSEEDおよびDESTINYに登場し、キラ・ヤマトが搭乗したフリーダムガンダム。

2015年に新フォーマットで発売された方のHGCE版になります。

放映当時の2003年に発売されたフリーダムから12年後のリリースというだけあり、可動域・プロポーション等の進化具合が凄まじいHGになっていました。

という事で、今更メジャーどころのフリーダムを普通にレビュっても面白くないので色が足りない部分(要塗装箇所)の解説を中心にご紹介します!

HGCE フリーダムガンダム

HGCEフリーダムガンダムのボックスアート画像です

めちゃめちゃかっこいいフリーダムのボックスアート。

NHKの全ガンダム大投票でもモビルスーツ部門5位という快挙をたたき出しましたね!

※ちなみにストフリは3位

HGCEフリーダムガンダムのシールのガンプラレビュー画像です

作る前は2015年の新フォーマットなので色分けは完璧だろ、と余裕ぶっこいてましたが↑をご覧の通りシールで補う箇所が意外と多いキットになっていました。

そして色が足りなく、シールも付属しない箇所が多かったのでその辺りを解説していきたいと思います。※組み立て書の完成作例基準

……積みプラ消化の為に完全パチ組みで済まそうと思ったら意外と時間がかかるキットだったというオチですw

HGCEフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

こちらが完成したHGCEフリーダムガンダムになります。

付属のシールを使いつつ、全部ではないですが色が足りない箇所は筆塗りで部分塗装後つや消しスプレーにてフィニッシュさせました。

HGCEフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

もうこれ、造形については完璧過ぎるのではないでしょうか(>ω<)

HGCEフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です HGCEフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

放映当時のHGに比べて勝っているのはもちろん、RGと比べるとより劇中アニメ寄りのプロポーションになっています。

RGの方も良いキットでしたが、こちらの方が後発というだけありポロリする箇所もなく非常にストレスフリーな作りをしていました。

HGCEフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です HGCEフリーダムガンダムの可動域のガンプラレビュー画像です

腕は水平以上に上げられ、脚はレール砲が干渉するまで開脚。

膝立ちもでき、腰も回転するので可動域はかなり優秀です。

HGCEフリーダムガンダムの頭部のガンプラレビュー画像です

ものすごいイケメンフェイスの頭部。※安全フラッグはカット済

ピクウス・76ミリ近接防御用機関砲はグレーで要塗装です。

HGCEフリーダムガンダムの胴体のガンプラレビュー画像です

胴体はパーツ分割による色分けが完璧でした。

段落ちモールドのようになっているので合わせ目も出ません。

HGCEフリーダムガンダムの肩部のガンプラレビュー画像です

写真←赤○内の肩内部スラスターがブルーの1色成型になっているので、ホワイト部が要塗装になっています。

ここは前からも一番良く見える場所なので塗り分けた方が良い部分になります。

※装甲内部は黒に塗装しています

また、肩の上は写真→のように合わせ目が出ない構造になっています。

HGCEフリーダムガンダムの腕部のガンプラレビュー画像です

腕部分は色分けが完璧でパーツの合わせ目がモールド部分になっているので合わせ目消ししなくてもOK。

こういう部分がこのフリーダム最大の長所っす……(*´ェ`*)

HGCEフリーダムガンダムの脚部と足裏の肉抜きのガンプラレビュー画像です

スリムな脚部も合わせ目無し設計。足裏は肉抜きアリ。

背面のウイングバインダーの影響で自立が難しくなっていますが、一応バインダー先端を地面に付ければ自立する感じです。

HGCEフリーダムガンダムの色が足りない箇所のガンプラレビュー画像です

色が足りない箇所は膝下のダクト内レッド、足の甲部分のダクト内グレー。

HGCEフリーダムガンダムの要塗装箇所のガンプラレビュー画像です

ふくらはぎのブラック、ふくらはぎを下から見た箇所にあるスラスターも要塗装です。※→は塗装していません

HGCEフリーダムガンダムの股下の穴のガンプラレビュー画像です

股下にはもちろんアクションベース用の穴がアリ。

今回はリアアーマー内部を黒で塗ってみました。

HGCEフリーダムガンダムのウイングバインダーの可動ガンプラレビュー画像です

ウイングバインダーはフレキシブルに可動します。

HGCEフリーダムガンダムのウイングバインダーの可動ガンプラレビュー画像です

このあたりは接続テンションが丁度良く、RGのようにポロリする事もなかったので非常にストレスフリーでした。

HGCEフリーダムガンダムのバックパック塗り分け箇所のガンプラレビュー画像です

バックパック周辺のダクト(スラスター?)内部はレッドで要塗装です。

上部分のイエローはシールが付属しますが少し安っぽい印象なので気になる方は塗装してあげた方がいいです。※写真ではシールを貼っています

HGCEフリーダムガンダムのクスィフィアス・レール砲の要塗装箇所のガンプラレビュー画像です

ラケルタ・ビームサーベルはレール砲の上部にマウントされています。

また、レール砲サイドにある突起部分は色分けされておらずシールも付属しないので要塗装です。

もう少し突っ込んだ解説をすると、サーベルをマウントする部分は丁度合わせ目になっているのでサーベルを付けたり外したりしているとパーツが外れていき、柄がカッチリはまらなくなります。

という事で、ここのホワイト部はレール砲の可動を損なわないよう気をつけながら接着してしまった方が後々ストレスがかからない部分になっていると思います。

HGCEフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

フリーダムガンダム、ラケルタ・ビームサーベルを抜刀!

HGCEフリーダムガンダムのラケルタ・ビームサーベルのガンプラレビュー画像です

アスランのセイバー解体ショーのポーズを再現。

サーベルの保持はサイズが丁度よいので安定して持つことができました。

HGCEフリーダムガンダムのラケルタ・ビームサーベルのガンプラレビュー画像です HGCEフリーダムガンダムのラケルタ・ビームサーベルのガンプラレビュー画像です ラケルタ・ビームサーベルの要塗装箇所のガンプラレビュー画像です

ラケルタ・ビームサーベルは地味に要塗装です。※→は組み立て書の写真

HGCEフリーダムガンダムのアンビデクストラス・ハルバードのガンプラレビュー画像です

連結状態のアンビデクストラス・ハルバートも再現可能!

ここの接続強度も外れやすくはないのでストレスフリーです。

HGCEフリーダムガンダムのアンビデクストラス・ハルバードのガンプラレビュー画像ですHGCEフリーダムガンダムのアンビデクストラス・ハルバードのガンプラレビュー画像です

かっこいいですね。

HGCEフリーダムガンダムのルプス・ビームライフルのガンプラレビュー画像です

お次はルプス・ビームライフル。照準レンズのような部分ブルーは要塗装です。

青いラインはシールで補います。

設定的にゲイツ改、ジャスティスガンダムが装備するライフルと同型です。バンダイさん……ジャスティスもHGCE化よろ……(*´ェ`*)

HGCEフリーダムガンダムのルプス・ビームライフルのマウント箇所のガンプラレビュー画像です

ルプス・ビームライフルはリアアーマーにマウント可能です。

保持力は丁度よい感じ。

HGCEフリーダムガンダムのラミネートアンチビームシールドのガンプラレビュー画像です

ラミネートアンチビームシールドの↑赤○部分はシールで補うものの、シールド裏や赤い部分が別パーツ化されているので色分けは良好です。

グリップを持たせるだけの単純な構造です。

HGCEフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

ルプス・ビームライフルとラミネートアンチビームシールドを装備。

ウイングバインダーもハイマットモードにしてみましたが、この状態だとスタンド必須になります。

HGCEフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

フリーダムってほんと「ザ・主人公機!」という王道な感じが出ているデザインですよね。

人気なのも頷けます。

HGCEフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像ですHGCEフリーダムガンダムのライフル両手持ちのガンプラレビュー画像です

サイドグリップを倒し、両手持ちも可能!

HGCEフリーダムガンダムのクスィフィアス・レール砲のガンプラレビュー画像です

次はクスィフィアス・レール砲を展開させてみます。

HGCEフリーダムガンダムのクスィフィアス・レール砲のガンプラレビュー画像です

引き出し式グリップによる保持も可能です。

HGCEフリーダムガンダムのクスィフィアス・レール砲のガンプラレビュー画像です HGCEフリーダムガンダムのクスィフィアス・レール砲のガンプラレビュー画像です

てか……「クスィフィアス・レール砲」って舌噛みそう。

SEEDの武装と設定の名称ってかなり作り込まれているよね……(*´ェ`*)こういう部分すごいいいわ……。

HGCEフリーダムガンダムのバラエーナ・プラズマ収束ビーム砲のガンプラレビュー画像です

それではフルバーストモードを再現してみます。

バラエーナ・プラズマ収束ビーム砲は独立して動かす事ができるので、前方へ持っていきます。

このプラズマ砲、ウイングバインダーまわりの作りは本当によく出来ていて、接続強度が丁度良くポーズ付けしやすいので非常に優秀です。

HGCEフリーダムガンダムのフルバーストモードのガンプラレビュー画像です

フリーダムガンダム、フルバーストモード!

HGCEフリーダムガンダムのフルバーストモードのガンプラレビュー画像です

後ろからみてもウイングバインダーのハイマットモードがド派手ですね。

HGCEフリーダムガンダムのフルバーストモードのガンプラレビュー画像です

ピコピコピコ……(チートマルチロックオンシステム起動

HGCEフリーダムガンダムのフルバーストモードのガンプラレビュー画像です

無双するスーパーコーディネイターのキラ・ヤマトさん。

HGCEストライクガンダムとフリーダムガンダムの比較ガンプラレビュー画像です

HGCEエールストライクガンダムと比較。

【ガンプラ】HGCE エールストライクガンダム レビュー

 

HGモビルジンとHGCEフリーダムガンダムの比較ガンプラレビュー画像です

放映当時のキット、モビルジンと比較。

このモビルジン、2003年発売のキットなのに出来が良過ぎでわたしのお気に入りです。(合わせ目は多いですがw)

【ガンプラ】HG モビルジン レビュー

 

HGCEフリーダムガンダムとキラ・ヤマトのフィギュアのガンプラレビュー画像です

EFコレクションのキラ・ヤマトとディスプレイ。

 

HGCEフリーダムガンダムとキラ・ヤマトのガンプラレビュー画像です HGCEフリーダムガンダムのガンプラレビュー画像です

ゲート処理や塗装を完璧にはやらず、サクッと本能で組んだだけなのですが、キットが優秀なので出来が良いです……満足した。

HGCE フリーダムガンダムの感想

という事でHGCE フリーダムガンダムのご紹介でした。

 

ちなみに先程Amazonを確認してみたところ、現在セール価格の41%オフで売られているみたいです。

組む予定のモデラーさんは急いだ方がいいかもしれません↓

 

※セール価格が終わっているのに気付いたら↑の文章削除しておきます

 

本体部分の目立つ合わせ目は頭部(前後で合わす構造)だけですが、腰両サイドのクスィフィアス・レール砲の銃身部分にガッツリと合わせ目が入ります。

色分けについては肩内部パーツを中心にちょこちょこ色が足りない箇所がありますが、どこも処理するのは楽な部分でした。

 

作る前の勝手なイメージと違い、完全パチ組みで済ますと色が足りない箇所が多いので素組み派のモデラーさんは注意、といった感じです。

 

長所としては本体、特にウイングバインダーの可動域が優秀かつ接続強度が堅実に設計されているのでポロリせず、かっこいいポーズ、ハイマットモード、フルバーストモードがガンガン決まるのが最高です。

動かしていて面白いし、何よりプロポーションがかっこいいので部屋に飾っておくと惚れ惚れします……(ヨダレ

 

1家に1台、HGCEフリーダム。めちゃめちゃ満足しました。

 

以上、「HGCE フリーダムガンダム」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古 1/144 HGCE REVIVE ZGMF-X10A フリーダムガンダム』の在庫を見る