スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
iconiconicon

【ガンプラ】HGUC リック・ディアス レビュー【プレバン】

HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG リック・ディアス(プレミアム・バンダイ版)」のガンプラレビューです。

HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像です

機動戦士Zガンダムに登場し、アポリーやロベルトが搭乗するリック・ディアス(量産機)の、プレミアム・バンダイ版をご紹介。

2021年発売

アポリー、ロベルトが搭乗した黒い量産機カラーで再現されているほか、一般発売されているHGUCリック・ディアスよりも可動範囲がアップしています。

という事で、HGリックディアスをレビューしていきたいと思います!

HGUC リック・ディアス(プレミアム・バンダイ)

HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像です

プレミアム・バンダイ限定のHGリック・ディアス(量産機カラー)さん。

基本的には先に発売されたHGUCリック・ディアス(クワトロ・バジーナ機/プレミアム・バンダイ版)の色替えキットになっています。

クワトロ機と同じく、HGBDビルドガンマガンダムで使われていた「アップデートされた関節ランナー」が同梱するのが特徴だぞ!

HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

「クレイ・バズーカ」「ビーム・ピストル×2」「ビーム・サーベル」が同梱します。

額パーツや、腰回りの内部パーツが一部余ります。

HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像です

そして完成したHGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ版)がこちら。

クワトロ機(PB)と同じく外装パーツの一部と関節ランナーがアップデートされていますが、見た目に関しては一般販売されているHGUCリックディアスとあまり変わりません。

今回の売りは、ズバリ可動域のアップです。

HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像です

という事で大元は2000年に発売されたHGUCナンバー10番のリックディアスという事になりますが、ご覧の通り劇中再現度の高いプロポーションで立体化されているのが特徴です。

HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像です

後ろから。良くも悪くも余計なアレンジがされていないので、劇中の姿にかなり近いです。

旧版HGUCリック・ディアスとプレミアム・バンダイ限定の比較ガンプラレビュー画像です

まずは2000年製、一般販売されているHGUCリックディアス(左)と外観を比較。

ご覧のように、成形色が微妙に変更されています

旧版HGUCリック・ディアスとプレミアム・バンダイ限定の比較ガンプラレビュー画像です

青みがかった部分が、紫寄りのダークグレーになっているのが見て取れます。

旧版HGUCリック・ディアスとプレミアム・バンダイ限定の比較ガンプラレビュー画像です

アップで比較。外観的な変化はほとんどありませんが、

旧版HGUCリック・ディアスとプレミアム・バンダイ限定の比較ガンプラレビュー画像です

↑枠の関節パーツがアップデートされているため、一部形状が異なります。

【ガンプラ】HGUC リックディアス レビュー

 

HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像です

可動範囲が向上しており、腕関節は180度近く曲がり足関節も90度曲がるようになりました。

キレイにヒザ立ち可能です。

HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像です

手足も大きく広がるぞ!

HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像です

上半身は少し引き上げれば回転するようになります。

HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。モノアイにはクリアグリーンのパーツが使われています。

設定どおり、コクピットハッチが左側面に造形された面白いデザインです。(開閉はしません)

HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像です

頭部は左右はめ込み式で、後頭部に合わせ目が出ます。

HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像です

バルカンファランクスは展開可能だぞ!

展開させるとモノアイの上部分の合わせ目が露出、銃口は開口されていません。

※このあたりは一般販売のリックディアスから変化無し

HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像です

胴体は前後はめ込み式で、側面に合わせ目が出ます。

HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーは可動しますが、前後はめ込み式になっていて上部・側面に合わせ目が出ます。

HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像です

肩まわりは↑のように、ジョイントパーツを介して取り付ける仕様です。

HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像です

腕部は「肩内部ブロック」と「二の腕」に合わせ目が出ます。

ハンドパーツは、人差し指が可動するタイプのもののみ付属します。

HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像です

脚部はふくらはぎ付近に合わせ目があります。

元はモモにも合わせ目がありましたが、ここはアップデートされています。

HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像です

内部はこんな感じになっていて、↑枠部分の「足の付け根基部」「関節パーツ」がリニューアルされました。

この構造のおかげで、可動範囲が格段にアップしています。(PBクワトロ機と同様)

HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像です

足裏に肉抜きはありません。

股関節は可動式で、底面にはアクションベース用の3mmジョイント穴が空いています。

地味にリアアーマーの内側は赤いパーツで色分け済みです。

HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像です

背部の合わせ目は多いです。

ビーム・ピストル2丁と左右のバインダーは、モナカ構造になっています。

HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像です

ビーム・ピストルは、↑枠のポリキャップに引っ掛けるようにして取り付けます。

HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像です

下側には、ビーム・サーベルの柄をマウントする事ができます。

リアアーマーのスラスターは、細かくパーツ分割されています。

HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像です

リックディアス、出撃!

スタンド穴が奥まった位置にくるため、魂ステージのスタンドとは少し相性が悪かったです。素直にアクションベース系を使うのがオススメといったところ。

HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像です

クレイ・バズーカはモナカ構造で、合わせ目が出ます。

HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像です

クレイ・バズーカをぶっ放すリックディアス!

HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像です HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像です

カッケェ!(>ω<;)

めちゃめちゃ動くようになったので、ポージングがうなります。

HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像です

クレイ・バズーカは、背部にマウントする事ができます。左右どちらでもOKです。

HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像です

ビーム・ピストルを構えるリックディアス!

HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像です HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像です

アクション!

HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像です HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像です HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像です

ビーム・サーベルを抜刀!

ビーム刃はクリアグリーンのものが1本付属します。

HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像です

斬りかかるリックディアス!

HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像です HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像です HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像です HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像です

同じプレミアム・バンダイ版のHGUCリック・ディアス(クワトロ・バジーナ機)と比較。

違いは成形色のみです。

プレミアム・バンダイと一般販売のHGリック・ディアス(クワトロ・バジーナ機)の違い・比較ガンプラレビュー画像です

クワトロ機のレビューの方では旧版との可動比較画像をまとめてあるので、こちらもあわせてどうぞ↓

【ガンプラ】HGUC リック・ディアス(クワトロ・バジーナ機) レビュー【プレバン】

 

エゥーゴのガンプラ画像です

HGUCゼータガンダム(GUNPLA EVOLUTION PROJECT)HGUC百式(REVIVE版)とディスプレイ。

【ガンプラ】HGUC ゼータガンダム レビュー【GUNPLA EVOLUTION PROJECT】
【ガンプラ】HGUC 百式(新生REVIVE版)レビュー

 

エゥーゴのガンプラ画像です

HGUCスーパーガンダムHGUCメタスと。

エゥーゴのガンプラ画像です

【ガンプラ】HGUC スーパーガンダム レビュー
【ガンプラ】HGUC メタス レビュー

 

エゥーゴのガンプラ画像です

HGUCネモHGUCジムII(エゥーゴカラーVer.)とディスプレイ。

ネモやジムIIと並べると絵になりますね……w(*´ェ`*)

エゥーゴのガンプラ画像です

【ガンプラ】HGUC ネモ レビュー
【ガンプラ】HGUC ジムII(エゥーゴカラーVer.) レビュー【プレバン】

 

エゥーゴのガンプラ画像です

エゥーゴのHGUC勢揃いでディスプレイ。

【ガンプラ】HGUC ディジェ レビュー

 

HGUCリック・ディアス(プレミアム・バンダイ)のガンプラレビュー画像です

HGUC リック・ディアスの感想

ということでプレバン版のHGリック・ディアスのご紹介でした。

 

クワトロ・バジーナ機と感想はかぶりますが、見た目に関してはそこまで変化がないため完全リニューアルされたリック・ディアスを期待すると満足度は低いかもしれません。

今回の売りは可動範囲が格段にアップデートされた事(それにともない関節パーツがKPS化された事)で間違いないので、可動に重きを置くモデラーさんにはオススメなガンプラだと思います。(旧版はほとんど動かなかったので)

素立ち限定なら一般販売版でも十分ですが、プレバンにしてはそこまで高くないので、気になるモデラーさんは予約受付中の間に注文しても損はないと思いますぞ。

 

以上、「HGUC リック・ディアス(プレミアム・バンダイ)」のガンプラレビューでした!

icon

 

 

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る