icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGCE ウィンダム レビュー

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG ウィンダム」のガンプラレビューです。

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムSEEDシード DESTINYデスティニーに登場する、地球連合軍の主力量産型MSウィンダムをご紹介。

2020年発売。

関節構造にFINE BUILDが採用された最新フォーマットにて立体化されています。

ジェットストライカーが付属し、新旧HGシリーズのストライカーパックと互換性アリ。

という事で、HGウィンダムをレビューしていきたいと思います!

HGCE ウィンダム

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

GAT-02L2ダガーLの後継機として開発されたウィンダムさん。

ストライカーパックシステムを搭載し、GAT-X105ストライクガンダムに匹敵する性能を誇る量産型MSです。

ボックスアートでは、特徴的なコピペポーズのウィンダムが描かれているぞ!w

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

ホイルシールがこちら。

「メインカメラ」「トサカ前後のセンサー」「シールドの突起」のほか、主にジェットストライカーの色を補うものが付属します。

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

付属品はシンプルで、「M9409Lビームライフル」「ES04Bビームサーベル×2」「A52攻盾タイプE(Mk438/B 2連装多目的ミサイル ヴュルガーSA10)」の3種類が同梱。

ライフル持ち手は入っておらず、手首パーツは通常武器持ち手が左右分付属する感じです。

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGCEウィンダムがこちら。

SEED DESTINY放送当時に発売されなかったウィンダムが発売されただけでも感涙ものですが、ご覧のようにHGCE準拠による最新フォーマットで立体化されているのに感動を覚えます……。

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

外装はホワイト・ブルーのみならず、細かなグリーン部も別パーツで色分けされています。

ショルダーアーマーの大きさなど、設定画のイメージを損なうことなく再現されていますね。

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

背部にはジェットストライカーを装備しています。

ストライカーパックシステム搭載型MSのHGと互換性があり、無改造で取り付け可能です。※このあたり詳しくは後述

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

可動域は広く、腕は水平以上上がり真横まで開脚します。

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

手足の関節は180度近く曲がり、キレイにヒザ立ち可能です。

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

上半身はここまでまわります。「上半身の腰パーツ」が「腰中央の青いパーツ」に干渉するため回転はしませんが、必要十分には動く感じ。

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

「メインカメラ」「トサカ前後のセンサー」はシールですが、アンテナや額まわりなどの色分けが細かいです。

頬左右にある「M2M5 トーデスシュレッケン12.5mm自動近接防御火器」の銃口はグレーで要塗装です。(武器の名前長い……w)

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込み式で、側面一部に合わせ目が出ます。トサカまわりは段になっていて合わせ目無しです。

アンテナ先端には安全フラッグがあります。

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

胸部はホワイト・ブルー・グリーンと細かく色分け済み。左右の銃口だけグレーで要塗装です。

胴体は前後はめ込み式で、「青いパーツ」「襟のグレー」部分に合わせ目が出ます。

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーも色分け優秀で、ホワイト・ブルー・グリーン・グレーと細かく色分け済みです。胴体上部に合わせ目アリ。

肩はボールジョイント接続で前後に可動、特に前方向への可動に優れています。

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

腕は合わせ目の出ない親切設計。

厳密にいえば関節パーツに合わせ目っぽいラインが出ますが、ほとんど目立たないうえ作例ではモールド扱いになっていました。

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

腰部左右にはES04Bビームサーベルの柄をマウントしています。

プラ同士のシンプルな凹凸接続ですが、昔のHGシリーズのガイアガンダムなどと違い外れにくいです。

腰内部パーツは可動し、股下にはアクションベース用の3mmジョイント穴が空いています。

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

関節構造は「FINE BUILD」という事で、最新フォーマットらしい作りになっています。

今までのHGCEでは足の付け根に直接ポリキャップを使っている事が多かったですが、ポリキャップはモモ内部のロール軸に配置され、付け根と接続するパーツはKPSになっています。

ナラティブあたりのHGでは足がふにゃつく事がありましたが、強度は少し固めに設計されていてカッチリとポーズを決める事ができるようになりました。

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

脚部はモモ側面など、ちょこちょこと合わせ目が出ます。

モールドに見えるような位置になっていますが、組み立て書作例でも消されていました。

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

脚部側面とふくらはぎにあるスラスターは可動します。

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

ヒザの内側には肉抜きがありますが、足裏は肉抜き無しでモールドが細かいうえ色分け済みです。

最近のHGは足裏の肉抜きが減ってきたような気がする……いい感じです(*´ェ`*)

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

大気圏内用の空戦型ストライカーパックである、AQM/E-AE1 ジェットストライカーがこちら。

ここはグレーとライトグレー2色成形のため、細かな部分はホイルシールで色を補います。

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

アップで。なかなか細かいディテールですね。

主翼下部のミサイルは着脱可能ですが、グレー1色になってしまっているのでホワイト・ライトグレー・レッドと塗り分ける必要アリです。

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

ジェットストライカーは後ろに倒す事ができ、主翼を折りたたむこともできます。

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

ウィンダム、出撃!

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

M9409Lビームライフルから。

3パーツのシンプルなモナカ割りで、合わせ目が出ます。

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

ビームライフルで攻撃!

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

ヒザをついて。

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

ポーズ幅が広いです(>ω<)

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

無双するウィンダム!(←?)

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

初のキット化という事で、組んでみると「足首パーツの形ってこんなだったんだ……」と新たな発見がありました。

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

フォアグリップは可動しませんが、一応両手で構える事ができます。

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

A52攻防タイプEの表面にある突起部分(イエロー)はシールで色を補います。

ミサイルは裏のパーツと一体化されており、グレー・レッドで要塗装です。

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

ブレードで攻撃!

先端がブレード形状になっているのが特徴です。

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

ちなみに、シールドは裏側2箇所の穴から好きな位置に取り付ける事ができます。

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

ミサイルで攻撃。

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

ジェットストライカーの角度を変えて。

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

腰部左右のES04Bビームサーベルを持たせてみます。

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像ですHGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

二刀流で。柄、ビームエフェクトパーツともに2本付属します。

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

HGCEクオリティのウィンダムが組める日が来るなんて思わなかったよ……(*ノェノ)

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

コピペポーズでパシャリ。

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

※皮肉な事にHGCEインパルスよりクオリティが上がってしまったウィンダムさんの図

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

フォースインパルスガンダムと交戦!(RGの方)

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

瞬殺されるウィンダムさん。

 

HGの他ストライカーパックとの互換性

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

背部のハードポイントがこちら。

本キットの特徴ですが、HG GUNDAM SEED(放映当時のHG)や、HGCEシリーズで発売されているストライカーパックと互換性があります。

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

例えば、↑のようにHGCEエールストライクガンダムに同梱するエールストライカーが無改造で取り付け可能です。

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

ノワールストライカーも、無改造で取り付ける事ができました。

※HGストライクノワールガンダムに同梱

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

ストライカーパックシステム対応型のHGと比較。

【ガンプラ】HGCE エールストライクガンダム レビュー
【ガンプラ】HG ストライクノワールガンダム レビュー

 

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

もちろん逆も互換性があり、HGCEストライクガンダムや

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

HGストライクノワールにジェットストライカーを取り付けることもできます。

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

お次はダガー系で。

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

※「HG 105ダガー+ガンバレル」「HG 105スローターダガー

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

105ダガー+ガンバレルに同梱するガンバレルストライカーを装備。

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

105スローターダガーのエールストライカー(HGCEエールストライクガンダムとは別造形)も装備できます。

「105スローターダガーカラーのエールストライカー」と相性いいですね……(*_*)

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

逆バージョンで。

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

「発売時期を超えた互換性」がポイント高いな……。

【ガンプラ】HG 105ダガー+ガンバレル レビュー
【ガンプラ】HG 105スローターダガー レビュー

 

HGCEインフィニットジャスティスガンダムとHGCEウィンダムの比較ガンプラ画像です

同じ日に発売されたHGCEインフィニットジャスティスガンダムと比較。

【ガンプラ】HGCE インフィニットジャスティスガンダム レビュー

 

HGCEウィンダムのガンプラレビュー画像です

HGCE ウィンダムの感想

ということでHGウィンダムのご紹介でした。

 

ジェットストライカーはシール多めで色が足りない箇所はちょこちょこありますが、HGCEの中では低価格モデルになっているので減点無しといったところ。

2020年製なだけあり、プロポーションに関してはHGCEインパルスを超えるクオリティで再現されていると思います。

長所は足の付け根が固めに設計されていて、パキッとポーズが決まる点。アクション性を重視するモデラーさんにもオススメです。

ビルドダイバーズRe:RISEリライズの「エルドラウィンダム効果」での立体化だと思うのですが、こういった形でかつて発売されなかったガンプラをバンバン発売していって欲しいですね……!(>ω<)

 

以上、「HG ウィンダム」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る