スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
iconiconicon

【ガンプラ】HGCE ウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機) レビュー【プレバン】

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG ウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)」のガンプラレビューです。

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムSEED DESTINYに登場し、ネオ・ロアノークが搭乗するウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)をご紹介。

2021年発売プレミアム・バンダイ限定品になります。

ネオ・ロアノークのパーソナルカラーである、赤紫の機体カラーが成形色で再現されています。

という事で、HGウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)をレビューしていきたいと思います!

HGCE ウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

ネオ専用のウィンダムさん。

内容的には、2020年に一般発売されているHGCEウィンダムの色違いキットとなります。

という事で塗装派モデラーさんにはうまみのない内容になっていますが、今回のレビューでも合わせ目箇所などを細かく解説していきますね……w(*ノェノ)

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

ホイルシールはネオ機専用のものが付属します。

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「M9409Lビームライフル」「ES04Bビームサーベル×2」「A52攻盾タイプE(Mk438/B 2連装多目的ミサイル ヴュルガーSA10)」「手首パーツ×2」「余剰パーツのA52攻盾タイプE」

内容的には通常ウィンダムの色違いですが、色分け都合の余剰パーツとして「A52攻盾タイプE(シールド)」が1つ余ります。(腕に接続するためのジョイントパーツは余りません)

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

そして完成したHGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)がこちら。

ネオのパーソナルカラーである、赤紫を主体とした成形色で再現されています。

胸部まわりなどは明るいグリーンのパーツも使われているため、個性的なカラーリングになっていますね。

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

元が2020年製のHGCEシリーズという事で、かなりの高プロポーションで再現されています。

また、KPSを多用した組みやすい・かつ塗装のしやすいキットになっているのも特徴です。(ABSは未使用)

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

それでは各部細かく見ていきます!

HGCEウィンダムとネオ・ロアノーク専用機の比較ガンプラレビュー画像です

まずは通常ウィンダムと比較。

余剰パーツや付属シールこそ違うものの、違いは基本的に成形色だけで新規造形パーツはありません。

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

可動域は広く、手足は大きく広がります。

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

手足の関節は90度以上大きく曲がり、キレイにヒザ立ち可能です。

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

上半身を少し引き上げれば、360度回転します。

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。トサカ部分とメインカメラにはホイルシールを使用しますが、アンテナまわりはパーツ分割により細かく色分けされています。

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込み式で、側面に合わせ目が出ます。

大型のアンテナは、先端に安全フラッグあり。

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

胴体もブラック・グレー・ホワイト・グリーンと、細かく色分けされています。

前後はめ込み式で、上部と側面には合わせ目が出ます。

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

大型のショルダーアーマー。このあたりの色分けも優秀です。

肩はボールジョイント接続で、前後に大きく動きます。

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

腕部分に合わせ目はありません。

二の腕から下はロール回転します。

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

腰部をアップで。サイドアーマー上部には、ビームサーベルのグリップをマウントしています。

シンプルなプラ同士の凹凸接続ですが、そこまでポロリはしません。

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

脚部はちょこちょこと合わせ目が出ます。

一応モールドに見えなくもない位置になっていますが、厳密に言えば(設定画では)モールドのない部分です。

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

関節は↑のようなFINE BUILD構造になっており、関節パーツを後から組み込む事ができます。

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

脚部側面のスラスターは、ロール回転します。

緑色のラインはホイルシールで色を補います。

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

ふくらはぎのスラスターは、上下に微妙に可動します。

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

足裏に肉抜きは無く、グレーで色分けされています。

股関節は可動式で、底面にはスタンド用の3mm穴が空いています。

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

背部は、HGシリーズのストライカーパックに対応する穴が空いています。

1穴式ですが、ガッチリと装着できます。

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

こちらがAQM/E-AE1 ジェットストライカー

通常のHGCEウィンダムと同じく、大気圏内用の空戦型ストライカーパックが同梱します。

細かな色はちょこちょこ足りませんが、造形自体は高ディテールで再現されており、主翼下部にはミサイルが搭載されています。(着脱可能)

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

ジェットストライカーは上下に傾ける事ができ、主翼も折りたたむ事ができます。

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

「ネオ・ロアノーク、ウィンダム出るぞ!」

ウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)、出撃!

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

M9409Lビームライフルは3パーツ構造で、合わせ目が出ます。

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

A52攻防タイプEは2箇所穴が空いており、好きな位置に接続可能。

表面の突起部分グリーンは、シールで色を補います。

裏側にはミサイルが搭載されていますが、裏打ちパーツと一体化されおり着脱不可。このあたりは塗り分けが必要です。

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

ビームライフルで攻撃!

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

可動域が広いので、色々なポーズで展示できます。

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

「見つけたぜ、子猫ちゃん!」

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

ヒザを着いて射撃。

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

ビームライフルのフォアグリップは非可動ですが、両手で構える事ができます。

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

ES04Bビームサーベルを抜刀!

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

アクション!

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

「逃がしはせんよ!」

ライフル+サーベルで。

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

本キットは「SEED HGシリーズのストライカーパック」に対応しているため、↑のようにガンバレルストライカー(HG 105ダガー+ガンバレルに同梱)を装着する事もできるぞ!

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

逆も然りで、105ダガーに本キットのジェットストライカーを装着する事ができます。

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HG 105ダガー+ガンバレル レビュー

 

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

もちろん、別売り・同月発売のHGCEウィンダム&ダガーL用拡張セットiconにも対応しているよ!

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

ドッペルホルン連装無反動砲のほか、

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

マルチランチャーパックとも相性バツグンです。

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGCE ウィンダム&ダガーL用 拡張セット レビュー【プレバン】

 

icon

 

HGCEウィンダムのバリエーションガンプラ画像です

HGCEウィンダムのリデコキット勢揃いでディスプレイ。

※左から「HGCEウィンダム」「本キット」「HGBD:Rエルドラウィンダム

HGCEウィンダムのバリエーションガンプラ画像です HGCEウィンダムのバリエーションガンプラ画像です

【ガンプラ】HGCE ウィンダム レビュー
【ガンプラ】HGBD:R エルドラウィンダム レビュー【プレバン】

 

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

HGIFシリーズのネオフィギュアとディスプレイ。

このフィギュア、仮面と素顔の2種類の頭部が付属するぞ!↓

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

 

ネオ・ロアノーク(ムウ・ラ・フラガ)のガンプラ画像です

ネオ搭乗機でディスプレイ。

※「HGシラヌイアカツキガンダム

ネオ・ロアノーク(ムウ・ラ・フラガ)のガンプラ画像です

【ガンプラ】HG シラヌイアカツキガンダム レビュー

 

HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のガンプラレビュー画像です

「よーし行こう!慎ましくな。」

HGCE ウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)の感想

ということでHGウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)のご紹介でした。

 

余剰パーツで色違いの「A52攻盾タイプE(ジョイントパーツ以外)」が1つ付属するので、その分ちょっぴりお得な内容になっています。

ただ一般発売されているHGCEウィンダムの完全な色替えキットとなるため、塗装いらずで手軽にネオ機を再現したいモデラーさんにはオススメなプレバン品といった感じです!

 

以上、「HGCEウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)」のガンプラレビューでした!

icon

 

 

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る