icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGUC イフリート・シュナイド レビュー

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGイフリート・シュナイド」のガンプラレビューです。

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムUCに登場し、フレッド・リーバーが搭乗するイフリートシュナイドをご紹介。

2017年発売。

ドムのジャイアント・バズが同梱するほか、各所に装備している全14本のヒート・ダート全て着脱可能です。

という事で、HGUCイフリート・シュナイドを他のHGイフリートタイプとの比較画像を含めてレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HGUC イフリート・シュナイド

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

episode 4「重力の井戸の底で」、および漫画「ストライカー イン トリントン Ninja of the Torington Base」に登場するイフリート・シュナイドさん。

カラーリングは「ミッシングリンクに登場するマルコシアス隊のダグ・シュナイド」のパーソナルカラーであるになっており、フレッド・リーバーに受け継がれ改修されたという設定です。そのため「イフリート・シュナイド」と命名されています。

ちなみにパイロットのフレッド・リーバーは、スレイヴ・レイス隊に所属していたあのリッパーだったりします(*_*)

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

ホイルシールは細かな色を補うものが付属。

量は多くないですが、「腰部動力パイプ中央」「脚の甲」など角張った面に貼る事が多いです。

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

付属品がこちら。

※「ジャイアント・バズ」「手首パーツ×3」「ヒート・ダート×14(+手に持たせる用2本)」

手首パーツは左右の「武器持ち手」右の「バズーカ持ち手」が付属。

ジャイアント・バズはドムの装備するものと同デザインですが、HGUCドムのバズとは違い新たに新造されています。

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGUCイフリート・シュナイドがこちら。

ダグのパーソナルカラーである紫主体の成形色で立体化されています。

パーツ分割による色分けは優秀なのですが、腰部中央まわりや脚の甲など目立つ部分のオレンジをシールで補う感じです。

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

肩・腰・左腕に装備している全14本のヒート・ダートは、全て着脱可能です。

立ち姿だけでめちゃめちゃかっこいいっす……(>ω<;)

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

それでは各部細かく見ていきます!

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

可動域から。肩周りの可動範囲がかなり動く、腕を大きく上げる事ができます。

開脚範囲もそこそこ広いです。ただ、接地性は標準といったところ。

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

手足の関節は90度以上曲がりますが、モモがサイドアーマーに干渉するため足を上げる動作はちょい苦手です。一応ヒザ立ちは可能です。

デザイン上、腰はほとんどひねる事ができません。

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

頭部は重ね合わせるように組んでいくため、合わせ目が出ない優秀な造りをしています。

モノアイは光沢感のあるグリーンのシールで、凸形状は造形されています。

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

アンテナ先端には安全フラッグ有り。

頭部の色分けはかなり優秀です。

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

↑枠の頭頂部パーツを外せば、モノアイを動かすためのツマミが露出します。

が、一度組むと非常に外しにくいため、↑のようにヘルメットごと外して動かす方がラクチンです(*´ェ`*)

ちなみにモノアイの接続強度が弱く、動かしたい方を下にしてガンプラを振れば良くも悪くもモノアイが可動しちゃったりします。

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

胴体の色分けは優秀で、側面の合わせ目は段落ちモールド化されています。

動力パイプは1パーツながら軟質素材が使われていて、曲げてバックパックに接続します。

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

本キット最大の長所ですが、肩フレームを外側に引き出すができ、肩の前後可動に優れています。

ただ、ショルダーアーマー(紫の部分)は前後はめ込み式で、上に合わせ目が出ます。白い部分は1パーツです。

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

肩には、前後左右あわせて8本のヒート・ダートをマウントできます。

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマー自体はボールジョイント接続で、柔軟に可動。

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

腕部は「肩内部ブロック」「前腕部」に合わせ目が出ます。

二の腕は筒型1パーツです。

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

左腕には4本のヒート・ダートをマウントできます。

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

接続面は↑のような凹凸形状になっており、角度を気にする事なく装着する事ができます。

が、接続強度がちょい弱で「ヒート・ダート自体の刃部分と柄部分」もポロリしやすいです。(何本かは丁度良かったので、個体差の可能性あり)

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

バックパックのスラスターはグレー・オレンジのシールで色を補います。

角張った面に貼るため、できれば部分塗装推奨箇所といったところ。

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

フロントアーマーは中央をカットすれば左右独立して動きます。

リアアーマーには2本のヒート・ダートをマウントできます。

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

腰部は目立つ位置にシールを多用します。(動力パイプ中央と股間下部)

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

脚部の合わせ目は段落ちモールド化されている事が多く、素組みでも非常に組みやすいパーツ構造をしています(*´ェ`*)

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

ただ、カカト上の外装のみ合わせ目が出ます。

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

足首パーツの突起部分はシールで、足裏には肉抜きがあります。

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

足の付根パーツは柔軟に動き、スタンド用の3mm穴が空いています。

それでは武器を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

イフリート・シュナイド、現る!

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

ジャイアント・バズは↑枠の部分がそれぞれ可動します。

合わせ目は出ますが、グリップを引き出す事ができ無理なく構える事ができます。

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

ガシュンガシュン……

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

ジャイアント・バズをぶっ放すイフリート・シュナイド!

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

肩周りの可動範囲が広いので、フォアグリップを持たせ両手で構える事ができます。

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像ですHGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

HGUCドム/リック・ドムのジャイアント・バズと比較。

設定的には同じものですが、ガンプラ的には新造されています。

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

HGUCドム/リック・ドムと比較。

【ガンプラ】HGUC ドム/リック・ドム レビュー

 

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

ヒート・ダートを持たせてみます。

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

全身のヒート・ダートは全て取り外し可能ですが、

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

持たせる場合は専用のものを使います。(2本付属)

刃部分はクリアオレンジのパーツが使われています。

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

ジャキッ……イフリート・シュナイド、ヒート・ダートを装備!

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

飛びかかるフレッド!

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

ジムII・セミストライカーと交戦!

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

ジムIII(ユニコーンデザートカラーVer.)にミサイルで狙われるイフリート・シュナイド!

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

トリントンで激戦を繰り広げたMSでディスプレイ。

※左から「HGUCジムII・セミストライカー」「HGUCジムIII(ユニコーンデザートカラーVer.)」

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGUC ジムII・セミストライカー レビュー【プレバン】
【ガンプラ】HGUC ジムIII (ユニコーンデザートカラーVer.) レビュー【プレバン】

 

イフリート・バリエーションを比較

HGイフリートバリエーションの違い・比較ガンプラ画像です

ここからは、HGで発売されているイフリート系のバリエーション機体を比較していきます!

※左から「HGUCイフリート」「HGUCイフリート(ダグ・シュナイド機)」「HGUCイフリート改」「HGUCイフリート・ナハト(ウェザリング+小加工済)」「HGUCイフリート・シュナイド(本キット)」

一般販売されているのは今回のHGUCイフリート・シュナイドのみです。

HGイフリートバリエーションの違い・比較ガンプラ画像です

ざっくり言うと共通の関節ランナーを使いつつ、外装・武装が変化しているのが特徴です。

HGイフリートバリエーションの違い・比較ガンプラ画像です

頭部を比較。

頭部は共通部分が多いですが、例えばイフリートではバルカンが搭載されていたりします。

HGイフリートバリエーションの違い・比較ガンプラ画像です

胴体と腰部を比較。

成形色はもちろん、胸部ダクトまわりや腰部パーツが変化している事が多いです。

HGイフリートバリエーションの違い・比較ガンプラ画像です

肩を比較。

イフリートとダグ機のショルダーアーマーは形が同じですが、その他は別の形をしています。

HGイフリートバリエーションの違い・比較ガンプラ画像です

左腕を比較。

ここは各イフリートごとに変化していますね。

HGイフリートバリエーションの違い・比較ガンプラ画像です

脚部を比較。

イフリートとシュナイドはスッキリとしたデザイン。一方改とナハトは増加装甲に加え武器も搭載したゴテついたデザインになっています。

足首パーツの突起部分は、全機ともシールで補う仕様です。

HGイフリートバリエーションの違い・比較ガンプラ画像です

シュナイド以外はプレバン品になりますが、それぞれ「新規パーツが多い系のリデコキット」になっています。

あなたは、どのイフリートが好みかな……!?

【ガンプラ】HGUC イフリート レビュー【プレバン】
【ガンプラ】HGUC イフリート(ダグ・シュナイド機) レビュー【プレバン】
【ガンプラ】HGUC イフリート改 レビュー【プレバン】
【ガンプラ】HGUC イフリート・ナハト レビュー【プレバン】

 

フレッド・リーバーのガンプラ画像です

フレッド・リーバーが搭乗するモビルスーツでディスプレイ。

フレッド・リーバーのガンプラ画像です

【ガンプラ】HGUC ガンダムピクシー(フレッド・リーバー機) レビュー【プレバン】

 

HGイフリート・シュナイドのガンプラレビュー画像です

HGUC イフリート・シュナイドの感想

ということでHG イフリート・シュナイドのご紹介でした。

 

肩まわりの可動域が素晴らしく、腕を大きく前後に持っていけるのが最大の長所です。ただ、腰をひねる事ができないのでポーズ幅は制限されます。

全身のヒート・ダートは全て着脱可能ですが、ポロリしやすいので要調節といった感じ。プロポーション自体は2017年フォーマットの再現度の高いスタイルで立体化されているので、満足度は高いと思います。

「ヒート・ダートの丸い部分」「ショルダーアーマー内部」「スラスター内部」などは色が足りないため、部分塗装派モデラーさんにはオススメといった感じです!

 

以上、「HGUCイフリート・シュナイド」のガンプラレビューでした!

 

icon
icon
icon
icon

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る