icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】RG トールギスEW レビュー

RGトールギスEWのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「RG トールギスEW」のガンプラレビューです。

RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です

「新機動戦記ガンダムW」に登場し、ゼクス・マーキスが搭乗するトールギスのEW版をご紹介。

2018年発売。

綺麗な光沢感のある白い成形色ドーバーガン、シールド、バックパックバーニアのギミックが多彩で、まさに最新技術で作られたトールギスが再現されています。

という事で、RGトールギスEWをトールギスIIやIII、TVアニメカラーVer.と並べた画像を含めてレビューしていきたいと思います!

RG トールギスEW

RGトールギスEWのボックスアートの画像です

RGトールギスEWのボックスアート。

RGトールギスEWの組み立て書の画像です

RGらしく冊子風になっている組み立て書に、

RGトールギスEWのリアリスティックデカールの画像です

リアリスティックデカールが付属します。リアリスティックデカールの量はRGユニコーンガンダムなどと比べるとそこまで多くないので、貼るのが楽でした。(とはいえ全部貼るのに1時間ほどかかりましたが(>ω<))

RGトールギスEWの1/144ゼクス・マーキスの画像です

1/144ゼクス・マーキスも付属します。

めっちゃくちゃ小さいのにゼクスの仮面と軍服、マントがわかるのが異常じゃないですかね……(*_*;)

RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です

↑まずは素組みにリアリスティックデカールを貼っていない状態から。

くぅぅ!これだけでも十分かっこいいぞ……(>ω<)

RGトールギスEWの素組みのガンプラレビュー画像です

一部アンダーゲートが採用されているので、ご覧の通りゲート跡がほぼ目立たない作りをしています。

RGトールギスEWのパチ組みのガンプラレビュー画像です

今の時代に、バンダイの変態最新技術で作られたトールギスを拝めるとは思えなかったです……。

RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です

という事で、以下からは全てのリアリスティックデカールを貼り、スミ入れした状態をご紹介します↓

RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です

ババン。一気に情報量が増えて更にかっこよくなりました。

白い装甲の上に赤いマーキングが多いので、非常にオシャレな見た目になるぞ……(*´ェ`*)

RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です

一回こっちにしちゃうと、シール貼らない状態だと物足りなくなりますね……(*´ェ`*)

それではぐるりと見ていきます。

RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です RGトールギスEWのガンプラレビュー画像ですRGトールギスEWのガンプラレビュー画像ですRGトールギスEWの頭部のガンプラ画像です

頭部をアップで。頭部は合わせ目もなく、色分けも完璧です。

目はクリアパーツに青いシールを貼る方式です。

RGトールギスEWの頭部後ろのガンプラ画像です

後頭部のイエロー部分のパーツは左右からはめ込むため、合わせ目が出ず色分けも優秀な造りをしています。

スミ入れするとグッと立体感が出る部分。(アップで見ると拭き取り汚くてスミマセンw)

RGトールギスEWのプロトタイプ・リーオーのガンプラ画像です

↑製作途中の頭部。中身はちゃんとリーオー顔になっているよ!

見えなくなる部分なのに、ここに貼るリアリスティックデカールも付属します。

RGトールギスEWの胴体のガンプラ画像です

上半身をアップで。ホワイト・グレー・ライトグレー・イエローと、RGらしい細かな色分けを実現しています。

RGトールギスEWのコックピットハッチのガンプラ画像です

コクピットハッチは開閉します。

RGトールギスEWの肩のガンプラ画像です

このトールギスEW、ショルダーアーマーの作りが非常に優秀で肩部アーマーが素晴らしい作りで

RGトールギスEWの肩のガンプラ画像です

上から見るとホワイト、イエロー、グレーと3色を重ねた構造な上、合わせ目・ゲート跡も出ない作りになっています。

RGならではの豪華な作りをしている部分ですね。

RGトールギスEWの腕部可動のガンプラ画像です

肘関節は180度近く曲がります。手首の黄色いパーツは別パーツで色分け済み。

腕はデフォルト状態で少し前に曲がっているデザインで、まっすぐ伸ばすことはできません。

RGトールギスEWのハンドパーツのガンプラ画像です

また、多彩な手首パーツが付属します。

※左右の「武器持ち手」「平手」「握り手」のほか、右手のみ角度付きの武器持ち手が付属します。

RGトールギスEWの腰部のガンプラ画像です

腰部をアップで。

RGトールギスEWのサイドアーマーのガンプラ画像です

サイドアーマーは真横まで広がります。

RGトールギスEWのリアアーマーのガンプラ画像です

サイド・リアアーマー共に展開ギミックを搭載しており、↑のように開閉させれば内部のスラスターが露出する構造です。

RGトールギスEWの脚部のガンプラ画像です

脚部も合わせ目が出ず、細かく色分けされています。

RGトールギスEWのふともものガンプラ画像です

モモをアップで。ご覧の通り、成形色がツヤのある綺麗なホワイトになっているうえモールドも細かく深くスミ入れしやすいです。

素組み派モデラーさんは成形色を活かし、表面をヤスらずにそのままフィニッシュした方がキレイにいくかもしれません。

RGトールギスの脚接続の画像です

サイドアーマーは内側から伸びたボールジョイントパーツをモモ側面に接続します。珍しい作りですね。

脚を動かすと連動してサイドアーマーがついてくるような作りをしていますが、真横まで開脚するなど激しい動きにはついてこれない感じ。

外れても目立たないので、派手なポージングをとらせる場合は接続しなくてもいいかもしれません。

RGトールギスEWの脚部のガンプラ画像です

RGのお家芸、内部パーツを活かしたパーツ分割による色分けも健在です。

RGトールギスEWを下から見たガンプラレビュー画像です

ハイエンドシリーズRGという事で、もちろん肉抜きなどというものはないのだ……(微ゼクス口調

スタンド穴は空いていませんが、専用のジョイントパーツを股下に噛ませることにより3mmスタンドに対応します。

RGトールギスEWのバックパックバーニアのガンプラ画像です

バックパックバーニアは各所フレキシブルに可動します。

RGトールギスEWのバックパックバーニアギミックのガンプラ画像です

各部展開させると内部のスラスターが見えるギミックを搭載しています。

注意点としては、ここのスラスターとバックパックを接続するパーツが細いので破損に注意な点。

……実際、撮影後に遊んでいたら折れました(*ノェノ)

RGトールギスEWのシールドマウントギミックのガンプラ画像です

円形シールドを装備させてみます。

左肩部のカバーを開き、フレキシブルアームを取り付けて装着します。

RGトールギスEWのシールドのガンプラ画像です RGトールギスEWのシールド裏のガンプラ画像です

取り付け終了。パーツの接続強度も丁度良い感じでした。

RGトールギスEWのシールド可動のガンプラ画像です

シールドはアームによりフレキシブルに可動します。

RGトールギスEWのシールドのガンプラ画像です

表面のリアリスティックデカールがこちら。

ちなみに、プレミアム・バンダイ限定のRGトールギス(TVアニメカラーVer.)ではここのデカールのみ変化していたりします。

RGトールギスEWのシールド持ち手のガンプラ画像です

内部のグリップは可動するため、手に持たせることもできます。

RGトールギスEWのシールドのガンプラ画像です

ただこの場合シールドの可動範囲が制限されます。

はシールドは基本的に可動フレームに懸架されっぱなしなので、持たせない方がポージングに幅が出る感じです。

RGトールギスEWのサーベルラックのガンプラ画像です

シールド裏はサーベルラックになっており、ビームサーベルの柄が2本収納されています。サーベルの基部はそれぞれ可動します。

RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です

トールギス、ビームサーベルを抜刀!

RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です

斬りかかるトールギス!

RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です

クリアピンクのサーベル刃のほか、

RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です

無色透明のビームエフェクトパーツも付属します。

※ピンク、無色とも2本ずつ付属

RGトールギスEWのハンドパーツ角度付きのガンプラ画像です

また、右手のみ↑の角度がついたハンドパーツが付属します。

RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です

ビシュゥン……。

RGトールギスEWのドーバーガンのガンプラ画像です

ドーバーガンはフレキシブルアームにより右肩に接続します。

RGトールギスEWのドーバーガンマウントのガンプラ画像です

後ろ側へ持っていけるため、手に持たせない場合でも邪魔にならない作り。

RGトールギスEWのドーバーガン伸縮のガンプラ画像です

ドーバーガンを前方へ向け、銃身を伸ばせば

RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です

ドーバーガンを構える事ができます。

アームに接続されている影響で、ポージング難易度はちょい高めです。

RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です

ドーバーガンで攻撃!

RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です

フォアグリップは可動し、↑のように両手で構える事もできます。

RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です

暴れまわるトールギス!

RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です

「祈らんでも健闘する!」

それでは適当に何枚かいってみます。

RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です

※地味に右下手前にゼクスを置いてみました(*´ェ`*)

RGトールギスEWのガンプラレビュー画像ですRGトールギスEWのガンプラレビュー画像です RGトールギスEWのガンプラレビュー画像ですRGトールギスEWのガンプラレビュー画像です

いい出来ですねぇ……(*_*)

1/144 ガンダムヘビーアームズのガンプラレビュー画像です

ヒイロのヘビーアームズと決闘!

1/144 ガンダムヘビーアームズのガンプラレビュー画像です 1/144 ガンダムヘビーアームズのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】1/144 ガンダムヘビーアームズ レビュー【旧キット】

 

RGウイングガンダムEWとRGトールギスEWのガンプラ画像です

RGウイングガンダムEWとディスプレイ。

RGウイングガンダムEWとRGトールギスEWのガンプラ画像です

これ、セットで買うモデラーさんめちゃめちゃ多いのではなかろうか。

RGウイングガンダムEWとRGトールギスEWのガンプラ画像ですRGトールギスII(トールギス2)のガンプラレビュー画像です

ガンダムWのRGシリーズでディスプレイ。

【ガンプラ】RG ウイングガンダムEW レビュー

 

HGACリーオーとRGトールギスの比較ガンプラレビュー画像です

HGACリーオーと比較。

【ガンプラ】HGAC リーオー レビュー

 

RGトールギス系の比較画像です

RGで発売されているトールギスシリーズで比較。

※左からRGトールギスEW、トールギスII、トールギスIII

今回のRGトールギスEW以外はプレミアム・バンダイ限定品になります。

RGトールギス系の比較画像です RGトールギス系の比較画像です

【ガンプラ】RGトールギスII レビュー【プレバン】
【ガンプラ】RG トールギスIII レビュー【プレバン】

 

RGトールギスEWとTVアニメカラーVer.の違い・比較ガンプラ画像です

RGトールギス(TVアニメカラーVer.)(右)と比較。

RGトールギスEWとTVアニメカラーVer.の違い・比較ガンプラ画像です

成形色とシールドに貼るシールが変化しているのが特徴です。

RGトールギスEWとTVアニメカラーVer.の違い・比較ガンプラ画像です

ぶっちゃけ色以外の変更点は少ないのですが、結構イメージ違って見えますね(*_*)

【ガンプラ】RGトールギス(TVアニメカラーVer.) レビュー【プレバン】

 

RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です

RG トールギスEWの感想

という事でRGで発売されたトールギスEWのご紹介でした。

 

色分けが優秀なだけではなく、光沢感のある装甲色がとてもキレイなガンプラに仕上がっています。

リアリスティックデカールのデザインも良く、可動域にも優れているため優良ガンプラで間違いないです。

アンダーゲートを採用しており、ゲート跡が目立たないので素組み派モデラーさんにかなりオススメといった感じ。

弱点をあげるとすれば、動かしているとバックパックバーニアが閉じやすい点でしょうか。また、無理に動かすと破損しやすい部分なのでそこだけはご注意を。

RGの中ではパーツ数が控えめなため(それでもHGと比べるとかなり多いですが)、RG入門としてもオススメだと思いますぞ!

 

以上、「RG トールギスEW」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る

 

icon