icon
icon

【ガンプラ】RG トールギスEW レビュー

RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「RG トールギスEW」のガンプラレビューです。

RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です

「新機動戦記ガンダムW」に登場し、ゼクス・マーキスが搭乗したトールギスのEW版がRGでリリースされました!

綺麗な光沢感のある白い成形色ドーバーガン、シールド、バックパックバーニアと最新技術で作られたトールギスが再現されています。

往年のガンダムWファンにはたまらない出来になっていたので、ガッツリとご紹介していきたいと思いますぞ。

スポンサーリンク

RG トールギスEW

RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です

↑まずは素組みにリアリスティックデカールを貼っていない状態。

くぅぅ!これだけでも十分かっこいいぞ……(>ω<)

まずは内容物から。

RGトールギスEWのボックスアートの画像です RGトールギスEWの組み立て書の画像です RGトールギスEWのリアリスティックデカールの画像です

いつものRGセットといえばその通りなのですが、リアリスティックデカールの量がユニコーンガンダム等と比べそこまで多くないので貼るのが楽でした。

※とはいえ全部貼るのに1時間ほどかかりました

RGトールギスEWの1/144ゼクス・マーキスの画像です

1/144ゼクス・マーキスが付属。

めっちゃくちゃ小さいのにゼクスの仮面と軍服、マントがわかるのが異常じゃないですかね……。

RGトールギスEWの素組みのガンプラレビュー画像です

一部アンダーゲート方式なので、↑をご覧の通りゲート跡がほぼ目立たない作りをしています。

目立つ位置の合わせ目も無し。

RGトールギスEWのパチ組みのガンプラレビュー画像です

今の時代に、バンダイの変態最新技術で作られたトールギスを拝めるとは思えなかったですわ……。

RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です

以下から全てのリアリスティックデカールを貼り、スミ入れした状態になります↓

RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です

一気に情報量が増えて更にかっこよくなりました。

一回こっちにしちゃうとシール貼らない状態だと物足りなくなりますね……(*´ェ`*)

RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です

ハァハァ……うっ……

 

かっこいいぞ……

 

RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です RGトールギスEWを下から見たガンプラレビュー画像です

ハイエンドシリーズRGという事で、もちろん肉抜きなどというものはないのだ……(微ゼクス口調

RGトールギスEWの頭部のガンプラ画像です

頭部は合わせ目もなく色分けは完璧。

目のバイザーはクリアパーツに青いシールを貼る形式です。

RGトールギスEWの頭部後ろのガンプラ画像です

後頭部のイエロー部分のパーツは左右からはめ込む形式。

スミ入れするとグッと立体感が出る部分ですね。(アップで見ると拭き取り汚くてスミマセン

RGトールギスEWのプロトタイプ・リーオーのガンプラ画像です

↑製作途中の頭部の写真。

ちゃんと中身はリーオーの顔だったよ!(しかも目のシールが付いているw

RGトールギスEWの胴体のガンプラ画像です

リーオーが中に入ってるなんて設定が吹き飛ぶ程、トールギスかっこいいぞ……

リアリスティックデカールのレッドがホワイト装甲と相性ばっちりではないでしょうか。

RGトールギスEWのコックピットハッチのガンプラ画像です

地味にコックピットハッチを開ける事が可能です。

RGトールギスEWのバックパックバーニアのガンプラ画像です

バックパックバーニアはフレキシブルに可動します。

RGトールギスEWのバックパックバーニアギミックのガンプラ画像です

開くとスラスターが見えるギミックがとても素晴らしい。

とはいえここのスラスターとバックパックを接続するパーツが細いので、破損に注意です。

実際撮影後遊んでたら折れたので_| ̄|○

RGトールギスEWの肩のガンプラ画像です

このトールギス、肩部アーマーが素晴らしい作りで

RGトールギスEWの肩のガンプラ画像です

内部を見るとホワイト、イエロー、グレーと3色を重ねた構造な上、合わせ目・ゲート跡も出ない作りになっています。

RGならではの豪華な作りをしている部分ですね。

RGトールギスEWの腕部可動のガンプラ画像です

腕はデフォルト状態で少し前に曲がっている作り。

可動域は肘のみならず全部位良好でした。

RGトールギスEWのハンドパーツのガンプラ画像です

付属の全ハンドパーツがこちら。

右手のみ角度違いの武器持ち手が付属します。※後述

RGトールギスEWの腰部のガンプラ画像です RGトールギスEWのサイドアーマーのガンプラ画像です

サイドアーマーは真横まで可動。

RGトールギスEWのリアアーマーのガンプラ画像です

サイド、リアアーマー共に展開ギミックがあり、スラスターが露出します。

RGトールギスEWの脚部のガンプラ画像です RGトールギスEWのふともものガンプラ画像です

↑ご覧の通り、成形色がツヤのある綺麗なホワイトになっています。

「塗装派、つや消しフィニッシュをしたいモデラーさん」以外は、成形色を活かすために表面をヤスらずそのままフィニッシュした方がいいかもしれません。

RGトールギスEWの脚部のガンプラ画像です

RGのお家芸、内部パーツを活かしたパーツ分割による色分けも健在。

RGトールギスEWのシールドマウントギミックのガンプラ画像です

それでは円形シールドを装備させてみます。

左肩部に可動フレームを取り付け、

RGトールギスEWのシールドのガンプラ画像です RGトールギスEWのシールド裏のガンプラ画像です

取り付け終了。

パーツのテンションも丁度良い感じです。

RGトールギスEWのシールド可動のガンプラ画像です

シールドはフレキシブルに可動します。

RGトールギスEWのシールドのガンプラ画像です

リアリスティックデカールがかっこいいですね。

RGトールギスEWのシールド持ち手のガンプラ画像です

シールドのグリップをつかんで持たせる事もできます。

RGトールギスEWのシールドのガンプラ画像です

シールドは基本的に可動フレームに懸架されっぱなしなので、わざわざ持つ必要はない感じです。

※持たせると逆にシールド可動範囲が狭まる+ハンドパーツが外れやすい印象でした

RGトールギスEWのサーベルラックのガンプラ画像です

シールド裏はサーベルラックになっていて、ビームサーベルの柄が2本収納されています。

RGトールギスEWのサーベルラックのガンプラ画像です RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です

トールギス、ビームサーベル抜刀。

RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です

無色のビームエフェクトパーツも付属します。

※ピンク、無色とも2本ずつ付属

RGトールギスEWのハンドパーツ角度付きのガンプラ画像です

先述した通り、右手のみ角度のついたハンドパーツが付属します。

RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です

騎士のようで非常にかっこいいです。

RGトールギスEWのドーバーガンのガンプラ画像です

お次はドーバーガンを装備させてみます。

こちらも可動フレームを右肩に接続します。

RGトールギスEWのドーバーガンマウントのガンプラ画像です RGトールギスEWのドーバーガン伸縮のガンプラ画像です

ドーバーガンの角度を前方へ傾け銃身を伸ばせば、

RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です

ドーバーガン、装備完了。

RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です

サイドグリップは可動し両手で持つ事も可能です。

RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です

「祈らんでも健闘する!」

RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です

ひゃ~RGトールギスEW、カッケェ!!!(かっこよすぎて語彙が少なくなっている人

RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です RGウイングガンダムEWとRGトールギスEWのガンプラ画像です

RGウイングガンダムEWとディスプレイ。

これ、セットで買うモデラーさんめちゃめちゃ多いのではなかろうか。

RGウイングガンダムEWとRGトールギスEWのガンプラ画像です

【ガンプラ】RG ウイングガンダムEW レビュー

 

HGACリーオーとRGトールギスの比較ガンプラレビュー画像です

HGACリーオーと比較。

【ガンプラ】HG リーオー レビュー

 

RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です

※地味に写真の右下手前にゼクスを置いてみた

RGトールギスEWのガンプラレビュー画像です

RG トールギスEWの感想

という事でRGで発売されたトールギスEWのご紹介でした。

 

ハイ。今回は不満が特にありません。※レビュアーとしていいのだろうか……w

 

無理矢理あげるとすれば、先述した通りバックパックバーニアの展開ギミックの影響でスラスターとバックパックを繋ぐパーツが非常に細く出来ているので、破損には注意といった感じ。

 

プロポーション、可動域、完璧な色分け、一部アンダーゲート形式を採用しているのでゲート跡がほぼ目立たない点、肩部可動フレームのポロリがない点、成形色のつやがとても綺麗な点、以上から私はRGの中で一番のお気に入りガンプラになりました。

 

RGユニコーンガンダムよりパーツ数が少ないので、ユニコーンに懲りたモデラーさんでも比較的サクサク組み上がると思います。

 

そして、

RGウイングガンダムEWとRGトールギスEWのガンプラ画像ですRGウイングガンダムEWと並べるとめちゃめちゃかっこいいので組んでないモデラーさんは是非一緒に!!

 

以上、「RG トールギスEW」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古 1/144 RG OZ-00MS トールギスEW』の在庫を見る