icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG ジム・キャノン(空間突撃仕様)レビュー【プレバン】

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG ジム・キャノン(空間突撃仕様)」のガンプラレビューです。

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN MSDで設定されたジム・キャノン(空間突撃仕様)をご紹介。

プレミアム・バンダイ限定品になります。

オリジンのジム系ランナーを使用したバリエーションキットになり、新規造形として「頭部」「胴体」「ランドセル」「360mmロケット砲」が付属。

ナンバリングマークを再現する専用のマーキングシールも付属します。

という事で、オリジンジムの新作HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のレビューいってみます!

HG ジム・キャノン(空間突撃仕様)

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

ジム・キャノン(空間突撃仕様)とは

宇宙空間戦闘用装備に変更したジム・キャノン

・主な違いは「脚部」「ジム・スナイパーのスラスターに変更」「バルザック式380mmロケット・バズーカを装備(このキットには付属せず)」

大半がア・バオア・クーの戦闘で失われた(一年戦争後この機体を確認する事ができず)

※MSV-R設定です

 

という事で、MSV臭がプンプンする設定のジム・キャノンになります。

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

ホイルシールは頭頂部センサーとコクピット、股間のV字を補うものが付属。

マーキングシールはコーションレターやライン、ナンバリングマークが印刷されたジム・キャノン(空間突撃仕様)専用のシールになっています。

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

付属品は「360mmロケット砲」「ビーム・スプレーガン」「ハンドパーツ×3」と、シンプルな内容。

設定的にビーム・サーベルは装備していないため、武器数は少ないです。

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

完成したHGジム・キャノン(空間突撃仕様)がこちら。

新規造形部分「頭部」「胴体」「ランドセル」「360mmロケット砲」になります。

※各パーツについては後述

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

ジムらしいというか、往年のMSVらしい成形色になっていますね。

落ち着くわ……

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

とはいえオリジンMSDという事で、体型は現代風な細身のジムにアレンジされています。

それでは細かく見ていきます!

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

可動域は他のオリジンジムとほとんど同じで良く動きますが、ロケット砲が干渉するため右肩の可動が少しだけ狭くなっています。

同じ理由で、頭部の左右方向への可動域も狭いです。

ここはデザイン的に仕方ない部分かもしれません。

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

頭部センサー部はクリアブルーのパーツが使用され、奥のメカニカルな造形が透けて見えます。

頭頂部レッドはシールで補います。

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

後頭部には特徴的な2本のアンテナ。(新規造形)

頭部は前後はめ込み式で合わせ目が出るように見えますが、公式の作例基準ではモールド扱いになっていました。

※段落ち処理はされていません

このあたりはMSV(MSD)のガンプラという事で、処理するかはご自由に的な感じだと思われます。

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

胴体も新規造形で、右胸部はロケット砲を装備できる形状になっています。

お腹のコクピット部(グレー)はシール。

胴体側面の合わせ目も公式作例では合わせ目ではありませんでした。

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

空間突撃仕様の右胸部装甲はジム・キャノンとは形状が違うため、今後ジム・キャノンが発売されても流用は効かなそうです。

このキットの売りといったところですね。

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

胴体の黄色いラインや機体ナンバーのマーキングシールがいい感じっす(>ω<)

レトロな雰囲気を感じますね。

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

上半身はエグいぐらい倒せます。

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

360mmロケット砲は軸接続で、

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

3パーツ構造のシンプルな作りをしています。

銃口部分の穴は少し浅め。

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

ランドセルの左側面はビーム・サーベルのマウント部が除かれ、専用のディテールが追加されている新規造形のカバーパーツで再現されています。

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

360mmロケット砲は前後に多少傾きます。

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

左右にも。頭部に干渉するため、顔を左右に振る動作は苦手です。

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

肩周りは従来のオリジンジム同様、合わせ目が出ません。

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

前後に大きく可動します。

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

腕も合わせ目がありません。

赤いラインはマーキングシールで補います。

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

腰も合わせ目無しで、専用のマーキングシールが付属します。

※MSV-Rの設定画に忠実なナンバリングと位置になっていました

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

脚の付け根が前後にスイングするギミックを搭載。

脚の前後可動範囲が広いです。

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

ノーマルのジム・キャノンと一番形状的変化が多い脚部。(とはいえ今までのオリジンジムの流用部分)

前後・左右とパーツ分割されており、合わせ目が出ません。

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

スラスター形状は設定通りジム・スナイパーと同じになっています。

足裏には肉抜きがありません。

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

スリッパ部は前後左右に大きく可動するため、接地性に優れています。

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

手持ち武器はビーム・スプレーガンのみです。

従来のオリジンジムと同じ形状のもので、2パーツのシンプルな構造です。

それではアクションポーズいってみます!

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

ビーム・スプレーガンを構える空間突撃仕様!

股下にはいつもの3mm穴が空いており、スタンドに対応しています。

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

このキットに付属する武器はビーム・スプレーガンと肩の360mmロケット砲のみとなります。(一応バルカンもあるけど)

シンプル……(*´ェ`*)

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

少し緩いですが、スプレーガンは腰部にマウント可能です。※仕様外

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

宇宙特化仕様という事で、浮かせてディスプレイすると映えますね。

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

カッケェ!

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

頭部可動こそ苦手ですが、本体はめちゃめちゃ動きます。

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

膝立ちも綺麗に決まるぞ!

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

ジャキッ!

この弱そうな顔がタマラン……

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

ジム・インターセプトカスタムと共闘!

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

ボックスアート風。

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

他のジムと一緒に飾ると魅力が爆上がりしますね。

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

HGジム・インターセプトカスタムと比較。

共通パーツは多いです。

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HG ジム・インターセプトカスタム レビュー

 

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

連邦軍のエース部隊出撃!

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

顔は空間突撃さんが一番カワイイと思う(*´ェ`*)

うしろにある2本のアンテナがやぼったくて最高だよ……。

HGシリーズのオリジンジムの比較ガンプラ画像です

HGのオリジン系ジムでディスプレイ。

※左から「HGジム・ガードカスタム」「HGジム・インターセプトカスタム」「本キット」「HGジム・スナイパー(プレバン)」「HGジム・ナイトシーカー(プレバン)」

【ガンプラ】HG ジム・ガードカスタム レビュー
【ガンプラ】HG ジム・スナイパーカスタム レビュー【プレバン】
【ガンプラ】HG ジム・ナイトシーカー レビュー【プレバン】

 

HGジム・キャノン(空間突撃仕様)のガンプラレビュー画像です

片側だけにキャノンっぽいものを装備したガンプラでディスプレイ。

※左から「HGUCフルアーマーガンダム7号機(塗装済)」「HGヘビーガンダム(イングリッド0専用機・HGヘビーガンダムを塗装したもの)」「HGガンキャノン最初期型 鉄騎兵中隊機(ウェザリング済)」

【ガンプラ】HGUC フルアーマー ガンダム7号機 レビュー
【ガンプラ改造】HG ヘビーガンダム イングリッド0専用機【ジョニー・ライデンの帰還】
【ガンプラ】HG ガンキャノン最初期型(鉄騎兵中隊機)レビュー

 

HGジム・キャノン(ロケット・バズーカ装備)のガンプラレビュー画像です

最後に、本キットのリデコキットであるHGジム・キャノン(ロケット・バズーカ装備)とディスプレイ。

HGジム・キャノン(ロケット・バズーカ装備)のガンプラレビュー画像です HGジム・キャノン(ロケット・バズーカ装備)のガンプラレビュー画像です

主な違いはロケット・バズーカの有無です。詳しくは↓のレビューでどうぞ。

【ガンプラ】HG ジム・キャノン(ロケット・バズーカ装備) レビュー【プレバン】

 

HG ジム・キャノン(空間突撃仕様)の感想

ということでHG ジム・キャノン(空間突撃仕様)のご紹介でした。

 

まず一番の特徴である360mmロケット砲ですが、シンプルな3パーツ構造ですが往年のファンは満足する見た目になっていると思います。

新規造形の頭部、クラシックな成形色と相まりMSV(MSD)臭でむせかえるキットになっていると思いました。

 

弱点としては「バルザック式380mmロケット・バズーカ」が付属しなかった点。

MSD設定では装備していない可能性あるのかな?(この辺の違いよくわからんw)

 

長所としてはパーツ分割による色分けが優秀で合わせ目があまり出ない点。(先述したように公式作例ではほとんどの合わせ目がモールド扱いでした)

成形色も安っぽい色ではなく深みのある色で再現されているため、素組み派モデラーさんでも高品質なジム・キャノンが組めると思いますぞ!

安定のオリジンジムクオリティで間違いないです。

 

以上、「HG ジム・キャノン(空間突撃仕様)」のガンプラレビューでした!

 

icon

 

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る