icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGUC キュベレイ(新生REVIVE版)レビュー【リバイヴ版】

新生REVIVE版HGUCキュベレイとハマーン様のフィギュア画像ですレビュー

今回は、新フォーマットの新生REVIVE版 HGUC 1/144 キュベレイのガンプラレビューです。

HGUCキュベレイ(REVIVE版)と百式(REVIVE版)のガンプラ画像です

検索で見に来てくれた方は旧HGUC版のキュベレイと比較してどちらを組もうか迷われているモデラーさんも多いと思うので、今回はガッツリとご紹介。

スポンサーリンク

HGUC キュベレイ(新生REVIVE版)

HGUCキュベレイ(REVIVE版)のガンプラ画像です

ご存知「機動戦士Zガンダム」および「機動戦士ガンダムZZ」に登場し、ハマーン・カーンが搭乗する白キュベレイ。

1/144スケールでは約15年ぶりにリリースされました。

HGUCキュベレイ(REVIVE版)のガンプラ画像です

写真は完全素組み状態です。

旧版と比べてパッと見の変化としては、ピンクのライン部分が全て別パーツ化され、手が大き目に造形されています。

手が大きいのは何気に設定画に近付いています。

HGUCキュベレイ(REVIVE版)のガンプラ画像です

とにかくパーツ分割による色分けが優秀で、シールで補う部分は「目」と「バインダーの一部ピンク」ぐらい。

ただしバインダー内部は一部要塗装になっています。※後述

HGUCキュベレイ(REVIVE版)のガンプラ画像です

最近主流のやわらかプラが使われているので塗装派にも安心設計。

HGUCキュベレイ(REVIVE版)のガンプラ画像です

ヤスリもかけないでフィニッシュしたので装甲のホワイト部分がテカテカしていて綺麗です。

HGUCキュベレイ(REVIVE版)の可動域の画像です

膝の可動域はこのぐらい。優秀です。

HGUCキュベレイ(REVIVE版)の可動域の画像です

腕も真横まで広がり、開脚具合も良好。

HGUCキュベレイ(REVIVE版)の上半身の回転の画像です

キュベレイのデザイン的に上半身の回転も優秀です。ポージングがうなりますね。

HGUCキュベレイ(REVIVE版)を下から見た画像です

下から。肉抜きがない上、膝ガード内部がピンク、足裏がちゃんと色分けされていたりするので隙がない感じですね。

HGUCキュベレイ(REVIVE版)の頭部の画像です

頭部アップ。旧キットの方もですが、かなり上まで向けます。

新フォーマットにともない劇中に寄せてくると思いましたが、目の幅が短めになっていました。

HGUCキュベレイ(REVIVE版)のシールの画像です

目はグリーンバージョンも付属。

ピンクのイメージが強かったですがグリーンの時もあったっけ?とりあえず選択式です。

HGUCキュベレイ(REVIVE版)の胴体の画像です

バストアップ。旧版キュベレイは上記グレー部分が軟質素材で成形されていたのでパーティングラインが処理しづらかったのですが、今回は普通のプラになっています。

HGUCキュベレイ(REVIVE版)のコクピットガードの画像です

カバーは可動。ここの仕様は旧版と同じです。

コックピットハッチは色分けされていないので気になる方はグレーで要塗装。

HGUCキュベレイ(REVIVE版)の2LMESの画像です

胴体背面にはおなじみ「2LMES」が刻印。

背面の動力パイプは色分けされていないので用塗装です。

HGUCキュベレイ(REVIVE版)のバインダーの画像です

バインダー。画像右下のピンク2つはシールになりますが、目立つ3本線は別パーツで色分けされています。

HGUCキュベレイ(REVIVE版)のバインダーの画像です

バインダー反対側。こちらのブルー部分は旧版と同じで別パーツ。

HGUCキュベレイ(REVIVE版)のバインダー裏の画像です

バインダー内部はメカニカルな造形になっています。

パイプのような部分をグレーで塗装する必要がありそうですね。(キュベレイのバインダー内部の正解がどのデザインか不明ですが)

厳密に言うとバインダー内側の色はMGキュベレイ基準ならピンク、劇中に寄せるならブラックで要塗装です。

HGUCキュベレイ(REVIVE版)のバインダー可動域の画像です

各バインダーはフレキシブルに可動。

各部テンションが丁度よい感じで安定感があります。

この辺はさすが新フォーマットといったところ。

HGUCキュベレイ(REVIVE版)の腕関節の画像です

腕関節。旧HGUC版ではポリキャップがむき出しでしたが、REVIVE版ではしっかりと隠されています。

ここは完璧にREVIVE版の勝利ですね。

HGUCキュベレイ(REVIVE版)の平手の画像です

指は一本一本は可動しないものの、全て可動します。

ここの形状は設定画のように指先をもっと尖らせて欲しかった気がしますね。

HGUCキュベレイ(REVIVE版)のフロントアーマーの画像です

フロントアーマーのピンクは別パーツ化されています。

HGUCキュベレイ(REVIVE版)の脚部の画像です

脚部アップ。ここらへんもシールなしでここまでの色が再現されています。

HGUCキュベレイ(REVIVE版)の膝ガード可動の画像です

膝ガードは可動。この辺は旧版と同じ。

HGUCキュベレイ(REVIVE版)のファンネルコンテナの可動域の画像です

ファンネルコンテナも可動。ここも旧版と同じ感じです。

HGUCキュベレイ(REVIVE版)のファンネルコンテナの画像です

10基あるファンネルの造形がいいですね。

旧版は小さかったような気がします…w ↓

旧HGUC版キュベレイのファンネルコンテナとディスプレイ方法の画像です

ポロリもなかったのでファンネルまわりが優秀です。

HGUCキュベレイ(REVIVE版)の手とサーベルの柄の画像です

ビームサーベルは着脱でき、専用の手が付属。

HGUCキュベレイ(REVIVE版)のビーム・サーベルの画像です

クリアイエローのビームエフェクトパーツが付属します。

旧HGUC版は柄を含め、細いクリアイエロー造形だったのでここは嬉しい部分。(とはいえ最近だと標準だけどw

HGUCキュベレイ(REVIVE版)のビーム・サーベルの画像です

「よくもずけずけと人の心の中に入る……恥を知れ、俗物!」

HGUCキュベレイ(REVIVE版)のビーム・サーベル二刀流の画像です

イエローのビームエフェクトパーツは2本付属するので二刀流も可能です。

HGUCキュベレイ(REVIVE版)のビーム・サーベルの画像です HGUCキュベレイ(REVIVE版)のガンプラ画像です

もちろんアクションベースに対応しています。

旧版では対応してなかったので浮遊ポーズが辛かった。

HGUCキュベレイ(REVIVE版)の飛行形態の画像です

飛行形態みたいなポーズ。バインダーがかなり下まで可動します。

HGUCキュベレイ(REVIVE版)の飛行形態の画像です

飛行形態いいですね。(劇中であまりこういうポーズした事無い気がするけどw

HGUCキュベレイ(REVIVE版)のガンプラ画像です HGUCキュベレイ(REVIVE版)と百式(REVIVE版)のガンプラ画像です

「このキュベレイ、見くびっては困る!」

同じリバイブシリーズのHGUC百式と。

HGUCキュベレイ(REVIVE版)と百式(REVIVE版)のガンプラ画像です

サイズ比較。両方共アレンジ強めなプロポーションになっています。

キュベレイ用ファンネルエフェクトセットの画像です

HGUCキュベレイ ファンネルエフェクトセットをつけてみた。

【ガンプラ】HGUC キュベレイ用ファンネルエフェクトセット レビュー【プレバン】

 

旧HGUCキュベレイのカラーバリエーション画像です

旧HGUC版の各色キュベレイレビューは↓

【ガンプラ】旧HGUC キュベレイMk-II(エルピー・プル専用機)レビュー
【ガンプラ塗装】旧HGUC キュベレイMk-II(プルツー専用機)レビュー

 

HGUCジ・O、百式、キュベレイの画像です

仲良し三人組でディスプレイ。

【ガンプラ】HGUC ジ・O(ジオ) レビュー
【ガンプラ】HGUC 百式(新生REVIVE版)レビュー

 

HGUCキュベレイ(REVIVE版)と百式(REVIVE版)とハマーン様のカプセルトイの画像です

EFコレクションZのハマーン様とディスプレイ。

ハマーン・カーンのカプセルトイ画像です ハマーン・カーンのカプセルトイ画像です

 

HGUCキュベレイ(REVIVE版)と百式(REVIVE版)とハマーン様のフィギュアの画像です

エクセレントモデルのハマーン・カーンとディスプレイ。

HGUCキュベレイ(REVIVE版)と百式(REVIVE版)とハマーン様のフィギュアの画像です

「愚かなる人間達に思い知らせる時が来たのだ。今や地球圏は我々ネオ・ジオンの物だと」

HGUC キュベレイ(新生REVIVE版)の感想

という事で新生REVIVE版のHGUCキュベレイのご紹介でした。

 

さすがに旧HGUCと比べると色分け、組みやすさ、バインダーの可動域は圧倒的に勝っていました。

パーツ数も少なく速攻で組み終わったのでお手軽ガンプラです。

合わせ目は胴体、腕部分にガッツリありますがパーツの合いが良いせいかそこまで目立ちませんでした。

 

ところでですね……。

 

このガンプラ、不思議なもので組み上げたあと「メチャメチャかっこいい!」と思って机に飾ってしばらく見ていたのですが、ふと旧版HGUCと比べたくなり並べてみたら…

 

旧版のプロポーションの方がかっこいいと思ってしまった…w ↓

旧HGUCキュベレイとREVIVE版の比較画像です

←旧HGUC版のキュベレイ(塗装済み)と→新生リバイヴ版(素組み)キュベレイの比較画像。

いかがでしょう。

プロポーションに関しては好みがあると思うので、上画像を見て好きな方を選んでいただくのが良いかと思います。

左の旧版は一応塗装しているので良く見えてしまう可能性もありますが、スタイルと各部位のバランス自体が結構違っているのではないでしょうか。

 

旧版は確かに今組むと古臭くて色分けキツい部分がほんと多いのですが、顔が悪そうで腰が前後に可動するおかげか「睨み上げるようなポーズ」が決まっているような気がします。

 

プラモとしての出来は圧倒的に新生REVIVE版の勝利です。

わたしは旧版の方が好みですが、こっちの新生リバイヴバージョンのスタイルもアレンジが効いていてわたしは好きですね。どちらも良いプラモだと思います。

 

以上、「HGUC キュベレイ(新生REVIVE版)」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

『中古 1/144 HGUC REVIVE AMX-004 キュベレイ 「機動戦士Zガンダム」』の在庫を見る


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

『中古プラモデル 1/144 HGUC REVIVE キュベレイ用ファンネルエフェクトセット「機動戦士Zガンダム」プレミアムバンダイ限定』の在庫を見る